« 【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<2> | トップページ | 【個人メモ】Reuters/Exclusive: WHO sweetens terms to join struggling global COVAX vaccine facility(2020/08/28) »

2020年8月29日 (土)

【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<3>

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<COVID-19関連のソフトウェアイノベーションの保護>
 ・IPWatchdog.com
  /By Ryan N. Phelan & Shannon Hughes Mastick/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  *August 28, 2020
   <一部抜粋>
【表5】*改行挿入。

 In the Uniloc case, the Federal Circuit further noted that
 “[a] claimed invention’s compatibility with conventional communication systems does not render it abstract,”
 and that software related inventions need not recite
 “physical components”
 (because “[t]o hold otherwise risks resurrecting a bright-line machine-or-transformation test, or creating a categorical ban on software patents.”).
(Google 翻訳)
 ユニロックの場合、連邦巡回裁判所はさらに、
 「[a]発明の従来の通信システムとの互換性はそれを抽象化しない」
と述べ、ソフトウェア関連の発明は
「物理的コンポーネント」
を記載する必要がないことを指摘しました。
 (「輝かしい機械または変換テストを復活させるリスク、またはソフトウェア特許の断固たる禁止を作成するリスク」)。

【表6】*改行・下線挿入。

 Describe COVID-19 Improvements to Demonstrate Eligibility
 To ensure that inventions are not perceived to be “abstract ideas” by the USPTO, applicants should carefully review the 2019 Revised Patent Subject Matter Eligibility Guidance (2019 PEG) issued in January 2019 and the update to the 2019 Revised Patent Subject Matter Eligibility Guidance issued in October 2019 (October PEG update) when filing and prosecuting software patent applications that are related to COVID-19.
(Google 翻訳)
 適格性を示すためのCOVID-19の改善について説明する
 発明がUSPTOによって「抽象的なアイデア」であると認識されないようにするために、出願人は2019年1月に発行された2019年改訂特許対象物質適性ガイダンス(2019 PEG)と発行された2019年改訂特許対象物質適性ガイダンスの更新を慎重に確認する必要があります、2019年10月(10月のPEG更新)に、COVID-19に関連するソフトウェア特許出願を出願および起訴するとき。

【表7】*改行挿入。

 Specifically, as outlined by the 2019 PEG and the October PEG update, when drafting and prosecuting software patent applications, applicants should focus on ways in which the claimed invention is a technological improvement, as well as practical applications of the claimed invention.
(Google 翻訳)
 具体的には、2019 PEGと10月のPEGの更新で概説されているように、ソフトウェア特許出願を起草して起訴する場合、申請者は、クレームされた発明が技術的改善である方法とクレームされた発明の実際の用途に焦点を当てる必要があります。

【表8】*改行挿入。

 This can be applied to COVID-19 related inventions, for example, where a patentee could indicate the invention’s improvement in diagnosing COVID-19 or detecting COVID-19 symptoms over existing technology, or its practical application in adapting to a post-pandemic world.
 Such description in the specification of a software patent application may be sufficient to demonstrate that the claimed invention is patent eligible.
(Google 翻訳)
 これは、COVID-19関連の発明に適用できます。
 たとえば、特許権者が既存の技術に対するCOVID-19の診断またはCOVID-19症状の検出における発明の改善を示すことができる場合、またはパンデミック後の世界への適応におけるその実用的なアプリケーション。
 ソフトウェア特許出願の明細書におけるそのような記述は、クレームされた発明が特許適格であることを実証するのに十分であるかもしれません。

<サイト内>
 ●2020年8月29日 (土)、【個人メモ】IPWatchdog.com/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  (2020/08/28)<3>
 ●2020年8月29日 (土)、【個人メモ】IPWatchdog.com/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  (2020/08/28)<2>
 ●2020年8月29日 (土)、【個人メモ】IPWatchdog.com/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  (2020/08/28)<1>


[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<2> | トップページ | 【個人メモ】Reuters/Exclusive: WHO sweetens terms to join struggling global COVAX vaccine facility(2020/08/28) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31