・知財とビジネス

2020年1月18日 (土)

【知財とビジネス】Geekroid/民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用--最高裁がリーガルテック推進(2020年1月17日)<民事訴訟のIT化の3>

□特許であって、「民事訴訟事件手続きのIT化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●Geekroid/
  民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用
  --最高裁がリーガルテック推進
  *2020.01.17
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2020年1月15日 (水)、【知財とビジネス】INTERNET Watch/
  世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、
  争点整理に「Microsoft Teams」採用(2020年1月14日)
  <民事訴訟のIT化の2>
 ●2020年1月10日 (金)、【知財とビジネス】産経新聞社/
  民事訴訟IT化の一環、最高裁「ウェブ会議」を報道公開
  <民事訴訟のIT化の1>

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月15日 (水)

【知財とビジネス】INTERNET Watch/世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、争点整理に「Microsoft Teams」採用(2020年1月14日)<民事訴訟のIT化の2>

□特許であって、「民事訴訟事件手続きのIT化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●INTERNET Watch/永沢 茂 氏/
  世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、
  争点整理に「Microsoft Teams」採用
  知財高裁と13の地裁で運用開始へ
  *2020年1月14日 14:00
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
 ●Microsoft/Japan News Center/
  裁判所の民事訴訟手続きの IT 化において、Microsoft Teams を採用
  *2020年1月9日
  <一部抜粋1>「[参考情報]
    ウェブ会議等の IT ツールを活用した争点整理の新しい運用
    の開始について
    Teams を活用した争点整理を行う裁判所の情報は
    上記 Web サイトを参照ください。」
  <一部抜粋2>
【図1】 *[民事訴訟事件の争点整理における Teams の活用イメージ]

20200115_microsoft_teams_zu01  

<出典>「Microsoft」Japan News Center
    裁判所の民事訴訟手続きの IT 化において、
    Microsoft Teams を採用
    2020年1月9日

    [民事訴訟事件の争点整理における Teams の活用イメージ]
 (当該ページのURL)
https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/01/09
/200109-microsoft-teams-adopts-it-for-court-civil-procedure/
<サイト内>
 ●2020年1月18日 (土)、【知財とビジネス】Geekroid/
  民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用
  --最高裁がリーガルテック推進(2020年1月17日)
  <民事訴訟のIT化の3>
 ●2020年1月10日 (金)、【知財とビジネス】産経新聞社/
  民事訴訟IT化の一環、最高裁「ウェブ会議」を報道公開
  <民事訴訟のIT化の1>

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】IBM/ニュースリリース/IBM、2019年の年間米国特許取得件数で首位に(TOKYO - 15 1 2020)

□特許であって、IBM「ニュースリリース」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●IBM/ニュースリリース
  IBM、2019年の年間米国特許取得件数で首位に
  人工知能(AI)、ブロックチェーン、クラウド・コンピューティング、
  量子コンピューティング、セキュリティーの分野における
  イノベーションにより、

  IBMは年間米国特許取得件数で27年連続首位を記録
  *TOKYO - 15 1 2020:
 ●IBM/ニュースリリース
  IBM、オープン・イノベーションの促進と保護の強化を目的に
  LOT Networkへ参加
  PAE(特許主張主体)による訴訟からの保護に取り組む
  非営利の企業コミュニティー、
  LOT Networkへの参加により、 IBMは80,000件を超える
  追加の特許および特許出願をもってLOTの活動強化へ
  *TOKYO - 15 1 2020:
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月13日 (月)

【知財とビジネス】日本経済新聞 電子版/膨張する独禁法 「優越的地位の乱用」適用どこまで(2020/1/12)

□知財と関係ないが、独禁法「優越的地位の乱用」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●日本経済新聞 電子版/
  膨張する独禁法 「優越的地位の乱用」適用どこまで
  *2020/1/12 2:00、会員限定
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月12日 (日)

【知財とビジネス】TechCrunch Japan/世界一快適なスニーカーAllbirdsが日本上陸、革新的な素材のオープンソース化で目指す“サステナブルな社会”

□知財であって、「素材のオープンソース化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●TechCrunch Japan/by Daisuke Kikuchi/
  世界一快適なスニーカーAllbirdsが日本上陸、
  革新的な素材のオープンソース化で目指す“サステナブルな社会”
  *2020年1月10日
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月11日 (土)

【知財とビジネス】JETRO/英国知的財産庁、合意なき英国の離脱(no-deal Brexit)の場合における知的財産に関するガイダンス文書を更新した旨公表(2019年9月23日)

□知財であって、「EU離脱」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
  ・英国知的財産庁、合意なき英国の離脱(no-deal Brexit)の場合
   における知的財産に関するガイダンス文書を更新した旨公表
   <一部抜粋>「2019年9月23日 JETRO デュッセルドルフ事務所」
         *全2頁
  ・英国知的財産庁、英国のEU離脱(Brexit)の場合における
   広報キャンペーンを英国政府が開始した旨公表
   <一部抜粋>「2019年9月16日、JETRO デュッセルドルフ事務所」
         *全2頁
 ●日本技術貿易株式会社/知財情報/欧州
  <一部抜粋>
  ・「2019/09/19、【意匠・商標ニュース】
   BREXITに伴う欧州の商標及び意匠への影響」
 ●日本経済新聞 朝刊/欧州、知財統一もご破算?
  英離脱後、商標・意匠出願に分断の恐れ
  *2019/11/6付、会員限定
 *<検索サイト>Google/ニュース/知財 EU 離脱
<追記>
 ●一般社団法人日本国際知的財産保護協会 AIPPI・JAPAN Web Site
  ・日本国際知的財産保護協会/[PDF]<AIPPI セミナー開催報告>
   *全6頁
   <一部抜粋1>「1)開催日時:2019年5月29日(水)」
   <一部抜粋2>「3)講 演 者:Bristows LLP、
    Edward Nodder 氏(英国弁護士)、Alan Johnson 氏(英国弁護士)、
    Richard Pinckney 氏(英国弁護士)」

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】CRI - Japan Online/知的財産権の質権融資規模を拡大=中国

□知財であって、「知的財産権の質権融資」、「知的財産権株化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●CRI - Japan Online/(オウギ、CK)/
  知的財産権の質権融資規模を拡大=中国
  *2020-01-07 21:50
 ●日本経済新聞 電子版/
  WIPO日本事務所長「知財のただ乗り防止を」
  *2020/1/7 21:00、会員限定(非会員の方は一部しか読めません。)
 *IP Force/知財ニュース
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月10日 (金)

【知財とビジネス】産経新聞社/民事訴訟IT化の一環、最高裁「ウェブ会議」を報道公開<民事訴訟のIT化の1>

□知財と関係ないが、最高裁「ウェブ会議」の報道公開
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●日経電子版/ウェブ会議で争点整理 模擬手続きを公開
  *2020/1/9 18:23
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●産経新聞社/

  民事訴訟IT化の一環 最高裁「ウェブ会議」を報道公開 
  *2020.1.9 23:04社会裁判
 ●IT Leaders/日川 佳三(IT Leaders編集部) 氏
  [事例ニュース]、

  最高裁、民事訴訟事件の争点整理にMicrosoft Teamsを採用、
  Web会議や資料共有を活用
  *2020年1月9日(木)
 ●裁判所/
  ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の

  新しい運用の開始について
  *更新日 : 令和元年6月4日
 ●裁判所/最高裁判所長官「新年のことば」
  *令和2年1月1日
<サイト内>
 ●2020年1月18日 (土)、【知財とビジネス】Geekroid/
  民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用
  --最高裁がリーガルテック推進(2020年1月17日)
  <民事訴訟のIT化の3>
 ●2020年1月15日 (水)、【知財とビジネス】INTERNET Watch/
  世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、争点整理に「Microsoft Teams」採用
  (2020年1月14日)<民事訴訟のIT化の2>

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 8日 (水)

【知財とビジネス】SankeiBiz/香港で新特許制度 企業の対中戦略に活用へ

□特許であって、香港「独自特許」(OGP)制度
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●SankeiBiz/(知財情報&戦略システム 中岡浩)/
  生かせ!知財ビジネス
  香港で新特許制度 企業の対中戦略に活用へ
  *2020.1.8 13:11
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2019年12月23日 (月)、【個人メモ】JETRO/<香港>
  新たな特許制度「原授標準専利制度」が開始、実体審査を初導入
  (2019年12月23日)
  ・JETRO/ビジネス短信
   <一部抜粋>
   ・・<香港>2019年12月23日
     新たな特許制度「原授標準専利制度」が開始、
     実体審査を初導入(香港)

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 7日 (火)

【知財とビジネス】ZDNet Japanエッジコンピューティングについて今知っておきたいこと

□知財と関係ないが、「エッジコンピューティング」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●ZDNet Japan/Forrester Research 翻訳校正:

  編集部 石橋啓一郎 氏/
  エッジコンピューティングについて今知っておきたいこと
  *2020-01-06 06:30
  <一部抜粋>「本稿はForrester Researchのバイスプレジデントで
   プリンシパルアナリストのJames Statenが執筆した。
   この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが
   日本向けに編集したものです。」
 ●gihyo.jp/五味明子 氏/
  新春特別企画
  エッジコンピューティングの継続的イノベーションが
  サグラダファミリアにもたらしたもの
  *2020年1月7日
 *<検索サイト>Google/ニュース/エッジ・コンピューティング

[△最新情報へ]

(以上)

より以前の記事一覧

最近の記事

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31