« 【「フィンテック」関連発明】ニュースイッチ Newswitch/不正引き出し問題で垣間見える銀行界とフィンテックの対立(2020/09/19) | トップページ | 【特許】ロジック・マイスター/【米国】Alice判決から5年、米国特許法101条の無効率が低下中(2019/11/15) »

2020年9月20日 (日)

【特許】NGB(日本技術貿易株式会社)/【米国研修レポート2019】記憶媒体クレームの特徴・有用性について(2020/01/22)

□特許に関連し、Google/プログラム特許 米国
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/プログラム特許 米国
<米国、記憶媒体クレームの特徴・有用性>
 ・NGB(日本技術貿易株式会社)/記事担当:特許第1部 渡邉
  【米国研修レポート2019】記憶媒体クレームの特徴・有用性について
  *2020/01/22
[追記]
<日米欧中、クレームドラフティング>
 ●伊東国際特許事務所/論説、
  日米欧中で通用する クレームドラフティング(その1)
  *(知財管理 Vol.64 No.2 2014 掲載記事)、全18頁
<日米欧中、グローバル明細書>
 ●ウイニング特許事務所/
  グローバル明細書
  *最終更新日:2019.7.24
<ドイツ、ソフトウェア特許の取り方>
 ●ロジック・マイスター/ロジック・マイスター 編集部米国
  米国・ドイツ特許弁護士に聞く、世界一詳しいソフトウェア特許の取り方
  *2018-04-13 14:45


[△最新情報へ]

(以上)

« 【「フィンテック」関連発明】ニュースイッチ Newswitch/不正引き出し問題で垣間見える銀行界とフィンテックの対立(2020/09/19) | トップページ | 【特許】ロジック・マイスター/【米国】Alice判決から5年、米国特許法101条の無効率が低下中(2019/11/15) »

最近の記事

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30