« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

【個人メモ】読売新聞/コロナワクチン接種「同意」日本は69%…副作用に懸念(2020/11/29)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<スイスの民間機関「世界経済フォーラム(WEF)」
調査、10月調査の結果、国別>
 ●読売新聞/【ロンドン=広瀬誠】/
  コロナワクチン接種「同意」日本は69%…副作用に懸念
  *2020/11/29 21:29
 ●BIGLOBEニュース/【ロンドン=広瀬誠】/読売新聞/
  コロナワクチン接種「同意」日本は69%…副作用に懸念
  *(2020年11月29日)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ダイヤモンド・オンライン/新型コロナ「ファイザー」と「モデルナ」ワクチンの特徴を“1枚の図”にまとめた!(2020/11/26)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<日高由美子 著
「キャリア・スキル なんでも図解」>
 ●ダイヤモンド・オンライン/日高由美子:アートディレクター/
  新型コロナ「ファイザー」と「モデルナ」ワクチン
  の特徴を“1枚の図”にまとめた!
  日高由美子 著「キャリア・スキル なんでも図解」
  *2020.11.26 2:15
https://diamond.jp/articles/-/255390
  (竹)特許の明細書の作成上、中間の方向性の決定の判断において、
     個人的に考えを整理する上で活用できるように考えました。
     同時に、検討内容を伝える際、種々の場面で活用できるように、
     考えました。11/29竹山宏明

  <一部抜粋>
【図1】「このランダム型のように、あらかじめ分割しておきましょう。
    下図を見てください。」

20201129_zu01b

 <出典>「ダイヤモンド・オンライン」サイト
   ”「新型コロナ「ファイザー」と「モデルナ」
    ワクチンの特徴を“1枚の図”にまとめた!”
    *2020.11.26
  (当該ページのURL)
https://diamond.jp/articles/-/255390

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】BBCニュース/英オックスフォード大の新型ウイルスワクチン、どうやってこんなに速くできたのか(2020/11/28)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<BBCニュース、オックスフォード大、
ギルバート教授の説明>
 ●BBCニュース/
  ジェイムズ・ギャラガー、保健・科学担当編集委員/
  英オックスフォード大の新型ウイルスワクチン、
  どうやってこんなに速くできたのか
  *2020年11月28日
  (竹)動画もご参考下さい(11/28竹山宏明)。
【図1】BBCニュース「ワクチンの仕組み」

20201129_zu01

 <出典>「BBCニュース」サイト
   「英オックスフォード大の新型ウイルスワクチン、
    どうやってこんなに速くできたのか」
    *2020年11月28日
  (当該ページのURL)
https://www.bbc.com/japanese
/features-and-analysis-55068428

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ロイター/10種類のコロナワクチン、来夏にも利用可能=製薬団体連合会(2020/11/28)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<国際製薬工業団体連合会(IFPMA)、
トーマス・クエニ事務局長、27日、
規制当局の承認次第で来年半ばまでに10種類、
利用できるようになるという見通しを示した>
 ●ロイター/[ジュネーブ 27日 ロイター]
  10種類のコロナワクチン、来夏にも利用可能=製薬団体連合会
  *2020年11月28日1:16 午前

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/(日刊ゲンダイDIGITAL)/日本でコロナ死が少ない理由「日本脳炎ワクチン」の可能性(2020/11/28)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<江戸川病院の加藤正二郎院長、
「日本脳炎ワクチンが新型コロナにも有効な可能性がある」
説明>
 ●Yahoo!ニュース/(日刊ゲンダイDIGITAL)/
  日本でコロナ死が少ない理由「日本脳炎ワクチン」の可能性
  *11/28(土) 9:26配信

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ロイター/情報BOX:新型コロナワクチン、各国の入手時期と接種の進め方(2020/11/29)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<ロイター、各国の入手時期と接種の進め方>
 ●ロイター/[ニューヨーク 25日 ロイター]/
  情報BOX:新型コロナワクチン、各国の入手時期と接種の進め方
  *2020年11月29日8:32 午前

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/新型コロナ:英、ファイザーのワクチン承認へ 12月7日にも接種開始(2020/11/29)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<英国、早ければ12月7日にも接種が始まる、
米国では11日にも同ワクチンの接種が始まる見通>
 ●日本経済新聞/【ロンドン=佐竹実】/
  新型コロナ:英、ファイザーのワクチン承認へ 12月7日にも接種開始
  *2020/11/29 3:30
 ●産経ニュース/
  12月7日にも接種可能か 英、コロナワクチン
  *2020.11.29 07:06

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月28日 (土)

【特許】ノキア対ダイムラーの通信特許訴訟について(2020/11/28竹山)

□「ノキア対ダイムラーの通信特許訴訟について」2020/11/28竹山宏明
【表1】本文

 ノキア対ダイムラーの通信特許争いについて、ドイツのデュッセルドルフ地裁、26日、訴訟を欧州司法裁判所(ECJ)に付託するとの判断が下されました(*1,*2)。
<背景>
 同訴訟において問題になった「通信特許」は、パテントプール「Avanci」(「アヴァンチ」、2016年9月設立の組織)の「標準必須特許」(SEP)に含まれています(*3,*4)。
 「ノキア」は、パテントプール「Avanci」の主要なライセンスホルダーの「一員」です(*3)。
 上記パテントプール「Avanci」は、「2016年」に立ち上げられ、「当初、2G、3G、4Gセルラー技術標準に不可欠とみなされる特許のライセンス供与に重点」を置き、その後、「最近では5Gセルラー技術」にも拡大しています(*5)。
 上記パテントプール「Avanci」においては、「FRAND料率」が適用されます(*4)。
 同訴訟は、「2019年3月」に、「ノキア」が、「ダイムラー」が製造する「コネクテッドカー」が「ノキア」の2G〜4Gの標準必須特許(SEP)を侵害しているとして、「ダイムラー」を訴えたことが始まりです(*3)。
 その後、「ダイムラー」も「ノキア」の訴えに反論し、欧州と米国をまたぎ、現在進行中であり、通信業界と他業界の紛争が表に出てきた初めてのケースです(*3)。
<コネクテッドカー>
 コネクテッドカー(Connected Car)とは、「ICT端末としての機能を有する自動車のこと」です(*6)。コネクテッドカー車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積・分析することで、新たな価値を生み出すことが期待されています。
<影響>
 同訴訟は、「将来、日本勢も含めた自動車メーカーによる特許使用料の支払いにつながりかねない」として注目されています(*1)。また、同訴訟は、「5Gの浸透とともに、工場向けロボットや医療分野などあらゆる産業が通信技術を活用するようになる」と、今後さらに他の業界に広がっていく可能性もあります(*3)。

【表2】注釈

(*1)日本経済新聞/
  「つながる車」特許使用料訴訟、延長戦
  *2020/11/27付、会員限定
(*2)実戦海外知財法務ノート/花村ヨシロー/
  速報! 独デュッセルドルフ地裁が
  Nokia v. Daimler事件の
  SEP論争を欧州司法裁判所に付託
  *2020/11/2715:00
(*3)日経クロステック/堀越 功/
  ノキア対ダイムラー、
  通信特許争いが5G時代の製造業に暗雲
  *2020.07.14、有料会員限定
(*4)公正取引委員会/
  2020年9月、米国
  米国司法省は,コネクテッドカー向け5G技術の推進
  のために提案されたライセンス・プラットフォーム
  に関し,ビジネスレビューレターを発出
  *2020年7月28日 米国司法省 公表
(*5)Open Legal Community/
  司法省反トラスト部門が車への
  5G必須特許プールを承認
  *08/26/2020
(*6)総務省/コネクテッドカー
  (情報通信白書平成27年版)
<参考文献>
●経済産業省・特許庁/
 [PDF]
 「標準必須特許を巡る 異業種間交渉について」
 *令和2年5月29日、全18頁

【図1】「標準必須特許を巡る課題~ライセンス交渉における変化~」

20201128_zu01_20201128180301

 <出典>「経済産業省・特許庁」サイト
   [PDF]「標準必須特許を巡る 異業種間交渉について」
   *令和2年5月29日
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai
/sangyo-kouzou/shousai/tokkyo_shoi/document
/39-shiryou/05.pdf

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】産経ニュース/「地獄カレー」商標権侵害せず 札幌地裁、原告訴え棄却(2020/11/24)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<音商標>
 ●Yahoo!ニュース
  歌詞なし音商標の登録のハードルの高さについて
  (+小ネタ)(栗原潔)
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *11/27(金) 15:35
<「地獄のカレー」と「血の池地獄カレー」>
 ●産経ニュース/
  「地獄カレー」商標権侵害せず 札幌地裁、原告訴え棄却
  *2020.11.24 17:35
  (竹)判決を探しましたが、見つかりませんでした。
     未掲載のようです。11/28竹山
 ●J-CASTニュース/
  スーパーでお馴染み「ポポーポポポポ」が音商標に?
  出願意図をメーカーに聞いた
  *2020年11月25日21時06分
<追記>
●J-PlatPat/登録5376915「地獄のカレー」
 *商標出願2010-041370のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2010-041370/BF941E4F1732EC58491BBA5F48B
68522068844C54390EBC47CF7F1891353A3F5/40/ja
●J-PlatPat/商願2019-150148「血の池地獄カレ」
 <一部抜粋>
 ・係属-出願-審査待ち
 *商標出願2019-150148のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2019-150148/214F22C6A6B74385752AF3713D3E
95713F8E4C185D72D02439496AA67A255930/40/ja
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2019-150148/214F22C6A6B74385752AF3713D3E95713F8E4C185D72D02439496AA67A255930/40/ja
 ・経過情報照会
  <一部抜粋>
  ・刊行物等提出による通知書 2020/03/06
   <一部抜粋>
【表1】「刊行物等提出による通知書」

    通知書
   令和2年3月2日
   特許庁長官
  商標登録出願人 株式会社HellCompany様
  商願2019-150148
 上記出願に対し、令和 2年 2月10日付けで、
刊行物等提出書による情報の提供がされましたのでお知らせします。

 <出典>「J-PlatPat」サイト
     商願2019-150148
  <商標出願2019-150148のURL情報>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2019-150148/214F22C6A6B74385752AF3713D3E
95713F8E4C185D72D02439496AA67A255930/40/ja
●J-PlatPat/商願2020-124414、群馬電機株式会社「音商標」
 *商標出願2020-124414のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2020-124414/22FCDA91A175C9573EA50823EDC
91FA4F365649A1ED464AC3FFCC4F43BC87EB8/40/ja
 <一部抜粋>
 ・(210)出願番号:商願2020-124414
 ・(220)出願日:令和2(2020)年 10月 8日
 ・(441)公開日:令和2(2020)年 11月 24日
 ・(731)出願人、氏名又は名称:群馬電機株式会社
 <一部抜粋1>「音声再生
  注:再生される音声ファイルは公報に添付されたものです。」
 <一部抜粋2>
【図1】

20201128_zu01

 <出典>「J-PlatPat」サイト
     商願2020-124414
  <商標出願2020-124414のURL情報>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2020-124414/22FCDA91A175C9573EA50823EDC
91FA4F365649A1ED464AC3FFCC4F43BC87EB8/40/ja

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】日本経済新聞/特許手数料、中小向け減免縮小へ、出願数下がる懸念も(2020/11/25)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<経済産業省、フランスと「特許審査ハイウェイ」開始>
 ●経済産業省/
  世界に先駆けてフランスと「特許審査ハイウェイ」を開始します
  2020年11月27日
<特許庁、特許出願などの手数料、
引き上げも含めた見直しに着手>
 ●日本経済新聞/
  特許手数料、中小向け減免縮小へ、出願数下がる懸念も
  *2020/11/25 1:30、会員限定
<中国、賠償額上げ、特許法改正へ>
 ●日本経済新聞/【北京=川手伊織】/
  中国、知財保護アピール 賠償額上げ 特許法改正へ
  *2020/11/27 20:00、会員限定
  <一部抜粋>
   「悪質な権利侵害に対して、・・・懲罰的な賠償制度を新たに設け、
   被害額の最大5倍の賠償を求められるようにする。」
<ノキアが独ダイムラーを訴えた裁判、
ドイツのデュッセルドルフ地裁、26日、
訴訟を欧州司法裁判所(ECJ)に付託するとの判断、
インターネットとの通信機能を備えた
「コネクテッドカー(つながる車)」に関する特許>
 ●日本経済新聞/
  「つながる車」特許使用料訴訟、延長戦
  *2020/11/27付、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/新型コロナ:コロナワクチン、年度内の接種めざす 国内治験加速(2020/11/27)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<厚生労働省、2020年度内の接種開始をめざし、
承認手続きを短縮する特例の活用も検討>
 ●日本経済新聞/
  新型コロナ:コロナワクチン、年度内の接種めざす 国内治験加速
  *2020/11/27 23:00、会員限定
<臨床試験、参加の記者が語る>
 ●AFPBB News/【11月27日 AFP】/
  新型コロナワクチン臨床試験、父の死後に参加の記者が語る
  * 2020年11月27日 12:30 発信地:マイアミ/米国
<米ファイザー、20日(現地時間)、12月中旬から下旬、
ハイリスク患者を対象に投与が開始できる見通し>
 ●薬事日報/
  【米ファイザー】コロナワクチン、
  緊急許可を申請‐来月中旬に投与開始も
  *2020年11月27日 (金)、申込みが必要
<ブラジル大統領、接種を受けないと表明>
 ●ロイター/[ブラジリア 26日 ロイター]/
  ブラジル大統領、新型コロナワクチン接種を受けないと表明
  *2020年11月27日12:10 午後
<韓国、国家情報院は、国内のメーカーに対する、
北朝鮮のハッキングを阻止>
 ●ロイター/[ソウル 27日 ロイター]/
  韓国、国内コロナワクチンメーカーへの北朝鮮のハッキング阻止
  =メディア
  *2020年11月27日1:25 午後
<世界保健機関(WHO)、26日、
RTEテレビに対し、
「以前のような生活(に戻ること)は可能だが、
衛生管理や社会的距離の確保は引き続き必要になる>
 ●ロイター/[ダブリン 26日 ロイター]
  来年はワクチンでコロナ制御が進歩、予防対策も必要
  =WHO幹部
  *2020年11月27日5:20 午前
<欧州医薬品庁(EMA)、26日、
数日中」に初の条件付販売承認申請を受理する見通し
と明らかにした>
 ●ロイター/[ブリュッセル 26日 ロイター]/
  コロナワクチン、欧州で数日中に初の供給申請も
  =規制当局
  *2020年11月27日12:25 午前
<mRNAを使った医薬品として初めての実用化>
 ●日本経済新聞
  mRNAワクチン 新型コロナに有効性
  *2020/11/27付、会員限定
<カナダ保健省、26日、
米ファイザーが開発中のワクチン、
米欧とほぼ同じ「12月ごろ」に承認する、
可能性があるとの認識を示した>
 ●ロイター/[26日 ロイター]
  加、ファイザーのコロナワクチン承認は12月ごろにも
  =保健省
  *2020年11月27日6:15 午前

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月23日 (月)

【個人メモ】BBCニュース/英オックスフォード大の新型コロナ・ワクチン、有効率70%、安価で保管しやすい利点(2020/11/23)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<英、アストラゼネカ、23日、
治験で平均70%の効果を示したと発表>
 ●時事通信/【ロンドン時事】/
  コロナワクチン、7割の効果 英アストラゼネカ、承認申請へ
  *2020年11月23日20時49分
 ●BBCニュース/
 ジェイムズ・ギャラガー、BBC健康・科学担当編集委員/
  英オックスフォード大の新型コロナ・ワクチン、有効率70%
  安価で保管しやすい利点
  4時間前(2020年11月23日)
【表1】

 新型コロナウイルスのワクチン開発ではこれまでに、米モデルナと米ファイザーが有効率90%以上の結果を発表している。
 ただし、オックスフォードとアストラゼネカのワクチンははるかに安価で、普通の冷蔵庫(摂氏2~8度)で保管できるため、世界各地に幅広く普及しやすいことが利点と期待されている。

 ●朝日新聞デジタル/ロンドン=下司佳代子/
  英アストラゼネカのワクチン「有効性70%」暫定結果
  *2020年11月23日 18時05分

[△最新情報へ]

(以上)

【「フィンテック」関連発明】swissinfo.ch/フィンテックでスイスの金融業界は生まれ変わるのか(2020/11/21)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<スイスの金融業界>
 ●swissinfo.ch/
  フィンテックでスイスの金融業界は生まれ変わるのか
  *2020/11/21 09:00

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン】ビジネス+IT/非金融領域のブロックチェーン活用法とは? 3つの事例に見る「メリットと課題」(2020/11/19)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<非金融領域のブロックチェーン活用法>
 ●ビジネス+IT/三村 ゆにこ
  非金融領域のブロックチェーン活用法とは? 3つの事例に見る
  「メリットと課題」
  *2020/11/19、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】ニュースイッチ/日刊工業新聞/著作権の補償金受け取り、手数料を引くと…これってどうなの?(2020/11/23)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<例えば改正著作権法35条施行>
 ●ニュースイッチ Newswitch/日刊工業新聞/
  著作権の補償金受け取り、手数料を引くと…
  これってどうなの?著作権 大学の現場で #10
  ◇帝京大学教授・共通教育センター長 木村友久
  *2020年11月23日
  <一部抜粋>
  「なぜなら、個々の書籍に対する補償金額はわずかで、
  支払いコストを差し引くと
  恐らく個人への分配は困難と考えるからである。」
<著作権侵害の有無の調査>
 ●日本経済新聞
  ゲームの著作権侵害の有無を調査 イー・ガーディアン
  *2020/11/20 20:01
<追記>
 ●EGテスティングサービス株式会社/NEWS、お知らせ
  2020.11.11ニュースリリース
  著作権違反のリスクを防ぐ「コピーコンテンツテスト」提供開始

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】時事通信/ワクチン接種、来月11日にも開始 来年5月の生活正常化予想―新型コロナで米高官(2020/11/23)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<米国、ワクチン接種、
早ければ12月11日にも開始される見通し>
 ●日本経済新聞/【ニューヨーク=大島有美子】/
  新型コロナ:米、新型コロナワクチンを12月11日にも接種開始
  *2020/11/23 2:48
 ●時事通信/【ワシントン時事】/
  ワクチン接種、来月11日にも開始 来年5月の生活正常化予想
  ―新型コロナで米高官
  *2020年11月23日06時55分
  <一部抜粋>
   「米ホワイトハウスで新型コロナウイルスのワクチン配布を
   統括するモンセフ・スラウイ氏は22日のCNNテレビ」
 ●毎日新聞/
  新型コロナのワクチン開発 米ファイザーが未曽有のスピードで
  使用許可申請まで到達した背景は
  *2020年11月22日 19時00分、会員限定有料記事
<米FDA、リジェネロンのコロナ抗体カクテル療法、
緊急使用許可>
 ●ブルームバーグ/
 【新型コロナ】リジェネロンの療法に緊急使用許可、G20がコロナ討議
2020年11月22日 16:01 JST

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】流通ニュース/フェリシモ/レジカゴリュックの特許侵害で訴訟提起(2020/11/20)

□特許・意匠に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<フェリシモ、11月20日、商品「レジカゴリュック®」、
特許権と意匠権侵害訴訟、大阪地方裁判所、提起したと発表>
 ●流通ニュース/
  フェリシモ/レジカゴリュックの特許侵害で訴訟提起
  *2020年11月20日
<追記>
 ●フェリシモ/企業情報/
  ・株主・投資家情報
   2020.11.20UP 訴訟提起に関するお知らせ
   *全2頁
  <一部抜粋>「特許権(第 6482515 号)
  および意匠権(第 1579921 号・第 1579922 号・第 1579923 号)」
 ●特許権(第 6482515 号)
  ・J-PlatPat/特許・実用新案番号照会
   ・・特願2016-210918のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/
JP-2016-210918/D3421BE40FAF8DA934B095D986
A99294B7D6C9EDBFA07106BAB9B827FFDEA558/10/ja
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-2016-
【図1】

20201123p_zu01

 ●意匠権(第 1579921 号)*全体
  ・J-PlatPat/意匠番号照会
   ・・意匠出願2016-023370のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2016-023370/B4C6386B382DA73F0837B9DFA
33293CC1468CEECB211EA1940D2527E37798D5D/30/ja
 ●意匠権(第 1579922 号)*部分意匠
   ・・意匠出願2016-023371のURL情報
  ・J-PlatPat/意匠番号照会
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2016-023371/AE14638DCF930CD05EC6BF0FEB
097B833033B42EA2E0A05D5D567A5C7C0B1B72/30/ja
  <一部抜粋>【意匠に係る物品の説明】
  「本物品は、開いた状態を示す斜視図1
  及び開いた状態を示す斜視図2に示すように、
  例えば、本物品を開いた状態でスーパーマーケット等
  において使用される買い物かごに被せて装着し、
  レジで精算した商品を収容するために用いることができる。」
【図2】【参考斜視図】

20201123d_zu02

【図3】【開いた状態を示す斜視図1】

20201123d_zu03

 ●意匠権(第 1579923 号)*部分意匠
  ・意匠出願2016-023372のURL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE/
JP-2016-023372/79B443ECAE4591D882125D400AB71B
0DA19AFAAA587A88E1F7615EC7391CC412/30/ja

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月22日 (日)

【個人メモ】時事通信/コロナ禍収束に一歩前進 進むワクチン争奪戦、低温保管も課題(2020/11/22)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<低温保管も課題>
 ●時事通信/【ニューヨーク時事】/
  コロナ禍収束に一歩前進 進むワクチン争奪戦、低温保管も課題
  *2020年11月22日07時10分
  <一部抜粋>
   「ファイザーは最大5000回分のワクチンを15日間、
   低温状態で運べる特別仕様の容器を開発」

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Newsweekjapan/新型コロナワクチン、開発競争の裏でもう一つの課題、極低温輸送の準備急ぐ航空各社(2020/11/22)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<>極低温輸送の準備急ぐ航空各社
 ●Newsweekjapan/[ロイター]/
  新型コロナワクチン、開発競争の裏でもう一つの課題
  極低温輸送の準備急ぐ航空各社
  *2020年11月22日(日)14時44分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】産経ニュース/「有効性90%超」を謳う・・・ワクチンが、医学における“歴史的な成果”になりうる理由(2020/11/22)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<最高の効能をもつワクチンのひとつである、
はしかワクチンに匹敵>
 ●産経ニュース/WIRED/
  「有効性90%超」を謳う新型コロナウイルスのワクチンが、
  医学における“歴史的な成果”になりうる理由
  *2020.11.22 16:00

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/2つの新型コロナウイルスワクチン これまでに分かっていることと・・・(忽那賢志)(2020/11/22)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<mRNAワクチン>
 ●Yahoo!ニュース/
  2つの新型コロナウイルスワクチン これまでに分かっている
  こととまだ分かっていないこと(忽那賢志)
  忽那賢志 | 感染症専門医
  *11/22(日) 11:09
 <一部抜粋>
  「ファイザー社/ビオンテック社(BNT162b2)と
  モデルナ社(mRNA-1273)による2つの新型コロナウイルスワクチン
  の第3相試験の結果が発表されました。・・・
  今回発表されたワクチンはmRNAワクチンという種類のものであり、
  抗原タンパク質の塩基配列を作る情報を持ったmRNAを投与し、
  細胞内でmRNAが抗原タンパク質に翻訳されて
  免疫が誘導されるというものです。」
[追記]
<「mRNAワクチンの作用機序(NIH Director's Blogより)」>
●NIH Director's Blog/
 Researchers Publish Encouraging Early Data on COVID-19 Vaccine
 Posted on July 16th, 2020 by Dr. Francis Collins
 <記事表題:Google翻訳
 「研究者はCOVID-19ワクチンに関する有望な初期データ
 を発表します
  フランシス・コリンズ博士によって2020年7月16日に
 投稿されました」
 <一部抜粋1>
【図1】「mRNAワクチンの作用機序(NIH Director's Blogより)」

20201122_mrnavaccine 

 <出典1>「NIH Director's Blog」
 「Researchers Publish Encouraging Early Data
  on COVID-19 Vaccine
  Posted on July 16th, 2020
  by Dr. Francis Collins」
 (当該ページのURL)
https://directorsblog.nih.gov
/tag/mrna/
 <一部抜粋2>
【表1】<原文>*改行挿入。

 Just two days ago, in a paper in the New England Journal of Medicine [1], researchers presented encouraging results from the vaccine that’s furthest along in U.S. human testing: an innovative approach from NIH’s Vaccine Research Center (VRC), in partnership with Moderna Inc., Cambridge, MA [1].
The centerpiece of this vaccine is a small, non-infectious snippet of messenger RNA (mRNA).
Injecting this mRNA into muscle will spur a person’s own body to make a key viral protein, which, in turn, will encourage the production of protective antibodies against SARS-CoV-2—the novel coronavirus that causes COVID-19.
 While it generally takes five to 10 years to develop a vaccine against a new infectious agent, we simply don’t have that time with a pandemic as devastating as COVID-19.
Upon learning of the COVID-19 outbreak in China early this year, and seeing the genome sequence of SARS-CoV-2 appear on the internet, researchers with NIH’s National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID) carefully studied the viral instructions, focusing on the portion that codes for a spike protein that the virus uses to bind to and infect human cells.

 <出典1>*出典1に同じ。
【表2】<翻訳>*改行挿入。

 ちょうど2日前、ニューイングランド医学ジャーナル[1]の論文で、研究者は米国のヒト検査で最も遠いワクチンからの励ましの結果を発表しました:NIHのワクチン研究センター(VRC)からの革新的なアプローチは、モダナ社、ケンブリッジ、MA[1]と提携しています。
このワクチンの目玉は、メッセンジャーRNA(mRNA)の小さな非感染性スニペットです。
このmRNAを筋肉に注入すると、人自身の身体が重要なウイルスタンパク質を作り、COVID-19を引き起こす新しいコロナウイルスであるSARS-CoV-2に対する保護抗体の産生を促します。
新しい感染因子に対するワクチンを開発するには一般的に5〜10年かかりますが、COVID-19ほど壊滅的なパンデミックでその時間はありません。今年初めに中国でCOVID-19が発生したことを知り、SARS-CoV-2のゲノム配列がインターネット上に現れるのを見て、NIHの国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の研究者は、ウイルスがヒト細胞に結合して感染するために使用するスパイクタンパク質のコード部分に焦点を当てて、ウイルスの指示を慎重に研究しました。

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ロイター/焦点:コロナ「集団免疫」、ワクチンでの獲得期待に潜む落とし穴(2020/11/22)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<ECDC(欧州疾病予防管理センター)
集団免疫率、推計モデルは最低67%>
 ●ロイター/[フランクフルト/ロンドン 18日 ロイター]/
  焦点:コロナ「集団免疫」、ワクチンでの獲得期待に潜む落とし穴
  *22 DE NOVEMBRO DE 20208:06 AM
  <一部抜粋>「集団免疫率
   (ある集団でどれぐらいの人が抗体を持てば、
   感染拡大が阻止できるかの指標)」
<米ファイザー、20日、緊急使用許可(EUA)、
米食品医薬品局(FDA)に申請>
 ●ブルームバーグ
  ファイザー、コロナワクチンの使用許可を申請
  -12月半ば接種開始も
  *2020年11月21日 15:35 JST
<米製薬大手ファイザー、日本にもすでにワクチンを発送済み、
近く厚生労働省に使用許可を申請>
 ●日本経済新聞/【ニューヨーク=中山修志】/
  新型コロナ:米ファイザー、新型コロナワクチンを日本でも申請へ
  *2020/11/20 21:34
 ●TBS News/
  米ファイザー、新型コロナワクチンの緊急使用許可を申請
  *21日 10時57分
<G20サミット=主要20か国の首脳会議>
 ●NHK NEWS WEB/
  G20サミット 菅首相 “新型コロナ ワクチンなど環境整備重要”
  *2020年11月22日 6時22分

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】テレビ朝日/「新型コロナで国際協調を」G20サミットで菅総理(2020/11/22)

□特許に関連し、Google/G20サミット 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/G20サミット 特許
<国際機関が一元的に管理する「特許プール」、
活用を支援>
 ●テレビ朝日/
  「新型コロナで国際協調を」G20サミットで菅総理
  *[2020/11/22 06:40]
 ●読売テレビ
  菅首相、コロナ対応G20主導で取り組みを
  *2020.11.22 06:30
 ●中京テレビ
  菅首相、コロナ対応G20主導で取り組みを
  *2020.11.22 06:30
 ●gooニュース/(読売新聞)/【カイロ=酒井圭吾】/
  ワクチン特許権の国際管理、首相が支援表明…G20首脳会議開幕
  *2020/11/22 00:41
[追記]
<(6)G20参加国・地域の知財庁間での協力推進>
 ●経済産業省/
  G20初の知的財産に関するサイドイベント(IP20+)
  が開催されました
  *2020年10月27日
  <一部抜粋>
【表1】

2.今回の成果
(1)共同声明の採択
参加国・地域の知的財産庁、機関は、共同声明を取りまとめ、世界的なパンデミック及び非常時に対応すべく、
 (1)知財政策に係る情報交換、
 (2)科学的、技術的な知的財産情報の共有を奨励、
 (3)知的財産庁の業務と手続に関する措置の検討、
 (4)デジタル技術の活用に関する経験共有、
 (5)WIPOの役割の支援、
 (6)G20参加国・地域の知財庁間での協力推進、
 (7)将来のIP20+会合開催に向けた意欲などについて一致しました。

 ●特許庁/
  Global IP Challenges Forum(IP20+)が開催されました
  *令和2年10月27日
<麻生太郎財務相、17日、
20カ国・地域(G20)の財務相と保健相による合同会議>
 ●日本経済新聞社/
  コロナ薬の途上国供給を支援 麻生財務相、G20で訴え
  *2020/9/17 21:33
  <一部抜粋>”「特許プール」と呼ばれる仕組みを提唱”

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月21日 (土)

【「フィンテック」関連発明】NTTテクノクロス株式会社/企業システムから銀行APIをカンタン呼び出し!(2020/11/21公表)

□特許と関係ないが、Google/銀行API
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/銀行API
<全国銀行協会、「オープンAPIって何?」>
 ●一般社団法人 全国銀行協会/
  オープンAPIって何?
  <一部抜粋1>
   「銀行によるオープンAPIは、銀行と外部の事業者との間の
   安全なデータ連携を可能にする取組みです。」
  <一部抜粋2>
   「APIとはアプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、
   あるアプリケーションの機能や管理するデータ等を
   他のアプリケーションから呼び出して利用するための
   接続仕様・仕組みを指します。
   それを他の企業等に公開することを「オープンAPI」と呼びます。」
  <一部抜粋3>
【図1】「オープンAPIの基本的な仕組み」

20201121api_zu01b_api

  <出典1>「一般社団法人 全国銀行協会」
    「オープンAPIって何?」
  (当該ページのURL)
https://www.zenginkyo.or.jp
/article/tag-g/9797/
<NTTテクノクロス、「企業システムから銀行APIをカンタン呼び出し!」>
 ●NTTテクノクロス株式会社/
  企業システムから銀行APIをカンタン呼び出し!
  <一部抜粋>
【図2】「銀行APIを使うには・・・」

20201121api_zu02b

  <出典2>「NTTテクノクロス株式会社」
    「企業システムから銀行APIをカンタン呼び出し!」
  (当該ページのURL)
https://www.ntt-tx.co.jp/products
/bankinggate/apix/
【図3】「BankingGate API-Xなら」

20201121api_zu03b

  <出典3>*出典2に同じ。
<追記>
●金融庁/銀行制度等ワーキング・グループ
 ・第6回 令和2年11月25日(水):開催通知
 ・第5回 令和2年11月9日(月):開催通知/配付資料

 ・第4回 令和2年10月28日(水):開催通知/配付資料

 ・第3回 令和2年10月21日(水):開催通知/配付資料

 ・第2回 令和2年10月7日(水):開催通知/配付資料

 ・第1回 令和2年9月30日(水):開催通知/配付資料

<サイト内>
2020年11月21日 (土)、【「フィンテック」関連発明】I
 Tmedia/ドコモ口座問題の本質 
 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え(2020/10/27)
●2020年11月21日 (土)、【「フィンテック」関連発明】
 時事通信/PR TIMES/フィンテック普及を促進する
 「銀行共通API開発研究会」の発足に向けて(2020/11/20)

[△最新情報へ]

(以上)

【「フィンテック」関連発明】ITmedia/ドコモ口座問題の本質 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え(2020/10/27)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/銀行API
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/銀行API
<銀行API>
 ●ITmedia/[斎藤健二,ITmedia]/
  ドコモ口座問題の本質 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え(1/2)
  *2020年10月27日 07時00分 公開
<三井住友銀行、11月11日、2025年度まで、
新たな勘定系システムの概要を発表>
 ●ZDNet Japan
  三井住友銀行、勘定系システムにAPIやコンテナーを採用へ
  *ZDNet Japan Staff 2020-11-11 12:40
<freee株式会社、琉球銀行とのAPI連携開始>
 ●PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)/
  琉球銀行とのAPI連携開始について
  freee株式会社
  *2020年10月30日 15時00分
<大野博堂の金融最前線(27)>
 ●ビジネス+IT/
  「FISCを知らない同業者」にどう対応する?
  金融機関が“連携先”のリスクに向き合う方法
  *2020/11/11、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【「フィンテック」関連発明】時事通信/PR TIMES/フィンテック普及を促進する「銀行共通API開発研究会」の発足に向けて(2020/11/20)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<一般社団法人フィンテックガーデン、
「銀行共通API開発研究会」、2020年12月に発足予定>
 ●時事通信/PR TIMES/
  フィンテック普及を促進する
 「銀行共通API開発研究会」の発足に向けて
  *(2020/11/20-16:46)
<「FINTECH JAPAN2020」(一般社団法人Fintech協会主催)>
 ●コインデスク・ジャパン
  「FINTECH JAPAN2020」開幕、
  金融庁・日銀のフィンテック担当者が講演
  ──19日まで開催
  *2020年 11月 17日 17:30
<追記>
 ●PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)/
  フィンテック普及を促進する「銀行共通API開発研究会」
  の発足に向けて
  一般社団法人フィンテックガーデン
  *2020年11月20日 13時29分
  <一部抜粋1>
   「銀行APIとは、預金者の口座を管理する金融機関のシステムと、
   フィンテック企業のシステムとの間をつなぐAPIです。」
  <一部抜粋2>
【図1】「銀行データを会計ソフトにするまで」

20201121api_zu01

  <出典>「一般社団法人フィンテックガーデン」
    フィンテック普及を促進する「銀行共通API開発研究会」
    の発足に向けて、2020年11月20日 13時29分
  (当該ページのURL)
https://prtimes.jp/main/html/rd
/p/000000006.000044893.html

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】J-CASTニュース/人気ゲーム「ツイステ」扮するコスプレ公演で注目、著作権など法的な問題点は?弁護士に聞いた(2020/09/16)

□不競法・著作権法に関連し、、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<ゲーム「ツイステ」、コスプレ公演>
 ・J-CASTニュース/
  人気ゲーム「ツイステ」扮するコスプレ公演で注目
  著作権など法的な問題点は?弁護士に聞いた
  *2020年11月16日20時08分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/新型コロナ:アストラゼネカのコロナワクチン、高齢者にも強い免疫(2020/11/21)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<米、モデルナ、ファイザー>
 ・ニフティニュース/NEWSポストセブン
  コロナワクチン効果「90%以上」の誤解 数字の罠に要注意
  *2020年11月21日 07時59分
<米財務省とFRBの対立>
 ・ロイター/[20日 ロイター]/
  ダウ219ドル安、コロナ感染急増がワクチン期待に水差す
  *2020年11月21日7:05 午前2時間前更新
<米ファイザー、ドイツのビオンテック、20日、
米食品医薬品局(FDA)、緊急時の使用許可(EUA)、
申請すると発表>
 ・朝日新聞デジタル/ワシントン=香取啓介、野口憲太/
  ファイザー、ワクチン使用申請へ 早ければ12月に許可
  *2020年11月21日 7時00分、会員記事
 ・日本経済新聞/【ニューヨーク=中山修志】
  新型コロナ:ファイザー、きょう緊急使用許可申請 コロナワクチン
  *2020/11/20 21:34 (2020/11/21 7:03更新)
 ・ブルームバーグ/
  ファイザー、コロナワクチンの使用許可を20日申請へ
  -12月接種開始も
  *2020年11月20日 21:29 JST

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo!ニュース/Yahoo!ニュース/(栗原潔)/「ぴえん」の商標登録出願の影響について(2020/11/20)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<「ぴえん」の文字商標>
 ●Yahoo!ニュース/(栗原潔)
  「ぴえん」の商標登録出願の影響について
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *11/20(金) 23:43
<追記>
●2件の「びえん」について
【表1】

No. 商標 出願番号
/出願日
区分
/商品
経過情報
01 「びえん」
標準文字
(*1)
商願2020-23354
/令和2(2020)年
3月 4日出願
・第28類
/おもちゃ等
・2020/09/28:
 拒絶理由通知書
 (*2)
・2020/10/21:
 意見書
02 「図形+『びえん』」
(*3)
商願2020-134032
/令和2(2020)年
10月29日出願
・第18類
/かばん類など
・第25類
/被服など
・令和2(2020)年
11月17日公開

 *1:J-PlatPat/URL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2020-023354/14095DA9ED2977D463A4AC85192
F757F4F03AD933D3F398024E92076F287F980/40/ja
 *2:(3条1項6号違反)「残念な気持ちや悲しい気持ちを表す語」
 *3:J-PlatPat/URL情報
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2020-134032/EF3ECE9DFFC5DDEC76744DA59
F18C0972CDA60E53F5B82ACEC7C77F86C1FA402/40/ja
【図2】

20201121_zu01b

<サイト内>
2020年11月21日 (土)、【商標】Yahoo!ニュース/
 「ぴえん」商標出願で使えなくなる?
 アパレル会社申請にネット物議も、
 「保険的な意味」(2020/11/20)

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo!ニュース/「ぴえん」商標出願で使えなくなる?アパレル会社申請にネット物議も「保険的な意味」(2020/11/20)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<商標出願、絵文字「ぴえん」>
 ・Yahoo!ニュース/J-CASTニュース/
  「ぴえん」商標出願で使えなくなる?
  アパレル会社申請にネット物議も「保険的な意味」
  *11/20(金) 21:09配信
<追記>
●J-PlatPat
 <一部抜粋1>
  「商標出願2020-134032のURL情報をコピーしました。」
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR
/JP-2020-134032/EF3ECE9DFFC5DDEC76744DA59
F18C0972CDA60E53F5B82ACEC7C77F86C1FA402/40/ja
 <一部抜粋2>
【図1】

20201121_zu01

<サイト内>
 ●2020年11月21日 (土)、【商標】Yahoo!ニュース/
  Yahoo!ニュース/(栗原潔)/
  「ぴえん」の商標登録出願の影響について(2020/11/20)


[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月20日 (金)

【特許】時事通信/ドイツ地裁でのLED特許訴訟で勝訴=ソウル半導体〔BW〕(2020/11/20)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<韓国「ソウル半導体」、ドイツ地裁、
LED特許訴訟で勝訴>
 ・時事通信/【ビジネスワイヤ】/
 ドイツ地裁でのLED特許訴訟で勝訴=ソウル半導体〔BW〕
 *2020年11月20日12時05分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/新型コロナ:アストラゼネカのコロナワクチン、高齢者にも強い免疫(2020/11/20)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<米ファイザー社、11月18日、
 後期臨床試験(第III相)、95%の予防効果、
最終解析結果を公表>
 ・ダイヤモンド・オンライン/
  (ナビタスクリニック理事長、医師 久住英二)/
  新型コロナワクチン開発、米ファイザーやモデルナに比べ
  日本が大きく劣る理由
  *2020.11.20 4:15
<英医学誌ランセット、19日、
臨床試験(治験)の途中経過を公表>
 ・日本経済新聞/【ロンドン=佐竹実】/
  新型コロナ:アストラゼネカのコロナワクチン、
  高齢者にも強い免疫
  *2020/11/20 3:29
 ・【NHK】
  英で開発中のコロナワクチン 全年齢層で免疫反応を確認と発表
  *2020年11月19日 23時33分
<米ファイザー、独ビオンテックm20日
緊急使用許可(EUA)、米食品医薬品局(FDA)、
申請する計画>
 ・ブルームバーグ/
  ファイザー、コロナワクチンの使用許可を20日申請へ
  -12月接種開始も
  *2020年11月20日 21:29 JST
<アザー米厚生長官、18日、
製薬大手ファイザー、バイオ医薬大手モデルナ、
認可され、数週間以内に配布される準備が整っている>
 ・Yahoo!ニュース/[18日 ロイター]
  ワクチン 米で年内接種開始か
  11/19(木) 7:00配信
<季節性ウイルスのひとつになった>
 ・PRESIDENT Online/
  「新型コロナのワクチンを渇望はしない」医師としてそう考える理由
  季節性ウイルスのひとつになった
  *2020/11/20 15:00

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月15日 (日)

【個人メモ】情報通信研究機構(NICT)/オーロラの明滅とともに、宇宙からキラー電子が降ってくる(2020/11/12)

□特許と関係ないが、NICT)/広報・出版/プレスリリース
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>
   情報通信研究機構(NICT)/広報・出版/プレスリリース
<人工衛星を故障させる存在、「キラー電子」>
 ○情報通信研究機構(NICT)/
  オーロラの明滅とともに、 宇宙からキラー電子が降ってくる
  *2020年11月12日
【図1】「脈動オーロラ発生時に大気に降り込むキラー電子(想像図)」

20201115b_zu01

 <出典1>「情報通信研究機構(NICT)」
  「オーロラの明滅とともに、 宇宙からキラー電子が降ってくる」
  (当該ページのURL)
https://www.nict.go.jp/press
/2020/11/12-1.html

[△最新情報へ]

(以上)

【量子暗号】ITmedia/量子暗号通信で電子カルテの送信とバックアップに成功、NECとNICTなどが実験(2020/10/26)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号 電子カルテ
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号 電子カルテ
 ○ITmedia/
  量子暗号通信で電子カルテの送信とバックアップに成功
  NECとNICTなどが実験
  *2020年10月26日 15時14分 公開
<追記>
 ○情報通信研究機構(NICT)/広報・出版/プレスリリース
  ・量子暗号を用いて電子カルテを秘匿し、
   伝送・秘密分散バックアップを行う実証実験に成功
   〜複数の医療機関間の安全かつリアルタイム
    での相互参照を実現〜
   2020年10月22日
   <一部抜粋>
【図1】「図1 量子暗号による安全な電子カルテの相互参照のしくみ」

20201022zu01

 <出典1>「情報通信研究機構(NICT)」
  「凸版印刷、NICT、QunaSys、ISARAの4者が連携
   量子セキュアクラウド技術の確立に向けて始動」
  (当該ページのURL)
https://www.nict.go.jp/press
/2020/10/22-1.html
【図2】「図2 本実証実験のシステム構成図」

20201022zu02

 <出典2>*出典1に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

【量子暗号】ITmedia/“盗聴不可”の量子暗号通信を人工衛星で実用化目指す(2020/11/10)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<総務省・情報通信研究機構(NICT)/
「衛星量子鍵配送」の実現を目指すプロジェクト>
 ○ITmedia/[秋山文野,ITmedia]/
  “盗聴不可”の量子暗号通信を人工衛星で実用化目指す
  先行する中国に追いつけるか
  *2020年11月10日 07時00分 公開
<「第1回 量子コンピューティングEXPO【秋】」(幕張メッセ)>
 ○ITmedia/[井上輝一,ITmedia]
  凸版印刷が日本の量子暗号技術で果たす役割
 「ICカードの知見で貢献」
  *2020年11月05日 17時00分 公開
<追記>
 ○情報通信研究機構(NICT)/広報・出版/プレスリリース
  ・凸版印刷、NICT、QunaSys、ISARAの4者が連携
   量子セキュアクラウド技術の確立に向けて始動
   量子コンピューティング技術と量子暗号技術で
   安全なデータ流通/保管/利活用を実現
   2020年10月19日
   <一部抜粋>
【図1】「量子セキュアクラウド技術の実装イメージ」

20201117_zu01

 <出典>「情報通信研究機構(NICT)」
  「凸版印刷、NICT、QunaSys、ISARAの4者が連携
   量子セキュアクラウド技術の確立に向けて始動」
  (当該ページのURL)
https://www.nict.go.jp
/press/2020/10/19-1.html

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】日本経済新聞/富士フイルム、iPS細胞の特許供与 まずスイス大手(2020/11/12)

□特許に関連し、Google/ニュース/iPS細胞 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/iPS細胞 特許
<富士フイルムホールディングス、12日、
治療用iPS細胞の外販、特許ライセンスの供与>
 ○日本経済新聞/
  富士フイルム、iPS細胞の特許供与 まずスイス大手
  *2020/11/12 15:48

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/開発が進む新型コロナワクチン 「政治的な理由」で第2波が迫るNYに届けられない?(2020/11/15)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<クオモ知事はMSNBCのインタビュー>
 ○Yahoo!ニュース/
  安部かすみ | ニューヨーク在住ジャーナリスト、編集者/
  開発が進む新型コロナワクチン 「政治的な理由」
  で第2波が迫るNYに届けられない?
  *11/15(日) 7:39
<現代ビジネス、政治よりも科学を優先した結果>
 ○現代ビジネス/小林 雅一作家・ジャーナリスト/
  ファイザーの「新型コロナ・ワクチン」が
  大統領選後に発表された理由、
  トランプ政権の圧力に屈することなく
  *2020.11.14

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】日本経済新聞/仮想空間 遅れる法整備 著作権や所有権で摩擦も(2020/11/14)

 

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<文化審議会のワーキングチーム、
図書館関係の権利制限規定の見直しに関する報告書>
 ○BLOGOS/企業法務戦士(id:FJneo1994)/
  「図書館資料と著作権」をめぐる大きな動きを眺めつつ思うこと。
  *2020年11月14日 09:05
<追記>
 ○文化庁/
  文化審議会のワーキングチームにおける
  「図書館関係の権利制限規定の見直し
  (デジタル・ネットワーク対応)に関する報告書」の公表について
  *令和2年11月13日
  <一部抜粋>「(参考資料)
  ・図書館関係の権利制限規定の見直し
   (デジタル・ネットワーク対応)に関する報告書
   (408.8KB)、全35頁

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】東京新聞/「ニューヨークにワクチン配布しない」、トランプ氏8日ぶり会見(2020/11/14)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<トランプ米大統領、13日、ワクチンに関する記者会見>
 ○東京新聞/
  「ニューヨークにワクチン配布しない」
  トランプ氏8日ぶり会見 新型コロナ、全米1日で18万人超
  *2020年11月14日 20時45分
<今週、ワクチンの開発者から朗報>
 ○ロイター/[チューリヒ 12日 ロイター]
  情報BOX:新型コロナワクチン「有効性90%超」の意味とは
  *13 DE NOVEMBRO DE 20205:20 PM

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】日本経済新聞/仮想空間 遅れる法整備 著作権や所有権で摩擦も(2020/11/15)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<拡張現実(AR)・仮想現実(VR)、著作権や所有権の扱い、
法整備の議論が必要>
 ○日本経済新聞 電子版
  仮想空間 遅れる法整備 著作権や所有権で摩擦も
  *2020/11/15 2:00、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月14日 (土)

【個人メモ】エキサイトニュース/WHOコロナワクチン枠組み、目標の20億ドル調達、貧困国に供給(2020/11/14)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<世界保健機関(WHO)、目標、2021年末までに
各国人口の20%が免疫を獲得すること>
 ○AFPBB News/【11月14日 AFP】/
  ワクチン信頼、コロナ収束に不可欠 目標は来年中に
  各国人口2割に免疫 WHO
  *2020年11月14日 16:43 発信地:ジュネーブ/スイス
<大阪、吉村知事の発言>
 ○Yahoo!ニュース/(日刊ゲンダイDIGITAL)/
  吉村知事に民カンカン!「ワクチン9月実用化」と
  「うがい薬」で大迷走
  *11/14(土) 9:26配信
<トランプ米大統領、13日、
新型コロナウイルスワクチンが早ければ来年4月、
全国民に利用できるようになるという見通しを示した。>
 ○ロイター/[ワシントン 13日 ロイター]/
  コロナワクチン、来年4月にも全国民が利用可能に=トランプ氏
  *2020年11月14日7:16 午前
 ○日本経済新聞/【ワシントン=鳳山太成】/
  新型コロナ:トランプ氏、全国民にコロナワクチン「4月にも」
  *2020/11/14 8:39
<米マイクロソフト、13日、明らかにした、
ロシアと北朝鮮、コロナワクチン研究にサイバー攻撃>
 ○朝日新聞社/[ワシントン 13日 ロイター]/
  ロシアと北朝鮮、コロナワクチン研究にサイバー攻撃=
  *2020年11月14日05時09分
<ロシア直接投資基金(RDIF)、13日、
ワクチン「スプートニクV」、
韓国「GL Rapha」とワクチン生産契約を締結>
 ○Newsweekjapan/
  韓国バイオ企業、ロシアのコロナワクチン
  「スプートニクV」生産契約
  年間1.5億回分
  *2020年11月13日(金)18時45分
 ○朝日新聞社/[モスクワ 13日 ロイター]/
  ロシアのコロナワクチン、韓国企業が生産契約

  年間1.5億回分
  *2020年11月13日18時25分
<WHO「COVAXファシリティー」、
貧困国にワクチンを供給するために
20億ドルを超える資金を調達>
 ○エキサイトニュース/
  [ロンドン/ジュネーブ13日ロイター]
  WHOコロナワクチン枠組み、目標の20億ドル調達、
  貧困国に供給
  *2020年11月14日 07:54

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】あいぎ特許事務所/同一出願人・同一商標・指定商品の一部が重複する出願(2020/11/14、竹山公表)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<同一出願人・同一商標・指定商品の一部が重複する出願>
 ○あいぎ特許事務所/
  同一出願人・同一商標・指定商品の一部が重複する出願
 <一部抜粋>「不服2013-3941」
<追記>
 ○特許庁/商標審査基準
  <一部抜粋>
  ・第18 その他(PDF:190KB)
   *全2頁
【表1】*改行挿入。

商標審査基準〔改訂第15版〕、第18 その他
2.同一人が、同一の指定商品又は指定役務に係る同一の商標又は標章を出願した場合について
 (1) 同一人が同一の商標(縮尺のみ異なるものを含む。)について、その指定する商品又は役務がすべて同一の商標登録出願をしたと認められるときは、
第68条の10の規定に該当する場合を除き、
原則として、後願について「商標法第3条の趣旨に反する。」
との拒絶の理由を通知するものとする。

 ○J-PlatPat/不服2013-3941
  *2020/11/14現在
   「現在メンテナンス作業によりサービスを停止しております。」
【表2】不服2013-3941の一部抜粋
    (その1、本願商標と既登録商標の比較)

3 当審の判断
(1)・・・。
 そして、本願商標と既登録商標の指定商品及び指定役務について比較するに、本願商標の指定商品中の第9類「・・・」るが、その余の第9類の商品を含む、第6類、第7類、第9類、第11類、第20類、第21類、第37類、第39類、第40類、第41類に属する商品及び役務は、既登録商標の指定商品及び指定役務に含まれていないものである。

【表3】不服2013-3941の一部抜粋(その2、積極的理由)

 そして、前記のケースにおいて、・・・企業等は、前記のような新商品等を販売するにあたり、それらが商品化される毎に、その商品等が属する区分について、既存の商標登録とは別に商標登録を受けなければならないということになる。
 また、・・・新たに商品化した商品等が、その既登録商標の指定商品等の表示の範ちゅうの商品等であるかが明確でない場合も少なくないから、このような観点から、既に当該区分に商標登録を得ていた場合であっても、企業等は、新たに商品化した商品等であることを明確にして、商標登録を受ける必要がある。

【表4】不服2013-3941の一部抜粋(その3、消極的理由)

 このような場合に、・・・既存の商標登録と指定商品等が重複する商標を登録することができないとしたならば、企業等は、・・・半永久的に同一区分に複数の商標権を所有していくことになり、・・・当該商品及び役務の区分の商標登録が一つの場合に比べて、多額の更新登録料が課されることとなる。
 また、新たな商品等を含めて商品等を指定し直し、同一区分の商標を一つにしていくためには、既存の登録商標を放棄するなどして消滅させ、それにより、権利が重複することなく商標登録を受けることは可能であるが、その場合は、当該商標に係る商標権に空白を生じ、不安定なものとなる。

【表5】不服2013-3941の一部抜粋(その3、結論)

 このように考えるならば、・・・既存の商標登録の指定商品等には含まれない新たな商品等を指定商品等として出願された場合には、その商標登録出願について、「商標法制定の趣旨に反する」として拒絶すべきではなく、商標審査基準「第18その他」6.に定める規定の例外として、取り扱うべきであると考えられる。

 ○特許庁/商標審査基準の改訂について
  <一部抜粋>
  ・商標審査基準〔改訂第13版〕について
   平成29年3月
   ・・改訂された「商標審査基準」〔改訂第13版〕(PDF:1,996KB)
     *178頁
   ○〔改訂第12版〕「同一の商品又は役務を指定して重複して出願」
    →〔改訂第13版〕
     「その指定する商品又は役務がすべて同一の商標登録出願」
     に変更(平成29年4月1日以降の審査に適用)。
   ・・「(参考)商標審査基準〔改訂第12版〕(PDF:1,497KB)」
     **178頁
     <一部抜粋>
【表6】*改行挿入。

商標審査基準〔改訂第12版〕、第18 その他
(平成29年3月31日迄の審査に適用)
6.同一人が同一の商標について同一の商品又は役務を指定して重複して出願したときは、
第68条の10の規定に該当する場合を除き、
原則として、先願に係る商標が登録された後、後願について「商標法制定の趣旨に反する。」との理由により、拒絶をするものとする。
商標権者が登録商標と同一の商標について同一の商品又は役務を指定して登録出願したときも、同様とする。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】Forbes JAPAN/著作権法改正。あなたの「ネット配信」にはどう影響する?(2020/11/13)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<2020年10月1日から一部施行、
「写り込みに係る権利制限規定の対象範囲の拡大」>
 ○Forbes JAPAN/
  著作権法改正。あなたの「ネット配信」にはどう影響する?
  *2020/11/13 10:00
<追記>
○文化庁/令和2年通常国会 著作権法改正について
【表1】

著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律
 (令和2年法律第48号、2020年(令和2年)6月12日公布)
施行日
(1) リーチサイト対策及び写り込みに係る権利制限規定の対象範囲の拡大など著作物利用の円滑化を図るための措置 2020年
(令和2年)
10月1日施行
(2) 侵害コンテンツのダウンロード違法化及びアクセスコントロールに関する保護の強化など著作権の適切な保護を図るための措置 2020年
(令和3年)
1月1日施行
(3) プログラム登録に関する新たな証明制度の創設 公布から
1年以内

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo!ニュース/オトナンサー/「鬼滅の刃」羽織の柄を商標出願 そもそも、伝統柄でも登録できる?(2020/11/09)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
 ○Yahoo!ニュース/オトナンサー/
  「鬼滅の刃」羽織の柄を商標出願 そもそも、伝統柄でも登録できる?
  *11/9(月) 8:10配信
  <一部抜粋>「芝綜合法律事務所の牧野和夫弁護士」
<追記>
 ●Yahoo Japan/弁護士ドットコム
  「鬼滅の刃」キャラの羽織柄が商標出願、ファン困惑
  「伝統的な着物の柄なのに…」
  *7/18(土) 9:27配信

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】ITmedia/特許庁、画像を初めて意匠登録 クラウド活用、センシング技術の発展見据え(2020/11/07)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<意匠、画像>
 ○ITmedia/[谷井将人,ITmedia]/
  特許庁、画像を初めて意匠登録 クラウド活用、
  センシング技術の発展見据え
  *2020年11月10日 15時15分 公開
<意匠、建築物>
 ○日刊建設通信新聞
  【記者座談会】改正意匠法で初登録物件公表
  /建築物の環境性能重視
  *[ 2020-11-13 ]
<追記>
 ○特許庁/新着情報/
  <一部抜粋>
  ・「11月13日 令和元年意匠法改正特設サイト
   (「4. 意匠法改正に伴う登録意匠例等」を掲載しました)」
   <一部抜粋>「意匠法改正に関する最新情報
  ・・「画像の意匠が初めて意匠登録されました」
   (経済産業省ニュースリリース)(2020年11月9日公表)
    <一部抜粋>
【図1】「(参考)エリアマーカー™(株式会社小糸製作所提供)」

20201114_zu02

  ・・「建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました」
   (経済産業省ニュースリリース)(2020年11月2日公表)」

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】SankeiBiz/ネットコンビニ「自分のアイデア」 特許訴訟、セブン側争う姿勢(2020/11/11)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<セブン-イレブン・ジャパン、特許訴訟>
 ○SankeiBiz/
  ネットコンビニ「自分のアイデア」 特許訴訟、セブン側争う姿勢
  *2020.11.11 17:50
<Appleの請願、テキサス州西部からカリフォルニア州北部への移送>
 ○iPhone Mania/
  UnilocとAppleの特許裁判、“パテント・トロール”
  に有利なテキサス州から移送
  *2020年11月10日 15時52分
<追記>
 ○BLM&KOIP/
  セブンイレブンのネットコンビニ特許訴訟
  *2020年11月12日
  <一部抜粋>「発明の名称を
   『情報処理システム、商品情報処理装置、
   方法及びコンピュータプログラム』とする
   特許6489659号(特願2017-39885)です。」
  (竹)情報をいただき、ありがとうございました。
     私も同じ特許にたどり着きました。11/12竹山
 ○J-PlatPat/
  *2020/11/14現在
   「現在メンテナンス作業によりサービスを停止しております。」
  <一部抜粋1>「URLコピー
   特許6105791のURL情報をコピーしました。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800
/PU/JP-6105791/C958AEBC8017FCB675BDACB30
A0891DF7A58745C4B7B0E83E408EAEF95ECB5AC/15/ja」
  <一部抜粋2>
   ・【特許番号】特許第6105791号(P6105791)
   ・【登録日】平成29年3月10日(2017.3.10)
   ・【発行日】平成29年3月29日(2017.3.29)
   ・【発明の名称】情報処理システム、商品情報処理装置、
           方法及びコンピュータプログラム
  <一部抜粋3>
【図1】

20201114_zu01

 

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】AnswersNews/ファイザーの新型コロナワクチン「コールドチェーン」が供給の障壁に(2020/11/13)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<米国、「コールドチェーン」>
 ○AnswersNews/[ニューヨーク ロイター]/
  ファイザーの新型コロナワクチン「コールドチェーン」
  が供給の障壁に
  *2020/11/13
 ○産経ニュース
  新型コロナワクチン実用化秒読み マイナス70度保管必要
  身近な接種困難か
  *2020.11.13 17:05ライフ科学
<米ファイザー・ドイツのビオンテック、
臨床試験(治験)の暫定データ>
 ○ロイター/[チューリヒ 12日 ロイター]/
  情報BOX:新型コロナワクチン「有効性90%超」の意味とは
  *20205:20 PM
<カナダのメディカゴ・英グラクソ・スミスクライン、
 免疫補助剤(アジュバント)、治験を年末までに開始すると発表>
 ○時事通信/【ニューヨーク時事】
  田辺三菱子会社、年内に最終治験 コロナワクチンで

  「有望な抗体反応」
  *2020年11月13日08時16分
<国立アレルギー感染症研究所(NIAID)、
ワクチン開発の急進展により
「大幅に長期化」することはないとの見方>
 ○ブルームバーグ
  ファウチ氏、新型コロナまん延は大幅に長期化しない
  -ワクチンに期待
  *2020年11月13日 1:41 JST

[△最新情報へ]
(以上)

2020年11月 8日 (日)

【特許庁】特許庁/第6回商標制度小委員会 議事次第・配布資料一覧(2020/11/05)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  11月5日、産業構造審議会 知的財産分科会
  第6回商標制度小委員会 議事次第・配布資料一覧
  [更新日 2020年11月5日]
  <一部抜粋>
 ・議事次第
  2. 財務省関税局プレゼンテーション
  3. 模倣品の越境取引に関する商標法上の規制の必要性について
 ・配布資料
  資料2 税関における知的財産侵害物品の水際取締りについて
   (財務省関税局プレゼンテーション資料)(PDF:752KB)
    *全9頁
  資料3 模倣品の越境取引に関する商標法上の規制の必要性について
   (PDF:1,695KB)
   *全14頁
   <一部抜粋>
【図1】商標法改正の方向性(海外事業者の行為に着目した規制)、
    *p.12

20201108_zu01

<追記>
 ●パテント 2019、Vol. 72 No. 9
  「模倣品の輸入規制のための提言」
  平成 30 年度 貿易円滑化対策委員会 個人輸入対策部会
  *全13頁
<サイト内>
(1)2020年11月 8日 (日)、【商標】
   Yahoo!ニュース/栗原潔/
   /個人輸入に関する商標法改正とUSコンバースの扱いについて
   (2020/11/06)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<5>(2020/11/08竹山、更新)

□プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて(その4)
                    記
7 「不可能・非実際的事情」の参考例
 ・類型(i)若しくは類型(ii)又は双方の類型に該当し、
  「不可能・非実際的事情」が存在することについての、
  特許出願人の主張・立証の参考例
【表1】

No. 発明の名称 pdf
参考例 1 芳香器 13~15 35/47~37/47
参考例 2 薄膜半導体素子 15~16 37/47~38/47
参考例 3 クリーム状の食品用
水中油型乳化組成物
16~17 38/47~39/47
参考例 4 香味向上剤 17~18 39/47~40/47
参考例 5 重合組成物 18~19 40/47~41/47

 <出典1>「特許庁」サイト
  「審査ハンドブックの 2205」
  「3.『不可能・非実際的事情』に該当しない類型、具体例」
  *13頁(pdf35/47)~19頁(pdf41/47)))
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/patent
/handbook_shinsa/document/index/02.pdf#page=35
【表2】参考例 1、芳香器、*13頁(pdf35/47)~15頁(pdf37/47)))

(1) 特許請求の範囲
[請求項 1]
 空気流通口を有するホルダと、
前記ホルダ内に配置された香気発生源及び発熱体とを有し、
前記香気発生源は、活性炭成形体を含み前記発熱体によって○℃~△℃
の範囲に加熱される芳香器であって、
 前記香気発生源は、香気成分 A の溶液を含浸させた前記活性炭成形体を、前記発熱体による加熱温度以下の温度で×時間以上加熱することによって製造される、芳香器。

 <出典2>*以下、出典1に同じ。
【表2】*[表1]の続き。改行挿入。

(2) 意見書における不可能・非実際的事情の主張・立証
 本願発明は、活性炭成形体の表面近傍に存在する香気成分を揮発させ当該活性炭成
形体の内部深くに存在する香気成分 A のみを残留させた香気発生源を有する芳香器の発明です。
この、従来技術にはない本願発明の特徴を特定するために、請求項 1 では、香気成分 A の溶液を含浸させた活性炭成形体を、発熱体による加熱温度以下の温度で×時間以上加熱する、という発明特定事項を記載しております。
この発明特定事項を備えることにより、保存時における香気成分の揮発を抑制し、もって保存状態によって使用時における香気成分の発散効率が相違してしまうという従来技術の問題点を解決した芳香器が得られることになります。(本願明細書段落○~○参照)

 <竹山コメント>
 ・「序」に相当し、本願発明の概要、請求項1の発明特定事項、
  従来技術の比較(効果)を主張しています。
【表3】*[表2]の続き。改行挿入。

 しかしながら、上記した本願発明の特徴を、物の構造又は特性により直接特定する
ことは、不可能であるといえます。

 <竹山コメント>
 ・まず、結論を述べています。
【表4】*[表3]の続き。改行挿入。

 第一に、上記した特徴である、活性炭成形体の表面近傍ではなく内部深くに香気成分が存在する状態を、例えば、表面から○○μm 以上の内部にのみ香気成分が存在する、といった文言により一概に特定することは、活性炭の各々によってその構造やそれに伴う特性が異なることにも照らせば、不可能です。
そして、他に、上記特徴を構造上又は特性上、明確に特定する文言も存在しません。

 <竹山コメント>
 ・第一として、物の構造又は特性の困難性を主張しています。
【表5】*[表4]の続き。改行挿入。

第二に、上記の特徴を有する香気発生源の構造又は特性を、測定に基づき解析することにより特定することも、本願出願時における解析技術からして、不可能であったといえます。
具体的には、材料の存在状態を詳細に測定する手法としては、例えば、走査型電子顕微鏡(SEM)、・・・ などが挙げられますが、いずれの手法においても、あくまでも試料の表面の状態しか観測することができず、活性炭のような、多孔質体であって内部が複雑に入り組んだ構造物の解析には、不適であります。
また、X 線回折(XRD)のような分析機器を用いたとしても、香気成分が揮発してしまうため、正確なデータを取得することはできません。
このように、適切な測定及び解析の手段が存在していなかったのが実状です。

 <竹山コメント>
 ・第二にとして、測定・分析の困難性を根拠付けています。
【表6】*[表5]の続き。改行挿入。

 仮に、活性炭成形体の試料を切断し内部を表出させるなどして、当該内部における香気成分の存在状態を測定し得たとしても、その特定の試料の微視的な状態が判明するだけです。
そのような困難な操作と測定を多数回繰り返し、統計的処理を行い、上記した特徴を特定する指標を見いだすには、著しく多くの試行錯誤を重ねることが必要であり、およそ実際的ではありません。

 <竹山コメント>
 ・仮定法を用いて、測定・分析は無意味で有り、
  実際的で無いことを主張しています。
【表7】*[表6]の続き。

 以上の参考例 1 では、従来技術との相違に係る構造又は特性を特定する文言を見いだすことができず、かつ、かかる構造又は特性を測定に基づき解析し特定することも不可能又は非実際的であることが、意見書において具体的に説明されている。
このため、本例は「不可能・非実際的事情」の存在が認められうる例と考えられる。

 <竹山コメント>
 ・特許庁の評価が記載されています。
<サイト内>
(1)【特許】PBPクレームについて<1>
   「1 プロダクト・バイ・プロセス(PBP)について、
    2 最高裁判
    3 PBPクレームの明確性要件を巡る特許庁の対応」
   (2020/11/08竹山、更新)
(2)【特許】PBPクレームについて<2>
   「4 審査の流れ」
   (2020/11/08竹山、更新)
(3)【特許】PBPクレームについて<3>
   「5 拒絶理由に対する出願人の対応」
   (2020/11/08竹山、更新)
(4)【特許】PBPクレームについて<4>
   「6 物を生産する方法の発明とする補正」
   (2020/11/08竹山、更新)
(5)【特許】PBPクレームについて<5>
   「7 『不可能・非実際的事情』の参考例」

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<4>(2020/11/08竹山、更新)

□プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて(その4)
                    記
6 物を生産する方法の発明とする補正
 ・「その物の製造方法が記載されている場合」に該当する類型の具体例。
 (1)類型(1-1): 製造に関して、経時的な要素の記載がある場合
【表1】

類型(1-1): 製造に関して、経時的な要素の記載がある場合
具体例:
「・・・を含んで成る方法によって製造される化合物 A ナトリウム塩。」
補正例:
「・・・を含んで成る化合物 A ナトリウム塩の製造方法

 <出典1>「特許庁」サイト
  「審査ハンドブックの2204」
  「2. 『その物の製造方法が記載されている場合』に該当する類型、具体例」
  *p.9(pdf:31/47)
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline
/patent/handbook_shinsa/document/index/02.pdf#page=31
【表2】

類型(1-2): 製造に関して、技術的な特徴や条件が付された記載がある場合
具体例:
「モノマーA とモノマーB を 50℃で反応させて得られるポリマーC」
1~1.5 気圧下で焼成してなる蛍光体」
外面に粒子状の物質を衝突させた粗化処理が施されたゴム製品
補正例:
「モノマーA とモノマーB を 50℃で反応させるポリマーC の製造方法
1~1.5 気圧下での焼成工程を経て製造する蛍光体の製造方法
外面に粒子状の物質を衝突させる粗化処理を施すゴム製品の製造方法

 <出典2>*出典1に同じ。
<サイト内>
(1)【特許】PBPクレームについて<1>
  「1 プロダクト・バイ・プロセス(PBP)について、
   2 最高裁判
   3 PBPクレームの明確性要件を巡る特許庁の対応」
   (2020/11/07竹山、更新)
(2)【特許】PBPクレームについて<2>
  「4 審査の流れ」
   (2020/11/08竹山、更新)
(3)【特許】PBPクレームについて<3>
  「5 拒絶理由に対する出願人の対応」
   (2020/11/08竹山、更新)
(4)【特許】PBPクレームについて<4>
  「6 物を生産する方法の発明とする補正」
   (2020/11/08竹山、更新)
(5)【特許】PBPクレームについて<5>
  「6 物を生産する方法の発明とする補正」
   (2020/11/08竹山、更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<3>(2020/11/08竹山、更新)

□プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて(その3)
                    記
5 拒絶理由に対する出願人の対応
 ・出願人は、当該拒絶理由を解消するために、
  以下の対応をとることができます。
【表1】

ア.当該請求項の削除
イ.当該請求項に係る発明を、
 物を生産する方法の発明とする補正
(*「6 物を生産する方法の発明とする補正」参照)
ウ.当該請求項に係る発明を、
 製造方法を含まない物の発明とする補正
エ.不可能・非実際的事情についての意見書等による
 主張・立証
(*「7 「不可能・非実際的事情」の参考例」参照)
オ.当該請求項は、
 「その物の製造方法が記載されている場合」
 に該当しない旨の反論

<サイト内> <出典1>「特許庁」サイト
  「プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する審査の取扱い
  について」
  *[更新日 2016年9月28日]
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline
/patent/tukujitu_kijun/product_process/index.html
 <出典1の一部抜粋>
【表2】*改行挿入。

 「『出願人の「不可能・非実際的事情』についての
主張・立証の内容に、合理的な疑問がない限り
(通常、拒絶理由通知時又は拒絶査定時に、
審査官が具体的な疑義を示せない限り)、
審査官は、
『不可能・非実際的事情』が存在するものと判断します。」

<サイト内>
(1)【特許】PBPクレームについて<1>
   「1 プロダクト・バイ・プロセス(PBP)について、
    2 最高裁判
    3 PBPクレームの明確性要件を巡る特許庁の対応」
    (2020/11/07竹山、更新)
(2)【特許】PBPクレームについて<2>
   「4 審査の流れ」
    (2020/11/08竹山、更新)
(3)【特許】PBPクレームについて<3>
   「5 拒絶理由に対する出願人の対応」
   (2020/11/08竹山、更新)
(4)【特許】PBPクレームについて<4>
   「6 物を生産する方法の発明とする補正」
   (2020/11/08竹山、更新)
(5)【特許】PBPクレームについて<5>
   「7 『不可能・非実際的事情』の参考例」

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン】コインデスク・ジャパン/ブロックチェーンは核弾頭を安全に廃棄できる:ロンドン大学・報告書(2020/11/06)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<ロンドン大学・報告書>
 ・コインデスク・ジャパン/Daniel Palmer/
  ブロックチェーンは核弾頭を安全に廃棄できる:ロンドン大学・報告書
  *2020年 11月 6日 06:00

[△最新情報へ]

(以上)

【「フィンテック」関連発明】CoinPost/「独占禁止法違反」米司法省、Visaのフィンテック企業巨額買収に待った(2020/11/06)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<中国、新興フィンテック企業、金融摩擦>
 ・ブルームバーグ
  アントIPO中止、フィンテックの世界的課題も浮き彫り-金融摩擦で
  *2020年11月6日 12:27 JST
<アメリカ、米司法省「独占禁止法違反」>
 ・CoinPost/
  「独占禁止法違反」米司法省、
  Visaのフィンテック企業巨額買収に待った
  *2020/11/06 12:23
 ・日本経済新聞/
  米司法省、フィンテック買収巡りビザを提訴 「独占維持が目的」
  *2020/11/6 5:55

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】弁護士ドットコム/アンパンマンの「人形焼」を無許可で販売、形が崩れても「著作権侵害」になるの?(2020/11/02)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<アンパンマンの「人形焼」を無許可で販売>
 ・弁護士ドットコム/(桑野弁護士)/
  アンパンマンの「人形焼」を無許可で販売、
  形が崩れても「著作権侵害」になるの?
  *2020年11月02日 10時26分

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】文春オンライン/マンガキャラクターに著作権はない!?「BL同人誌裁判」で下された(2020/11/05)

□著作権に関連し、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<「BL同人誌裁判」>
  ・文春オンライン/加山 竜司/
   マンガキャラクターに著作権はない!?「BL同人誌裁判」で下された
   “二次創作”驚きの判決
   「麦わらと呼ばれた海賊ルフィの孫」の設定でも法的にはOK
   *2020/11/05
<追記>
 ●知財高裁・判決「違法な二次的著作物についての著作権の行使」
  (検索サイト)知財高裁/最近の侵害訴訟等控訴事件
  ・違法な二次的著作物についての著作権の行使
    全文PDFファイル *全15頁
   (当該ページのURL)
https://www.ip.courts.go.jp/app/files
/hanrei_jp/748/089748_hanrei.pdf
   <一部抜粋>
【表1】

令和2(ネ)10018  損害賠償
(東京地方裁判所 平成30(ワ)39343)
令和2年10月6日判決 控訴棄却(3部)
著作権 (同人誌) 損害額(2項),その他
(違法な二次的著作物についての著作権の行使)

 ●東地裁・判決「違法な二次的著作物についての著作権の行使」
  (検索サイト)裁判所/「判例検索システム(知的財産裁判例集)」
   <一部抜粋>
  ・全文PDFファイル
   (当該ページのURL)*全32頁
https://www.courts.go.jp/app/files/
hanrei_jp/638/089638_hanrei.pdf
<一部抜粋>
【表2】

平成30(ワ)39343  損害賠償請求事件
著作権  民事訴訟
令和2年2月14日  東京地方裁判所

<サイト内>
 ●(2020/10/28)
  【著作権】Yahoo!ニュース/(弁護士ドットコム)/
  「オンライン文化祭」激増、JASRACに問い合わせ殺到
  <著作権法上「キャラクター」>

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo!ニュース/栗原潔/個人輸入に関する商標法改正とUSコンバースの扱いについて(2020/11/06)

□商標に関連し、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<2021年に商標法と関税法の改正をめざし>
 ・Yahoo!ニュース/栗原潔/
  個人輸入に関する商標法改正とUSコンバースの扱いについて
  栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  *11/6(金) 10:46
 ・日本経済新聞/
  模倣品輸入、個人利用目的でも没収 商標法など改正へ
  *2020/11/6 0:30、会員限定
 ・Yahoo!ニュース/共同通信/
  偽ブランド輸入の規制強化へ 個人使用も税関差し止め
  *11/5(木) 17:31配信


[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】Yahoo!ニュース/蔦屋書店「内装の意匠」登録第1号 改正された意匠法は何がどこまで保護される?(2020/11/07)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
 ・Yahoo!ニュース/弁護士ドットコム/
  蔦屋書店「内装の意匠」登録第1号
  改正された意匠法は何がどこまで保護される?
 *11/7(土) 9:37配信
 <一部抜粋>
【表1】
 *「仮想現実の店舗やオフィス」は良い問いかけと考えます。11/08竹山
  <参考>
  ・ASCII.jp/文● 株式会社OPSION/
   【テレワーク】仮想空間上のオフィスにアバターで出勤できる
   クラウドオフィス「RISA」製品版リリース!
   *2020年10月19日 09時25分更新

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/新型コロナ:ワクチン開発、日本の遅れ顕著 体制作り急務(2020/11/07)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<横浜市、2日目が7日、「第7回日経・FT感染症会議」
(主催・日本経済新聞社)>
 ・日本経済新聞/
  新型コロナ:ワクチン開発、日本の遅れ顕著 体制作り急務
  *2020/11/7 15:00
<吉村洋文大阪府知事、7日、
読売テレビ「あさパラ2時間SP」>
 ・エキサイトニュース/
  吉村知事が大阪発新型コロナウイルスのDNAワクチン
  の最新状況を報告
  「大量化する段階に入った」
  *2020年11月7日 10:38
 ・河北新報/
  社説(11/7):コロナワクチン/接種体制をじっくり整えよ
  *2020年11月07日土曜日

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<2>(2020/11/08竹山、更新)

□プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて(その2)
                    記
4 審査の流れ
【表3】

物の発明についての請求項にその物の製造方法が記載されている場合」(PBPクレーム)に該当する場合(*1)。

                  ↓
【表4】

(1) 「その物の製造方法が記載されている場合」に該当する場合(*2)。

                  ↓
【表5】

(2) 「不可能・非実際的事情が存在する場合」に該当する場合は除外される(*3)。

                  ↓
【表6】

(3) 単に、その物の製造方法の発明にする補正については、審査官は、通常、明瞭でない記載の釈明(第17条の2第5項第4号)に該当する補正であると認める。

(*1)「審査ハンドブックの2203」参照。
 ・「審査基準の第II部第2章第3節の4.3.2」に基づいて判断される。
 ・下記の事情が存在するときは、除外される。
【表7】

(i) 出願時において物の構造又は特性を解析することが技術的に不可能であったこと。
(ii) 特許出願の性質上、迅速性等を必要とすることに鑑みて、物の構造又は特性を特定する作業を行うことに著しく過大な経済的支出又は時間を要すること。

(*2)・「審査ハンドブックの2204」に基づいて判断される。
【表8】

1. 基本的な考え方
(1) 審査官は、物の発明についての請求項の少なくとも一部に「その物の製造方法が記載されている場合」に該当するか否かを、明細書、特許請求の範囲、図面の記載に加え、その発明の属する技術分野における出願時の技術常識も考慮して判断する。

(*3)・「本審査ハンドブックの 2205」に基づいて判断する。
【表9】

2. 「不可能・非実際的事情」に該当する類型、具体例
 類型(i): 出願時において物の構造又は特性を解析することが技術的に不可能であった場合
 類型(ii):特許出願の性質上、迅速性等を必要とすることに鑑みて、物の構造又は特性を特定する作業を行うことに著しく過大な経済的支出や時間を要する場合

<サイト内>
(1)【特許】PBPクレームについて<1>
   「1 プロダクト・バイ・プロセス(PBP)について、
    2 最高裁判
    3 PBPクレームの明確性要件を巡る特許庁の対応」
   (2020/11/07竹山、更新)
(2)【特許】PBPクレームについて<2>
   「4 審査の流れ」
   (2020/11/08竹山、更新)
(3)【特許】PBPクレームについて<3>
   「5 拒絶理由に対する出願人の対応」
   (2020/11/08竹山、更新)
(4)【特許】PBPクレームについて<4>
   「6 物を生産する方法の発明とする補正」
   (2020/11/08竹山、更新)
(5)【特許】PBPクレームについて<5>
   「7 『不可能・非実際的事情』の参考例」

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月 7日 (土)

【特許】プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて<1>(2020/11/07竹山、更新)

□プロダクト・バイ・プロセス(PBP)クレームについて
                    記
1 プロダクト・バイ・プロセス(PBP)について
 ・プロダクト・バイ・プロセス(PBP)は、
  「物の発明についての請求項に
  その物の製造方法が記載されている場合」である。
2 最高裁判決
 <検索サイト>裁判所/裁判例結果一覧/最高裁判所 判例集
 ○最高裁判決:(平成24年[2012年](受)1204号、同2658号)
 (1)平成24年[2012年](受)1204号
    平成27年[2015年]6月5日 最高裁判所第二小法廷
    判決 破棄差戻
  ・全文PDFファイル、*全24頁
   <一部抜粋>
【表1】

理由
 上告代理人上谷清ほかの上告受理申立て理由第一点,第二点,第四点及び第五点
について
 1 ・・・特許発明の技術的範囲の確定の在り方が争われている。

 (2)平成24年[2012年](受)2658号
    平成27年[2015年]6月5日 最高裁判所第二小法廷
    判決 破棄差戻
  ・全文PDFファイル、*全25頁
   <一部抜粋>
【表2】

理由
 上告代理人上谷清ほかの上告受理申立て理由第一点ないし第四点について
 1 ・・・特許要件の審理の前提となる発明の要旨の認定の在り方が争われている。

3 PBPクレームの明確性要件を巡る特許庁の対応
 ○特許庁は、最高裁判決後、PBPクレームの明確性に関し、
  次の対応を行った。
 (1)平成28年[2016年]09月28日:
     「プロダクト・バイ・プロセス・クレーム
     に関する審査の取扱いについて」
   *[更新日 2016年9月28日]
 (2)[更新日 2020年09月30日]:
     「特許・実用新案審査ハンドブック」
    ・第II部 明細書及び特許請求の範囲(PDF:680KB)、全47頁
  ・第2章 特許請求の範囲の記載要件
   ・・2203:物の発明についての請求項にその物の製造方法が
       記載されている場合の審査における留意事項」
   ・・2204:「物の発明に係る請求項にその物の製造方法が
       記載されている場合」に該当するか否かについての判断」
   ・・2205:「物の発明についての請求項にその物の製造方法が
       記載されている場合の審査における
       『不可能・非実際的事情」についての判断』」
<サイト内>
(1)【特許】PBPクレームについて<1>
   「1 プロダクト・バイ・プロセス(PBP)について、
    2 最高裁判
    3 PBPクレームの明確性要件を巡る特許庁の対応」
   (2020/11/07竹山、更新)
(2)【特許】PBPクレームについて<2>
   「4 審査の流れ」
   (2020/11/08竹山、更新)
(3)【特許】PBPクレームについて<3>
   「5 拒絶理由に対する出願人の対応」
   (2020/11/08竹山、更新)
(4)【特許】PBPクレームについて<4>
   「6 物を生産する方法の発明とする補正」
   (2020/11/08竹山、更新)
(5)【特許】PBPクレームについて<5>
 「7 『不可能・非実際的事情』の参考例」


[△最新情報へ]

(以上)

【特許】J-CASTニュース/「もっとも風通しがよく、チームワークのある」中央官庁は?(2020/11/04)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<「中央省庁のチームワーク調査」>
 ・J-CASTニュース/
  「もっとも風通しがよく、チームワークのある」中央官庁は?
  特許庁、経産省、環境省、裁判所... 意外な理由はこれだ!(2)
  *2020年11月04日20時15分
  <一部抜粋1>
【表1】

 就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが、会員ユーザーの口コミ投稿から調査した「官僚にとってもっとも風通しがよく、チームワークのある組織ランキング」を、2020年10月28日に発表した。

  <一部抜粋1>
【表2】

 1位の特許庁の審査官同様、専門職としてお互いを尊重する文化が根付いているようだ。

<追記>
●オープンワーク株式会社/「OpenWork」
 「中央省庁のチームワーク調査」
 *2020年10月28日

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】朝日新聞社/英アストラゼネカのコロナワクチン、中国で治験開始へ=幹部(2020/11/06)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<英アストラゼネカ、6日、中国で年内、
初期および中期の治験を開始する計画>
 ・朝日新聞社/[上海 6日 ロイター]/
  英アストラゼネカのコロナワクチン、中国で治験開始へ=幹部
  *2020年11月6日13時09分
<大阪府知事の定例会見、11月6日、
大阪産ワクチン「大規模治験の予定」>
 ・Lmaga.jp(京阪神エルマガジン社)/
  冬に入りコロナ増加へ、大阪産ワクチン「大規模治験の予定」
  *5時間前(2020年11月6日)
<横浜市、6日、「第7回日経・FT感染症会議」
(主催・日本経済新聞社)開幕>
 ・日本経済新聞
  新型コロナ:「ワクチン、唯一の希望」 日経・FT感染症会議開幕
  *2020/11/6 10:26
<台湾政府、居留証を持つ外国人も公費での接種対象とする方針>
 ・NNA ASIA
  コロナワクチン、外国人も可 高齢者らに限定、接種には遅れも
  *2020/11/06(金)
<5日に開かれた衆議院議院運営委員会の理事会、
新型コロナウイルスのワクチン確保に関する法案、
10日に衆院審議入り>
 ・NHK NEWS WEB
  新型コロナ ワクチン確保に関する法案 10日に衆院審議入りへ
  *2020年11月5日 13時07分
<オーストラリア、モリソン首相、5日、契約締結>
 ・ロイター/[シドニー 5日 ロイター]
  豪政府、新型コロナワクチンを追加購入 計1.35億回分に
  *2020年11月5日5:37 午後

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/新型コロナ:「ワクチンが唯一の希望 社会で次の感染症流行に備えを」(2020/11/06)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<横浜市、第7回日経・FT感染症会議で講演
(事前収録動画を放映)>
 ・日本経済新聞/
  新型コロナ:「ワクチンが唯一の希望 社会で次の感染症流行に備えを」
  ピーター・ピオット博士講演 日経・FT感染症会議
  *2020/11/6 11:59
<ベトナム、国産の新型コロナワクチン、
11月中に第1相臨床試験実施>
 ・VIETJOベトナムニュース/
  国産の新型コロナワクチン、11月中に第1相臨床試験実施へ[社会]
  2020/11/05 06:28 JST配信
<米ジョンズ・ホプキンス大学のデータ、
新規の感染者数も最多を更新>
 ・ブルームバーグ/
  【新型コロナ】世界の新型コロナ死者数、1日当たりの最多更新
  *2020年11月5日 7:06 JST
<インド、国産の新型コロナワクチン、
来年2月にも提供の可能性>
 ・Newsweekjapan/
  インド製新型コロナワクチン、来年2月にも提供の可能性
  *2020年11月06日(金)16時23分

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月 3日 (火)

【特許庁】特許庁/第42回特許制度小委員会 議事次第・配布資料一覧(2020/10/30)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<[特許]第42回特許制度小委員会>
 ・資料/統計、10月30日:
  産業構造審議会知的財産分科会 第42回特許制度小委員会
  議事次第・配布資料一覧
  *[更新日 2020年10月30日]
  <一部抜粋>「配布資料
  ・・資料1 今後の検討事項の方向性について
    (PDF:516KB)*全3頁
  ・・資料2 訂正審判等における通常実施権者の承諾の要件の見直し
    (PDF:390KB)*全11頁
    <一部抜粋>
【図1】*20201103_shiryou02a
    「改正の要否についての方向性の整理」*p.9

20201103_shiryou02a

  ・・資料3 口頭審理期日における当事者の出頭
    のオンライン化
    (PDF:664KB)*全9頁
【図2】*20201103_shiryou03a
    「ウェブ会議システムを利用した口頭審理のイメージ(一例)」*p.5

20201103_shiryou03a

  ・・資料4 当事者本人への証拠の開示制限
    (アトニーズ・アイズ・オンリー)」
   (PDF:684KB)*全24頁
【図3】*20201103_shiryou04a
    「想定されるニーズ」*p.1

20201103_shiryou04a

 

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許庁/(経済産業省のページへ)建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました(2020/11/02)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<[意匠]建築物、内装の意匠>
 ・報道発表、11月2日:
  建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました
  (経済産業省のページへ)
  <一部抜粋1>
【表1】*改行挿入。

 イノベーションの促進とブランド構築に資する優れた意匠を保護可能とすべく意匠法が抜本的に改正され、令和2年4月1日から、建築物、内装、画像の意匠が新たに保護対象となりました。
この度、建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されましたので、お知らせします。

  <一部抜粋2>「2.国内で初めて登録された建築物、内装の意匠
 (1)建築物の意匠
  ① 意匠登録第1671773号「商業用建築物」
   (株式会社ファーストリテイリング)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006416/5780881C989225CDE1C531A07
F7F7A64702CBE872F513D94A489E5E206160E7E/30/ja
  ②意匠登録第1671774号「駅舎」
   (東日本旅客鉄道株式会社)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006473/9B18C87215FFDF0305CA05D8344
CBBFF7EC0D699E261551B65EB0BD48ACF8EE0/30/ja
 (2)内装の意匠
  ①意匠登録第1671152号「書店の内装」
   (カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006305/02F44EFA39A16A76AC7A1540A99410D30
D0C77063F30AA9610036C73C7254EC9/30/ja
  ②意匠登録第1671153号「回転寿司店の内装」
   (くら寿司株式会社)
   ※新規性喪失の例外規定の適用申請あり」
   <URLコピー>
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/DE
/JP-2020-006360/91F67597D12B4727A8DAF828A012
EB98E946FE10E51957A30119AC358975CAE7/30/ja

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Reuters/Russian firm seeks to produce COVID-19 drug remdesivir without patent(2020/11/02)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<ロシアの製薬会社ファーマシンテス、
米国のCOVID-19薬剤レムデシビル、
ジェネリック版の製造を許可するよう要請>
 ・Reuters/By Reuters Staff/モスクワ(ロイター)/
  Russian firm seeks to produce COVID-19 drug remdesivir
   without patent
  *NOVEMBER 2, 20205:23 PM
  [記事表題]<Google 翻訳>「ロシアの会社は特許なしで
   COVID-19薬剤レムデシビルを生産しようとしています」

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】日本経済新聞/知財戦略 部門連携進め、「攻め」の一手へ(2020/11/03)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<知的財産に関する情報を分析し、経営戦略立案に生かす
「IPランドスケープ」と呼ばれる手法、
沢工業大学の杉光一成教授>
 ・日本経済新聞/
  知財戦略 部門連携進め、「攻め」の一手へ
  *2020/11/3 2:00日、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ロイター/アストラゼネカ、英当局の新型コロナワクチン審査が迅速化(2020/11/02)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<英製薬大手アストラゼネカ、
英国医薬品・医療製品規制庁(MHRA)、
審査の迅速化>
 ・ロイター/By Reuters Staff/
  アストラゼネカ、英当局の新型コロナワクチン審査が迅速化
  *2020年11月2日2:22 午後UPDATED 17時間前
 ・朝日新聞社、[1日 ロイター]/
  アストラゼネカ、英当局の新型コロナワクチン審査が迅速化
  2020年11月2日14時19分
<2020米大統領選>
 ・Newsweekjapan/ベンジャミン・フィアナウ/
  さらにエスカレートするトランプの「コロナ詐欺」
  *2020年11月2日(月)18時16分
<英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)、
ワクチンによる副作用の報告、
その処理に人工知能(AI)を活用する計画>
 ・日本経済新聞
  新型コロナ:[FT]英、新型コロナワクチン開発でAI活用へ
  *2020/11/2 17:52、会員限定
<ドイツのバイオ製薬会社キュアバック、
第1相臨床試験(治験)の中間データ>
 ・Newsweekjapan/[フランクフルト 2日 ロイター]
  独キュアバックのコロナワクチン、第1相治験で抗体反応確認
  *2020年11月03日(火)01時14分
 ・ロイター/[フランクフルト 2日 ロイター]/
  独キュアバックのコロナワクチン、第1相治験で抗体反応確認
  *2020年11月3日1:18 午前

[△最新情報へ]

(以上)

2020年11月 1日 (日)

【ブロックチェーン】コインテレグラフ・ジャパン/ブロックチェーンは「米軍の戦略的兵器の一部になり得る」(2020/11/01)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<米国防総省が主催したコンペ>
 ・コインテレグラフ・ジャパン/MARIE HUILLET/
  ブロックチェーンは「米軍の戦略的兵器の一部になり得る」
  *2020年11月01日 / 11:00

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】goo.ne.jp/コロナ再感染 2回目で重症化例 ワクチン開発影響に懸念(2020/10/31)

□特許には関連がないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン
<英医学誌ランセット、2回目で重症化例>
 ・goo.ne.jp/産経新聞/
  コロナ再感染 2回目で重症化例 ワクチン開発影響に懸念
  *2020/10/31 21:19

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】iPhone Mania/Apple、特許侵害で“パテント・トロール”へ520億円の支払いを命じられる(2020/10/31)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<AppleとVirnetXの裁判、米テキサス州の連邦陪審
VirnetXの特許を不当に使用していたとして
5億280万ドル(約526億円)の支払いをAppleに命じた>
 ・iPhone Mania/
  Apple、特許侵害で“パテント・トロール”へ520億円
  の支払いを命じられる
  *2020年10月31日 23時29分
  <一部抜粋>「ユーザーがVPNに自動接続するための
   VPN on Demandと呼ばれる技術に対する特許使用料>
<追記>
●<2018>iPhone Mania/
 Apple、パテント・トロールに5億ドルの賠償金支払いを命じられる
 *2018年4月11日 21時17分
●<2017>iPhone Mania/
 FaceTimeは特許侵害?Appleに約485億円の賠償命令
 *2017年10月17日 17時22分
●<2016>iPhone Mania/
 「FaceTimeは特許侵害」、Appleに300億円の支払い命令
 *2016年10月3日 18時14分
●<2016>ars TECHNICA/
 FACETIME FLAP —
 Patent troll VirnetX beats Apple again, awarded $302M
  in FaceTime damages
 *10/3/2016, 2:38 AM
  [記事表題]<Google 翻訳>「パテントトロールVirnetXが
   再びAppleを打ち負かし、
   FaceTimeの損害賠償で3億200万ドルを獲得」
  <一部抜粋>
【表1】*改行挿入。

 The case began with four of VirnetX's patents (1, 2, 3, 4), which had originated at a company called Science Applications International Corporation, or SAIC. VirnetX has been saying for years that it plans to market various products, but its income comes from licensing patents.
 The latest verdict (PDF) had the jury consider only the amount of damages in the "504 patent" and the "211 patent.
" Two months ago, US District Judge Robert Schroeder ordered a new trial and wiped out the previous $625.6 million in damages that a different jury concluded Apple owed.
Schroeder said that the complex trial, as well as repeated references to an earlier verdict against Apple that was overturned on appeal, created "potential for juror confusion" and unfairly prejudiced Apple.
<Google 翻訳>
 この訴訟は、サイエンスアプリケーションズインターナショナルコーポレーション(SAIC)と呼ばれる会社で発生したVirnetXの4つの特許(1、2、3、4)から始まりました。
VirnetXは何年もの間、さまざまな製品の販売を計画していると言ってきましたが、その収入は特許のライセンス供与によるものです。
 最新の評決(PDF)では、陪審員は「504特許」と「211特許」の損害賠償額のみを検討しました。
2か月前、米国地方裁判所のRobert Schroeder裁判官は、新しい裁判を命じ、別の陪審員がAppleが負っていると結論付けた以前の6億2,560万ドルの損害賠償を一掃しました。
Schroeder氏は、複雑な裁判と、控訴審で覆されたAppleに対する以前の評決への繰り返しの言及が、「陪審員の混乱の可能性」を生み出し、Appleを不当に偏見させたと述べた。

<VirnetXの4つの特許>
 (1)US6502135B1
    ”Agile network protocol for secure communications
    with assured system availability”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「システムの可用性が保証された安全な通信のための
   アジャイルネットワークプロトコル」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US6502135
 (2)US7418504B2
   ”Agile network protocol for secure communications using
   secure domain names”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「安全なドメイン名を使用した安全な通信のための
   アジャイルネットワークプロトコル」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US7418504
 (3)US7490151B2
   ”Establishment of a secure communication link based
    on a domain name service (DNS) request”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「ドメインネームサービス(DNS)要求に基づく
   安全な通信リンクの確立」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US7490151
 (4)US7921211B2
   ”Agile network protocol for secure communications
    using secure domain names”
    [発明の名称]<Google 翻訳>
   「安全なドメイン名を使用した安全な通信のための
   アジャイルネットワークプロトコル」
  (当該ページのURL)
https://patents.google.com/patent/US7921211

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ACLU/The Dangers of Expanding What Can Be Patented In the Age of COVID-19(2020/10/30)

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<「COVID-19の時代に特許を取得できるものを拡大することの危険性」>
 ・ACLU/
  The Dangers of Expanding What Can Be Patented
  In the Age of COVID-19
  *October 30, 2020
  [記事表題]<Google 翻訳>
   「COVID-19の時代に特許を取得できるものを拡大することの危険性」
  <一部抜粋>
【表1】

NEWS & COMMENTARY
The Dangers of Expanding What Can Be Patented In the Age of COVID-19
 Patent proponents are pushing for permanent changes to patent law that will undermine medical practice and scientific research well after this crisis ends.
<Google 翻訳>
ニュースと解説
COVID-19の時代に特許を取得できるものを拡大することの危険性
 特許支持者は、この危機が終わった後も医療行為と科学研究を弱体化させる特許法の恒久的な変更を求めています。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】日英包括的経済連携協定(日英EPA)、2020年10月23日署名(2020/11/01)

□特許・著作権をはじめ知財全般に関連し、
 日英包括的経済連携協定(日英EPA)について2020年10月23日署名された。
●(METI/経済産業省)/日英包括的経済連携協定(日英EPA)
 *最終更新日:2020年10月23日
 <一部抜粋1>日英EPAの活用に関する情報
  JETROのホームぺージでは、

  日英EPAの活用に関する情報を随時提供しています。
  ・日英EPA特集
   ・・JETRO/日英EPA関連情報
●同上
 <一部抜粋2>日英EPAの概要や内容が分かる資料
 ・日英EPAの条文(和文テキスト)(外務省)
  <一部抜粋>
  ・・自由貿易協定(FTA)/経済連携協定(EPA)
    日英包括的経済連携協定(和文テキスト)
    「包括的な経済上の連携に関する日本国とグレートブリテン
    及び北アイルランド連合王国との間の協定」
    *令和2年10月23日
    <一部抜粋>和文テキスト
    ・・協定本体(PDF)、*別ウィンドウで開く、*全514頁
 <一部抜粋>
【表1】第十四章 知的財産/A節 一般規定
    ~第B節 知的財産に関する基準(*その1)

包括的な経済上の連携に関する日本国とグレートブリテン
及び北アイルランド連合王国との間の協定(*その1)
第十四章 知的財産
・第A節 一般規定
    (第十四・一条―第十四・七条)
・第B節 知的財産に関する基準
 ・・第一款 著作権及び関連する権利
      (第十四・八条―第十四・十九条)
 ・・第二款 商標
      (第十四・二十条―第十四・二十五条)
 ・・三款 地理的表示
     (第十四・二十六条―第十四・三十四条)
 ・・第四款 意匠
      (第十四・三十五条及び第十四・三十六条)
 ・・第五款 商品の登録されていない外観
      (第十四・三十七条)
 ・・第六款 特許
      (第十四・三十八条―第十四・四十条)
 ・・第七款 営業秘密及び開示されていない
       試験データその他のデータ
      (第十四・四十一条及び第十四・四十二条)
 ・・第八款 植物の新品種
      (第十四・四十三条)
 ・・第九款 不正競争
      (第十四・四十四条)

【表2】第十四章 知的財産/第C節 権利行使
    ~第D節 協力及び制度上の措置(*その2)

・第C節 権利行使
 ・・第一款 一般規定
      (第十四・四十五条及び第十四・四十六条)
 ・・第二款 民事上の救済に係る権利行使
      (第十四・四十七条―第十四・五十五条)
 ・・第三款 営業秘密の不正な取得に対する保護
       に係る権利行使
      (第十四・五十六条)
 ・・第四款 国境措置に係る権利行使
      (第十四・五十七条)
 ・・第五款 刑事上の制裁に係る権利行使
      (第十四・五十八条)
・第D節 協力及び制度上の措置
    (第十四・六十条―第十四・六十三条)

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】読売新聞/【独自】ゆったり空間の蔦屋書店、やぐら組んだくら寿司…店内装を「意匠」登録(2020/11/01)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
 ・読売新聞/
  【独自】ゆったり空間の蔦屋書店、やぐら組んだくら寿司
  …店内装を「意匠」登録
  *2020/11/01 09:00
  <一部抜粋>「特許庁によると、10月1日時点で内装132件、
   建築物204件、画像450件の出願があった。>

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】時事通信/不正な商標出願は排除 意匠権、25年間保護―日英の知財ルール(2020/10/22)

□意匠・商標に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<日英包括的経済連携協定(日英EPA)>
 ・時事通信/
  不正な商標出願は排除 意匠権、25年間保護―日英の知財ルール
  *2020年10月22日07時09分
<日英EPA、2020年10月23日署名>
●(METI/経済産業省)/日英包括的経済連携協定(日英EPA)
 *最終更新日:2020年10月23日
 <一部抜粋1>日英EPAの活用に関する情報
  JETROのホームぺージでは、
  日英EPAの活用に関する情報を随時提供しています。
  ・日英EPA特集
   ・・JETRO/日英EPA関連情報
 <一部抜粋2>日英EPAの概要や内容が分かる資料
 ・日英EPAの条文(和文テキスト)(外務省)

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】PR TIMES/改正意匠法で蔦屋書店が内装の意匠録第1号を取得(2020/10/26)

□意匠に関連し、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<蔦屋書店、内装の意匠>
 ・PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース配信サービス)/
  改正意匠法で蔦屋書店が内装の意匠録第1号を取得
  カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
  *2020年10月26日 15時58分
  <一部抜粋1>「今回登録されたのは、
   天井までの高さがある書架に囲まれたロングテーブルのある
   内装の意匠と、
   CCCが「本の小部屋」と呼ぶ、書架で囲まれた小部屋が連続する
   空間意匠です。」
   <一部抜粋2>
【図1】(*20201101_zu01)

20201101_zu01

 <出典>PR TIMES
     カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
  (当該ページのURL)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p
/000000013.000057655.html

[△最新情報へ]

(以上)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31