個人メモ

2021年3月 2日 (火)

【著作権】GIGAZINE/「グランド・セフト・オート」をリバースエンジニアリングで再現するプロジェクトが著作権侵害で公開停止(2021/02/24、03/02竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<ブランディング、著作権契約>
 ●日経クロストレンド/
  ブランディングの鍵を握る著作権契約 その3つのポイント
  デザイン経営 成功への道 第10回/全12回
  *2021年03月01日、有料会員限定
<コスプレの著作権の問題>
 ●Yahoo!ニュース/(デイリースポーツ)/
  コスプレイヤーに高まる先行きの不安
  …コスプレの著作権ルール化問題はどうなるのか
  *2/26(金) 21:00
<韓国歌手ソン・ガイン、
「アーティストの音楽著作物、肖像権、
姓名権の無断違法使用>
 ●Yahoo!ニュース/WoW!Korea>
  【公式】歌手ソン・ガイン側、違法な著作権使用に法的対応へ
  *2/26(金) 14:43配信
<ゲーム、リバースエンジニアリング>
 ●GIGAZINE/
  「グランド・セフト・オート」をリバースエンジニアリングで
  再現するプロジェクトが著作権侵害で公開停止
  *2021年02月24日 20時00分

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月 1日 (月)

【特許】福井新聞/福井の科捜研、血液判別高度な新手法(2021/02/28、03/01竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<福井県警、人血検査キット>
 ●日テレNEWS24/
  県警の科捜研が特許取得 人血検査キット
  *2021.02.28
 ●福井新聞/
  福井の科捜研、血液判別高度な新手法
  古い血痕でも人の血検出、特許取得
  *2021年2月28日 午後5時00分

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月23日 (火)

【不競法】SankeiBiz/ 営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務(2021/02/22、02/23竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<営業秘密流出>
 ●SankeiBiz/
  営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務
  *2021.2.22 06:06
  <一部抜粋1>「経産省が17年に行った調査では、
   営業秘密の漏洩(ろうえい)を検知する取り組みを
   行っている割合は大企業が77%だったのに対し、
   中小企業では24%にとどまっていた。」
  <一部抜粋2>「実際、警察庁の調べでも、
   19年の営業秘密侵害事犯は21件で、
   13年の5件から右肩上がりで増えている。」
[追記]
<警察庁生活安全局、生活経済事犯の検挙状況等>
 ●警察庁生活安全局、生活経済対策管理官/
  令和元年における生活経済事犯の検挙状況等について
  *令和2年3月、全50頁
  (当該ページのURL)
https://www.npa.go.jp/publications/statistics
/safetylife/seikeikan/R01_seikatsukeizaijihan.pdf
【図1】「図表23 営業秘密侵害事犯の検挙事件数の推移」p.22
  <一部抜粋1>「(3)営業秘密侵害事犯
  営業秘密侵害事犯については21事件を検挙し、
  増加傾向にある。」

20210223_zu01

 <出典1>「警察庁生活安全局」サイト
  「令和元年における生活経済事犯の検挙状況等について」
  (令和2年3月)
 (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】GIGAZINE/400億円超のロイヤリティを音楽配信サービスから著作権管理団体が徴収(2021/02/22、02/23竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
INTERNET Watch
やじうまWatch
<米Electronic Frontier Foundation
(EFF、電子フロンティア財団)が紹介、
米警察、活動家のライブストリーミングを妨害
しようとしたとみられる事例>
 ●INTERNET Watch/やじうまWatch/
  米警察、「著作権フィルターに検出されそうな曲」
  をかけて活動家のストリーミングを妨害?
  *2021年2月22日 12:15
<メタリカ、ゲーム・イベントの生配信、
演奏の音声が差し替えられてしまう事態>
 ●Engadget 日本版/
  Twitch、BlizzCon配信でメタリカのライブ演奏
  を民謡風BGMに差し替え。米著作権法懸念か
  *2021年02月21日, 午後 01:00 in DMCA
 ●「NME JAPAN」/
  メタリカ、ゲーム・イベントの生配信で演奏の音声が
  著作権侵害の疑いで差し替えられてしまう事態に
  *2021.2.22 月曜日
<アメリカの著作権管理団体
「Mechanical Licensing Collective(MLC)」
2021年2月16日、20の音楽配信サービスから
ロイヤリティ(使用料)を徴収したと発表>
 ●GIGAZINE/
  400億円超のロイヤリティを音楽配信サービスから
  著作権管理団体が徴収
  *2021年02月22日 07時00分

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】47NEWS/「猟友会」使用は「商標権侵害」 釧路のNPO法人を提訴(2021/02/22、02/23竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<大日本猟友会(東京)、提訴は4日付、
商標「猟友会」、商標権侵害、
不正競争防止法違反>
 ●47NEWS/北海道新聞/
  「猟友会」使用は「商標権侵害」 釧路のNPO法人を提訴
  *02/22 22:04、会員制
[追記]
<J-PlatPat、商標「猟友会」>
 ●J-PlatPat/商標検索/
  (当該ページのURL1)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/t0100
  ・登録番号:第4820616号
   (当該ページのURL2)
   商標出願2004-019208のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800
/TR/JP-2004-019208/653C4C59EFCAB8D020479
22024616D9B8941FEE9AA12B3BE58B2A5A533E13BE8/40/ja
   <一部抜粋>
   ・登録日:平成16(2004)年 11月 26日
   ・標準文字商標:猟友会
   ・権利者:一般社団法人大日本猟友会
   ・区分数:5
   (1)第16類、印刷物など
   (2)第36類、狩猟共済事業・死亡・障害等に関する
     済契約の引き受け及び共済給付金の支払いなど
   (3)第37類、有害動物の駆除及び防除など
   (4)第42類、野生動物に関する調査・研究など
   (5)第44類、動物の飼育及びこれに関する
      コンサルティング・情報の提供など

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】iPhone Mania/マクセル、Appleを12件の特許侵害でさらに訴える〜訴訟対象は合計27件に(2021/02/22、02/23竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国、トイレに関するおもしろ米国特許3選>
 ●Yahoo!ニュース/栗原潔/
  トイレに関するおもしろ米国特許3選
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *2/22(月) 13:53
  <一部抜粋>「米国の特許弁護士Jeff Steckという方が、
   ツイッターに米国の興味深い特許を定期的に投稿しています。>
  (当該ページのURL)
https://twitter.com/GazEtc
<マクセル、12件の特許がAppleに侵害、
現地時間2月19日、テキサス州の裁判所に訴え>
 ●iPhone Mania/Source:AppleInsider(hato)
  マクセル、Appleを12件の特許侵害でさらに訴える
  〜訴訟対象は合計27件に
  *2021年2月22日 01時29分
  <一部抜粋>97ページに及ぶ訴状の全文は公開されており、
   Web上で読むことができます。」
  (当該ページのURL)
https://www.scribd.com/document
/495310913/Maxell-v-Apple

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月20日 (土)

【特許】PR TIMES/株式会社サウンドファン/【コロナ禍で人気】世界初の特許技術『曲面サウンド』(2021/02/19、02/22竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<株式会社サウンドファン、
世界初の特許技術『曲面サウンド』>
 ●PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)/
  株式会社サウンドファン/
  【コロナ禍で人気】世界初の特許技術『曲面サウンド』
  搭載 テレビの音を聴こやすい音に変換するテクノロジー
  「ミライスピーカー・ホーム」販売台数1万台突破!
  *2021年2月19日 14時00分
[追記]
<「曲面サウンド」技術>
 ●ITmedia NEWS/[芹澤隆徳,ITmedia]/
  これぞイノベーション、“音のバリアフリー”を実現する
  「ミライスピーカー」の仕組みと未来
  *2017年04月18日 06時01分 公開
 ●J-PlatPat/特許・実用新案検索/
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0100
  (検索例)【特許番号】特許第5668233号
  ・特許5668233のURL情報(当該ページのURL)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800
/PU/JP-5668233/A88FE465F21A5C8BBA4C4784E8
E1B68DA47D5D33EAA0940E5D6E4FF7A0B46BC8/15/ja
  <一部抜粋1>
  ・【登録日】平成26年12月26日(2014.12.26)
  ・【発明の名称】万能スピーカ
  ・【特許権者】【識別番号】514093028
  ・【氏名又は名称】株式会社サウンドファン
  <一部抜粋2>
【図1】特許第5668233号、[図2]

20210220_zu01

 <出典>「J-PlatPat」サイト
  「特許・実用新案検索」
  (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】コラム「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例への対応」について(2021/02/20竹山公表)

□コラム「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例への対応」
 について、2021/02//20竹山宏明
【表1】本文

1 はじめに
 「特許印紙予納の廃止」の話題で、
特許庁「ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
産業財産権政策の在り方―とりまとめー」
(令和3年2月3日、
以下、「令和3年産業財産権政策の在り方」という。*1)
を読んでいて、「免除制度」について気になる記載があり、
紹介します。
2 「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例」について
 気になる記載は、
「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例への対応」
(p.28~ 30参照)です。
 内容は、審査請求料が全額免除された個人名義の出願が、
特許権が設定登録後、ほぼ全件が法人に権利移転されている
、そうです。
 数値的には、「2019年4月~2020年10月」の
「特許権が設定登録された個人名義の出願件数(5,908件)」
あります。
 「登録件数が40件以上である個人による出願件数は1,057件」
(*18%)あります。
 その全件について「審査請求料」の「全額免除」
が適用されている、そうです。
 そして、個人による「1,057件」のうち、
「1,054 件」(99.7%)が、特許権の設定登録後、
法人へ権利移転されている、そうです。

【表2】「全額免除」の対象者・「今後の新たな取組・改善」

3 審査請求料の「全額免除」の対象者について
 審査請求料が、「全額免除」される対象者の方は、
個人の場合に、
「イ 生活保護を受けている者」、
「ロ 市町村民税非課税者」の方に限られます(*2)。
4 「今後の新たな取組・改善」について
 「今後の新たな取組・改善」としては、
「対応:適用件数の上限設定、全額免除の縮小又は廃止」
について検討を進める、と記載されています。
 具体的には、
「・ 年間の適用件数に上限を設ける。」
点が記載されています。
 続いて、
「・ 少なくとも市町村民税非課税(相当)を理由とする
全額免除は廃止し、軽減措置のみとする、
と記載されています。
 さらに、
「(生活保護受給者に対する免除措置については、
一定の上限を設けた上で継続することも
一つの選択肢として検討する。)」
と記載されています。
 また、
「・ 特許登録までの間に他者に権利移転された場合については、
減免を取り消す等の措置を検討する。」
と記載されています。
 上記載に続き、「ただし、」書きが添えられています。
5 おわりに
 制度については、定期的に利用実態の調査が必要なものと考えます。
 そして、調査結果を利用者にまずは公表し、
アピールすることが大切なものと考えます。
 つぎに、改善策を考え、改善策を利用者に公表し、
利用者の意見を聞くことが必要なものと考えます。
 その上で、制度を定期的に改善することが
望ましいものと考えます。(以上)

【表3】注記

*1:特許庁「令和3年産業財産権政策の在り方」
   (令和3年2月3日)、全51頁
   (当該ページのURL1)
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai
/sangyo-kouzou/shousai/kihonmondai_shoi
/document/210203torimatome/01.pdf
*2:特許庁「個人(市町村民税非課税者等)
   を対象とした減免措置について
   (2019年4月1日以降に審査請求をした場合)」
   [更新日 2021年1月8日]
   (当該ページのURL2)
https://www.jpo.go.jp/system/process
/tesuryo/genmen/genmen20190401/02_08.html

 

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】ASCII.jp/独自のブランドを確立するには?、スタートアップが知るべきPRにつながる商標、知財戦略(2021/02/16、02/20竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<特許庁ベンチャー支援班、2020年12月18日、
スタートアップ向けセミナー、福岡市で開催>
 ●ASCII.jp/文● 藤原達矢(アバンギャルド)
  編集●ASCII STARTUP/
  独自のブランドを確立するには?
  スタートアップが知るべきPRにつながる商標、知財戦略
  *2021年02月16日 09時00分更新

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】The Hankyoreh japan/エリクソン「サムスン電子が特許侵害」また提訴(2021/02/18、02/20竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<エリクソン、15日、サムスン電子、
無線移動通信技術、特許侵害、
米国国際貿易委員会(ITC)に提訴>
 ●The Hankyoreh japan/ハンギョレ新聞社/
  エリクソン「サムスン電子が特許侵害」また提訴
  …ITCが調査に着手
  サムスンとエリクソン、2012年から「特許紛争」繰り返す
  *登録:2021-02-18 02:16 修正:2021-02-18 10:25

[△最新情報へ]

(以上)

より以前の記事一覧

最近の記事

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31