« 【ブロックチェーン】コインデスク・ジャパン/ブロックチェーンは核弾頭を安全に廃棄できる:ロンドン大学・報告書(2020/11/06) | トップページ | 【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<4>(2020/11/08竹山、更新) »

2020年11月 8日 (日)

【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<3>(2020/11/08竹山、更新)

□プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて(その3)
                    記
5 拒絶理由に対する出願人の対応
 ・出願人は、当該拒絶理由を解消するために、
  以下の対応をとることができます。
【表1】

ア.当該請求項の削除
イ.当該請求項に係る発明を、
 物を生産する方法の発明とする補正
(*「6 物を生産する方法の発明とする補正」参照)
ウ.当該請求項に係る発明を、
 製造方法を含まない物の発明とする補正
エ.不可能・非実際的事情についての意見書等による
 主張・立証
(*「7 「不可能・非実際的事情」の参考例」参照)
オ.当該請求項は、
 「その物の製造方法が記載されている場合」
 に該当しない旨の反論

<サイト内> <出典1>「特許庁」サイト
  「プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する審査の取扱い
  について」
  *[更新日 2016年9月28日]
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline
/patent/tukujitu_kijun/product_process/index.html
 <出典1の一部抜粋>
【表2】*改行挿入。

 「『出願人の「不可能・非実際的事情』についての
主張・立証の内容に、合理的な疑問がない限り
(通常、拒絶理由通知時又は拒絶査定時に、
審査官が具体的な疑義を示せない限り)、
審査官は、
『不可能・非実際的事情』が存在するものと判断します。」

<サイト内>
(1)【特許】PBPクレームについて<1>
   「1 プロダクト・バイ・プロセス(PBP)について、
    2 最高裁判
    3 PBPクレームの明確性要件を巡る特許庁の対応」
    (2020/11/07竹山、更新)
(2)【特許】PBPクレームについて<2>
   「4 審査の流れ」
    (2020/11/08竹山、更新)
(3)【特許】PBPクレームについて<3>
   「5 拒絶理由に対する出願人の対応」
   (2020/11/08竹山、更新)
(4)【特許】PBPクレームについて<4>
   「6 物を生産する方法の発明とする補正」
   (2020/11/08竹山、更新)
(5)【特許】PBPクレームについて<5>
   「7 『不可能・非実際的事情』の参考例」

[△最新情報へ]

(以上)

« 【ブロックチェーン】コインデスク・ジャパン/ブロックチェーンは核弾頭を安全に廃棄できる:ロンドン大学・報告書(2020/11/06) | トップページ | 【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<4>(2020/11/08竹山、更新) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31