« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月23日 (火)

【不競法】SankeiBiz/ 営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務(2021/02/22、02/23竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<営業秘密流出>
 ●SankeiBiz/
  営業秘密流出、情報入手側に訴訟リスクも 「持ち込ませぬ」対策急務
  *2021.2.22 06:06
  <一部抜粋1>「経産省が17年に行った調査では、
   営業秘密の漏洩(ろうえい)を検知する取り組みを
   行っている割合は大企業が77%だったのに対し、
   中小企業では24%にとどまっていた。」
  <一部抜粋2>「実際、警察庁の調べでも、
   19年の営業秘密侵害事犯は21件で、
   13年の5件から右肩上がりで増えている。」
[追記]
<警察庁生活安全局、生活経済事犯の検挙状況等>
 ●警察庁生活安全局、生活経済対策管理官/
  令和元年における生活経済事犯の検挙状況等について
  *令和2年3月、全50頁
  (当該ページのURL)
https://www.npa.go.jp/publications/statistics
/safetylife/seikeikan/R01_seikatsukeizaijihan.pdf
【図1】「図表23 営業秘密侵害事犯の検挙事件数の推移」p.22
  <一部抜粋1>「(3)営業秘密侵害事犯
  営業秘密侵害事犯については21事件を検挙し、
  増加傾向にある。」

20210223_zu01

 <出典1>「警察庁生活安全局」サイト
  「令和元年における生活経済事犯の検挙状況等について」
  (令和2年3月)
 (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】GIGAZINE/400億円超のロイヤリティを音楽配信サービスから著作権管理団体が徴収(2021/02/22、02/23竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
INTERNET Watch
やじうまWatch
<米Electronic Frontier Foundation
(EFF、電子フロンティア財団)が紹介、
米警察、活動家のライブストリーミングを妨害
しようとしたとみられる事例>
 ●INTERNET Watch/やじうまWatch/
  米警察、「著作権フィルターに検出されそうな曲」
  をかけて活動家のストリーミングを妨害?
  *2021年2月22日 12:15
<メタリカ、ゲーム・イベントの生配信、
演奏の音声が差し替えられてしまう事態>
 ●Engadget 日本版/
  Twitch、BlizzCon配信でメタリカのライブ演奏
  を民謡風BGMに差し替え。米著作権法懸念か
  *2021年02月21日, 午後 01:00 in DMCA
 ●「NME JAPAN」/
  メタリカ、ゲーム・イベントの生配信で演奏の音声が
  著作権侵害の疑いで差し替えられてしまう事態に
  *2021.2.22 月曜日
<アメリカの著作権管理団体
「Mechanical Licensing Collective(MLC)」
2021年2月16日、20の音楽配信サービスから
ロイヤリティ(使用料)を徴収したと発表>
 ●GIGAZINE/
  400億円超のロイヤリティを音楽配信サービスから
  著作権管理団体が徴収
  *2021年02月22日 07時00分

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】47NEWS/「猟友会」使用は「商標権侵害」 釧路のNPO法人を提訴(2021/02/22、02/23竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<大日本猟友会(東京)、提訴は4日付、
商標「猟友会」、商標権侵害、
不正競争防止法違反>
 ●47NEWS/北海道新聞/
  「猟友会」使用は「商標権侵害」 釧路のNPO法人を提訴
  *02/22 22:04、会員制
[追記]
<J-PlatPat、商標「猟友会」>
 ●J-PlatPat/商標検索/
  (当該ページのURL1)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/t0100
  ・登録番号:第4820616号
   (当該ページのURL2)
   商標出願2004-019208のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800
/TR/JP-2004-019208/653C4C59EFCAB8D020479
22024616D9B8941FEE9AA12B3BE58B2A5A533E13BE8/40/ja
   <一部抜粋>
   ・登録日:平成16(2004)年 11月 26日
   ・標準文字商標:猟友会
   ・権利者:一般社団法人大日本猟友会
   ・区分数:5
   (1)第16類、印刷物など
   (2)第36類、狩猟共済事業・死亡・障害等に関する
     済契約の引き受け及び共済給付金の支払いなど
   (3)第37類、有害動物の駆除及び防除など
   (4)第42類、野生動物に関する調査・研究など
   (5)第44類、動物の飼育及びこれに関する
      コンサルティング・情報の提供など

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】iPhone Mania/マクセル、Appleを12件の特許侵害でさらに訴える〜訴訟対象は合計27件に(2021/02/22、02/23竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国、トイレに関するおもしろ米国特許3選>
 ●Yahoo!ニュース/栗原潔/
  トイレに関するおもしろ米国特許3選
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *2/22(月) 13:53
  <一部抜粋>「米国の特許弁護士Jeff Steckという方が、
   ツイッターに米国の興味深い特許を定期的に投稿しています。>
  (当該ページのURL)
https://twitter.com/GazEtc
<マクセル、12件の特許がAppleに侵害、
現地時間2月19日、テキサス州の裁判所に訴え>
 ●iPhone Mania/Source:AppleInsider(hato)
  マクセル、Appleを12件の特許侵害でさらに訴える
  〜訴訟対象は合計27件に
  *2021年2月22日 01時29分
  <一部抜粋>97ページに及ぶ訴状の全文は公開されており、
   Web上で読むことができます。」
  (当該ページのURL)
https://www.scribd.com/document
/495310913/Maxell-v-Apple

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月20日 (土)

【特許】PR TIMES/株式会社サウンドファン/【コロナ禍で人気】世界初の特許技術『曲面サウンド』(2021/02/19、02/22竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<株式会社サウンドファン、
世界初の特許技術『曲面サウンド』>
 ●PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)/
  株式会社サウンドファン/
  【コロナ禍で人気】世界初の特許技術『曲面サウンド』
  搭載 テレビの音を聴こやすい音に変換するテクノロジー
  「ミライスピーカー・ホーム」販売台数1万台突破!
  *2021年2月19日 14時00分
[追記]
<「曲面サウンド」技術>
 ●ITmedia NEWS/[芹澤隆徳,ITmedia]/
  これぞイノベーション、“音のバリアフリー”を実現する
  「ミライスピーカー」の仕組みと未来
  *2017年04月18日 06時01分 公開
 ●J-PlatPat/特許・実用新案検索/
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0100
  (検索例)【特許番号】特許第5668233号
  ・特許5668233のURL情報(当該ページのURL)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800
/PU/JP-5668233/A88FE465F21A5C8BBA4C4784E8
E1B68DA47D5D33EAA0940E5D6E4FF7A0B46BC8/15/ja
  <一部抜粋1>
  ・【登録日】平成26年12月26日(2014.12.26)
  ・【発明の名称】万能スピーカ
  ・【特許権者】【識別番号】514093028
  ・【氏名又は名称】株式会社サウンドファン
  <一部抜粋2>
【図1】特許第5668233号、[図2]

20210220_zu01

 <出典>「J-PlatPat」サイト
  「特許・実用新案検索」
  (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】コラム「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例への対応」について(2021/02/20竹山公表)

□コラム「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例への対応」
 について、2021/02//20竹山宏明
【表1】本文

1 はじめに
 「特許印紙予納の廃止」の話題で、
特許庁「ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
産業財産権政策の在り方―とりまとめー」
(令和3年2月3日、
以下、「令和3年産業財産権政策の在り方」という。*1)
を読んでいて、「免除制度」について気になる記載があり、
紹介します。
2 「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例」について
 気になる記載は、
「制度趣旨にそぐわない全額免除適用事例への対応」
(p.28~ 30参照)です。
 内容は、審査請求料が全額免除された個人名義の出願が、
特許権が設定登録後、ほぼ全件が法人に権利移転されている
、そうです。
 数値的には、「2019年4月~2020年10月」の
「特許権が設定登録された個人名義の出願件数(5,908件)」
あります。
 「登録件数が40件以上である個人による出願件数は1,057件」
(*18%)あります。
 その全件について「審査請求料」の「全額免除」
が適用されている、そうです。
 そして、個人による「1,057件」のうち、
「1,054 件」(99.7%)が、特許権の設定登録後、
法人へ権利移転されている、そうです。

【表2】「全額免除」の対象者・「今後の新たな取組・改善」

3 審査請求料の「全額免除」の対象者について
 審査請求料が、「全額免除」される対象者の方は、
個人の場合に、
「イ 生活保護を受けている者」、
「ロ 市町村民税非課税者」の方に限られます(*2)。
4 「今後の新たな取組・改善」について
 「今後の新たな取組・改善」としては、
「対応:適用件数の上限設定、全額免除の縮小又は廃止」
について検討を進める、と記載されています。
 具体的には、
「・ 年間の適用件数に上限を設ける。」
点が記載されています。
 続いて、
「・ 少なくとも市町村民税非課税(相当)を理由とする
全額免除は廃止し、軽減措置のみとする、
と記載されています。
 さらに、
「(生活保護受給者に対する免除措置については、
一定の上限を設けた上で継続することも
一つの選択肢として検討する。)」
と記載されています。
 また、
「・ 特許登録までの間に他者に権利移転された場合については、
減免を取り消す等の措置を検討する。」
と記載されています。
 上記載に続き、「ただし、」書きが添えられています。
5 おわりに
 制度については、定期的に利用実態の調査が必要なものと考えます。
 そして、調査結果を利用者にまずは公表し、
アピールすることが大切なものと考えます。
 つぎに、改善策を考え、改善策を利用者に公表し、
利用者の意見を聞くことが必要なものと考えます。
 その上で、制度を定期的に改善することが
望ましいものと考えます。(以上)

【表3】注記

*1:特許庁「令和3年産業財産権政策の在り方」
   (令和3年2月3日)、全51頁
   (当該ページのURL1)
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai
/sangyo-kouzou/shousai/kihonmondai_shoi
/document/210203torimatome/01.pdf
*2:特許庁「個人(市町村民税非課税者等)
   を対象とした減免措置について
   (2019年4月1日以降に審査請求をした場合)」
   [更新日 2021年1月8日]
   (当該ページのURL2)
https://www.jpo.go.jp/system/process
/tesuryo/genmen/genmen20190401/02_08.html

 

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】ASCII.jp/独自のブランドを確立するには?、スタートアップが知るべきPRにつながる商標、知財戦略(2021/02/16、02/20竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<特許庁ベンチャー支援班、2020年12月18日、
スタートアップ向けセミナー、福岡市で開催>
 ●ASCII.jp/文● 藤原達矢(アバンギャルド)
  編集●ASCII STARTUP/
  独自のブランドを確立するには?
  スタートアップが知るべきPRにつながる商標、知財戦略
  *2021年02月16日 09時00分更新

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】The Hankyoreh japan/エリクソン「サムスン電子が特許侵害」また提訴(2021/02/18、02/20竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<エリクソン、15日、サムスン電子、
無線移動通信技術、特許侵害、
米国国際貿易委員会(ITC)に提訴>
 ●The Hankyoreh japan/ハンギョレ新聞社/
  エリクソン「サムスン電子が特許侵害」また提訴
  …ITCが調査に着手
  サムスンとエリクソン、2012年から「特許紛争」繰り返す
  *登録:2021-02-18 02:16 修正:2021-02-18 10:25

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】日本経済新聞/特許料、印紙の事前納付廃止へ 口座振替などに切り替え(2021/02/16、02/20竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<特許庁、特許印紙予納の廃止の検討>
 ●日本経済新聞/
  特許料、印紙の事前納付廃止へ 口座振替などに切り替え
  *2021年2月16日 19:00 [有料会員限定]
 ●知的財産と調査/ブログ/弁理士 角田 朗/
  特許料、印紙の事前納付廃止へ 口座振替などに切り替え
  *2021-02-17 17:18:19
  <一部抜粋>「ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
   産業財産権政策の在り方―とりまとめー(PDF:3,264KB)」
   *全51頁
   (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai
/sangyo-kouzou/shousai/kihonmondai_shoi
/document/210203torimatome/01.pdf
 ●マイベストプロ東京/鈴木康介(プロシード国際特許商標事務所)/
  コラム、特許庁が印紙予納を廃止するようです。
  *2021年2月17日
[追記]
 ●特許庁/
  ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
  産業財産権政策の在り方―とりまとめー(PDF:3,264KB)
  産業構造審議会、知的財産分科会、基本問題小委員会
  *令和3年2月3日、*51頁
   (当該ページのURL)
【表1】「(2)特許印紙による予納制度」
 (p.27~ 28)、*改行・下線挿入、”*”挿入。

イ.今後の新たな取組・改善
上記課題(*)に対しては、以下の対応方針に沿って、
新たな取組・改善策を講じていくべきである。
 (*)課題①:利用者・特許庁双方にとっての事務負担
    課題②:特許庁の手数料負担
  対応①:特許印紙以外の支払手段の周知 *省略
  対応②:特許印紙予納の廃止と代替手段の検討
 特許印紙による予納については、
物理的な印紙の取り扱いに係るユーザー・特許庁双方の
負担軽減の観点から廃止する方向で検討する。
並行して、口座振込等による予納など、
印紙予納の代替手段についても検討を行う。
 特許印紙による予納制度の廃止に当たっては、
拙速に進めるのではなく、利用者の実態に配慮し、
影響度を勘案して現実的なスピードで進める。
  対応③:更なる支払手段多様化の検討 *省略

 <出典1>「特許庁」サイト
  「ウィズコロナ/ポストコロナ時代における
  産業財産権政策の在り方―とりまとめー」
  (令和3年2月3日)
 (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月14日 (日)

【商標】GIGAZINE/「ロゴがそっくりだ」として問題になっていたAppleとPrepearの商標権争いが無事解決(2021/02/10、02/14竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<AppleとPrepearの商標権争い、無事解決>
 ●GIGAZINE/
  「ロゴがそっくりだ」として問題になっていた
  AppleとPrepearの商標権争いが無事解決
  *2021年02月10日 14時00分
<「ファイナルファンタジーVII」関連の商標>
 ●4Gamer.net/編集部:早苗月/
  「ファイナルファンタジーVII」に新たな動きか。
  神羅カンパニーのロゴや「THE FIRST SOLDIER」
  などの文言が商標出願
  *2021/01/13 21:37

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】MARU EURACTIV/Patents are not an obstacle to ramp up COVID-19 vaccines production, EU says(2021/02/08、02/14竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<欧州委員会の情報源、ライセンスの取り決めを通じて
ワクチンを開発した人々の技術とノウハウを広めることです>
 ●MARU EURACTIV/By Sarantis Michalopoulos | EURACTIV.com/
  Patents are not an obstacle to ramp up
  COVID-19 vaccines production, EU says
  *2021年2月8日
  *(記事表題)「特許はCOVID-19ワクチンの生産を増やす
  障害ではない、とEUは言う」
  <一部抜粋>「『ワクチンの開発を超えて、
   今最も必要とされているのは、ワクチンの製造の急増です』と、
   EUレベルでワクチンの共同購入を
   調整する欧州委員会の情報源は述べています。
   『そして、それを達成する最善の方法は、
   ライセンスの取り決めを通じてワクチンを開発した人々の技術と
   ノウハウを広めることです』と、ソースはEURACTIVに語りました。」

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】BUSINESS INSIDER JAPAN/「楽天モバイル社員逮捕」で注目の“営業秘密“に”競業避止“。どこまで許容されるのか?(2021/01/26、02/14竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<「営業秘密」、前職の人脈や知識>
 ●オトナンサー/著者:オトナンサー編集部/アドバイザー:牧野和夫
  転職先へ持ち出した男逮捕、「営業秘密」とは?
  前職の人脈や知識は利用可?
  *2021.01.22
<営業秘密、競業避止>
 ●BUSINESS INSIDER JAPAN/溝上憲文 [人事ジャーナリスト]/
  「楽天モバイル社員逮捕」で注目の“営業秘密“に”競業避止“。
  どこまで許容されるのか?
  Jan. 26, 2021, 06:00 AM CAREERS
[追記]
<競業避止義務の状況や影響>
 ●内閣府政策統括官(経済財政分析担当)
  政策課題分析シリ-ズ 17
  日本のフリーランスについて
  ―その規模や特徴、競業避止義務の状況や影響の分析―
  *令和元年(2019年)7月、89頁
 (当該ページのURL)
https://www5.cao.go.jp/keizai3/
2019/07seisakukadai17-0.pdf
 <一部抜粋>
【図1】(要旨図表4 就業形態別の競業避止義務締結割合)
    要旨 3

20210214a_zu01

 <出典1>「内閣府」サイト
  「日本のフリーランスについて」(令和元年(2019年)7月)
 (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】@DIME/どこから違法になる?、おさえておきたい「改正著作権法」のポイント(2021/02/14、02/14竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<虎ノ門法律特許事務所の弁護士・弁理士、大熊裕司氏、
「侵害コンテンツのダウンロード違法化」解説>
 ●@DIME/
  どこから違法になる?、おさえておきたい「改正著作権法」のポイント
  *2021.02.14

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月13日 (土)

【ブロックチェーン】野村證券マーケット情報/ブロックチェーンで進化する「J-クレジット制度」―“脱炭素”化社会の実現のカギ(2021/02/12、/02/13竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
 ●野村證券マーケット情報/
  ブロックチェーンで進化する「J-クレジット制度」
  ―“脱炭素”化社会の実現のカギ
  *2021.02.12
[追記]
<J-クレジット制度とは?>
 ●J-クレジット制度/
 (当該ページのURL)
https://japancredit.go.jp/
  <一部抜粋1>
【表1】「J-クレジット制度とは?」 *改行挿入。

 J-クレジット制度とは?
 国が認証するJ-クレジット制度とは、
省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、
CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を
「クレジット」として国が認証する制度です。
 本制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度
が発展的に統合した制度で、国により運営されています。
 本制度により創出されたクレジットは、
低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、
様々な用途に活用できます。

 <出典1>「J-クレジット制度」サイト
  「J-クレジット制度とは?」
 (当該ページのURL)
  <一部抜粋2>
【図1】「J-クレジット制度とは?」

20210213_zu01

 <出典2> <出典1>と同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】自動運転ラボ/「自動運転タクシー」や「自動運転車」、既に商標登録済み/(2021/02/11、02/13竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<「自動運転」関連の商標>
 ●自動運転ラボ/記事監修:下山 哲平
  (株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)/
  「自動運転タクシー」や「自動運転車」、既に商標登録済み
  *2021年2月11日 11:17

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】ファミ通.com/コロプラ、任天堂による『白猫プロジェクト』特許訴訟の損害賠償請求が49億5000万円に増額されたことを発表(2021/02/12、02/11竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<任天堂 vs コロプラ特許侵害訴訟>
 ●ファミ通.com/
  コロプラ、任天堂による『白猫プロジェクト』特許訴訟
  の損害賠償請求が49億5000万円に増額されたことを発表
  *2021.02.12 17:55
  <一部抜粋>「コロプラは、2021年2月12日、
   任天堂による『白猫プロジェクト』に関する特許
   についての訴訟の損害賠償請求が49億5000万円に
   増額されたことを発表した

   (コロプラによるリリースはこちら)。
  (当該ページのURL)
https://ssl4.eir-parts.net/doc
/3668/tdnet/1933600/00.pdf
[追記]
●株式会社コロプラ/IRニュース/
 2021.02.12 (開示事項の経過・変更)
 当社に対する損害賠償請求訴訟の提訴額変更に関するお知らせ
 (142KB) NEW
 (当該ページのURL)
<任天堂 vs コロプラ特許侵害訴訟>
 ●Yahoo Japan/
  コロプラ、任天堂特許権の回避のために
  ゲーム操作方法を変更
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *2020/2/18(火) 19:56
 ●Yahoo Japan/
  任天堂が対コロプラ特許侵害訴訟で使った
  特許番号が明らかになったので中身を解説します(前半)
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *2018/2/19(月) 16:33
 ●Yahoo Japan/
  任天堂が対コロプラ特許侵害訴訟で使った
  特許番号が明らかになったので中身を解説します(後半)
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *2018/2/19(月) 17:53
  <一部抜粋>「話題になっている任天堂対コロプラの
   特許侵害訴訟、裁判資料に閲覧制限がかかっていたため、
   どの特許が問題になっているのか明らかではありません
   でしたが、ようやく閲覧制限が解除されたようで、
   WSJ紙の望月記者が裁判記録を閲覧して
   ツイッターで報告されています(多謝)。」
 (当該ページのURL2)
https://twitter.com/6d6f636869/status
/965465793830924288?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp
%5Etweetembed%7Ctwterm%5E965465793830924288%7
Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2
Fnews.yahoo.co.jp%2Fbyline%2Fkuriharakiyoshi%
2F20180219-00081784%2
 ●WSJ紙の望月記者2/
  Takashi Mochizuki、@6d6f636869
  *2018年2月19日
  「コロプラvs任天堂裁判記録閲覧報告3:」
 (当該ページのURL2)
 <一部抜粋>今回の件で触れられている任天堂の特許と請求項は
  -3734820 (1,3,14)
  -4262217 (1,3,7,8)
  -4010533 (11)
  -5595991 (1,3,9)
  -3637031 (12,14,15)」
 ●リーガルテック株式会社会社/法令コラムLegalSearch編集部
  任天堂vsコロプラ特許侵害訴訟の経緯を分かりやすく解説
  *2019/9/17
 ●日本経済新聞/
  「白猫は特許侵害」 任天堂がコロプラに44億円請求
  *2018年1月10日 20:45
  <一部抜粋>「提訴は2017年12月22日付。
   任天堂によると、タッチパネル上で操作する際に
   使用する特許技術など5件が対象だという。
  任天堂が国内で特許権侵害について提訴するのは初めて。」

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】IPWatchdog.com/Pfizer Rejects Accusations it Infringed COVID-19 Vaccine Assay Technology(ファイザーは、COVID-19ワクチンアッセイ技術を侵害したとの告発を拒否)(2021/02/12、02/13竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<アレレの米国特許を侵害していると非難>
 ●IPWatchdog.com/By La'Cee Conley/
  Pfizer Rejects Accusations it Infringed COVID-19
   Vaccine Assay Technology
  *February 12, 2021
  *(記事表題)「ファイザーは、COVID-19ワクチンアッセイ技術を
     侵害したとの告発を拒否します」
  <一部抜粋>
   「問題の特許は、米国特許第10,221,221号('221特許)であり、
   一般的に「単量体の緑色/黄色の蛍光タンパク質をコードする
    単離核酸配列、及びその断片および誘導体」に向けられている。」
   (当該ページのURL2)
https://portal.unifiedpatents.com
/patents/patent/US-10221221-B2
[追記]
<アレレの米国特許>
●米国特許第10,221,221号
 US-10221221-B2 -
 「セファロコルデートの単量体黄緑色蛍光タンパク質
 (当該ページのURL2)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】コラム「SARS-COV-2に対するワクチンの調製に関する主な技術の”IPC”」(2021/02/13竹山公表)

□特許に関連し、コラム
 「SARS-COV-2に対するワクチンの調製に関する主な技術の”IPC”」
 2021/02/13竹山宏明
 ・”Inventa International”の2021/02/10の
  ”Drug patent applications to combat COVID-19”
  (COVID-19と戦うための薬物特許出願)
  で紹介されていた”IPC”(国際特許分類)です。
 (当該ページのURL1)
https://inventa.com/en/news/article/591/
drug-patent-applications-to-combat-covid-19
<SARS-COV-2に対するワクチンの調製
に関する主な技術の”IPC”>
 ●J-PlatPat/特許・実用新案分類照会(PMGS)/
 (当該ページのURL2)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p1101
  <一部抜粋>
【表1】

IPC 説明
A61K31/00 有機活性成分を含有する医薬品製剤[2]
A61K33/00 無機活性成分を含有する医薬品製剤
[2006.01]
A61K35/00 構造未知の物質またはその反応生成物を含有する
医薬品製剤[2]
A61K36/00 藻類,地衣類,菌類もしくは植物
またはそれらの派生物からの物質を
含有する構造未知の医薬品製剤,
例.伝統的生薬[8]
A61K38/00 ペプチドを含有する医療製剤
(省略)[2006.01]
A61K39/00 抗原または抗体を含有する医薬品製剤
(免疫分析用物質G01N33/53)[2]

 <出典1>「J-PlatPat」サイト
  「特許・実用新案分類照会(PMGS)」
 (当該ページのURL2)
 ●J-PlatPat/特許・実用新案検索/
 (当該ページのURL3)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0100
  1 2020年の公知日/発行日の件数
   (1)検索キーワード
    (a)検索項目:キーワード
     ・IPC:A61K31/00 A61K33/00 A61K35/00
        A61K36/00 A61K38/00 A61K39/00
    (b)検索オプション、・日付指定
      :公知日/発行日:20200101~20201231
    (c)検索結果一覧、・国内文献(1,865)件
  2 2020年の公知日/発行日のうち、出願日の件数
   (1)検索キーワード、*(a)(b)同上。
    (c)検索結果一覧、・国内文献(300)件
  3 2020年の公知日/発行日のうち、
    「IPC A61K39」のみの件数
    (a2)検索項目:キーワード
     ・IPC:A61K39/00
     *(b)同上。
    (c)検索結果一覧、・国内文献(413)件
  4 2020年の公知日/発行日(出願日)のうち、
    「IPC A61K39」のみの件数
     *(a2)(b)同上。
    (c)検索結果一覧、・国内文献(87)件
 <出典2>「J-PlatPat」サイト
  「特許・実用新案検索」
 (当該ページのURL3)
<サイト内>
 ●2021年2月11日 (木)、【個人メモ】
  Inventa International
  /Drug patent applications to combat COVID-19
  (COVID-19と戦うための薬物特許出願)
  (2021/02/10、02/11竹山公表)

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月11日 (木)

【個人メモ】Inventa International/Drug patent applications to combat COVID-19(COVID-19と戦うための薬物特許出願)(2021/02/10、02/11竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<SARS-COV-2に対するワクチンの調製
に関する主な技術>
 ●Inventa International/Vítor Sérgio Moreira/
  Drug patent applications to combat COVID-19
  (COVID-19と戦うための薬物特許出願)
  *February 10, 2021
  <一部抜粋1>「SARS-COV-2に対するワクチンの調製
   に関する主な技術は、IPC A61K39のシンボルに該当します。」
  <一部抜粋2>「2020年1月1日以降に140件の
   特許出願が公表されている。」

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】ブルームバーグ/10兆円大学ファンド、低金利下の運用にジレンマ-収益か安定か(2021/02/09、02/11竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/大学 10兆円規模 ファンド
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/大学 10兆円規模 ファンド
<政府創設「10兆円」、大学ファンド>
 ●東洋経済オンライン/ブルームバーグ/
  政府創設「10兆円」大学ファンドの悩ましい課題
  *2021/02/10 1:00
 ●ブルームバーグ/占部絵美、竹生悠子/
  10兆円大学ファンド、低金利下の運用にジレンマ-収益か安定か
  *2021年2月9日 6:00 JST
[追記]
<大学等、ファンド制度、
態調査>
 ●財団法人未来工学研究所/(経済産業省委託調査)/
  大学等の研究成果の事業化推進のためのファンド制度
  に関する実態調査
  *2012年07月23日 更新
 <一部抜粋>
 ・大学等の研究成果の事業化推進のためのファンド制度
  に関する実態調査
  *平成24年3月、財団法人未来工学研究所、*全116頁
 (当該ページのURL)
http://www.ifeng.or.jp/wordpress/wp-content/uploads
/2012/07/52a2ef3c2facaa126b520b022cd06c27.pdf
 ●財団法人未来工学研究所/
  大学等の研究成果の事業化推進のためのファンド制度
  に関する実態調査
 (当該ページのURL)
  <一部抜粋>
【図1】「表2-1 米国の調査対象ギャップファンド
    の概要と選定理由」

20210211_zu03

 <出典1>「財団法人未来工学研究所」サイト
  「大学等の研究成果の事業化推進のための
  ファンド制度に関する実態調査」、*p.2
 (当該ページのURL)

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】日経クロストレンド/楽天モバイルの従業員逮捕!、“情報流出”を防ぐ手立ては?(2021/02/09、02/11竹山公表)

□不競法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<秘密情報の流出に関わる法的な問題、
弁護士の二木康晴氏、インタビュー>
 ●日経クロストレンド/
  二木 康晴 Legal Technology代表取締役CEO 弁護士
 楽天モバイルの従業員逮捕! “情報流出”を防ぐ手立ては?
 *2021年02月09日、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】スポーツソウル日本版/「著作権料を支払え」、日本やアメリカなど世界23カ国の音楽著作権団体、韓国OTT事業者に不満示す(2021/02/09、02/11竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<世界23カ国の音楽著作権団体、
韓国OTT(ネットを通じた動画配信サービスや
音声サービス、メッセージサービス)事業者、
著作権料の支払いを求めた>
 ●スポーツソウル日本版/
  「著作権料を支払え」日本やアメリカなど
  世界23カ国の音楽著作権団体、韓国OTT事業者に不満示す
  *2021年02月09日

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】日本農業新聞/自・公 RCEP承認案 了承 商標権侵害対策強化を(2021/02/11、02/11竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<自民党、10日、
地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の承認案を了承>
 ●日本農業新聞/
  自・公 RCEP承認案 了承 商標権侵害対策強化を
  *2021年02月11日、会員登録(無料)が必要
  <一部抜粋>「議員からは、協定を弾みに、
   中国などでの日本産品の商標権侵害対策の強化を
   求める声が出た。」

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】AFPBB News/カシオの意匠権侵害訴訟、一審で中国企業4社に賠償命令(2021/02/01、02/11竹山公表)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<中国上海市の知的財産権専門の裁判所、
腕時計の意匠権、
カシオ計算機が中国企業4社を相手に起こしていた訴訟、
意匠権侵害を認める>
 ●AFPBB News/【2月1日 Xinhua News】/
  カシオの意匠権侵害訴訟、一審で中国企業4社に賠償命令
  *2021年2月1日 12:35 発信地:中国

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】日本経済新聞/デザイン生かす経営加速 建築物模倣で意匠権者勝訴(2021/01/18、02/11竹山公表)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<東京地裁、建物のデザイン模倣を巡る判決>
 ●日本経済新聞/
  デザイン生かす経営加速 建築物模倣で意匠権者勝訴
  *2021年1月18日 2:00、[有料会員限定]
[追記]
<東京地裁、意匠権侵害、
住宅デザイン模倣、賠償命令>
 ●日経xTECH/
  坂本 曜平 日経クロステック/日経アーキテクチュア/
  住宅デザイン模倣で賠償命令、東京地裁が意匠権侵害と判断
  *2021.01.22、有料会員限定
 ●J-PlatPat/意匠検索
 (当該ページのURL)
  <一部抜粋1>
 ・【登録番号】意匠登録第1571668号
 ・【登録日】平成29年2月10日
 ・【意匠に係る物品】組立家屋
 ・【部分意匠】
 <出典1>「J-PlatPat」サイト
 (当該ページのURL)
  <一部抜粋2>
【図1】

20210211_zu02

 <出典2>出典1に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】47NEWS/除雪用補助ハンドル意匠登録、紋別の佐々木さん開発 腰や膝への負担軽減(2021/02/01、02/11竹山公表)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<個人、意匠登録、
「除雪用補助ハンドル」>
 ●47NEWS/
  除雪用補助ハンドル意匠登録
  紋別の佐々木さん開発 腰や膝への負担軽減
  02/10 15:43
[追記]
<個人、意匠登録、
「除雪用補助ハンドル」>
 ●J-PlatPat/意匠検索
 (当該ページのURL)
  <一部抜粋1>
 ・【登録番号】意匠登録第1678649号
 ・【登録日】令和3年1月19日
 ・【意匠に係る物品】スコップ用補助ハンドル
 <出典1>「J-PlatPat」サイト
 (当該ページのURL)
  <一部抜粋2>
【図1】

20210211_zu01

 <出典2>出典1に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】@IT MONOist/特許は技術者のノルマではなく権利、持っていなければただのオペレーター!?(2021/02/02、02/11竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<ワシントン州の地方裁判所/2月2日、
<技術者,インタビュー>
 ●@IT MONOist/[加藤まどみ,MONOist]/
  特許は技術者のノルマではなく権利、
  持っていなければただのオペレーター!?
  *2021年02月10日 10時00分 公開
  <一部抜粋>「特許は“発明=(イコール)難しい”
    と感じてしまうが、
    3氏とも『特許のハードルは高くない』と口をそろえる。」

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月 7日 (日)

【特許】株式会社キャンパスクリエイト/大学ファンド 規模比較(2021/02/07竹山公表)

□特許に関連し、Microsoft Bing/ニュース/大学ファンド 規模
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Microsoft Bing/ニュース/大学ファンド 規模
<株式会社キャンパスクリエイト、
「大学ファンド 規模比較」>
 ●株式会社キャンパスクリエイト/
  大学ファンド 規模比較
  <一部抜粋糸>
  ・出典:文部科学省ホームページ
  (当該ページ1のURL)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou
/sangaku/1413730_00005.htm
[追記]
<文部科学省、
大学等における産学連携等実施状況>
 ●文部科学省/
  平成30年度 大学等における産学連携等実施状況について
  (当該ページ1のURL)
  <一部抜粋>「3 全体実績
  ・大学等における産学連携等実施状況について
   (概要) (PDF:1.3MB)
  (当該ページ2のURL) *全28頁
https://www.mext.go.jp/content/20200109_
mxt_sanchi01_000003783_02_01.pdf
 ●文部科学省/
  平成30年度 大学等における産学連携等実施状況について
  令和2年1月17日、(令和2年4月30日更新)、
  (令和2年6月26日更新)、(令和2年11月30日更新)
  文部科学省 科学技術・学術政策局、
  産業連携・地域支援課 大学技術移転推進室
  <一部抜粋>
【図1】[知的財産権等収入額の推移]、*p.11
 「1-2-2.知的財産、
   1.研究資金等受入額
    (1)知的財産権等収入額の推移」

20210207_zuo1

 <出典1>「文部科学省」サイト
  「平成30年度 大学等における産学連携等実施状況について」
  以下、同じ。
  (当該ページ2のURL)
 (*竹)「知的財産権等収入額」は増加傾向にあります。
     (2021/02/07竹山宏明)
【図2】[特許権実施等件数及び収入額の推移]、*p.12
 「(2)特許権実施等件数及び収入額の推移」

20210207_zuo2

 (*竹)「特許権実施等件数及び収入額」共に
     増加傾向にあります。(2021/02/07竹山宏明)
【図3】[特許出願件数の推移]、*p.13
 「(3)発明届出件数及び特許出願件数の推移」

20210207_zuo3

 (*竹)「特許出願件数」は微増です。(2021/02/07竹山宏明)
【図4】[特許権保有件数の推移]、*p.13
 「(4)特許権保有件数の推移」

20210207_zuo4

 (*竹)「特許権保有件数」は増加傾向にあります。
     しかし、「特許出願件数」の増加率か微弱です。
     このため、将来的に、「知的財産権等収入額」の
     増加にブレーキがかかるのではないか、と危惧します。
     早い段階で「特許出願件数」を増やす対策が必要でないか、
     と考えます。(2021/02/07竹山宏明)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Bloomberg/10兆円大学ファンド、運用委託先選定10月に開始-国内外に分散投資(2021/01/19、02/07竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/大学 10兆円規模 ファンド
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/大学 10兆円規模 ファンド
<政府、10兆円規模、大学ファンド>
 ●日本経済新聞/
  [社説]疑問拭えぬ大学支援ファンド
  *2021年1月16日 19:00 、[有料会員限定]
 ●Bloomberg/占部絵美、竹生悠子/
  10兆円大学ファンド、運用委託先選定10月に開始-国内外に分散投資
  *2021年1月19日 10:00 JST 更新日時 2021年1月19日 12:11 JST
  (当該ページのURL)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles
/2021-01-19/QN4GEIT0G1KW01
  <一部抜粋1>「菅義偉首相は18日の施政方針演説で、
   『10兆円規模の大学ファンドにより、
   若手研究人材育成などの基盤整備を行い、
   世界トップレベルの成果を上げる自律した大学経営を促す』
   と語った。」
  <一部抜粋2>「ファンドを設置する科学技術振興機構(JST)は
   運用業務担当理事(CIO)と最大5人の運用・監視委員会を設け、
   リスク管理体制を構築する。
   資産構成割合など運用の基本的な考え方は、
   内閣府総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)に設置する
   『資産運用ワーキンググループ』で検討する。」

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】日本経済新聞/京都経済センター 経済界が学生起業家支援(2021/02/07)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/起業 支援
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/起業 支援
<一般、株式会社ツクリエ、
ファッション特化型起業支援拠点>
 ●PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)/
  2/1(月)ファッション特化型起業支援拠点
  「イデタチ東京」オープン。
  *2021年2月1日
<学生、京都発のビジネスや起業を後押しする拠点
「京都経済センター」>
 ●日本経済新聞/
  京都経済センター 経済界が学生起業家支援
  *2021年2月7日 2:00 [有料会員限定]
<大学、LvC、4日、iU情報経営イノベーション専門職大学、
「起業支援」で連携>
 ●ICT教育ニュース/
  LvC、iU情報経営イノベーション専門職大学と「起業支援」で連携
  *2021年2月5日
  <一部抜粋>関連URL
  ・iU情報経営イノベーション専門職大学

  ・株式会社LvC
 ●PR TIMES/
  LvC、iU 情報経営イノベーション専門職大学と起業支援にて連携
  *2021年2月4日 10時00分
<学生、開志専門職大学、
同大学生発ベンチャー(VB)支援
投資ファンドを設立>
 ●ニュースイッチ Newswitch/
  学生起業支援で1億円ファンドを立ち上げ、
  専門職大学が興味深い理由
  *2021年01月19日

[△最新情報へ]

(以上)

2021年2月 6日 (土)

【フィンテック】Geekroid/FinTech(フィンテック)とは?(2021/02/05、02/06竹山公表)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<基礎知識からサービスの種類までご紹介>
 ●Geekroid/独自/
  FinTech(フィンテック)とは?
  基礎知識からサービスの種類までご紹介
  *2021.02.05

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン】コインデスク・ジャパン/IBMがブロックチェーン事業を大幅縮小:関係者──広報担当は否定【更新】(2021/02/02、/02/016竹山公表)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<IBM、ブロックチェーン事業>
 ●コインデスク・ジャパン/Ian Allison/
  IBMがブロックチェーン事業を大幅縮小:
  関係者──広報担当は否定【更新】
  *2021年 2月 2日 15:06
 <一部抜粋>
【表1】 *一部抜粋。

 2020年、暗号資産(仮想通貨)とパブリックブロックチェーンは活況となったように思われたが、
新型コロナウイルスによる経済的な打撃は、
大企業のイノベーション部門に影響を与え、
ブロックチェーンのような短期間で利益を生まない事業は縮小される傾向にある。

<フォーブス、ブロックチェーン50発表>
 ●コインデスク・ジャパン/濱田 優/
  フォーブスがブロックチェーン50発表
  ──中国から6社選出、韓国2社、インド1社など
  *2021年 2月 6日 16:03
<中国、国家ブロックチェーンネットワーク>
 ●TechCrunch Japan/by Rita Liao, Aya Nakazato
  中国の国家ブロックチェーンネットワークが
  世界中のdApps開発者を受け入れ
  *2021年2月05日

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】東京新聞/動画投稿 無許可NG 著作権法守って 読み聞かせ配信も注意(2021/02/04、02/06竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<「読み聞かせ配信」と著作権法>
 ●東京新聞/
  動画投稿 無許可NG 著作権法守って 読み聞かせ配信も注意
  *2021年2月4日 07時38分
[追記]
<日本図書館協会、
児童書四者懇談会作成 手引き>
 ●日本図書館協会
  児童書四者懇談会作成 手引き
  「お話会・読み聞かせ団体等による著作物の利用について」
  (2017年改訂版)
  <一部抜粋>
  「【関連リンク】
  ■童美連(日本児童出版美術家連盟)
   →「読み聞かせ」をなさる方々へのお知らせ
  ■読み聞かせ動画のアップロードについてのリンク集
   著者と出版社からのお願い
  ■当協会に寄せられた質問をもとにFAQをまとめました
   読み聞かせに関するお問合せ例
<日本図書館協会著作権委員会、
お話会・読み聞かせに関する著作権Q&A>
 ●日本図書館協会著作権委員会
  お話会・読み聞かせに関する著作権Q&A
  ~児童書四者懇談会の「お話会・読み聞かせ団体等
  による著作物の利用について」の疑問点を中心に~
  <一部抜粋>
   「懇談会手引は2007年4月2日付けで
   若干の修正が加えられました」

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】Yahoo!ニュース/コスプレは「著作権侵害」になるの?、福井健策弁護士が解説(2021/02/04、02/06竹山公表)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<コスプレは「著作権侵害」になるの?>
 ●Yahoo!ニュース/弁護士ドットコムニュース編集部/
  コスプレは「著作権侵害」になるの?
  「ルール整備」以前に押さえておきたい重要ポイント
  福井健策弁護士が解説
  *2/4(木) 11:00配信
 <一部抜粋>
  「参考:文化庁パロディワーキングチーム「報告書」P26以下
https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai
/chosakuken/hosei/parody/pdf/h25_03_parody_hokokusho.pdf」
  (当該ページのURL) *全35頁
[追記]
<文化審議会著作権分科会法制問題小委員会、
「パロディワーキングチーム 報告書」>
 ●文化審議会著作権分科会法制問題小委員会/
  パロディワーキングチーム
  パロディワーキングチーム 報告書
  *平成25年3月、*全35頁
  (当該ページのURL)
  <一部抜粋>
【表1】2 パロディに関する法制化の当否について
    *p.29、改行・下線挿入。

 もっとも、今後、我が国においても、ターゲット型のパロディをはじめ、関係団体等ヒアリングにおいては見られなかったタイプのパロディが発展するなど、これまで形成されてきた各分野の慣行や秩序の枠内では必ずしも適切な調整を図ることが期待できない事態が生ずる可能性がある。
このように権利者に対し権利制限を課すだけの立法事実が生じた場合には、我が国としてパロディの法制化を行う可能性はある。
こうした議論は、パロディとは何かという議論とともに、文化論及び法律論の両面から、今後こうした議論が十分に尽くされることにより、パロディに係るステークホルダーにおける共通のコンセンサスが形成されることが望まれる。

 <出典>「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会」サイト
  「パロディワーキングチーム 報告書」
  (当該ページのURL)
  (*竹)「コスプレ」は、「著作権侵害」という観点のほか、
   「文化」という側面、すなわち「アニメ」の一つの楽しみ方の提供や、
   表現の自由という 観点からも、議論すべきものと思います。
   2021/02/06竹山宏明

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Game*Spark/Steamコントローラ特許裁判でValve敗訴―4億円以上の支払いへ(2021/02/04、02/06竹山公表)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<ワシントン州の地方裁判所/2月2日、
ゲームコンローラの特許侵害をめぐる裁判>
 ●Game*Spark/《Daisuke Sato》/
  Steamコントローラ特許裁判でValve敗訴―4億円以上の支払いへ
  陪審員の満場一致で意図的な特許侵害と判断されました。
  *2021.2.4 Thu 11:04
[追記]
<ゲームコンローラの特許侵害をめぐる裁判>
 ●PC Gamer/By Shaun Prescott/
  Valve to pay $4 million in Steam Controller patent
   infringement case
  (バルブ、Steamコントローラ特許侵害事件で400万ドルを支払う)
  *3 days ago(2021/02/03)
  <一部抜粋>
   ・”Ironburg's patent” (アイアンバーグの特許)
    <一部抜粋1>US8641525B2
 ●United States Patent / Patent No.: US 8,641,525 B2
  CONTROLLER FOR VIDEO GAME(ゲーム機用コントローラ)
  *PD、全7頁
  (当該ページのURL)
https://patentimages.storage.googleapis.com
/ba/5e/9a/22a84a04aa7f3f/US8641525.pdf
   <一部抜粋>
 <出典>「USPTO」サイト
  「Patent No.: US 8,641,525 B2」
  (当該ページのURL)
【図1】「Patent No.: US 8,641,525 B2」

20210206_zu01

[△最新情報へ]

(以上)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

最近の記事

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30