« 【個人メモ】ACLU/The Dangers of Expanding What Can Be Patented In the Age of COVID-19(2020/10/30) | トップページ | 【個人メモ】goo.ne.jp/コロナ再感染 2回目で重症化例 ワクチン開発影響に懸念(2020/10/31) »

2020年11月 1日 (日)

【特許】iPhone Mania/Apple、特許侵害で“パテント・トロール”へ520億円の支払いを命じられる(2020/10/31)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<AppleとVirnetXの裁判、米テキサス州の連邦陪審
VirnetXの特許を不当に使用していたとして
5億280万ドル(約526億円)の支払いをAppleに命じた>
 ・iPhone Mania/
  Apple、特許侵害で“パテント・トロール”へ520億円
  の支払いを命じられる
  *2020年10月31日 23時29分
  <一部抜粋>「ユーザーがVPNに自動接続するための
   VPN on Demandと呼ばれる技術に対する特許使用料>
<追記>
●<2018>iPhone Mania/
 Apple、パテント・トロールに5億ドルの賠償金支払いを命じられる
 *2018年4月11日 21時17分
●<2017>iPhone Mania/
 FaceTimeは特許侵害?Appleに約485億円の賠償命令
 *2017年10月17日 17時22分
●<2016>iPhone Mania/
 「FaceTimeは特許侵害」、Appleに300億円の支払い命令
 *2016年10月3日 18時14分
●<2016>ars TECHNICA/
 FACETIME FLAP —
 Patent troll VirnetX beats Apple again, awarded $302M
  in FaceTime damages
 *10/3/2016, 2:38 AM
  [記事表題]<Google 翻訳>「パテントトロールVirnetXが
   再びAppleを打ち負かし、
   FaceTimeの損害賠償で3億200万ドルを獲得」
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入。

 The case began with four of VirnetX's patents (1, 2, 3, 4), which had originated at a company called Science Applications International Corporation, or SAIC. VirnetX has been saying for years that it plans to market various products, but its income comes from licensing patents.
 The latest verdict (PDF) had the jury consider only the amount of damages in the "504 patent" and the "211 patent.
" Two months ago, US District Judge Robert Schroeder ordered a new trial and wiped out the previous $625.6 million in damages that a different jury concluded Apple owed.
Schroeder said that the complex trial, as well as repeated references to an earlier verdict against Apple that was overturned on appeal, created "potential for juror confusion" and unfairly prejudiced Apple.
<Google 翻訳>
 この訴訟は、サイエンスアプリケーションズインターナショナルコーポレーション(SAIC)と呼ばれる会社で発生したVirnetXの4つの特許(1、2、3、4)から始まりました。
VirnetXは何年もの間、さまざまな製品の販売を計画していると言ってきましたが、その収入は特許のライセンス供与によるものです。
 最新の評決(PDF)では、陪審員は「504特許」と「211特許」の損害賠償額のみを検討しました。
2か月前、米国地方裁判所のRobert Schroeder裁判官は、新しい裁判を命じ、別の陪審員がAppleが負っていると結論付けた以前の6億2,560万ドルの損害賠償を一掃しました。
Schroeder氏は、複雑な裁判と、控訴審で覆されたAppleに対する以前の評決への繰り返しの言及が、「陪審員の混乱の可能性」を生み出し、Appleを不当に偏見させたと述べた。

<VirnetXの4つの特許>
 (1)US6502135B1
    ”Agile network protocol for secure communications
    with assured system availability”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「システムの可用性が保証された安全な通信のための
   アジャイルネットワークプロトコル」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US6502135
 (2)US7418504B2
   ”Agile network protocol for secure communications using
   secure domain names”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「安全なドメイン名を使用した安全な通信のための
   アジャイルネットワークプロトコル」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US7418504
 (3)US7490151B2
   ”Establishment of a secure communication link based
    on a domain name service (DNS) request”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「ドメインネームサービス(DNS)要求に基づく
   安全な通信リンクの確立」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US7490151
 (4)US7921211B2
   ”Agile network protocol for secure communications
    using secure domain names”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「安全なドメイン名を使用した安全な通信のための
   アジャイルネットワークプロトコル」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US7921211

[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】ACLU/The Dangers of Expanding What Can Be Patented In the Age of COVID-19(2020/10/30) | トップページ | 【個人メモ】goo.ne.jp/コロナ再感染 2回目で重症化例 ワクチン開発影響に懸念(2020/10/31) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31