« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月28日 (日)

【AI関連発明】時事通信/PR TIMES/世界初「AI活用による不在配送問題の解消」、フィールド実証実験にて(2021/03/26、、03/28竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/AI 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI 特許
<「AIと電力データを用いた不在配送問題の解消」
フィールド実証実験>
 ●時事通信/PR TIMES/
  世界初「AI活用による不在配送問題の解消」
  フィールド実証実験にて、不在配送を約20%削減
  *(2021/03/26-18:16)
  (当該ページのURL1)
https://www.jiji.com/jc/article?
k=000000014.000040467&g=prt
  <一部抜粋>
【図1】

20210328_zu01b

 <出典1>「株式会社JDSCほか4社」サイト
  「AIと電力データを用いた不在配送問題の解消」
  (当該ページのURL1)

[△最新情報へ]

(以上)

【COVID-19と特許】Law.com/COVID-19, Patent Eligibility and the Dilemma of Diagnostics(2021/03/22、03/28竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<米国、COVID-19関連の診断テスト、
特許性>
 ●Law.com/By Melanie Rupert and Ryan Meuth/
  COVID-19, Patent Eligibility and the Dilemma of Diagnostics
  *3月 22, 2021 at 01:35 午後
  *記事表題:(翻訳)「COVID-19, 特許適格性と診断のジレンマ」
  *一部抜粋
【表1】*翻訳

Recent Federal Circuit precedent has given some hope that, through the use of artfully‑drafted claim language, diagnostic tests may still be eligible for patenting.
And in view of the central importance of diagnostic testing to the present COVID-19 crisis, the policy considerations that underlie strengthening innovation incentives in the diagnostic space have become more compelling and more urgent.
 最近の連邦サーキットの前例は、巧みに起草されたクレーム言語の使用を通じて、診断テストがまだ特許を取得する資格があるという希望を与えました。
また、現在のCOVID-19危機に対する診断テストの中心的な重要性を考慮すると、診断分野におけるイノベーションインセンティブの強化の根本となる政策上の考慮事項は、より説得力があり、より緊急になっています。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】産経ニュース/著作権侵害差し止め最多に 巣ごもり需要狙いか、警戒(2021/03/24、03/28竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
 ●産経ニュース/
  著作権侵害差し止め最多に 巣ごもり需要狙いか、警戒
  *2021.3.24 20:08
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入。

 財務省の統計によると、昨年輸入を差し止めた著作権侵害物の件数は過去10年間で最多の576件となった。
海賊版のアニメDVDが増えていることが要因で、新型コロナウイルスの影響による「巣ごもり需要」を狙った販売目的の密輸も増加しているとみられる。

[追記]
<財務省、令和2年の税関における知的財産侵害物品の差止状況>
 ●財務省/報道発表/
  令和3年3月5日、財務省、
  令和2年の税関における知的財産侵害物品の差止状況
  (当該ページのURL1)
https://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade
/safe_society/chiteki/cy2020/index.htm
  ・令和2年の税関における知的財産侵害物品の差止状況(詳細)
  (当該ページのURL2)
https://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade
/safe_society/chiteki/cy2020/20210305a.htm
  <一部抜粋1>
【表2】

・輸入差止件数は、30,305件(前年比26.6%増)で、3年ぶりの3万件超えとなりました。
・輸入差止点数は、589,219点(前年比42.2%減)でした。
・1日平均で、82件、1,600点以上の知的財産侵害物品の輸入を差し止めていることになります。
・輸入差止価額は、推計で約136億円に上ります。

  <一部抜粋2>
【図1】知的財産侵害物品の輸入差止実績の推移

20210328_zu01

 <出典1>「財務省」サイト
  「令和2年の税関における知的財産侵害物品の差止状況(詳細)」
  (当該ページのURL2)
 ・令和2年の税関における知的財産侵害物品の差止状況(資料)
  (当該ページのURL3)
https://www.mof.go.jp/customs_tariff
/trade/safe_society/chiteki/cy2020/20210305b.htm
  <一部抜粋1>
【図2】3.知的財産別輸入差止実績

20213028_zu02

 <出典1>「財務省」サイト
  「令和2年の税関における知的財産侵害物品の差止状況(資料)」
  (当該ページのURL3)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月27日 (土)

【商標】Yahoo!ニュース/共同通信/「アイヌ」商標出願、登録拒否(2021/03/23、03/27竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<「アイヌ」、商標出願、登録拒否>
 ●Yahoo!ニュース/共同通信/
  「アイヌ」商標出願、登録拒否
  *3/23(火) 10:19配信
【表1】

中国広東省の個人が日本の特許庁に「AINU」を商標登録出願し、一部のアイヌ民族から「便乗商法だ」などと反発の声が上がっていた問題で、民族の誇りが尊重される共生社会の実現の障害となる恐れがあるとして、登録を拒否していたことが23日、同庁の開示資料で分かった。

 ●Yahoo!ニュース/
  「AINU」商標登録出願は公序良俗違反と特許庁が判断
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *3/16(火) 11:12
[追記]
<商願2020-34136、「AINU」>
 ●J-PlatPat/商標検索/
  ・出願番号:商願2020-34136
   出願日:令和2(2020)年 3月 28日
   標準文字商標:AINU
   称呼(参考情報):アイヌ
  (当該ページのURL1)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2020-034136/BF4FDFC63C428A28CDA1F6D684
EC2E6BAC31A885C42688A20C6FDFA36EE29846/40/ja
 ●審査記録、拒絶理由通知書、
  拒絶理由条文コード (40 第4条1項各号)、2021/02/25
【表2】拒絶理由通知書

   拒絶理由通知書
商標登録出願の番号 商願2020-034136
起案日 令和 3年 2月24日
 「そして、「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律(以下「アイヌ施策推進法」という。)」・・・我が国のアイヌ文化の振興等に対する国民意識が向上しています。
 そうすると、「AINU」の文字からなる本願商標を、前述の施策の推進との関係が認められない一私人である出願人が、自己の商標として、その指定商品について独占的に使用することは、「アイヌ施策推進法」第1条に規定する・・・共生する社会の実現の障害となるおそれがあり、我が国の社会公共の利益に反し、社会の一般的道徳観念に反するというのが相当です。
 以上の理由から、本願商標は、公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがある商標と認めます。
 したがって、本願商標は、商標法第4条第1項第7号に該当します。」

<商標法第4条第1項第7号>
 ●e-Gov法令/商標法
【表3】商標法第4条第1項第7号、*項番号挿入。

(商標登録を受けることができない商標)
第四条
1 次に掲げる商標については、前条の規定にかかわらず、商標登録を受けることができない。
 一~六 (*省略)
 七 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがある商標

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo!ニュース/「みるべこ」商標登録 ジュニアチャレンジキャラクター(福島民報)(2021/03/26、03/27竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<「みるべこ」商標登録、
ジュニアチャレンジキャラクター>
 ●Yahoo!ニュース/福島民報/
  「みるべこ」商標登録 ジュニアチャレンジキャラクター
  *3/26(金) 9:14配信
  <一部抜粋>
【表1】

福島民報社が主催する「小中学生まちづくり大賞(ふくしまジュニアチャレンジ)」のキャラクター「みるべこ」が二月十九日付で商標登録された。

[追記]
<商標第6354642号、「みるべこ」>
 ●J-PlatPat/商標検索/
  ・登録番号:第6354642号
   登録日:令和3(2021)年 2月 19日
   商標(検索用):みるべこ
  (当該ページのURL2)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp
/c1800/TR/JP-2020-144190/5DF3CCAFD9BF109B8769
A8D59E691F6E532CDCE6F47F6C85A3EE93D69C0D31E3/40/ja
【図1】

20210327_zu01e

 <出典1>「J-PlatPat」サイト
 ・「登録番号:第6354642号」
  (当該ページのURL2)

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】下野新聞/「いちごの形」菓子で意匠登録 饅頭商品化へ工場視察、鹿沼商工高商業部(2021/03/19、03/27竹山公表)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<栃木県立鹿沼商工高等学校、
「いちごの形」菓子、意匠登録>
 ●下野新聞/
  「いちごの形」菓子で意匠登録 饅頭商品化へ工場視察
  鹿沼商工高商業部
  *3/19 5:00、有料記事
  <一部抜粋>
【表1】

県、市特産のイチゴを使った名産品の開発に取り組んでいる鹿沼商工高商業部は、特許庁に出願していた「いちごの形」をした菓子の意匠が登録され、次のステップの「いちご饅頭(まんじゅう)」の商品化へスタートを切った。

[追記]
<栃木県立鹿沼商工高等学校、
「いちごの形」菓子で意匠登録>
 ●栃木県立鹿沼商工高等学校
 (当該ページのURL1)
http://www.tochigi-edu.ed.jp
/kanumashoko/nc2/index.php?page_id=0
  <一部抜粋>
  ・2021/03/19、「いちごの形」菓子で意匠登録されました。
   Tweet ThisSend to Facebook | by 商業科
【表2】*改行挿入。

 本校は、栃木県・鹿沼市特産のイチゴを使った名産品の開発に取り組んでいます。
令和元年度に特許庁に出願していた「いちごの形」をした菓子の意匠が登録され、意匠登録証を手にすることができました。
特許庁のホームページでイチゴの形をした菓子の意匠登録がないことを確認し、「いちご焼き」の型の鋳造の時に、鹿沼市の6次産業化推進協議会などと協議し、意匠登録を行いました。

【図1】「いちご焼き」

20210327_zu01d_20210327211501

 <出典1>「栃木県立鹿沼商工高等学校」サイト
 ・「2021/03/19、「いちごの形」菓子で意匠登録されました。」
  (当該ページのURL1)
【図2】「型」

20210327_zu02d

 <出典2>*出典1と同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Ledge.ai/AI関連の特許出願件数 世界3位の東芝(2021/03/23、、03/27竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/AI 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI 特許
<東芝、3月23日、
「東芝が誇るインダストリアルAI」開催>
 ●Ledge.ai/
  AI関連の特許出願件数 世界3位の東芝
  「2022年頃までに2000人規模のAI人材を確立したい」
  *2021 03 23 TUE
  (当該ページのURL1)
https://ledge.ai/toshiba0323/
  <一部抜粋1>
【表1】

株式会社東芝は3月23日、同社の人工知能(AI)技術について取り扱う東芝技術サロン「東芝が誇るインダストリアルAI」を開催し、東芝が手がけるAI関連の特許出願件数はIMBとMicrosoft(マイクロソフト)に次ぐ世界3位で、日本国内では1位であると明らかにした。

  <一部抜粋2>
【図1】

20210327_zu01c

 <出典1>「東芝」サイト
 ・「東芝AI特許の状況」
  (当該ページのURL1)
<URBANBASE、
「図面3D変換サービス」開始>
 ●CreatorZine/
  URBANBASE、特許AI技術「AutoSketch」による
  「図面3D変換サービス」開始
  (当該ページのURL2)
https://creatorzine.jp/news/detail/1899
  <一部抜粋1>
【表2】

不動産向け・インテリア向けの3D空間プラットフォームを提供するURBANBASEは、平面間(間取り図)の画像から3D変換する「図面3D変換サービス」を発売開始した。

  <一部抜粋2>
【図2】

20210327_zu01d

 <出典1>「URBANBASE株式会社」サイト
 ・「図面3D変換サービス」
  (当該ページのURL2)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】日本経済新聞/脱炭素特許、トヨタが出願トップ 総合力はサムスン首位(2021/03/21、、03/27竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<PatentSigh、脱炭素社会に貢献する
全世界の特許を分析した結果>
 ●日本経済新聞/
  脱炭素特許、トヨタが出願トップ 総合力はサムスン首位
  *2021年3月21日 2:00 、[有料会員限定]
  <一部抜粋>「分析はドイツのパテントサイト社
   (ボン)が独自のソフトウエアで実施した。」
 ●ASCII.jp/文● 佐々木喜洋 編集●ASCII/
  Appleがイヤーチップに関連する特許、
  サードパーティに影響が出るかも? (1/2)
  佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第61回
  2021年03月22日 13時10分更新
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入

「米国特許出願番号20210084402号の"IDENTIFICATION OF CUSHIONING MEMBERS IN PERSONAL AUDIO DEVICES"というアップル社の特許だ。

[追記]
<PatentSigh、株式会社PatentSight Japan>
 ●PatentSight/株式会社PatentSight Japan
<アップル社の特許>
 ●USPA 20210084402 A1
  March 18, 2021
  (当該ページのURL1)
http://appft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1
=PTO2&Sect2=HITOFF&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsearch
-adv.html&r=6&p=1&f=G&l=50&d=PG01&S1=
(apple.AANM.+AND+20210318.PD.)&OS=aanm/apple
+and+pd/3/18/2021&RS=(AANM/apple+AND+PD/20210318)
  (一部抜粋)*改行挿入。
【表2】*改行挿入

”IDENTIFICATION OF CUSHIONING MEMBERS IN PERSONAL AUDIO DEVICES”
(パーソナルオーディオ機器におけるクッション材の識別)
Abstract(要約)
 個人的なオーディオデバイス(ヘッドフォン、イヤホンなど)は、取り外し可能なクッション材(例えば、イヤホン用のクッションやイヤチップ)を備えたイヤホン(例えば、イヤカップまたはイヤホン)を持つことができます。
クッション材には、クッション材の識別データを符号化する識別タグを含めることができる。
クッション材がイヤホンに取り付けられると、識別タグがイヤホンにタグセンサーを付けて近接し、イヤホンが識別タグを読み取ってクッション材の識別データを決定します。
識別データは、イヤホンやホストデバイスの動作をイヤホンに結合して変更するために使用できます。

【図1】*代表図

20210327_zu01b

 <出典1>「USPTO」サイト
 ・「USPA 20210084402A1」
  (当該ページのURL1)
[△最新情報へ]
(以上)

【不競法】日本経済新聞/営業秘密の不正取得最多に 企業の持ち出し対策急務(2021/03/25、03/27竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<警察、2020年、
不正競争防止法違反で検挙した事件>
 ●日本経済新聞/
  営業秘密の不正取得最多に 企業の持ち出し対策急務
  *2021年3月25日 18:58
  <一部抜粋>
【表1】 *改行挿入

企業の営業秘密を不正に取得して持ち出すケースが後を絶たない。
2020年に警察が不正競争防止法違反で検挙した事件は計22件(38人)となり、ともに過去最多を更新した

<IPA(情報処理推進機構)、企業調査>
 ●日本経済新聞/
  秘密漏えいは退職者が最多 IPAの企業調査
  *2021年3月19日 11:47
  <一部抜粋>
【表2】 *改行挿入

情報処理推進機構(IPA)が18日発表した企業の営業秘密の管理に関する調査によると、秘密漏えいの原因は退職者による持ち出しが36.3%で最多だった。
過去5年以内に漏えいがあったと回答したのは全体の5.2%で5年前の調査(9.6%)より減少した。

[追記]
<IPA、「企業における営業秘密管理
に関する実態調査2020」報告書>
 ●IPA(独立行政法人情報処理推進機構)/
  「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」
  報告書について
  *掲載日 2021年3月18日
<経済産業省、営業秘密>
 ●経済産業省/営業秘密~営業秘密を守り活用する~
  *最終更新日:2021年2月15日
  (当該ページのURL1)
https://www.meti.go.jp/policy/economy
/chizai/chiteki/trade-secret.html
  <一部抜粋>
【図1】

20210327zu01

 <出典1>「経済産業省」サイト
 ・「営業秘密~営業秘密を守り活用する~」
  (当該ページのURL1)
  <一部抜粋>
 ・【参考資料2】各種契約書等の参考例 (New!)
  <一部抜粋>
【表3】

秘密保持誓約書といった各種契約書等の参考例について、word版をダウンロードいただけます。

 ・・テレワーク時における秘密情報管理のポイント
   New!、*全19頁
   <一部抜粋>
【表4】

・不正競争防止法上の「営業秘密の保護」の観点から、企業の秘密情報を適切に守りながら、テレワークを実施していく上でのポイントをまとめました。

 ・・渉外事案の適用関係の概要と民事訴訟
   における考えられる主張ポイント集
   New!、*全43頁
   <一部抜粋>
【表5】

渉外的な不正競争侵害事案への対応について、企業の訴訟戦略に資するものとして「考えられる主張ポイント集」を取りまとめました。
(「不正競争防止法における渉外的な侵害事案等についての制度に関する調査研究報告書」から。
報告書は、こちらからご参照ください。)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月20日 (土)

【著作権】NHK NEWS WEB/“レッスンでの生徒演奏 著作権使用料の請求権なし”知財高裁(2021/03/18、03/20竹山公表)

□著作権、不競法に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<知財高裁、控訴審の判決>
 ●NHK NEWS WEB/
  “レッスンでの生徒演奏 著作権使用料の請求権なし”知財高裁
  *2021年3月18日 18時59分
[サイト内]
<控訴審の判決文>
 ●2021年3月20日 (土)、【著作権】日本経済新聞社/
  生徒の演奏、徴収認めず 音楽教室著作権訴訟で知財高裁
  (2021/03/18、03/20竹山公表)
【図1】

20210320_zu01

 <出典1>「音楽教育を守る会」
  「判決文」
  (当該ページのURL1)
http://music-growth,org
/common/pdf/210318_02,pdf
【表1】*判決文の44頁一部抜粋、改行挿入。

エ 小活
 以上のとおり,音楽教室における生徒の演奏の主体は当該生徒であるから,その余の点について判断するまでもなく生徒の演奏によっては,控訴人らは,被控訴人に対し演奏権侵害に基づく損害賠償債務又は不当利得返債務のいすれも負わない
(生徒の演奏は,本件受講契約に基づき特定の音楽教室事業者の教師に聞かせる目的で自ら受講料を支払って行われるものであるから,一公衆に直接(中略)聞かせることを目的」とするものとはいえず,生徒に演奏権侵害が成立する余地もないと解される。)。
 なお,念のために付言すると,仮に,音教室における生徒の演奏の主体は音楽事業者であると仮定しても,この場合には,前記アのとおり,音楽教室における生徒の演奏の本質は,あくまで教師に演奏を聞かせ,指導を受けることにある以上,演奏行為の相手方は教師ということになり,演奏主体である音楽事業者が自らと同視されるべき教師に聞かせることを目的として演奏することになるから,「公衆に直接(中略)聞かせる目的」で演奏されたものとはいえないというべきである
(生徒の演奏について教師が「公衆」に該当しないことは当事者間に争いがない。また,他の生徒や自らに聞かせる目的で演奏されたものといえないことについては前記アで説示したとおりであり,同じく事業者を演奏の主体と
しつつも,他の同室者や客自らに聞かせる目的で歌唱がされるカラオケ店(ポックス)における歌等とは,この点において大きく異なる。)。

 <出典2>*<出典1>に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【COVID-19と特許】JD Supra/Patentability of diagnostic methods – has the Canadian Patent Office drawn the line?(2021/03/19、03/20竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<カナダ特許庁、診断方法の特許性>
 ●JD Supra/
  Patentability of diagnostic methods – has the
  Canadian Patent Office drawn the line?
  *March 19, 2021
  (記事表題:診断方法の特許性 カナダ特許庁は線を引いた?)

[△最新情報へ]

(以上)

【量子暗号】Yahoo!ニュース/そのスタートアップは「単一光子」の制御を実現し(2021/02/24、03/07竹山公表)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<中国、量子技術(暗号)で中国先行>
 ●日本経済新聞/
  量子時代、米優位に陰り 通信・暗号で中国先行
  チャートは語る
  *2021年3月14日 2:00、[有料会員限定]
<英国、ケンブリッジ大学発の技術、商用化>
 ●Yahoo!ニュース/WIRED/
  そのスタートアップは「単一光子」の制御を実現し、
  演算や暗号化に革新をもたらそうとしている
  *3/18(木) 12:12配信

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】デジタルPRプラットフォーム/動く臓器の血管像をより鮮明に AI活用のX線画像処理技術に特許、広島国際大学(2021/03/19、、03/20竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/AI 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI 特許
<広島国際大学、「人工知能(AI)技術を利用した
動く臓器の血管像を鮮明にする技術」、特許を取得>
 ●デジタルPRプラットフォーム/広島国際大学/
  動く臓器の血管像をより鮮明に AI活用のX線画像処理技術に特許
  -- 広島国際大学
  *2021年03月19日
  <一部抜粋>
   【発明の名称】 生体画像処理装置、
   出力画像製造方法、学習結果製造方法、及びプログラム
   【特許番号】 特許第6813178号
   【特許登録日】 2020年12月21日
[追記]
<広島国際大学、特許、
「生体画像処理装置」>
 ●広島国際大学/
  ・広島国際大学/プレスリリース 2020年度
   動く臓器の血管像をより鮮明に AI活用のX線画像処理技術に特許
   *2021年3月19日配信
 ●J-PlatPat/特許・実用新案番号照会/OPD
  *特願2016-237623のURL情報
  (当該ページのURL1)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU
/JP-2016-237623/C4F635EF10E0B3A8AA546991024306
DA000238B0EDFC744AED376BE8B7CFEEDD/10/ja
【図1】図1

20210320_zu01c

 <出典1>「J-PlatPat」サイト
  ・「特願2016-237623のURL情報」
  (当該ページのURL1)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】MONOist/ソニーが出願数で世界8位に上昇、2020年の欧州特許調査レポート公開(2021/03/17、、03/20竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<EPC、2021年3月16日(ドイツ時間)、
「2020年EPO特許レポート
(EPO Patent Index 2020)」を発表>
 ●MONOist/[池谷翼,MONOist]/
  ソニーが出願数で世界8位に上昇、

  2020年の欧州特許調査レポート公開
  *2021年03月17日 14時00分 公開
 ●EE Times Japan/[村尾麻悠子,EE Times Japan]/
  日本、欧州特許出願でアジア1位を堅持
  *2021年03月17日 15時30分 公開
<中国、ファーウェイ、第5世代(5G)、
「合理的な」使用料の課金を開始すると明らかにした>
 ●Yahoo!ニュース/(Bloomberg)/
  ファーウェイ、5G特許の使用料要求へ-アップルやサムスンと交渉
  *3/17(水) 4:54配信
[追記]
<EPO、Patent Index 2020>
 ●EPO/Patent Index 2020
<JETRO、EPO、2020年の特許統計を公表>
 ●JETRO/
  欧州特許庁(EPO)、2020年の特許統計を公表
  JETRO デュッセルドルフ事務所
  *2021年3月16日
  *全5頁
  (当該ページのURL1)
https://www.jetro.go.jp/ext_images
/_Ipnews/europe/2021/20210316.pdf
  <一部抜粋>
【図1】(表1:2020年のEPOへの欧州特許出願件数)

20210320_zu01b_20210320193001

 <出典1>「JETRO」サイト
  ・「欧州特許庁(EPO)、2020年の特許統計を公表0」
  (当該ページのURL1)
【図2】(表2:2020年の技術分野別特許出願件数
 (上位10技術分野)

20210320_zu02b

 <出典1>*出典1に同じ、以下同じ。
【図3】(表3:2020年の出願人居住国別特許出願件数
 (上位10か国)

20210320_zu03b

[サイト内]
<WIPO、Madrid applicants>
 ●2021年3月13日 (土)/【商標】WWD JAPAN.com/
  2020年商標出願件数ランキング 資生堂が3位にランクイン
  (2021/03/09、03/13竹山公表)
<WIPO、(PCT System>
 ●2021年3月 6日 (土)/【特許】ジェトロ/
  新型コロナ禍でも2020年の世界の国際特許出願件数は過去最高
  (2021/03/03、、03/06竹山公表)


[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】Yahoo!ニュース/北の達人・木下社長が語るEC関係者は知っておくべき「知財管理」の重要性。(2021/03/17、03/20竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<北の達人・木下社長、インタビュー>
 ●Yahoo!ニュース/ネットショップ担当者フォーラム/
  北の達人・木下社長が語るEC関係者は知っておくべき
  「知財管理」の重要性。
  「権利を守ることがお客さまを守ることにつながる」
  *3/17(水) 8:01配信

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】情報処理振興事業協会/「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」(2021/03/18、03/20竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<情報処理振興事業協会、
「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」>
 ●情報処理振興事業協会/
  「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」報告書について
  *掲載日 2021年3月18日
  (当該ページのURL1)
https://www.ipa.go.jp/security/fy2020
/reports/ts_kanri/index.html
  <一部抜粋>
  ・調査報告書等のダウンロード
   調査報告書(PDF:2.4MB)
   *全137頁
  (当該ページのURL2)
https://www.ipa.go.jp/files/000089191.pdf
  ・概要説明資料(PDF:1.7MB)
   *全33頁
  (当該ページのURL3)
https://www.ipa.go.jp/files/000089192.pdf
【図1】図6.営業秘密の漏えいに気付くことができる
 ような対策の実施状況(経年比較)

20210320_zu01b

 <出典1>「情報処理振興事業協会」サイト
  ・「企業における営業秘密管理に関する実態調査2020」
  (当該ページのURL1)
【表1】

5.情報漏えいに気づくことのできる対策の実施割合は57.8%と前回調査時(50.2%)より向上。
ただし「実施していることを従業員に周知していない」割合が約2.5倍と大幅増(報告書 P41)。

 <出典2>*<出典1>に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許庁/訂正審判・訂正請求の手続(記載例、Q&A)の更新(2021/03/17、03/20竹山公表)

□特許に関連し、特許庁/新着情報による検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>特許庁/新着情報
<特許庁、訂正審判・訂正請求の手続を更新>
 ●特許庁/
  3月17日、訂正審判・訂正請求の手続(記載例、Q&A)
  を更新しました
  <一部抜粋>
  ・訂正審判請求書及び訂正請求書の記載例(PDF:517KB)
   ※記載例追加(令和3年3月)
   *全69頁
  ・訂正審判・訂正請求に関するQ&A(PDF:662KB)
   ※Q&A追加(令和3年3月)
   *全18頁
  ・訂正請求書チェック票(PDF:239KB)
   *全2頁
  (当該ページのURL1)
https://www.jpo.go.jp/system/trial_appeal
/document/general-kaisei2711_teisei/02.pdf
  ・訂正の請求単位の考え方(PDF:353KB)
   *全7頁
【図1】「訂正請求書チェック票」、*1/2頁

20210317_zu01

 <出典1>「特許庁」サイト
  ・「訂正請求書チェック票(PDF:239KB)」
  (当該ページのURL1)
【図2】「訂正請求書チェック票」、*2/2頁

20210317_zu02

 <出典2>*出典1に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】日本経済新聞社/生徒の演奏、徴収認めず 音楽教室著作権訴訟で知財高裁(2021/03/18、03/20竹山公表)

□著作権、不競法に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<JASRAC、知財高裁、18日、
一審・東京地裁判決の一部を変更>
 ●日本経済新聞社/
  生徒の演奏、徴収認めず 音楽教室著作権訴訟で知財高裁
  *2021年3月18日 13:46 (2021年3月18日 19:35更新)
[追記]
<音楽教育を守る会、プレスリリース>
 ●音楽教育を守る会/活動トピックス
  知的財産高等裁判所で判決が言い渡されました。
  *2021/03/18
  <一部抜粋>
  ・声明文
   音楽教室訴訟原告および弁護団音楽教育を守る会
   音楽教室訴訟知的財産高等裁判所判決について
   (事件番号令和2年(ネ)10022号)
  ・判決文
   *全64頁
  (当該ページのURL1)
http://music-growth.org
/common/pdf/210318_02.pdf
【図1】

20210320_zu01

 <出典>「音楽教育を守る会」
  「判決文」
  (当該ページのURL1)
【表1】*判決文の44頁一部抜粋、改行挿入。


エ 小活
 以上のとおり,音楽教室における生徒の演奏の主体は当該生徒であるから,その余の点について判断するまでもなく生徒の演奏によっては,控訴人らは,被控訴人に対し演奏権侵害に基づく損害賠償債務又は不当利得返債務のいすれも負わない
(生徒の演奏は,本件受講契約に基づき特定の音楽教室事業者の教師に聞かせる目的で自ら受講料を支払って行われるものであるから,一公衆に直接(中略)聞かせることを目的」とするものとはいえず,生徒に演奏権侵害が成立する余地もないと解される。)。
 なお,念のために付言すると,仮に,音教室における生徒の演奏の主体は音楽事業者であると仮定しても,この場合には,前記アのとおり,音楽教室における生徒の演奏の本質は,あくまで教師に演奏を聞かせ,指導を受けることにある以上,演奏行為の相手方は教師ということになり,演奏主体である音楽事業者が自らと同視されるべき教師に聞かせることを目的として演奏することになるから,「公衆に直接(中略)聞かせる目的」で演奏されたものとはいえないというべきである
(生徒の演奏について教師が「公衆」に該当しないことは当事者間に争いがない。また,他の生徒や自らに聞かせる目的で演奏されたものといえないことについては前記アで説示したとおりであり,同じく事業者を演奏の主体と
しつつも,他の同室者や客自らに聞かせる目的で歌唱がされるカラオケ店(ポックス)における歌等とは,この点において大きく異なる。)。

 <出典2>*<出典1>に同じ。
<JASRAC、プレスリリース>
 ●JASRAC/プレスリリース/
  音楽教室における請求権不存在確認訴訟(控訴審)の判決について
  一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
  *2021年3月18日
  <一部抜粋>

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月14日 (日)

【フィンテック】JETRO/フィンテックで免税手続きを簡便に(デンマーク、米国)、パイシステムズが乗り出すVAT還付(2021/03/12、03/14竹山公表)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<JETRO、米国の若手起業家、
パイシステムズ(Pie Systems)、
免税手続きの簡便化>
 ●JETRO(日本貿易振興機構)/地域・分析レポート/
  フィンテックで免税手続きを簡便に(デンマーク、米国)
  パイシステムズが乗り出すVAT還付のデジタルソリューション
  *2021年3月12日
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入。

   手続きを一元アプリでデジタル化、見える化
 パイシステムズのサービス「パイVAT」は、旅行者に対して、VAT還付手続きを全て1つのアプリで提供する。
紙の書類手続きが不要で、プロセスの進行状況は可視化され、手続きを済ませてから24時間以内に還付が行われる。
旅行者にとっては、透明性が高く還付までが迅速に進むため、魅力的だ。
旅行者は、店舗で製品を購入する際、店舗が提示するQRコードを使い、店舗での購入時または事後に購入情報を登録する。
搭乗券の情報もアプリに登録し、帰国後に、地理情報が記録されるジオタグが付与された製品の写真を送信するだけだ。
これで還付手続きが始まり、その進捗もアプリで確認できる。

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン】コインデスク・ジャパン/中国「輸入魚から新型ウイルス」でブロックチェーン+コールドチェーンに注目【Wチェーン】(2021/03/13、/03/14竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<中国、Wチェーン
(ブロックチェーン+コールドチェーン)>
 ●コインデスク・ジャパン/
  中国「輸入魚から新型ウイルス」で
  ブロックチェーン+コールドチェーンに注目【Wチェーン】
  *2021年 3月 13日 09:04
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入

 コールドチェーンとは、生鮮食品などを低温(コールド)のまま生産・輸送・消費の過程で物流させる手法のこと。
食品物流の要であり、日米欧などの先進国は、食品物流の90%はコールドチェーンを経由しているとされる。
 高い品質を保ったまま食品を流通させるうえで注目されているのは、コールドチェーンだけではない。
ブロックチェーンを活用した食品トレーサビリティの追跡も実用段階になりつつある。
 このように、ブロックチェーン+コールドチェーンのWチェーンを求める声が高まったのはなぜだろうか。
いくらコールドチェーンを実施しているといっても、個別企業のシステムでは透明性が低いし、サプライチェーンの全体をカバーできているか分からないからだ。

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】47NEWS/日本は桁違い? ワクチン接種のアナフィラキシー、新型コロナ封じる〝最終兵器〟の気になる副反応(2021/03/13、03/14竹山公表)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/ワクチン 接種
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ワクチン 接種
<ワクチン接種のアナフィラキシー>
 ●47NEWS/(共同通信=杉田正史)
  日本は桁違い? ワクチン接種のアナフィラキシー
  新型コロナ封じる〝最終兵器〟の気になる副反応
  *2021/3/13 11:00 (JST)
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入。

小島勢二・名古屋大名誉教授
 「ただ、日本ではmRNAを使うワクチンの研究は遅れていたようだ。
小島氏が主要医学誌に掲載されたmRNAワクチンに関する国別の論文数を調べたところ、米国が71本と断トツ。
次いで中国が22本、ドイツが17本と続く。
日本は『1本』のみと明らかに他国と差が開いている。」

<首相官邸、新型コロナワクチンについて>
 ●首相官邸/新型コロナワクチンについて
  <一部抜粋>
  「これまでのワクチン総接種回数(令和3年3月12日17時時点)230,542回」

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月13日 (土)

【著作権】JBpress/遠隔授業「著作権料倒産」のリスク、ZOOMで混乱する音声動画著作権と権利料(2021/03/12、03/13竹山公表)

□著作権、不競法に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<音声動画著作権と権利料>
●JBpress/
 遠隔授業「著作権料倒産」のリスク
 ZOOMで混乱する音声動画著作権と権利料
 *2021.3.12(金)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】ORICON NEWS/憶測を呼ぶ「コスプレ著作権ルール化」、トラブルなく楽しむには? 美人コスプレ弁護士に聞く(2021/03/12、03/13竹山公表)

□著作権、不競法に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<「コスプレ著作権ルール化」
渥美陽子弁護士、インタビュー>
 ●ORICON NEWS/
  憶測を呼ぶ「コスプレ著作権ルール化」
  トラブルなく楽しむには? 美人コスプレ弁護士に聞く
  渥美陽子弁護士
  *2021-03-12

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】WWD JAPAN.com/2020年商標出願件数ランキング 資生堂が3位にランクイン(2021/03/09、03/13竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<WIPO、2020年商標出願件数ランキング>
 ●WWD JAPAN.com/
  2020年商標出願件数ランキング 資生堂が3位にランクイン
  *2021/03/09
[追記]
<WIPO、2020年のPCT国際特許出願件数>
●WIPO/Innovation Perseveres: International
 Patent Filings via WIPO Continued to Grow in 2020
 Despite COVID-19 Pandemic
 *Geneva, March 2, 2021
 (当該ページのURL1)
https://www.wipo.int/pressroom/en
/articles/2021/article_0002.html
 <一部抜粋>
  (附属6):マドリッドのトップ志願者
 (当該ページのURL2)
https://www.wipo.int/export/sites/www/pressroom
/en/documents/pr_2021_874_annexes.pdf#page=6

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】Yahoo!ニュース/絡まる衣類ハンガー見てピンと来た、意匠登録出願した、グッズは高校生考案 種子島中央高校(2021/03/03、03/13竹山公表)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<種子島中央高校、
2020年度デザインパテントコンテスト、
意匠登録の支援対象となる優秀賞>
 ●Yahoo!ニュース/(南日本新聞)/
  絡まる衣類ハンガー見てピンと来た 意匠登録出願した
  グッズは高校生考案 種子島中央高校(南日本新聞)
  *3/3(水) 12:35配信
[追記]
<令和2年度「パテントコンテスト・デザインパテントコンテスト」>
 ●経済産業省/
  令和2年度「パテントコンテスト・デザインパテントコンテスト」
  の特許庁長官賞を決定しました
  *2020年12月14日
  <一部抜粋>「令和2年度パテントコンテスト選考結果」
  (当該ページのURL1)
https://www.meti.go.jp/press/2020/12
/20201214001/20201214001-1.pdf
  <一部抜粋>「【優秀賞(意匠登録出願支援対象)】
   DH0214、衣類ハンガー収納具、鹿児島県立種子島中央高等学校」

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】ASCII.jp/独自のエッジAIで国内大手企業にライセンス提供を進める大学発スタートアップの賢いやり方(2021/03/11、、03/13竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/AI 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI 特許
<STARTUP×知財戦略 第86回、エッジAI>
 ●ASCII.jp/IP BASE/
  独自のエッジAIで国内大手企業にライセンス提供
  を進める大学発スタートアップの賢いやり方
  STARTUP×知財戦略 第86回
  株式会社エイシング 代表取締役/CEO 出澤 純一氏インタビュー
  *2021年03月11日 16時00分更新
  <一部抜粋>この記事は、特許庁の知財とスタートアップに関する
    コミュニティサイト「IP BASE」に掲載されている記事の転載です。
  ・「IP BASE」
   (当該ページのURL1)
https://ipbase.go.jp/
   ・・2021/03/11 16:00
     独自のエッジAIで国内大手企業にライセンス提供
     を進める大学発スタートアップの賢いやり方
     (当該ページのURL2)
https://ipbase.go.jp/learn/ceo/page20.php

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Yahoo!ニュース/コロナワクチン、特許は生産拡大の障壁でない=製薬関連団体(ロイター)(2021/03/10、、03/13竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<WIPO、2021年3月2日(現地時間)発表、
2020年の国際特許出願状況>
 ●@IT MONOist/[三島一孝,MONOist]/
  トップ10に三菱電機、ソニー、パナソニックがランクイン
  ――WIPO国際特許出願数
  *2021年03月11日 11時00分 公開
<iPhone、米国特許取得、(1)バッテリーの容量拡大
(2)膨張した場合に検知>
 ●iPhone Mania/
  iPhoneのバッテリーの容量拡大と、膨張した場合に検知する特許取得
  *2021年3月12日 21時00分
https://iphone-mania.jp/news-353670/
  <一部抜粋>
  ・Source:USPTO(1)、(当該ページのURL1)
  ・(2)、(当該ページのURL2)
<「COVAX(コバックス)」などの主催/
オンライン会合>
 ●Yahoo!ニュース/チューリヒ 9日 ロイター]/
  コロナワクチン、特許は生産拡大の障壁でない=製薬関連団体
  *3/10(水) 10:53配信
【表1】*一部省略、注釈挿入。

「国境なき医師団」・・・COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関連した特定の技術については一時的に特許の適用を免除するよう求めている。
感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」のトップ、リチャード・ハチェット氏は、・・・会合の焦点は知財よりも「こうしたボトルネック(*1)をどのようにうまく乗り越えられるかについて、異なるステークホルダー間で認識を得ようとするもの」だったという。

 (*1)「ボトルネックは生産能力、原料の不足、成分の不足だ」
<株式会社ベティスミス、
特許取得、体験型ジーンズの製造方法>
 ●PR TIMES/
  国内初の「体験型ジーンズ」特許取得のお知らせ
  *2021年3月12日 20時58分
  <一部抜粋>「特許概要 特許第6841477号
   体験型ジーンズの製造方法 特許取得日:2021年2月22日(月)>
[追記]
<WIPO、2020年のPCT国際特許出願件数>
●WIPO/Innovation Perseveres: International
 Patent Filings via WIPO Continued to Grow in 2020
 Despite COVID-19 Pandemic
 *Geneva, March 2, 2021
 (当該ページのURL3)
https://www.wipo.int/pressroom/en
/articles/2021/article_0002.html
<サイト内>
 ●2021年3月 6日 (土)、【特許】ジェトロ/
  新型コロナ禍でも2020年の世界の国際特許出願件数は過去最高
  (2021/03/03、、03/06竹山公表)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月 7日 (日)

【量子暗号】日本経済新聞/量子暗号、衛星で伝送 国家間の機密交換も安全に、総務省、30年代実用化めざす(2021/02/24、03/07竹山公表)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<総務省、2021年度、
「量子暗号」を衛星間で送る技術開発に着手>
●日本経済新聞/
 量子暗号、衛星で伝送 国家間の機密交換も安全に
 総務省、30年代実用化めざす
 *2021年2月24日 15:30、[有料会員限定]
[追記]
<NICT、量子技術特集>
●NICT-情報通信研究機構/NICT NEWS/2021年
 ・NICT NEWS 2021 No.2、量子技術特集
  PDF(5.4MB)
  *全9頁
 (当該ページのURL1)
https://www.nict.go.jp/data/nict-news
/NICT_NEWS_2021-486_J.pdf
【図1】「図1 グローバル量子ネットワークのイメージ」

20210307zu01b

 <出典1>「NICT」サイト
 「NICT NEWS 2021 No.2、量子技術特集」
 (当該ページのURL1)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】ジェトロ/スタートアップの資金調達に知的財産権の活用を(後編)(2021/02/16、、03/07竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許 WIPO
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許 WIPO
<ジェトロ、スタートアップの資金調達に
知的財産権の活用を>
●ジェトロ(日本貿易振興機構)/地域・分析レポート/
 視点・分析、
 スタートアップの資金調達に知的財産権の活用を(後編)
 アマゾンに見る戦略的な経営展開(世界、日本、米国)
  *2021年2月16日
 ・ジェトロイノベーション・知的財産部知的財産課、渡辺 浩司
 ・ジェトロ・ニューデリー事務所、武井 健浩
 (当該ページのURL1)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports
/2021/26750452a79c03d1.html
 2021年2月16日
●ジェトロ(日本貿易振興機構)/
 スタートアップの資金調達に知的財産権の活用を(前編)
 デット・ファイナンスに向けて果たしうる役割とは(世界、日本)
 (当該ページのURL2)
https://www.jetro.go.jp/biz/areareports
/2021/9bc84b6a37231e40.html
[追記]
<JETRO、スタートアップの資金調達に知的財産権の活用を>
●JETRO/(後編)
 (当該ページのURL1)
  <一部抜粋1>
【図1】「図3:Amazon.comのクラウド関連PCT出願の
 割合とAWSのセグメント利益率」

20210307zu01

 「出所:PATENTSCOPEを利用し、出願件数は優先日を基準として検索、
 クラウド関連特許は、G06F、G06N、G06Q、G11B、H04B、H04L、H04M、
 またはH04WのIPCカテゴリーにより集計」
 <出典1>「JETRO」サイト
 「スタートアップの資金調達に知的財産権の活用を(後編)」
  (当該ページのURL1)
  <一部抜粋2>
【表1】*改行挿入。

 このように、Amazon.comはキャッシュフローの増大に直結するワンクリック特許で巨額の収益を計上してきた。
同社は、現在もキャッシュ・コンバージョン・サイクルを改善する技術に関して重点的にPCT出願を続けている。
キャッシュフローに注目した経営戦略に対応し、キャッシュフローの改善を目的とした知的財産戦略を展開している様子がうかがえる。
このような考え方は、スタートアップを含め、日本企業の戦略立案にあたっても大いに参考になるだろう。

 <出典2>*<出典1>に同じ。
●JETRO/(前編)
 (当該ページのURL2)
  <一部抜粋1>
【図2】「図4:知的財産権の保有・活用状況別にみた
 日本の中小企業の経営指標
 (2015年から2017年までの3年平均)」

20210307zu02

 「出所:特許庁、三菱UFJリサーチ&コンサルティング
 ”平成30年度中小企業等知財支援施策検討分析事業
 『中小企業の知的財産活動に関する基本調査』報告書(2019)」
 からジェトロ作成」”」
 <出典3>「JETRO」サイト
 「スタートアップの資金調達に知的財産権の活用を(前編)」
  (当該ページのURL2)
  <一部抜粋2>
【表2】*改行挿入。

 また、特許庁の調査報告によると、知的財産権を保有または利用している中小企業では、総資産回転率が低下する。
反面、売上高営業利益率と総資産営業利益率(ROA、Return on Asset)は改善する傾向にあることも指摘される(図4参照、注6)。
これは、知的財産権が独占権としての性質を有することに起因すると推察される。
すなわち、競合他社が自社製品と完全に同一の商品を上市することを阻止する機能が生じるため、価格競争を回避できることにつながる。
その結果、価格を高めに設定でき、利幅を一定以上に維持できるためだ。
このような知的財産権の性質は中小企業の経営状態の改善に一定程度寄与し、融資を受けた際の債務不履行の回避などに寄与しているとも考えられる。

 <出典4>*<出典3>に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月 6日 (土)

【特許】ジェトロ/新型コロナ禍でも2020年の世界の国際特許出願件数は過去最高(2021/03/03、、03/06竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許 WIPO
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許 WIPO
<WIPO、3月2日、
2020年のPCT国際特許出願件数>
 ●ジェトロ(日本貿易振興機構)/
  新型コロナ禍でも2020年の世界の国際特許出願件数は過去最高
  *2021年03月03日
  <一部抜粋>「世界知的所有権機関(WIPO)は3月2日、
   特許協力条約(PCT:Patent Cooperation Treaty)に基づく
   2020年のPCT国際特許出願件数が前年比4%増の27万5,900件
   だったと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした」
  (当該ページのURL1)
https://www.wipo.int/pressroom/en
/articles/2021/article_0002.html
 ●日本経済新聞/
  国際特許出願、中国が2年連続首位 20年 WIPO調べ
  *021年3月2日 18:00
[追記]
<WIPO、2020年のPCT国際特許出願件数>
●WIPO/Innovation Perseveres: International
 Patent Filings via WIPO Continued to Grow in 2020
 Despite COVID-19 Pandemic
 *Geneva, March 2, 2021
 (当該ページのURL1)
 [記事表題、Google翻訳]「イノベーションの忍耐:
  COVID-19パンデミックにもかかわらず、
  WIPOによる国際特許出願は2020年も成長を続けました」
 <一部抜粋>
 ・Annex 1: International patent applications
  by origin (PCT System)
  *[Google翻訳]附属書1:原産地別の国際特許出願(PCTシステム)
 (当該ページのURL2)
https://www.wipo.int/export/sites/www/pressroom
/en/documents/pr_2021_874_annexes.pdf#page=1
  <一部抜粋>
【図1】「附属書1:原産地別の国際特許出願(PCTシステム)」

20210306zu01d

 <出典1>「WIPO」サイト
  「Annex 1: International patent applications
   by origin (PCT System)」
  (当該ページのURL2)
【表1】”Innovation Perseveres: International Patent Filings via
 WIPO Continued to Grow in 2020 Despite COVID-19 Pandemic”
  *[翻訳]、改行挿入。

 革新的な活動を測定するための広く使用されている指標の1つであるWIPOの特許協力条約(PCT)を通じて出願された国際特許出願は、世界のGDPが3.5%減少したと推定されているにもかかわらず、2020年に4%増加し、275,900件に達しました。
 中国(68,720件、前年比+16.1%)はWIPOのPCTシステムの最大ユーザーであり、米国(59,230件、+3%)、日本(50,520件、-4.1%)、韓国(20,060件、+5.2%)が続いた。
ドイツとドイツ (18,643 件、-3.7%)
(附属PDF, Annex 1書1.」

 <出典1>「WIPO」サイト
 ”「Innovation Perseveres: International Patent Filings via
 WIPO Continued to Grow in 2020 Despite COVID-19 Pandemic”
  (当該ページのURL1)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】GIGAZINE/Intelが2300億円超の特許侵害による損害賠償支払い命令を受ける(2021/03/03、、03/06竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<WIPO、4日、2020年、国際特許出願(PCT)の分析結果、発表>
 ●Yahoo!ニュース/(中央日報日本語版)/
  韓経:韓国企業の国際特許出願…サムスンが世界2位、LG4位
  *3/5(金) 8:28配信
<アメリカ・テキサス州、陪審裁判で、特許侵害、
損害賠償の支払命令>
 ●PC Watch/
  Intelに特許侵害で約2,328億円の支払い命令
  *2021年3月3日 11:52
 ●GIGAZINE/
  Intelが2300億円超の特許侵害による損害賠償支払い命令を受ける
  *2021年03月03日 12時00分

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】第204回国会/「特許法等の一部を改正する法律案」(2021/03/06竹山公表)

□特許、商標、意匠に関連し、
「特許法等の一部を改正する法律案」について
(2021/03/06竹山公表)
●衆議院/国会/立法情報/議案情報/
 ・第204回国会 議案の一覧
  ・・議案審議経過情報
    議案名「特許法等の一部を改正する法律案」
    の審議経過情報
   <一部抜粋>
 ・項目:内容
 ・議案種類:閣法
 ・議案提出回次:204
 ・議案番号:46
 ・議案件名:特許法等の一部を改正する法律案
 ・議案提出者:内閣
 ・衆議院議案受理年月日:令和 3年 3月 2日
 ・参議院予備審査議案受理年月日:令和 3年 3月 2日
<サイト内>
●2021年3月 6日 (土)、【商標】「法律案」中、
 「海外からの模倣品流入への規制強化【意・商】」について
 (2021/03/02、03/06竹山公表)
●2021年3月 2日 (火)、【特許】NHK NEWS WEB/
 特許の口頭審理 ウェブ会議で可能に 特許法改正案 閣議決定
 (2021/03/02)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】文部科学省/第201回国会における文部科学省提出法律案(2021/03/06竹山公表)

□著作権に関連し、文部科学省
「第201回国会における文部科学省提出法律案」について(2021/03/06竹山公表)
<文部科学省、著作権法の一部を改正する法律案>
 ●文部科学省/著作権法の一部を改正する法律案
  <一部抜粋>
  (1)著作権法の一部を改正する法律案(概要)
   (PDF:239KB) PDF、*全1頁
   (当該ページのURL1)
https://www.mext.go.jp/content
/20210305-mxt_000013222_1.pdf
  (2)著作権法の一部を改正する法律案(説明資料)
   (PDF:1.4MB) PDF、*全46頁
   (当該ページのURL2)
https://www.mext.go.jp/content
/20210305-mxt_000013222_2.pdf
  (3)著作権法の一部を改正する法律案(要綱)
   (PDF:84KB) PDF、*全6頁
   (当該ページのURL3)
https://www.mext.go.jp/content
/20210305-mxt_000013222_3.pdf
  (3)著作権法の一部を改正する法律案(新旧対照表)
   (PDF:341KB) PDF、*全41頁
   (当該ページのURL4)
https://www.mext.go.jp/content
/20210305-mxt_000013222_5.pdf
[追記]
<著作権法の一部を改正する法律案(説明資料)>
●文部科学省/著作権法の一部を改正する法律案
 (PDF:1.4MB) PDF、*全46頁
 (当該ページのURL2)
 <一部抜粋>
【図1】「2.放送番組のインターネット同時配信等
 に係る権利処理の円滑化」

20210306zu01c

 <出典1>「文部科学省」サイト
  「2.放送番組のインターネット同時配信等」
  (当該ページのURL2)
【図2】「【制度改正の全体像】」

20210306zu02c

 <出典2>*<出典1>に同じ。以下、同様。
【図3】「許諾推定規定の創設による効果(イメージ)」

20210306zu03c

<サイト内>
●2021年3月 6日 (土)、【著作権】HK NEWS WEB/
 ネット同時配信 権利処理手続き簡略化へ
 著作権法の改正案(2021/03/05、03/06竹山公表)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】HK NEWS WEB/ネット同時配信 権利処理手続き簡略化へ 著作権法の改正案(2021/03/05、03/06竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<閣議、5日、著作権法の改正案、決定>
●NHK NEWS WEB/
 ネット同時配信 権利処理手続き簡略化へ 著作権法の改正案
 *2021年3月5日 9時37分
 <一部抜粋>「政府は、今の国会での法改正を
  目指すことにしています。」
<日本レコード協会、調査書>
●www.fnn.jp/一般社団法人日本レコード協会/
  著作権法改正後の違法音楽アプリ利用者は大きく減少
  *2021年3月5日 金曜 午後1:07
  <一部抜粋>
 「●本件プレスリリースページURL
  (当該ページのURL1)
https://www.riaj.or.jp/news/id=289
  ●報告書掲載ページURL
  (当該ページのURL2)
https://www.riaj.or.jp/f/pdf/report/app/app2020.pdf」
[追記]
<日本レコード協会、違法音楽アプリに関する利用実態調査>
●日本レコード協会/プレスリリース/
 著作権法改正後の違法音楽アプリ利用者は大きく減少
 違法音楽アプリに関する調査を実施
 2021.03.05
 (当該ページのURL1)
●日本レコード協会/報告書掲載ページ
 「違法音楽アプリに関する利用実態調査
 2021年3月5日、一般社団法人日本レコード協会」
 *全9ページ 
  (当該ページのURL2)
 <一部抜粋1>「著作権法改正の認知、
  ◼ 認知は全体で46.0%
  ◼ 30代以上に比べ、10代、20代の認知率が高く
   半数を超えている。」
 <一部抜粋2>
【図1】「著作権法改正の認知」

20210306zu01b
 <出典1>「日本レコード協会」サイト
  「違法音楽アプリに関する利用実態調査、
  2021年3月5日」
  (当該ページのURL2)

<サイト内>
●2021年3月 6日 (土)、【著作権】文部科学省/
 第201回国会における文部科学省提出法律案
 (2021/03/06竹山公表)


[△最新情報へ]

(以上)

【商標】「法律案」中、「海外からの模倣品流入への規制強化【意・商】」について(2021/03/02、03/06竹山公表)

□特許・意匠に関連し、「特許法等の一部を改正する法律案」中、
「海外からの模倣品流入への規制強化【意・商】」について
<海外からの模倣品流入への規制強化>
 ●特許庁/
  「特許法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されました
  *2021年3月2日
  <一部抜粋1>関連資料
  ・法律案概要(参考資料)
   (PDF形式:476KB)PDFファイル
   *全1枚
  (当該ページのURL1)
https://www.meti.go.jp/press/2020/03
/20210302003/20210302003-2.pdf
  ・法律案概要(参考資料)
   (PDF形式:476KB)PDFファイル
   *全1頁
  (当該ページのURL2)
https://www.meti.go.jp/press/2020/03
/20210302003/20210302003-2.pdf
  ・新旧対照条文(PDF形式:352KB)PDFファイル
   *全71頁
  (当該ページのURL3)
https://www.meti.go.jp/press/2020/03
/20210302003/20210302003-5.pdf
【図1】海外からの模倣品流入への規制強化【意・商】

20210306_zu01

 <出典1>「特許庁」サイト
  「海外からの模倣品流入への規制強化【意・商】」
  (当該ページのURL1)
<意匠法の一部改正>
【表1】「第三 意匠法の一部改正」

第三 意匠法の一部改正
一 意匠の実施の定義に定める輸入に、外国にある者が外意匠の実施の定義の見直し国から日本国内に他人をして持ち込ませる行為を含むものとすること。
(第二条第二項第一号関係)

 <出典2>「特許庁」サイト
  「法律案概要」
  (当該ページのURL2)
<意匠法2条(定義)関係の新旧対照条文>
【表2】「○意匠法(昭和三十四年法律第百二十五号)
 (第三条関係)、(傍線部分は改正部分)」

改正案 現行
(定義等)
第二条
1 (略)
2 この法律で意匠について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。
 一 意匠に係る物品の製造、使用、譲渡、貸渡し、輸出若しくは輸入(外国にある者が外国から日本国内に他人をして持ち込ませる行為を含む。以下同じ。)又は譲渡若しくは貸渡しをする行為の申出(譲渡又は貸渡しのための展示を含む。以下同じ。)
 二・三  (略)
3 (略)
(定義等)
第二条
1 (略)
2 この法律で意匠について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。
 一 意匠に係る物品の製造、使用、譲渡、貸渡し、輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展示を含む。以下同じ。)をする行為
 二・三 (略)
3 (略)

 <出典3>「特許庁」サイト
  「新旧対照条文」
  (当該ページのURL3)
<商標法の一部改正>
【表3】「第四 商標法の一部改正」

第四 商標法の一部改正
一 商標の使用の定義に定める輸入に、外国にある者が外商標の使用の定義の見直し国から日本国内に他人をして持ち込ませる行為を含むものとすること。
(第二条第七項関係)

 <出典4>*<出典2>と同じ。
<商標法2条((定義等))の新旧対照条文>
【表4】「○商標法(昭和三十四年法律第百二十七号)
 (第四条関係)、(傍線部分は改正部分)」、*文字一部着色。

改正案 現行
(定義等)
第二条 (略)
2~6 (略)
7 この法律において、輸入する行為には、外国にある者が外国から日本国内に他人をして持ち込ませる行為が含まれるものとする。
(定義等)
第二条 (略)
2~6 (略)
(新設)

 <出典5>*<出典3>と同じ。
[追記]
<第8回商標制度小委員会、配付資料>
 ●特許庁
  /産業構造審議会、知的財産分科会、商標制度小委員会
  *[更新日 2021年2月4日]
  ・産業構造審議会 知的財産分科会、
   第8回商標制度小委員会、
   議事次第・配布資料一覧
   *[更新日 2021年1月27日]
   ・配布資料、資料1
    ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
    商標制度の在り方について(案)(PDF:751KB)
    *全18頁
   (当該ページのURL4)
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai
/sangyo-kouzou/shousai/shohyo_shoi/document
/t_mark_paper08new/01.pdf
   <一部抜粋>「ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
    商標制度の在り方について(案)、令和3年1月28日
    産業構造審議会、知的財産分科会、商標制度小委員会
   <一部抜粋>
【表5】「(4)本小委員会での検討」」
 *改行挿入。

(4)本小委員会での検討
 以上の点を踏まえ、本小委員会では、近年の模倣品の流入増加に対応するため、商標法において、海外の事業者が国内の者に模倣品を直接送付する場合について、日本国内に到達する時点以降を捉えて、新たに商標権侵害行為と位置づけること(以下「本検討事項」という。)について検討を行った。
 委員からは、本検討事項について実務上のニーズがあることが示され、検討の方向性について概ね賛同を得た。
もっとも、本検討事項と属地主義の関係について、これを厳格に解する意見、柔軟に解する意見があり、新たな侵害行為を規定するに当たっては、属地主義を考慮すべきであるとの意見も示された。
また、属地主義に関するいずれの立場からも、侵害訴訟への影響を踏まえ、明確な定義を置くことや、規制範囲が不当に拡大しないよう配慮した立法を求めるとの意見があった。
 なお、本検討事項に関する運用上の懸念点として、海外の事業者が個人であると仮装して、模倣品を直接送付するような場合について、実効性ある対応を検討する必要がある等の意見があった。

 <出典6>「特許庁」サイト
  「ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
   商標制度の在り方について(案)、令和3年1月28日」
  (当該ページのURL4)
<サイト内>
●2021年3月 6日 (土)、【特許】第204回国会/
 「特許法等の一部を改正する法律案」(2021/03/06竹山公表)
●2021年3月 2日 (火)、【特許】NHK NEWS WEB/
 特許の口頭審理 ウェブ会議で可能に 特許法改正案 閣議決定
 (2021/03/02)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月 2日 (火)

【特許】NHK NEWS WEB/特許の口頭審理 ウェブ会議で可能に 特許法改正案 閣議決定(2021/03/02)

 □特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<政府は、2日、特許法などの改正案を閣議決定>
 ●時事通信/
  特許審判、ウェブ可能に 改正案を閣議決定
  *2021年03月02日16時46分
 ●NHK NEWS WEB/
  特許の口頭審理 ウェブ会議で可能に 特許法改正案 閣議決定
  *2021年3月2日 10時02分
[追記]
 ●特許庁/
  「特許法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されました
  *2021年3月2日
  <一部抜粋1>関連資料
  ・法律案概要(参考資料)(PDF形式:476KB)PDFファイル
   *全1枚
  (当該ページのURL1)
https://www.meti.go.jp/press/2020/03
/20210302003/20210302003-2.pdf
  ・新旧対照条文(PDF形式:352KB)PDFファイル
   *全71頁
https://www.meti.go.jp/press/2020/03
/20210302003/20210302003-5.pdf
  (当該ページのURL2)
  <一部抜粋2>
【図1】(1)新型コロナウイルスの感染拡大に対応した
 デジタル化等の手続の整備

20210302_zu01

 <出典1>「特許庁」サイト
  「法律案概要(参考資料)」
  (当該ページのURL1)
【図2】(2)デジタル化等の進展に伴う企業行動の変化に
 対応した権利保護の見直し

20210302_zu02

 <出典2>*出典1に同じ。以下同様。>
【図3】(3)知的財産制度の基盤強化
 ① 特許権侵害訴訟における第三者意見募集制度の導入

20210302_zu03

【図4】(3)知的財産制度の基盤強化
 ② 特許料等の料金体系見直し

20210302_zu04

<サイト内>
●2021年3月 6日 (土)、【特許】第204回国会/
 「特許法等の一部を改正する法律案」(2021/03/06竹山公表)
●2021年3月 6日 (土)、【商標】「法律案」中、
 「海外からの模倣品流入への規制強化【意・商】」について
 (2021/03/02、03/06竹山公表)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】日本経済新聞/自民 著作権法改正案了承 ネット同時配信巡り(2021/03/02)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<自民党、2日、著作権法改正案を了承>
 ●日本経済新聞/
  自民 著作権法改正案了承 ネット同時配信巡り
  *2021年3月2日 16:32

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】GIGAZINE/「グランド・セフト・オート」をリバースエンジニアリングで再現するプロジェクトが著作権侵害で公開停止(2021/02/24、03/02竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<ブランディング、著作権契約>
 ●日経クロストレンド/
  ブランディングの鍵を握る著作権契約 その3つのポイント
  デザイン経営 成功への道 第10回/全12回
  *2021年03月01日、有料会員限定
<コスプレの著作権の問題>
 ●Yahoo!ニュース/(デイリースポーツ)/
  コスプレイヤーに高まる先行きの不安
  …コスプレの著作権ルール化問題はどうなるのか
  *2/26(金) 21:00
<韓国歌手ソン・ガイン、
「アーティストの音楽著作物、肖像権、
姓名権の無断違法使用>
 ●Yahoo!ニュース/WoW!Korea>
  【公式】歌手ソン・ガイン側、違法な著作権使用に法的対応へ
  *2/26(金) 14:43配信
<ゲーム、リバースエンジニアリング>
 ●GIGAZINE/
  「グランド・セフト・オート」をリバースエンジニアリングで
  再現するプロジェクトが著作権侵害で公開停止
  *2021年02月24日 20時00分

[△最新情報へ]

(以上)

2021年3月 1日 (月)

【特許】福井新聞/福井の科捜研、血液判別高度な新手法(2021/02/28、03/01竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<福井県警、人血検査キット>
 ●日テレNEWS24/
  県警の科捜研が特許取得 人血検査キット
  *2021.02.28
 ●福井新聞/
  福井の科捜研、血液判別高度な新手法
  古い血痕でも人の血検出、特許取得
  *2021年2月28日 午後5時00分

[△最新情報へ]

(以上)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

最近の記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30