特許庁

2020年11月 7日 (土)

【特許】J-CASTニュース/「もっとも風通しがよく、チームワークのある」中央官庁は?(2020/11/04)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<「中央省庁のチームワーク調査」>
 ・J-CASTニュース/
  「もっとも風通しがよく、チームワークのある」中央官庁は?
  特許庁、経産省、環境省、裁判所... 意外な理由はこれだ!(2)
  *2020年11月04日20時15分
  <一部抜粋1>
【表1】

 就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが、会員ユーザーの口コミ投稿から調査した「官僚にとってもっとも風通しがよく、チームワークのある組織ランキング」を、2020年10月28日に発表した。

  <一部抜粋1>
【表2】

 1位の特許庁の審査官同様、専門職としてお互いを尊重する文化が根付いているようだ。

<追記>
●オープンワーク株式会社/「OpenWork」
 「中央省庁のチームワーク調査」
 *2020年10月28日

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月 3日 (火)

【特許庁】特許庁/第42回特許制度小委員会 議事次第・配布資料一覧(2020/10/30)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<[特許]第42回特許制度小委員会>
 ・資料/統計、10月30日:
  産業構造審議会知的財産分科会 第42回特許制度小委員会
  議事次第・配布資料一覧
  *[更新日 2020年10月30日]
  <一部抜粋>「配布資料
  ・・資料1 今後の検討事項の方向性について
    (PDF:516KB)*全3頁
  ・・資料2 訂正審判等における通常実施権者の承諾の要件の見直し
    (PDF:390KB)*全11頁
    <一部抜粋>
【図1】*20201103_shiryou02a
    「改正の要否についての方向性の整理」*p.9

20201103_shiryou02a

  ・・資料3 口頭審理期日における当事者の出頭
    のオンライン化
    (PDF:664KB)*全9頁
【図2】*20201103_shiryou03a
    「ウェブ会議システムを利用した口頭審理のイメージ(一例)」*p.5

20201103_shiryou03a

  ・・資料4 当事者本人への証拠の開示制限
    (アトニーズ・アイズ・オンリー)」
   (PDF:684KB)*全24頁
【図3】*20201103_shiryou04a
    「想定されるニーズ」*p.1

20201103_shiryou04a

 

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許庁/(経済産業省のページへ)建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました(2020/11/02)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<[意匠]建築物、内装の意匠>
 ・報道発表、11月2日:
  建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました
  (経済産業省のページへ)
  <一部抜粋1>
【表1】*改行挿入。

 イノベーションの促進とブランド構築に資する優れた意匠を保護可能とすべく意匠法が抜本的に改正され、令和2年4月1日から、建築物、内装、画像の意匠が新たに保護対象となりました。
この度、建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されましたので、お知らせします。

  <一部抜粋2>「2.国内で初めて登録された建築物、内装の意匠
 (1)建築物の意匠
  ① 意匠登録第1671773号「商業用建築物」
   (株式会社ファーストリテイリング)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006416/5780881C989225CDE1C531A07
F7F7A64702CBE872F513D94A489E5E206160E7E/30/ja
  ②意匠登録第1671774号「駅舎」
   (東日本旅客鉄道株式会社)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006473/9B18C87215FFDF0305CA05D8344
CBBFF7EC0D699E261551B65EB0BD48ACF8EE0/30/ja
 (2)内装の意匠
  ①意匠登録第1671152号「書店の内装」
   (カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006305/02F44EFA39A16A76AC7A1540A99410D30
D0C77063F30AA9610036C73C7254EC9/30/ja
  ②意匠登録第1671153号「回転寿司店の内装」
   (くら寿司株式会社)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり」
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006360/91F67597D12B4727A8DAF828A012
EB98E946FE10E51957A30119AC358975CAE7/30/ja

[△最新情報へ]

(以上)

2020年10月11日 (日)

【個人メモ】Techdirt/US Patent Boss Says No Evidence Of Patents Holding Back COVID Treatments,・・・(2020/10/09)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
 ・Techdirt/
  US Patent Boss Says No Evidence Of Patents Holding
  Back COVID Treatments,
   Days Before Pharma Firms Prove He's Wrong
  *Fri, Oct 9th 2020 3:21am
  [記事表題]<Google 翻訳>
   「米国特許上司は、製薬会社が彼が間違っていることを証明する
   数日前に、COVID治療を抑制している特許の証拠を述べていません」
  <コラム、10/10竹山>
【表1】

・Moderna Incによる、
「パンデミックが続いている間、Modernaはパンデミックと
戦うことを目的としたワクチンを製造している人々に対して
Covid-19関連の特許を行使しません」
との声明について、いくつかの意味がある旨、
記載されています。
・一つとして、
(1)パンデミックが続いている間、特許の非行使、
(2)パンデミック後は特許の行使、
すなわち、他社にライセンス供与する用意もあることです。
・前者の特許の非行使は、COVID治療の障壁になることを、
Moderna Incも認めている点を指摘しています。
 その一例いとして、
Allele Biotechnology and Pharmaceuticalsが、
3社の製薬会社に対して2件の訴訟を起こした点
を挙げています。
この訴訟では、サンディエゴの会社は、
ファイザーとバイオエヌテックが、
調査中のCOVID-19ワクチンBNT162と、
リジェネロンのREGN-COV2とともに、
アレルのmNeonGreen蛍光タンパク質を会社の許可なしに
使用して開発された、と主張しています。
・私は、Moderna Incの声明を、歓迎すべきものとしか、
認識していませんでした。
(以上)10/10竹山

[△最新情報へ]

(以上)

2020年9月23日 (水)

【特許】日本経済新聞/日本発の電池特許出願、世界の3分の1に、2018年(2020/09/22)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<欧州特許庁(EPO)・国際エネルギー機関(IEA)、22日まとめた報告書>
 ・日本経済新聞/
  日本発の電池特許出願、世界の3分の1に 2018年
  *2020/9/22 20:16
 ・Yahoo!ニュース/(聯合ニュース)/
  バッテリー技術の国際特許出願 サムスンが世界1位・LG3位
  *9/22(火) 15:26配信
 ・聯合ニュース/
  バッテリー技術の国際特許出願 サムスンが世界1位・LG3位
  *記事一覧 2020.09.22 15:26

[△最新情報へ]

(以上)

2020年8月13日 (木)

【特許】ジェトロ/ジェトロと特許庁、海外もつなぎASEAN知財動向報告会をオンラインで開催(2020/08/12)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<「秘密特許」導入、来年の通常国会を目指す方針>
  ・テレビ朝日/
   「秘密特許」導入に法改正へ 中国への対応が念頭に
   *[2020/08/12 12:30]
<4G LTE特許侵害>
  ・iPhone Mania/
   Appleの4G LTE特許侵害裁判において、
   同社に600億円の特許使用料支払い命令
   *2020年8月12日 14時15分
<米バイオ医薬品企業「モデルナ」、
開発中の新型コロナウイルスのワクチンを含む特許申請>
  ・Newsweekjapan/[11日 ロイター]
   米モデルナ、「新型コロナワクチンの特許独占権は不透明」
   *2020年08月12日(水)11時04分
<JETRO、ASEAN知財動向報告会>
  ・ジェトロ(日本貿易振興機構)/地域・分析レポート
   ASEANの知財法整備に進展、日本企業も活用を
   ジェトロと特許庁、
   海外もつなぎASEAN知財動向報告会をオンラインで開催
   *2020年8月12日
   <一部抜粋>
【表1】「ASEAN知財動向報告会」

 ASEANの知財動向において昨今の注目すべきポイントとしては、
(1)ASEAN各国の国際出願に関する条約加盟、
(2)中国・韓国からのASEAN各国への出願増加、
(3)新型コロナウイルス感染症の影響、がそれぞれ挙げられる。

【図1】「図:ASEAN主要国の商標出願状況」

20200813_zu01

  「出所:WIPO統計資料からジェトロ作成」
    <出典>「JETRO」サイト
    「ASEANの知財法整備に進展、日本企業も活用を
    ジェトロと特許庁、
    海外もつなぎASEAN知財動向報告会をオンラインで開催
    2020年8月12日」
  (当該ページのURL)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports
/2020/784b856d74efe819.html

[△最新情報へ]

(以上)

2020年8月 8日 (土)

【特許庁】令和元年意匠法改正特設サイトを更新しました(2020/08/04)

特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<意匠法改正(令和元年改正)に関するパンフレット
(日本語版 更新)>
  ・8月4日
   意匠法改正(令和元年改正)に関するパンフレット(日本語版 更新)
   <一部抜粋>
   ・・イノベーション・ブランド構築に資する意匠法改正
     -令和元年改正-(PDF:6,864KB)
     令和元年5月に公布されました意匠法改正の概要をご紹介します。
     2020年7月作成
     *全4頁
  ・8月4日
   令和元年意匠法改正特設サイトを更新しました
   <一部抜粋1>
【表1】「2. 改正項目と施行期」、*改行挿入。

2. 改正項目と施行期日
 意匠法は、以下の項目(青囲み内)について改正されました。
改正意匠法は、ほとんどの規定が令和2年4月1日に施行済みであり、
残る一部の規定については、令和3年4月1日に施行されます。

【図1】

20200808_zu01

   <一部抜粋2>
    意匠法改正については、以下のコンテンツでも解説しています。
   ・令和元年法律改正(令和元年法律第3号)解説書
    [更新日 2020年5月12日]
    PDF形式(全87頁)
    改正の必要性、概要、条文について解説したものです。
   ・工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第21版〕
    (PDF:1,348KB)
    PDF形式(全257頁:意匠法部分のみ)
    意匠法の全条文について解説したものです。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】第40回産業構造審議会知的財産分科会特許制度小委員会 議事録(2020/08/05)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<第40回、特許制度小委員会、議事録>
  ・8月5日
   第40回産業構造審議会知的財産分科会特許制度小委員会

   議事録
   <一部抜粋>第40回(令和2年6月16日)
   ・・議事録(PDF:375KB)
     *全35頁
<追記>
 ●第41回(令和2年7月9日)/議事要旨
  *[更新日 2020年7月10日]
   <一部抜粋>
【表1】「3. 議題」及び「4. 議事内容」

3. 議題
 AI・IoT技術の時代にふさわしい特許制度の在り方―中間とりまとめ―
4. 議事内容
 事務局より、資料1・2に沿って、説明が行われた。
 以上の説明を踏まえて、自由討議が行われた。

 ●第41回(令和2年7月9日)/配付資料
  *[更新日 2020年7月9日]
  <一部抜粋>配布資料
   ・資料1 AI・IoT技術の時代にふさわしい特許制度の在り方
     ―中間とりまとめ―(案)(PDF:608KB)
     *全58頁
   ・資料2 特許制度小委員会報告書案
    「AI・IoT技術の時代にふさわしい特許制度の在り方
    ―中間とりまとめ―(案)」
    に寄せられた御意見の概要と御意見に対する考え方
    (PDF:608KB) *全63頁


[△最新情報へ]

(以上)

2020年8月 4日 (火)

【特許庁】糟谷長官 就任挨拶(2020/08/03)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<糟谷長官、就任挨拶>
  ・8月3日、糟谷長官 就任挨拶
   <一部抜粋>
【表1】*改行・下線挿入。

 以上の認識の下、特許庁は、次の取組を進めていきます。
 「世界最速・最高品質」の審査を引き続き堅持すべく、審査体制を維持・強化します。
また、AI・IoT技術の時代にふさわしい特許制度の整備や、
地域経済を支えイノベーション創出を担う中小・スタートアップ企業の支援にスピード感をもって取り組みます。
加えて、経済のリモート化に対応するため、特許庁における申請手続等の一層のデジタル化についても検討を進めます。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年8月 1日 (土)

【特許庁】AI関連発明の出願状況、ビジネス関連発明の最近の動向(2020/07/27)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<AI関連発明の出願状況>
  ・7月27日
   AI関連発明の出願状況を調査しました(経済産業省のページへ)
  ・7月27日
   AI関連発明の出願状況調査
   <一部抜粋1>
     報告書のサマリ(詳細は報告書本体を参照してください)
【表1】

 AIコア発明(FI: G06N)に加え、AIを各技術分野に適用したAI適用発明を「AI関連発明」と定義しました。

   <一部抜粋2>
   ・・報告書本体はこちら(PDF:1,041KB)
     *全25頁、特許庁 審査第四部 審査調査室
   ・・本調査のバックデータはこちら(エクセル:987KB)
     <一部抜粋>
【表2】 *図3抜粋

順位 出願人 合計
1 日本電信電話(株) 636
2 富士通(株) 468
3 (株)日立製作所 327
4 ファナック(株) 296
5 日本電気(株) 225

<ビジネス関連発明の最近の動向>
  ・7月27日
   ビジネス関連発明の最近の動向についてお知らせ
   <一部抜粋>1.ビジネス関連発明の概要
     1-1 ビジネス関連発明とは
【表3】*改行挿入。

  ビジネス関連発明※とは、ビジネス方法が
ICT(Information and Communication Technology
:情報通信技術)
を利用して実現された発明です。
*途中省略
  ※ IPC又はFIとしてG06Qが付与された特許出願をビジネス関連発明としています。

<追記>
 ●AI関連発明と、ビジネス関連発明の出願状況の比較
【図1】「図1 AI関連発明の国内出願件数の推移」

20200801_zu01

 <出典>「特許庁」サイト
  AI関連発明の出願状況調査
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/patent
/gaiyo/sesaku/ai/ai_shutsugan_chosa.html
【図2】「グラフ1 ビジネス関連発明の出願件数の推移」

20200801_zu02

 <出典>「特許庁」サイト
  ビジネス関連発明の最近の動向についてお知らせ
  (当該ページのURL)
https://www.meti.go.jp/press/2020/07
/20200727003/20200727003.html

[△最新情報へ]

(以上)

より以前の記事一覧

最近の記事

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30