・ブロックチェーン関連特許

2021年5月 4日 (火)

【著作権】日本経済新聞/ルール整備追いつかず 著作権侵害や税制の混乱も(2021/05/04、05/04竹山公表)

□著作権、ブロックチェーンに関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<NFT市場、著作権や税制面など課題>
 ●日本経済新聞/
  ルール整備追いつかず 著作権侵害や税制の混乱も
  *2021年5月4日 2:00 [有料会員限定]
[追記]
<NFT(非代替性トークン)、解説>
 ●CoinPost/CoinPost編集部ブロックチェーン/
  初心者にもわかるNFT解説:「トークン化」の仕組みとは|
  *C2021/04/06 16:30

[△最新情報へ]

(以上)

2021年4月24日 (土)

【特許】NEXTMONEY/IBMと特許市場IPwe、特許をNFTに変える計画(2021/04/21、04/24竹山公表)<2>

□特許、ブロックチェーンに関連し、
Google/ニュース/IBM 特許 NFT
による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/IBM 特許 NFT
<IPweとIBM、特許をトークン化>
 ●NEXTMONEY/
  IBMと特許市場IPwe、特許をNFTに変える計画
  *2021.04.21ニュース
  <一部抜粋>
【表1】記事一部抜粋、*改行挿入。

エリック・スパンゲンバーグ(Erich Spangenberg)CEO(最高経営責任者)は、仮想通貨メディアTheBlockのインタビューに対して次のように語っている。
 NFTを所有権の証明書と考えてください。
特許を表すためにNFTを使用すると、知的財産と対話するためのまったく新しい方法を作成するのに役立ちます。
特定の特許のためにNFTとやり取りする人々は、NFTが存在し、誰がそれを所有しているのか(を知ることができ)安心できます。
所有者がNFTの所有権を売却または分割したい場合は、分割もできます。

[追記]
<IPweとIBM、特許をトークン化>
 ●IBM/News Room/
  IPwe and IBM Seek to Transform Corporate Patents
   With Next Generation NFTs Using IBM Blockchain
  An ecosystem to tokenize patents can allow
   intellectual property to be treated as business assets,
   making patents easier to license, sell and commercialize
  *N.Y., April 20, 2021
  [記事表題]「IPweとIBMは、IBMブロックチェーンを使用して
   次世代のNFTで企業特許を変革することを目指しています
   特許をトークン化するエコシステムは、
   知的財産をビジネス資産として扱い、特許のライセンス、
   販売、商品化を容易にする
 ●IPwe/News/
  IPwe and IBM Seek to Transform Corporate Patents
   With Next Generation NFTs Using IBM Blockchain
  An ecosystem to tokenize patents can allow
   intellectual property to be treated as business assets,
   making patents easier to license, sell and commercialize
  *Apr 20, 2021
[サイト内]
 ●2021年5月3日(月)、【特許】TechRepublic/
  IBM and IPwe want to issue patents as NFTs and
   make them easier to monetize
  (2021/04/21、05/03竹山公表)<3>
 ●2021年4月24日 (土)、【特許】CoinPost/IBM、
  スタートアップと協業で特許ビジネスにおけるNFT活用へ
  (2021/04/21、04/24竹山公表)<1>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】CoinPost/IBM、スタートアップと協業で特許ビジネスにおけるNFT活用へ(2021/04/21、04/24竹山公表)<1>

□特許、ブロックチェーンに関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<IBM、知的財産(IP)のトークン化
計画発表>
 ●CoinPost/
  IBM、スタートアップと協業で特許ビジネスにおけるNFT活用へ
  *2021/04/21 12:40
  <一部抜粋>
【表1】記事一部抜粋

特許のトークン化の狙いを、IBMはプレスリリースで以下のように説明する。
 知的財産(IP)のトークン化は、特許をより簡単に売却したり、取引を行ったり、商業化したり、あるいはマネタイズすることが可能になり、この資産クラスへの新たな流動性を、投資家やイノベーターにもたらす。

[サイト内]
 ●2021年5月3日(月)、【特許】TechRepublic/
  IBM and IPwe want to issue patents as NFTs and
   make them easier to monetize
  (2021/04/21、05/03竹山公表)<3>
 ●2021年4月24日 (土)、【特許】NEXTMONEY/
  IBMと特許市場IPwe、特許をNFTに変える計画
  (2021/04/21、04/24竹山公表)<2>

[△最新情報へ]

(以上)

2021年4月 3日 (土)

【ブロックチェーン】WIRED/ ブロックチェーンによるエネルギーの大量消費を解消できるか(2021/03/30、/04/03竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行)>
 ●WIRED/
  ブロックチェーンによるエネルギーの大量消費を解消できるか
  :動き出したイーサリアムと「PoS」の潜在力
  *2021.03.30 TUE 17:00
  <一部抜粋>
【表1】プルーフ・オブ・ワーク(PoW)
    *大量の電力が消費される理由
    :システムの安全性を確保するため、
     ”PoW”を採用しているのが原因。

 「・・・ケンブリッジ大学オルタナティヴ・ファイナンス・センター(CCAF)によると、電力に基づくこうした「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と呼ばれる奨励システムが原因で、ビットコインのマイニング(採掘)は年間133.65テラワット時を消費しているという。
 これはスウェーデンやウクライナといった国の年間消費電力よりも多い数字だ。
 ・・・ある試算によると、イーサリアムでNFTが1回販売されるたびに、8.7メガワット時という大量の電力が消費される。
これは英国の平均的な家庭の年間消費電力の2倍以上である。」

【表2】「51%攻撃」
    *”PoW”を採用している理由
    :「51%攻撃」からシステムの安全性を確保するため。

 「このモデルの潜在的な落とし穴のひとつとして、「51%攻撃」というシナリオがある。51%攻撃とは、悪意ある攻撃者が大規模な「なりすまし行為」でブロックチェーンのネットワークの大部分を乗っ取り、本来は承認すべきでないトランザクションを通過させようとする行為だ。
 ・・・そうしたリスクを回避するためビットコインには、ネットワークに参加するコストが高くなるような設計が施されている。
 台帳を保有するコンピューター群(「マイニングノード」とも呼ばれる)は、複雑な数学的パズルを常時解くよう求められ、その報酬としてビットコインを受け取る仕組みになっているのだ。
 そしてこうした問題を解く際に、これらの(かなり高価な)コンピューターが大量のエネルギーを消費する。」

【表3】(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行

 「こうした課題の解決につながる技術の導入に動いたのが、世界第2位の取引量を誇るEthereum(イーサリアム)。
 エネルギー消費を抑えながら安全性を確保する「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」と呼ばれるシステムへの移行に向け、いま大改修を進めている。」

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月14日 (日)

【ブロックチェーン】コインデスク・ジャパン/中国「輸入魚から新型ウイルス」でブロックチェーン+コールドチェーンに注目【Wチェーン】(2021/03/13、/03/14竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<中国、Wチェーン
(ブロックチェーン+コールドチェーン)>
 ●コインデスク・ジャパン/
  中国「輸入魚から新型ウイルス」で
  ブロックチェーン+コールドチェーンに注目【Wチェーン】
  *2021年 3月 13日 09:04
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入

 コールドチェーンとは、生鮮食品などを低温(コールド)のまま生産・輸送・消費の過程で物流させる手法のこと。
食品物流の要であり、日米欧などの先進国は、食品物流の90%はコールドチェーンを経由しているとされる。
 高い品質を保ったまま食品を流通させるうえで注目されているのは、コールドチェーンだけではない。
ブロックチェーンを活用した食品トレーサビリティの追跡も実用段階になりつつある。
 このように、ブロックチェーン+コールドチェーンのWチェーンを求める声が高まったのはなぜだろうか。
いくらコールドチェーンを実施しているといっても、個別企業のシステムでは透明性が低いし、サプライチェーンの全体をカバーできているか分からないからだ。

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月13日 (土)

【ブロックチェーン】野村證券マーケット情報/ブロックチェーンで進化する「J-クレジット制度」―“脱炭素”化社会の実現のカギ(2021/02/12、/02/13竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
 ●野村證券マーケット情報/
  ブロックチェーンで進化する「J-クレジット制度」
  ―“脱炭素”化社会の実現のカギ
  *2021.02.12
[追記]
<J-クレジット制度とは?>
 ●J-クレジット制度/
 (当該ページのURL)
https://japancredit.go.jp/
  <一部抜粋1>
【表1】「J-クレジット制度とは?」 *改行挿入。

 J-クレジット制度とは?
 国が認証するJ-クレジット制度とは、
省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、
CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を
「クレジット」として国が認証する制度です。
 本制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度
が発展的に統合した制度で、国により運営されています。
 本制度により創出されたクレジットは、
低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、
様々な用途に活用できます。

 <出典1>「J-クレジット制度」サイト
  「J-クレジット制度とは?」
 (当該ページのURL)
  <一部抜粋2>
【図1】「J-クレジット制度とは?」

20210213_zu01

 <出典2> <出典1>と同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月 6日 (土)

【ブロックチェーン】コインデスク・ジャパン/IBMがブロックチェーン事業を大幅縮小:関係者──広報担当は否定【更新】(2021/02/02、/02/016竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<IBM、ブロックチェーン事業>
 ●コインデスク・ジャパン/Ian Allison/
  IBMがブロックチェーン事業を大幅縮小:
  関係者──広報担当は否定【更新】
  *2021年 2月 2日 15:06
 <一部抜粋>
【表1】 *一部抜粋。

 2020年、暗号資産(仮想通貨)とパブリックブロックチェーンは活況となったように思われたが、
新型コロナウイルスによる経済的な打撃は、
大企業のイノベーション部門に影響を与え、
ブロックチェーンのような短期間で利益を生まない事業は縮小される傾向にある。

<フォーブス、ブロックチェーン50発表>
 ●コインデスク・ジャパン/濱田 優/
  フォーブスがブロックチェーン50発表
  ──中国から6社選出、韓国2社、インド1社など
  *2021年 2月 6日 16:03
<中国、国家ブロックチェーンネットワーク>
 ●TechCrunch Japan/by Rita Liao, Aya Nakazato
  中国の国家ブロックチェーンネットワークが
  世界中のdApps開発者を受け入れ
  *2021年2月05日

[△最新情報へ]

(以上)

2021年1月31日 (日)

【ブロックチェーン】日本経済新聞/ブロックチェーンでゲノム管理(2021/01/29、/02/012竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<ゲノム管理、ブロックチェーン>
 ●日本経済新聞 朝刊/
  ブロックチェーンでゲノム管理
  *2021/1/29付、会員限定
[追記]
 ●PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)/
  ジーネックス株式会社 第三者割当増資による資金調達を実施
  *2021年1月29日 09時00分

[△最新情報へ]

(以上)

2021年1月23日 (土)

【ブロックチェーン】ITmedia/JCB、ブロックチェーン技術使ったIoT領域の決済実(2021/01/19、01/23竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<JCB、ブロックチェーン、
IoT領域の決済実験>
 ●ITmedia/[斎藤健二,ITmedia]/
  JCB、ブロックチェーン技術使ったIoT領域の決済実験
  *2021年01月19日 11時25分 公開
<中国、ブロックチェーン、
病院が請求書を発行>
 ●コインデスク・ジャパン/
  中国・海南省、病院がブロックチェーンで請求書を発行
  ──省内で初のケース

[△最新情報へ]

(以上)

2021年1月10日 (日)

【ブロックチェーン】@DIME/国内企業125社の6割がブロックチェーンを事業に導入することを検討中(2020/08/26、2021/01/10竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<株式会社CryptoPie、ブロックチェーン白書、
「Navy Paper May 2020」>
 ●@DIME/
  国内企業125社の6割が事業導入を検討中!
  業界別にみるブロックチェーンの活用法
  *2021.01.10
  ・@DIME/
   国内企業125社の6割がブロックチェーンを事業
   に導入することを検討中
   *2020.08.26
   <一部抜粋>
【表1】

 全体の42.8%が「BC技術の導入をするかどうかわからない」もしくは「しない」と回答しており、そのうち33%がBCの導入について「収益が見込めるイメージができない」と回答し「収益が上がると思う」と回答した11%を大きく上回るかたちとなった。

 (竹)「収益が見込めるイメージができない」との回答が、
    正直な感想と考えました。2021/01/10竹山宏明
<理論:分散決済ブロックチェーン(DPBと略記)>
 ●朝日新聞デジタル/配信元:JCN Newswire
  デジタル通貨は、ブロックチェーンの基で財政の暗号化の波をき起こす
  *2021.01.09
[追記]
<株式会社CryptoPie、ブロックチェーン白書、
「Navy Paper May 2020」>
 ●【業界白書】「日本企業ブロックチェーン実態調査」の公開
  *2020.05.11

[△最新情報へ]

(以上)

より以前の記事一覧

最近の記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30