« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月25日 (日)

【特許】発明家「道脇裕」氏、「緩まないネジ」(2)、J-PlatPat「特許・実用新案検索・商標検索」について、(2021/07/25竹山公表)

□特許に関連し、発明家「道脇裕」氏、「緩まないネジ」、
 J-PlatPat「特許・実用新案検索・商標検索」について、
 (2021/07/25竹山公表)
<発明家「道脇裕」氏、「緩まないネジ」>
 ●J-PlatPat/特許・実用新案検索/
  (当該ページのURL1)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0100
  (1)特許・実用新案検索、申請人識別番号
  ・検索キーワード、申請人識別番号:「510202167」
   【出願人】、【識別番号】510202167
   【氏名又は名称】Next Innovation合同会社
  *検索結果一覧、国内文献:(152)件
  (2)特許・実用新案検索、発明者
  ・検索キーワード、発明者/考案者/著者:「道脇裕」
   【発明者】、【氏名】道脇 裕
  *検索結果一覧、国内文献:(7)件
 ●J-PlatPat/商標検索/
  (当該ページのURL2)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/t0100
  (3)商標検索、申請人識別番号
  ・その他の検索キーワード
  申請人識別番号:「510202167」
  検索結果一覧(出願・登録情報)、検索ヒット件数:(4)件
 ●J-PlatPat/商標検索/
  (4)商標検索、商標(検索用)
  ・商標(マーク)、商標(検索用):「?NejiLaw?」
  *検索結果一覧、検索ヒット件数:(1)件
   ・・登録番号:第5558498号
     <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2012-039954/F18DC89F65847842E353DBDFD9
B98D8858248D05A393250490317D5F174A5C2C/40/ja
[サイト内]
 ●2021年7月25日 (日)
  【特許】テレビ東京/学歴ナシの天才発明家~知られざる
  問題解決力の秘密:読んで分かる「カンブリア宮殿」
  (2021/07/01、07/25竹山公表)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】テレビ東京/学歴ナシの天才発明家~知られざる問題解決力の秘密:読んで分かる「カンブリア宮殿」(2021/07/01、07/25竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<発明家「道脇裕」氏、「緩まないネジ」、
テレビ東京「カンブリア宮殿」>
 ●テレビ東京/
  学歴ナシの天才発明家~知られざる問題解決力の秘密
  :読んで分かる「カンブリア宮殿」
  *2021.7.1
  (当該ページのURL1)
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/
business/entry/2021/024012.html
[追記]
<NejiLaw社「緩まないネジ」>
 ●NejiLaw/
  (当該ページのURL2)
http://www.nejilaw.com/product.html
 ●テレビ東京「カンブリア宮殿」/
  「学歴ナシの天才発明家、知られざる問題解決力の秘密」
  バックナンバー、2021年6月17日 放送
  (当該ページのURL3)
https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/
backnumber/2021/0617/
 ●THINK Blog Japan/Mugendai(無限大)/
  史上初の「緩まないねじ」が世界を救う
  ――小学校“自主”休学の天才発明家・道脇裕の
  「常識をネジろう!」
  *2020年1月7日
  (当該ページのURL4)
https://www.ibm.com/blogs/think/jp-ja
/mugendai-10675-interview-nejilaw/
 【図1】「緩まないネジ(L/Rネジ)」とは

20210725_zy01

 <出典1>「THINK Blog Japan」サイト
  「史上初の「緩まないねじ」が世界を救う
  (当該ページのURL3)
 【表1】

 ボルトに組み付けた2種のナットを機械構造的に結合。互いにぶつかり合う、または引き合うことでロックされる。
 出典:NejiLaw HP

 <出典2>*<出典1>に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

2021年7月24日 (土)

【特許】Yahoo!ニュース/栗原潔/ソニーが視聴者投票でゲームのプレイヤーを退場させる発明を米国で特許化(2021/07/21、07/24竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<栗原潔、ソニー、ビデオゲーム、米国で特許化、
視聴者投票でゲームのプレイヤーを退場させる発明>
 ●Yahoo!ニュース/栗原潔/
  ソニーが視聴者投票でゲームのプレイヤーを退場させる
  発明を米国で特許化、
  栗原潔、弁理士 知財コンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *7/21(水) 17:42、有料
  <一部抜粋>
   「公開番号は20210213360、発明の名称は
   ” SPECTATORS VOTE TO BENCH PLAYERS IN A VIDEO GAME”
   (視聴者の投票によりビデオゲームプレイヤーを退場
   (ベンチ入り)させる方法)です。出願日は2020年1月15日です。」
  (当該ページのURL1)
https://patentscope2.wipo.int/search/
en/detail.jsf?docId=US330896909
[追記]
<検索サイト1:公報情報>
 ●米国特許庁/USPTO Patent Application Full-Text/
  (USPTO特許出願全文)
  (当該ページのURL2)
https://appft.uspto.gov/netahtml/PTO/index.html
  ・AppFT: Applications/Quick Search/
   *United States Patent Application:”20210213360”入力
  (当該ページのURL3)
https://appft.uspto.gov/netahtml/PTO/search-bool.html
  ・・PUB. APP. NO. Title
    1 20210213360
    SPECTATORS VOTE TO BENCH PLAYERS IN A VIDEO GAME
  (当該ページのURL4)
https://appft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1
=PTO2&Sect2=HITOFF&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO
%2Fsearch-bool.html&r=1&f=G&l=50&co1=AND&d
=PG01&s1=20210213360&OS=20210213360&RS=20210213360
  (当該ページのURL5)
  ・・・Images/Sections:Front Page/
https://pdfaiw.uspto.gov/.aiw?docid=20210213360
&SectionNum=1&IDKey=6220B658A8DA&HomeUrl
=http://appft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?
Sect1=PTO2%2526Sect2=HITOFF%2526p=1%2526u
=%25252Fnetahtml%25252FPTO%25252Fsearch-bool.
html%2526r=1%2526f=G%2526l=50%2526co1=AND
%2526d=PG01%2526s1=20210213360%2526OS=20210213360
%2526RS=20210213360
  ・・・・Images/Sections:Drawings/
  (当該ページのURL6)
https://pdfaiw.uspto.gov/.aiw?docid=20210213360&
SectionNum=2&IDKey=6220B658A8DA&HomeUrl=http://
appft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO2%2526
Sect2=HITOFF%2526p=1%2526u=%25252Fnetahtml%25252
FPTO%25252Fsearch-bool.html%2526r=1%2526f=G%2526l
=50%2526co1=AND%2526d=PG01%2526s1=20210213360%2526OS
=20210213360%2526RS=20210213360
<検索サイト2:経過情報>
 ●米国特許庁/Public Patent Application Information Retrieval/
  (公的特許出願情報検索)
  (当該ページのURL7)
https://portal.uspto.gov/pair/PublicPair
  ・Search for Application:Application Number
   *Appl. No.:”16/744086”入力
  ・・/Transaction History、*”Transaction History”クリック。
    ”Transaction History
    Date、Transaction Description
    07-15-2021、PG-Pub Issue Notification。
          (*特許発行通知)
  *解説”PAIR/USP 審査経過の参照システム PatentCity”
   「USP(米国特許)の簡単な審査経過を下記にて無料で参照できます。
   http://portal.uspto.gov/external/portal/pair」
   (当該ページのURL7)
http://www.patentcity.jp/patentcity/pair_usp.html
【図1】Front Pageの一部抜粋(上段)

20210724_zu01

 <出典>”USPTO”サイト
  (当該ページのURL5)
【図2】図1

20210724_zu02

 <出典>”USPTO”サイト
  (当該ページのURL6)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年7月23日 (金)

【特許】ニュースイッチ/特許出願数 伸びる中小企業(2021/07/22、07/23竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<特許庁、特許行政年次報告書(2021年版)>
 ●Yahoo!ニュース/ニュースイッチ/
  特許出願数 伸びる中小企業
  *7/22(木) 9:31
  (当該ページのURL1)
https://news.yahoo.co.jp/articles
/cb280a4f679fcdd3d588ab88e8c2f29878b9262c
[追記]
<特許庁、特許行政年次報告書(2021年版)>
 ●特許庁/
  「特許行政年次報告書2021年版」を取りまとめました
  2021年7月14日
  ・特許行政年次報告書2021年版
   ・・第3章 中小企業・地域における知的財産活動
     (PDF:1,366KB)、全17頁
     (当該ページのURL2)
https://www.jpo.go.jp/resources/report/nenji
/2021/document/index/honpen0103.pdf
【図1】1-3-1図 企業数・特許出願件数に占める中小企業の割合

20210723_zu01

 <出典1>「特許庁」サイト
  「特許行政年次報告書(2021年版)」
  [更新日 2021年7月14日]
  (当該ページのURL2)
【表1】記事の比較、*改行挿入。

<「ニュースイッチ」掲載>
 「20年の国内の中小企業の特許出願件数は3万9789件で全体の17・5%を占め、比率が2年連続で過去最高となった。
コロナ禍にもかかわらず件数と比率ともに増加傾向にあることを示した。
中小企業の特許戦略が中長期で功を奏していることや、19年に制度を拡充させ運用が始まった中小企業向けの特許料金の減免制度や手続きの簡素化などで、中小の特許申請数が伸びたとみられる。」
<特許行政年次報告書(2021年版)掲載>
 「(1)中小企業における特許等の出願件数の状況
 我が国の中小企業数は、およそ358万社と全企業数の99.7%以上を占め、イノベーションを促進させる上で中小企業の果たす役割は大きい。
 しかし、近年の内国人の特許出願件数に占める中小企業の割合は17.5%にすぎない。

 <出典1>「特許庁」サイト
 <出典2>「ニュースイッチ」サイト
  「特許出願数 伸びる中小企業」
  (7/22(木))
  (当該ページのURL1)
 [私感]同じ数値「17・5%」の捉え方により表現の差異が出ています。
 (2021/07/23竹山)

[△最新情報へ]

(以上)

【COVID-19と特許】IPWatchdog.com/A Third Option: Limited IP Waiver Could Solve Our Pandemic Vaccine Problems(2021/07/21、07/23竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<IP免除提案」と「特許期間の延長」との関係>
 ●IPWatchdog.com/
  A Third Option: Limited IP Waiver Could Solve
   Our Pandemic Vaccine Problems
  By Roberta A. Young & Jamaica Potts-Szeliga
  *July 21, 2021
  [記事表題]「第三の選択肢:限られたIP免除は、
   私たちのパンデミックワクチンの問題を解決することができます」
  (当該ページのURL1)
https://www.ipwatchdog.com/2021/07/21/third-option
-limited-ip-waiver-solve-pandemic-vaccine-problems/id=135732/
【表1】「インドと南アフリカが提唱したIP免除提案」と
 「特許期間の延長」との関係について、*改行挿入。

 「インドと南アフリカが提唱したIP免除提案は、ワクチンの生産と輸出に関するTRIPS規則からの広範な免除です。100カ国以上とフランシスコ法王がこの提案を支持しているが、ワクチン開発者にとって本当のリスクを高めるだけでなく、コストを回収し、将来の開発に資金を提供する能力に影響を与える。」
 「特許期間の延長は既に知られており、広く使用されています。」
 「この記事は、自発的なワクチンの寄付と完全なIP免除提案の間の第3の選択肢を示唆しています。
3番目に提案された解決策は、民間企業が開発途上世界にCOVID-19ワクチンをカバーする知識と設計の一部を共有するために、国家とライセンス契約を結ぶよう奨励(または要求)する可能性のある限られたIP免除を奨励する(または要求する)限定されたIP免除です。
限られたIP免除は、基本的なCOVID-19ワクチンを生産するために技術の最低限必要な部分をカバーすることができます。
免除は、パンデミックの期間、またはWTOによって合意された別の用語に時間を制限することができます。
この用語は、広範囲にわたるワクチン接種と免疫の目標が達成されたときに終了すると定義することもできます。
このような限られたIP免除をサポートする製薬会社のためのインセンティブは、限られたIP免除の対象となる技術の特許期間延長の形で提供することができます。」

 <出典1>「IPWatchdog.com」サイト
  ”A Third Option: Limited IP Waiver Could Solve
   Our Pandemic Vaccine Problems”(July 21, 2021)
  (当該ページのURL1)
 [私感]「特許期間の延長」については全く気付かず、現実的な魅力的な
  選択肢と思います。」(2021/07/23竹山)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年7月20日 (火)

【COVID-19と特許】National Retail Federation/NRF | Uniting to advocate for patent quality(2021/07/19、07/20竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<「パテントトロール」と特許品質>
 ●National Retail Federation/
  NRF | Uniting to advocate for patent quality
  *July 19, 2021
  [記事表題]「特許品質を主張する団結
   低品質の特許は「パテントトロール」を可能にし、
   企業に数十万ドルの費用がかかります」
[追記]
 ●7月19日~23日、特許品質週間

[△最新情報へ]

(以上)

2021年7月14日 (水)

【特許】ニュースイッチ/日刊工業新聞社/スマホなどの特許使用料をアプリ事業者が負担も、特許庁が検討(2021/07/13、07/14竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<日刊工業新聞社、
特許に対する対価負担のイメージ>>
 ●ニュースイッチ/日刊工業新聞社
  スマホなどの特許使用料をアプリ事業者が負担も、特許庁が検討
  *2021年07月13日
[追記]*関連するか不明です。7/17竹山
<特許庁、「消尽」の概念の整理>
 ●特許庁/
  「知財エコシステムの自律に向けた中長期的課題」
  産業構造審議会 第16回知的財産分科会
  令和3年6月28日
  (PDF:4642KB)、*全63頁
  (当該ページのURL1)
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai
/sangyo-kouzou/shousai/chizai_bunkakai
/document/16-shiryou/01.pdf
  <一部抜粋>
【図1】「②「消尽」の概念の整理、
 消尽の整理にむけた具体的な論点」

20210714_zu01

 <出典>「特許庁」サイト
  「知財エコシステムの自律に向けた中長期的課題」
  *57/63頁
  (当該ページのURL1)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年7月11日 (日)

【特許】Yahoo!ニュース/「mRNAワクチン」で人類を救ったカタリン・カリコ博士の物語(2021/07/09、07/12竹山公表)

□特許に関連しませんが、Google/ニュース/特許 コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許 コロナ
<「mRNAワクチン」で人類を救った
カタリン・カリコ博士の物語>
 ●Yahoo!ニュース/山田順 | 作家、ジャーナリスト/
  「mRNAワクチン」で人類を救ったカタリン・カリコ博士の物語
  *7/5(月) 17:37
  <一部抜粋>「現在、彼女のストーリーは多くのメディアで
   見聞きできます。
   ・NHKのインタビューはダイジェスト動画が
    配信されています。」
https://www.nhk.or.jp/d-garage-mov/movie/41-524.html

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Yahoo!ニュース/ニッケイ新聞/《ブラジル》新しいコロナ感染検査キット開発=約625円、30分で判定確率96%(2021/07/09、07/12竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許 コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許 コロナ
<ブラジル、新しいコロナ感染検査キット開発>
 ●Yahoo!ニュース/ニッケイ新聞/
  《ブラジル》新しいコロナ感染検査キット開発=約625円、
  30分で判定確率96%
  *7/9(金) 8:21配信
  <一部抜粋>「夫妻は既に新しい検査キットの特許をとっており、
   近日中に国家衛生監督庁(Anvisa)の許可を申請する予定だ。」

[△最新情報へ]

(以上)

【COVID-19と特許】Los Angeles Review of Books//Of Viruses and Licenses: Lessons from COVID-19 Vaccine Patent Debates(2021/07/09、07/11竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<米国、Los Angeles Review of Books、
「ウイルスとライセンスの:COVID-19ワクチン特許討論会の教訓」>
 ●Los Angeles Review of Books/By Mario Biagioli/
  Of Viruses and Licenses: Lessons from COVID-19 Vaccine
   Patent Debates
  *July 9, 2021
  [表題]「ウイルスとライセンスの:COVID-19ワクチン特許討論会の教訓」
  (当該ページのURL1)
https://lareviewofbooks.org/article
/the-tangled-web-of-viruses-and-licenses-lessons
-from-covid-19-vaccine-patent-debates/
  <一部抜粋>
【表1】*一部着色。

 「ホワイトハウスから世界貿易機関(WTO)まで、COVID-19ワクチン技術の強制的なライセンスの周りに激しい議論が再燃し、米国の主要新聞のすべてにop-edsが殺到しています。
 特許保護は、これらのop-edsが、途上国がタイムリーな世界的な予防接種を確実にするために安価なショットを生産し、配布できるように一時的に緩和されるべきでしょうか?・・・。
 ・・・。彼らはまた、学術論文やデータセットではなく、コンパクトなop-edsを通じて、メディアで再生される医療政策の言説の修辞的な次元を強調しています。
ジャンルの制約 - 単語数が少ない、いくつかの参照、技術的な言語なし - 会場の威信と一緒に、これらの作品は簡単に消化可能で影響力のある政策音を広めることを可能にします。
まとめると、op-edsのいくつかは、特許と医療イノベーションの関係に関する驚くほど新しい言説を生み出しています。
政策の知恵の普及ではなく、証拠の重荷から解放された新自由主義的な仮定が200語未満で真実になるテキストである政策談話インキュベーターとして機能する。

 <出典1>「Los Angeles Review of Books」サイト
  ”Of Viruses and Licenses: Lessons from COVID-19 Vaccine
   Patent Debates”(July 9, 2021)
  (当該ページのURL1)
[追記]
<ニューズ・オプエド®>
 ●ニューズ・オプエド®とは
  (当該ページのURL2)
https://op-ed.jp/about.html
【表2】「Op-ed(オプエド)」、*改行挿入。

Op-ed(オプエド)
Op-ed(オプエド)とは、[opposite editorial]の略で、ある新聞記事に対して同じ新聞内で反論や異論を述べる欄のことです。
1970 年代にワシントンポストが始めたのをきっかけに現在では全世界のメディアに採用が広がった制度です。
オプエドでは、同じ新聞に異なった記事が掲載されることで、同じ社の記者同士が激しく論争することもあり、結果として言論の活性化に繋がっています。
また、それによって多様性と少数意見を保つというジャーナリズム本来の役割をも果たしています。
世界のジャーナリズムでは一般的かつ重要な機能となっている このオプエドによって、報道機関が自らの記事を絶対視することを防ぐとともに、読者もまた絶対的に正しい意見など存在しないことを知ることで、「リテラシー」(情報を読み解く力)を高める効果も期待されます。
いまや日本のメディアは、オプエドを採用していない世界でも数少ない例になっています。

 <出典2>「ニューズ・オプエド®」サイト
  ”Op-ed(オプエド)”(2021/07/11竹山アクセス)
  (当該ページのURL2)
<Wikipedia、”Op-ed”>
 ●フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』/
  Op-ed (opposite the editorial page / opposite editoria
https://ja.wikipedia.org/wiki/Op-ed

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】幻冬舎ゴールドオンライン/世界「特許出願件数」ランキング…急伸の中国、停滞の日本(2021/07/11、07/12竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<幻冬舎ゴールドオンライン、
世界「特許出願件数」ランキング>
 ●幻冬舎ゴールドオンライン/GGO編集部/
  世界「特許出願件数」ランキング…急伸の中国、停滞の日本
  統計から紐解く日本の実情2021【第165-1回】
  *2021.7.11
[追記]
<NISTEP(科学技術・学術政策研究所)、
修士課程から博士課程への進学率>
 ●NISTEP(科学技術・学術政策研究所)/
  修士課程(6年制学科を含む)在籍者を起点とした追跡調査
  (2020年度修了(卒業)者及び修了(卒業)予定者に関する報告)
  [調査資料310]の公表について
  *2021年6月29日(火)
  <一部抜粋>
  ・概要PDF[2MB]
  (当該ページのURL1)
https://www.nistep.go.jp/wp/wp-content
/uploads/NISTEP-RM310-SummaryJ.pdf
   *全8頁
   <一部抜粋>
【表1】「概要、概要1. 在籍者を起点とした追跡調査の概要」

博士後期課程への進学率は、2000 年度の 16.7%以降、減少傾向にあり、2020 年度には 9.4%となった。

 <出典1>「NISTEP」サイト
  「修士課程(6年制学科を含む)在籍者を起点とした追跡調査」
  (当該ページのURL1)
 <メモ1>「博士後期課程への進学率」、7/11竹山

2000年度 2020年度 備考
16.7% 9.4% 半減

【図1】「概要図表 1-1 修士課程修了者の進学率」

20210711_zu01

 <出典2>以下、出典1に同じ。
【図2】「概要図表 1-4 コロナ禍による環境変化に伴う研究時間の変化」

20210711_zu02

【図3】*[図2]の下段

20210711_zu02b

【表2】「概要4. コロナ禍による環境変化に伴う研究時間の変化」
 *改行挿入、一部着色。

2020 年からの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の蔓延により、我々の生活は一変した。
本調査時もその脅威が継続していた。そこで、コロナ禍による環境変化に伴う研究時間への影響について尋ねたところ、
全体では「変わらない」が 30.7%で最も高く、次いで「やや減った」が21.5%と続いた。
分野別にみると、各分野とも「変わらない」が最も高い点で共通していたが、
自然科学(理学、工学、農学、保健)で「やや減った」が次に高く、「減った」がその次に高く、総じて研究時間は減少していたのに対し、
人文・社会科学は「やや増えた」が高く、「増えた」と「減った」の割合に大差が付かなかった点で、大きな相違がみられた(概要図表 1-4)。

[△最新情報へ]

(以上)

2021年7月10日 (土)

【著作権】ナタリー/「ファスト映画」新たに2名を検察庁に送致、ナレーション担当者も著作権法違反の疑い(2021/07/07、07/10竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<「ファスト映画」、
著作権法違反の疑い>
 ●ナタリー/
  「ファスト映画」新たに2名を検察庁に送致、
  ナレーション担当者も著作権法違反の疑い(CODAコメントあり)
  *2021年7月7日 14:10
  <一部抜粋>「ファスト映画は映画の映像や静止画を無断で使用し、
   字幕やナレーションを付けてストーリーを解説・紹介する
   10分程度の動画。」

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】Gigazine/GitHubのソースコードで学習したプログラミングAI「Copilot」は著作権侵害なのか?(2021/07/09、07/10竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<米国、GitHub「Copilot」の商業利用、
著作権上の問題>
 ●Gigazine/
  GitHubのソースコードで学習したプログラミングAI「Copilot」
  は著作権侵害なのか?
  *2021年07月09日 14時06分

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】●CNET Japan/ヤフー、「Yahoo!」の国内商標権を1785億円で取得へ(2021/07/05、07/10竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<ヤフー、7月5日、
基本契約を締結したと発表>
 ●CNET Japan/山川晶之 (編集部)/
  ヤフー、「Yahoo!」の国内商標権を1785億円で取得へ
  --Oathとのライセンス契約を終了
  *2021年07月05日 16時05分

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】ニコニコニュース/工務店を経営しながら意匠も行う異色の建築士(2021/07/09、07/10竹山公表)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<建築関連の意匠、インタビュー記事>
 ●ニコニコニュース/
  工務店を経営しながら意匠も行う異色の建築士
  ・松尾享浩氏が登場!|話題の本.com新着著者インタビュー公開
  *2021/07/09 09:00
[追記]
<特許庁、令和2年4月1日から、
建築物や内装のデザインについても意匠法の保護対象>
 ●特許庁/
  建築・内装デザイナー向け情報
  *[更新日 2020年6月9日]
  <一部抜粋>「意匠登録出願の基礎(建築物・内装)全82ページ
  ・PDF版(PDF:10,182KB)」
  (当該ページのURL1)全83頁
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/design
/document/kenchiku-naiso-joho/kenchiku-naiso-text.pdf
【図1】「意匠登録出願の基礎(建築物・内装)」

20210710_zu01c

 <出典1>「特許庁」サイト
  「意匠登録出願の基礎(建築物・内装)」
  (当該ページのURL1)

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】ビジネス+IT/誤解だらけの特許・意匠・商標権、「カップヌードル」や「きのこの山」はどう活用?(2021/06/29、07/10竹山公表)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<特許庁、デザイン経営の推進>
 ●ビジネス+IT/特許庁 CDO、補佐官 西垣 淳子氏/
  誤解だらけの特許・意匠・商標権、
  「カップヌードル」や「きのこの山」はどう活用?
  連載:デザイン経営の「正体
  *2021/06/29、会員限定、*(2/2)*読めません。7/10竹山
  <一部抜粋>「前編はこちら(この記事は後編です)
   デザイン経営、デザイン思考とは何か? 特許庁CDO補佐官に聞く、
   9つの実践実例」
   *(2/2)*読めません。7/10竹山
[追記]
<特許庁、デザイン経営の推進>
 ●特許庁/
  特許庁はデザイン経営を推進しています
  特許庁デザイン経営プロジェクトチーム
  *[更新日 2021年6月30日]
  <一部抜粋>
  ・産業競争力とデザインを考える研究会報告書
   『「デザイン経営」宣言』
   (2018年5月23日、経済産業省・特許庁)
   (PDF形式:2,724KB)、全15頁
  (当該ページのURL1
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai/kenkyukai
/kyousou-design/document/index/01houkokusho.pdf
   <一部抜粋>
【図1】”「デザイン経営」の効果”

20210710_zu01b

 <出典1>「特許庁」サイト
  「産業競争力とデザインを考える研究会報告書
   「デザイン経営」宣言』」
  (当該ページのURL1)
【図2】「発明とイノベーションをつなぐデザイン」

20210710_zu02b

 <出典2> *<出典1>に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【量子暗号】Yahoo!ニュース/読売新聞オンライン/【独自】日米豪印、AIや半導体で連携へ(2021/07/07、07/10竹山公表)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<日米豪印4か国の協力枠組み「Quad(クアッド)」
人工知能(AI)や半導体などの最先端技術分野での連携強化>
 ●Yahoo!ニュース/読売新聞オンライン/
  【ワシントン=横堀裕也、船越翔】/
  【独自】日米豪印、AIや半導体で連携へ
  …開発やルール主導で中国に対抗
  *7/7(水) 5:00配信

[△最新情報へ]

(以上)

【量子暗号】マイナビニュース/量子系の測定に内在する隠れた誤差に関する検証実験に中部大などが成功(2021/06/30、07/10竹山公表)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
 ●マイナビニュース/著者:波留久泉/
  量子系の測定に内在する隠れた誤差に関する
  検証実験に中部大などが成功
  *2021/06/30 20:57
  <一部抜粋>「関連リンク
   ニュースリリース(中部大)
  (当該ページのURL1)
https://www3.chubu.ac.jp/research/news/27153/
[追記]
<中部大学の研究活動 ホーム>
 ●中部大学の研究活動 ホーム/
  量子系の測定に内在する隠れた誤差の検証実験に成功
  ─量子コンピュータなどの量子情報技術への利活用に期待─
  (小澤正直特任教授ら)
  *【2021年6月28日】
  (当該ページのURL1)
【図1】

20210710_zu01

 <出典1>「中部大学」サイト
  (小澤正直特任教授ら)
  「量子系の測定に内在する隠れた誤差の検証実験に成功」
  (当該ページのURL1)
【表1】*図1の解説、行挿入。

図1
測定される量子系の状態と測定器の両者を考慮に入れた量子測定のモデル。
入力する状態は測定器と相互作用した後に出力される。
その一方、相互作用による測定器の状態の変化から測定結果がメーターに出力される。

 <出典2> *<出典1>に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】中国網/発明特許出願件数世界一 中国のAI応用生態が形成(2021/07/09、07/10竹山公表)

□特許、AI特許に関連し、Google/ニュース/AI 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI 特許
<2021世界人工知能大会、8日、上海市で開幕>
 ●中国網/
  発明特許出願件数世界一 中国のAI応用生態が形成
  *発信時間:2021-07-09 15:44:26 | チャイナネット
  <一部抜粋>
【表1】

データによると、世界126カ国・地域のAI関連の特許出願件数は現在224万件を超えている。有効特許はその30.64%の68万7000件弱。
 この224万件のうちトップ3の国は中国、米国、日本。国内では上海の出願件数が4万2000件超で、うち有効特許が9400件超。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】外務省/WTO/第29回:新型コロナ対応にWTOも必死(その5)「貿易と保健イニシアティブ」及びワクチン権と知的財産(2021/07/02、07/10竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許 コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許 コロナ
 ●外務省/世界貿易機関(WTO)/
  第29回:新型コロナ対応にWTOも必死(その5)
  「貿易と保健イニシアティブ」及びワクチン権と知的財産
  *令和3年7月2日
  (当該ページのURL1)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/it/page24_001420.html
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入。

すなわち、コロナのワクチンに用いられるメッセンジャーRNAの技術などは、新しく非常に高度な技術だ、
特許は料理のレシピと例えられることがあるが、
レシピだけもらっても、すぐに途上国で作れるようにはならない、
手の込んだ料理を一度も作ったことのない人が、レシピを見ただけで高級レストランの味を家庭で再現できないのと同じだーというのだ。
懐疑派は、加えて、
ワクチンの安全性を確保するには先発企業が持っているノウハウが必要、特別な材料も必要、ワクチン液を培養するのに特殊な医療用ビニール袋なども必要、材料調達のためのサプライチェーンの整備も必要・・・、
と必要なものづくしであり、
知的財産の保護義務の免除は「万能薬」ではない、と説明する。

 <出典>「外務省」サイト
  WTO「『貿易と保健イニシアティブ』及びワクチン権と知的財産」
  (当該ページのURL1)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Gigazine/「パテント・トロール」のターゲットになるとどんな通知文が届くのか?(2021/07/05、07/10竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国、パテント・トロールから通知を受け取った側、
内容を解説>
 ●Gigazine/
  「パテント・トロール」のターゲットになるとどんな通知文が
  届くのか?
  *2021年07月05日 21時00分
  <一部抜粋>
【表1】

「パテント・トロール」とは、抽象的で曖昧な内容の特許を取得しておいて、他社に対して「自社の特許を侵害している」と訴訟を起こしてお金を巻き上げようとする者のことです。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】エキサイト/ヘルスケア特許出願アウトソーシングの市場規模は、2027年までに15.2億米ドルに達する見込み(2021/07/09、07/10竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<Report Ocean、世界のヘルスケア特許出願
アウトソーシングの市場規模、2027年、
15億2000万ドルに達すると予測>
 ●エキサイト/
  ヘルスケア特許出願アウトソーシングの市場規模は、
  2027年までに15.2億米ドルに達する見込み
  *(2021年7月9日)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】ロイター/EU特許裁判所、独憲法裁がゴーサイン 設立阻止目指す訴え退け(2021/07/09、07/10竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<中国「ファーウェイ」、ドイツ「(VW)」、
特許のライセンス契約締結、発表>
 ●AFPBB News/【7月9日 Xinhua News】/
  ファーウェイ、独VWサプライヤーと特許ライセンス契約締結
  *2021年7月9日 17:05 発信地:中国
<ドイツ憲法裁判所、9日、
欧州連合(EU)による特許裁判所の設立阻止
を目指した訴えを退けた。>
 ●ロイター/[ベルリン 9日 ロイター]/
  EU特許裁判所、独憲法裁がゴーサイン 設立阻止目指す訴え退け
  *2021年7月9日7:40 午後

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】MONOist/首位はデンソー、特許引用数で見る自動車部品メーカーの「他社けん制力」(2021/07/08、07/10竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<パテント・リザルト、「他社けん制力」、
拒絶理由として引用された特許件数>
 ●MONOist/[池谷翼,MONOist]/
  首位はデンソー、特許引用数で見る自動車部品メーカー
  の「他社けん制力」
  *2021年07月08日 09時00分 公開
  <一部抜粋>
【表1】

パテント・リザルトは2021年7月5日、自動車部品メーカーを対象とした、「特許要件を満たさない特許出願」への拒絶理由として引用された特許件数の2020年版ランキングを公開した。
同社は拒絶理由における被引用件数を「他社けん制力」と定義・・・

[追記]
<パテント・リザルト、「他社けん制力」>
 ●パテント・リザルト/
  <一部抜粋>「特許,経営分析のニュース
  ・2021/07/08【鉄鋼・非鉄金属・金属製品】
     他社牽制力ランキング2020
     トップ3は住友電工、日本製鉄、日立金属
  ・2021/07/05【自動車部品】
     他社牽制力ランキング2020、
     トップ3はデンソー、アイシン、日立Astemo
  ・2021/07/01【自動車メーカー】
     他社牽制力ランキング2020
     トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

[△最新情報へ]

(以上)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

最近の記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30