« 【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<1> | トップページ | 【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<3> »

2020年8月29日 (土)

【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<2>

□特許に関連し、Google/ニュース/patent COVID-19
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/patent COVID-19
<COVID-19関連のソフトウェアイノベーションの保護>
 ・IPWatchdog.com
  /By Ryan N. Phelan & Shannon Hughes Mastick/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  *August 28, 2020
   <一部抜粋>
【表1】*改行挿入。

 Considerations for Software-Related Innovations
 As the COVID-19 pandemic rages on, inventors have developed new and improved ways both to fight the virus and to adapt to a world changed by the pandemic.
 While medical and / or pharmaceutical-related inventions designed to treat or diagnose the disease have been making news headlines, there have also been numerous software developments designed to address present day needs.
(Google 翻訳)
 ソフトウェア関連のイノベーションに関する考慮事項
 COVID-19のパンデミックが猛威を振るう中、発明者らは、ウイルスと戦うため、およびパンデミックによって変化した世界に適応するための両方の新しい改善された方法を開発しました。
 病気を治療または診断するために設計された医療および/または製薬関連の発明がニュースの見出しを作っていますが、今日のニーズに対処するために設計された数多くのソフトウェア開発もありました。

【表2】*改行・下線挿入。

 Since the U.S. Supreme Court’s 2014 decision in Alice v. CLS Bank, in which it was held that using a computer to implement the “abstract idea” of hedging risk rendered the related claims unpatentable, subject matter eligibility for software inventions under 35 U.S. §101 has been a particular concern.
(Google 翻訳)
 コンピューターを使用してリスクをヘッジするという「抽象的なアイデア」を実装するためにコンピューターを使用して関連するクレームを特許性のないものにしたとされた米国最高裁判所の2014年のAlice v. CLS Bankでの判決以来、35 US§101に基づくソフトウェア発明の対象資格特に懸念されています。

【表3】*改行挿入。

 As a result, subsequent federal court decisions have grappled with the determination of whether software-related patent claims recite patent eligible subject matter regarding subject matter eligibility under 35 U.S. §101.
(Google 翻訳)
 結果として、その後の連邦裁判所の決定は、ソフトウェア関連の特許クレームが米国特許法第101条に基づく主題の適格性に関する特許適格の主題を記載しているかどうかの決定に取り組みました。

【表4】*改行・下線挿入。

 On April 30, 2020, six years after Alice, the Federal Circuit affirmed that software inventions remain patentable, in Uniloc USA, Inc. v. LG Electronics USA, Inc.[*1], stating that:
 “[o]ur precedent is clear that software can make patent-eligible improvements to computer technology, and related claims are eligible as long as they are directed to non-abstract improvements to the functionality of a computer or network platform itself.”
(Google 翻訳)
 アリスから6年後の2020年4月30日、連邦巡回裁判所は、ソフトウェアの発明が特許を取得できることを確認し、Uniloc USA、Inc. v. LG Electronics USA、Inc.[*1]で次のように述べています。
 「コンピュータテクノロジーに特許の対象となる改善を行い、関連するクレームは、コンピュータまたはネットワークプラットフォーム自体の機能に対する抽象的なものではない改善に向けられている限り、適格です。」

 [*1]”Uniloc USA, Inc. v. LG Electronics USA, Inc.”
   ・・IPWatchdog.com/By Eileen McDermott/
     Uniloc Patent Claims Vindicated Under Alice at Federal Circuit
     *May 1, 2020
    [記事表題](Google 翻訳)
     「Unilocの特許は、連邦巡回控訴裁判所でアリスの下で
     立証されたと主張します」
     <一部抜粋>
     ”in an opinion authored by Judge Moore”
     ・・・Case: 19-1835 Document: 35 Page: 1 Filed: 04/30/2020
        *全10頁
<サイト内>
 ●2020年8月29日 (土)、【個人メモ】IPWatchdog.com/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  (2020/08/28)<3>
 ●2020年8月29日 (土)、【個人メモ】IPWatchdog.com/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  (2020/08/28)<2>
 ●2020年8月29日 (土)、【個人メモ】IPWatchdog.com/
  Protecting COVID-19-Related Software Innovations
  (2020/08/28)<1>


[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<1> | トップページ | 【個人メモ】IPWatchdog.com/Protecting COVID-19-Related Software Innovations(2020/08/28)<3> »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31