不競法(営業秘密)

2021年5月16日 (日)

【不競法】J-CAST ニュース/「1000億円払え!」 ソフトバンク、楽天モバイル損害賠償訴訟のゆくえ(2021/05/13、05/16竹山公表)

□不競法に関連し、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<ソフトバンク、損害賠償請求訴訟>
 ●Engadget/小口貴宏(Takahiro Koguchi)/
  楽天モバイルへの損害賠償請求権「約1000億円」
  の内訳、ソフトバンク社長が明かす
  *2021年05月11日,
 ●ITmedia/[産経新聞]/
  ソフトバンクが楽天を提訴 「1000億円」損害主張
  弱みの通信網整備に逆風
  *2021年05月10日 07時00分 公開
 ●J-CAST ニュース/(ジャーナリスト 白井俊郎)/
  「1000億円払え!」 ソフトバンク、
  楽天モバイル損害賠償訴訟のゆくえ
  *2021年05月13日11時45分
[サイト内]
 ●2021年5月 8日 (土)、
  【不競法】ソフトバンク/プレスリリース/
  楽天モバイルと楽天モバイル元社員に対する訴訟を提起
  (2021/05/06、05/08竹山公表)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年5月 8日 (土)

【不競法】ソフトバンク/プレスリリース/楽天モバイルと楽天モバイル元社員に対する訴訟を提起(2021/05/06、05/08竹山公表)

 ●ソフトバンク株式会社/プレスリリース 2021年/
  楽天モバイルと楽天モバイル元社員に対する訴訟を提起
  1,000億円規模の損害賠償請求権を主張
  *2021年5月6日
  (当該ページのURL1)
https://www.softbank.jp/corp/news/press
/sbkk/2021/20210506_01/?sbpr=info
  <一部抜粋>
【表1】不正競争防止法に基づく請求

請求 不正競争防止法
損害賠償請求 4条
基地局の使用差止請求、廃棄請求 3条1項、2項
電子ファイル等の使用・開示差止請求、廃棄請求 3条1項、2項

[追記]
【表2】不正競争防止法の抜粋、*項番号加入。

(差止請求権)
第3条
1 不正競争によって営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある者は、その営業上の利益を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
2 不正競争によって営業上の利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物(侵害の行為により生じた物を含む。第五条第一項において同じ。)の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の停止又は予防に必要な行為を請求することができる。
(損害賠償)
第4条
1 故意又は過失により不正競争を行って他人の営業上の利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる。ただし、第十五条の規定により同条に規定する権利が消滅した後にその営業秘密又は限定提供データを使用する行為によって生じた損害については、この限りでない。

[△最新情報へ]

(以上)

2021年5月 7日 (金)

【不競法】Engadget/ソフトバンクが楽天モバイルを提訴、約1000億円の損害賠償請求権を主張(2021/05/06、05/07竹山公表)

□不競法に関連し、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<ソフトバンク、5月6日、
楽天モバイルおよび楽天モバイル元社員に対し、
約1000億円規模の損害賠償請求権など、
民事訴訟を東京地方裁判所へ提起>
 ●Engadget/小口貴宏(Takahiro Koguchi)
  ソフトバンクが楽天モバイルを提訴、
  約1000億円の損害賠償請求権を主張
  5G機密情報の不正持ち出しで
  1日前 in news(2021/05/06)
[追記]
 ●ソフトバンク株式会社/プレスリリース 2021年/
  楽天モバイルと楽天モバイル元社員に対する訴訟を提起
  1,000億円規模の損害賠償請求権を主張
  *2021年5月6日
 (当該ページのURL1)
https://www.softbank.jp/corp/news/press
/sbkk/2021/20210506_01/?sbpr=info

[△最新情報へ]

(以上)

2021年5月 3日 (月)

【不競法】Yahoo!ニュース/弁護士ドットコムニュース/元社員を名乗って「宮のタレ」レシピがネットに掲載(2021/05/02、05/02竹山公表)

□不競法に関連し、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<レシピ、ネット掲載>
 ●Yahoo!ニュース/弁護士ドットコムニュース/
  元社員を名乗って「宮のタレ」レシピがネットに掲載、
  法的な問題は? 運営会社は「営業秘密とは考えていない
  *5/2(日) 8:51配信
[追記]
<クレープミックス液の材料及び配合比率、
「営業秘密」該当性否定、判決>
 ●裁判所/裁判例検索/統合検索/
  ・平成13(ワ)7445    不正競争  民事訴訟
   平成14年10月1日  東京地方裁判所
   全文PDFファイル
   *全8頁

[△最新情報へ]

(以上)

2021年4月29日 (木)

【不競法】エキサイト/=中国メディア/北京のパクリ無印良品がまた本家の無印良品を訴える(2021/04/29、04/29竹山公表)

□不競法、商標に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<中国、本家「無印良品」への訴、
4月25日に北京市朝陽区人民法院でネット審議開始>
 ●エキサイト/=中国メディア/
  北京のパクリ無印良品がまた本家の無印良品を訴える
  中国ネット民「恥ずかしくないの?」=中国メディア (2021年
  *2021年4月29日 05:12

[△最新情報へ]

(以上)

2021年4月10日 (土)

【特許】TechCrunch Japan/飛行モビリティWisk Aeroが特許侵害と企業秘密盗用の疑いでArcher Aviationを提訴(2021/04/07、04/10竹山公表)

□特許、不競法に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国、特許侵害・企業秘密盗用の疑い、
飛行モビリティ>
 ●TechCrunch Japan/by Aria Alamalhodaei, Hirokazu Kusakabe
  飛行モビリティWisk Aeroが特許侵害と企業秘密盗用の疑いで
  Archer Aviationを提訴
  *2021年4月07日
[追記]
<ウィスクエアロLLC 対 アーチャーアビエーション社、
知財関連訴訟>
 ●Wisk Aeroは4月6日に投稿したブログ記事
  ・訴訟/
   ウィスクエアロLLC対アーチャーアビエーション株式会社
   ケースNo.5:21-cv-02450
   *73頁
  (当該ページのURL1)
https://wisk.aero/wp-content/uploads/2021
/04/2021.04.06-Wisk-Complaint-Against-Archer.pdf
【図1】CASE NO. 5:21-cv-02450

20210410_zu01a

 <出典1>「Case 5:21-cv-02450 Document 1」サイト
  ”Filed 04/06/21”
  (当該ページのURL1)
  ・関連するプレスリリース/
   ウィスクエアロは、企業秘密の盗難と特許侵害のための
   アーチャー航空を訴える
   *マウンテンビュー、カリフォルニア州 - 2021年4月6日

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月27日 (土)

【不競法】日本経済新聞/営業秘密の不正取得最多に 企業の持ち出し対策急務(2021/03/25、03/27竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<警察、2020年、
不正競争防止法違反で検挙した事件>
 ●日本経済新聞/
  営業秘密の不正取得最多に 企業の持ち出し対策急務
  *2021年3月25日 18:58
  <一部抜粋>
【表1】 *改行挿入

企業の営業秘密を不正に取得して持ち出すケースが後を絶たない。
2020年に警察が不正競争防止法違反で検挙した事件は計22件(38人)となり、ともに過去最多を更新した

<IPA(情報処理推進機構)、企業調査>
 ●日本経済新聞/
  秘密漏えいは退職者が最多 IPAの企業調査
  *2021年3月19日 11:47
  <一部抜粋>
【表2】 *改行挿入

情報処理推進機構(IPA)が18日発表した企業の営業秘密の管理に関する調査によると、秘密漏えいの原因は退職者による持ち出しが36.3%で最多だった。
過去5年以内に漏えいがあったと回答したのは全体の5.2%で5年前の調査(9.6%)より減少した。

[追記]
<IPA、「企業における営業秘密管理
に関する実態調査2020」報告書>
 ●IPA(独立行政法人情報処理推進機構)/
  「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」
  報告書について
  *掲載日 2021年3月18日
<経済産業省、営業秘密>
 ●経済産業省/営業秘密~営業秘密を守り活用する~
  *最終更新日:2021年2月15日
  (当該ページのURL1)
https://www.meti.go.jp/policy/economy
/chizai/chiteki/trade-secret.html
  <一部抜粋>
【図1】

20210327zu01

 <出典1>「経済産業省」サイト
 ・「営業秘密~営業秘密を守り活用する~」
  (当該ページのURL1)
  <一部抜粋>
 ・【参考資料2】各種契約書等の参考例 (New!)
  <一部抜粋>
【表3】

秘密保持誓約書といった各種契約書等の参考例について、word版をダウンロードいただけます。

 ・・テレワーク時における秘密情報管理のポイント
   New!、*全19頁
   <一部抜粋>
【表4】

・不正競争防止法上の「営業秘密の保護」の観点から、企業の秘密情報を適切に守りながら、テレワークを実施していく上でのポイントをまとめました。

 ・・渉外事案の適用関係の概要と民事訴訟
   における考えられる主張ポイント集
   New!、*全43頁
   <一部抜粋>
【表5】

渉外的な不正競争侵害事案への対応について、企業の訴訟戦略に資するものとして「考えられる主張ポイント集」を取りまとめました。
(「不正競争防止法における渉外的な侵害事案等についての制度に関する調査研究報告書」から。
報告書は、こちらからご参照ください。)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月20日 (土)

【不競法】情報処理振興事業協会/「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」(2021/03/18、03/20竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<情報処理振興事業協会、
「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」>
 ●情報処理振興事業協会/
  「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」報告書について
  *掲載日 2021年3月18日
  (当該ページのURL1)
https://www.ipa.go.jp/security/fy2020
/reports/ts_kanri/index.html
  <一部抜粋>
  ・調査報告書等のダウンロード
   調査報告書(PDF:2.4MB)
   *全137頁
  (当該ページのURL2)
https://www.ipa.go.jp/files/000089191.pdf
  ・概要説明資料(PDF:1.7MB)
   *全33頁
  (当該ページのURL3)
https://www.ipa.go.jp/files/000089192.pdf
【図1】図6.営業秘密の漏えいに気付くことができる
 ような対策の実施状況(経年比較)

20210320_zu01b

 <出典1>「情報処理振興事業協会」サイト
  ・「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」
  (当該ページのURL1)
【表1】

5.情報漏えいに気づくことのできる対策の実施割合は57.8%と前回調査時(50.2%)より向上。
ただし「実施していることを従業員に周知していない」割合が約2.5倍と大幅増(報告書 P41)。

 <出典2>*<出典1>に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月13日 (土)

【著作権】ORICON NEWS/憶測を呼ぶ「コスプレ著作権ルール化」、トラブルなく楽しむには? 美人コスプレ弁護士に聞く(2021/03/12、03/13竹山公表)

□著作権、不競法に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<「コスプレ著作権ルール化」
渥美陽子弁護士、インタビュー>
 ●ORICON NEWS/
  憶測を呼ぶ「コスプレ著作権ルール化」
  トラブルなく楽しむには? 美人コスプレ弁護士に聞く
  渥美陽子弁護士
  *2021-03-12

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月23日 (火)

【不競法】SankeiBiz/ 営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務(2021/02/22、02/23竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<営業秘密流出>
 ●SankeiBiz/
  営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務
  *2021.2.22 06:06
  <一部抜粋1>「経産省が17年に行った調査では、
   営業秘密の漏洩(ろうえい)を検知する取り組みを
   行っている割合は大企業が77%だったのに対し、
   中小企業では24%にとどまっていた。」
  <一部抜粋2>「実際、警察庁の調べでも、
   19年の営業秘密侵害事犯は21件で、
   13年の5件から右肩上がりで増えている。」
[追記]
<警察庁生活安全局、生活経済事犯の検挙状況等>
 ●警察庁生活安全局、生活経済対策管理官/
  令和元年における生活経済事犯の検挙状況等について
  *令和2年3月、全50頁
  (当該ページのURL)
https://www.npa.go.jp/publications/statistics
/safetylife/seikeikan/R01_seikatsukeizaijihan.pdf
【図1】「図表23 営業秘密侵害事犯の検挙事件数の推移」p.22
  <一部抜粋1>「(3)営業秘密侵害事犯
  営業秘密侵害事犯については21事件を検挙し、
  増加傾向にある。」

20210223_zu01

 <出典1>「警察庁生活安全局」サイト
  「令和元年における生活経済事犯の検挙状況等について」
  (令和2年3月)
 (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

より以前の記事一覧

最近の記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30