« 【個人メモ】「知財管理」誌、篠原勝美著「わが国の進歩性の審理判断に関する若干の考察」(2020/07/12竹山宏明) | トップページ | 【特許】特許庁/宇宙分野における知財戦略の策定に向けた、・・・(2019年3月公表、2020/07/18竹山宏明)<2> »

2020年7月18日 (土)

【特許】経済産業省/報告書「宇宙分野における知財対策と支援の方向性について」(2020年3月31日公表、同07/18竹山宏明)<1>

□特許に関連し、Google/特許 宇宙
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/特許 宇宙
<経済産業省、報告書
「宇宙分野における知財対策と支援の方向性について」>
  ・経済産業省/
   宇宙分野における知財対策と支援の方向性について
   報告書を取りまとめました
   2020年3月31日
   <一部抜粋>3.関連資料
   ・・宇宙分野における知財対策と支援の方向性報告書(概要)
     (PDF形式:647KB)PDFファイル
     *全3頁
   ・・宇宙分野における知財対策と支援の方向性報告書
     (PDF形式:7,257KB)*全45頁
<追記>
 ●内閣府宇宙開発戦略推進事務局・経済産業省/
  宇宙分野における知財対策と支援の方向性報告書
  (概要)(PDF形式:647KB)*全3頁
  *全3頁
【表1】 「我が国の宇宙産業の状況変化」*p.2

我が国の宇宙産業の状況変化
宇宙産業ではこれまで技術漏洩、知財侵害のリスクが他産業と比べて低く出願の必要性が限定的と考えられてきた。
近年、コンステレーションビジネスの進展により小型衛星・ロケットの需要が増加、低コスト化が進展するなど宇宙産業の状況が大きく変化していることから、出願の要否を再検討する必要がある。

 <出典1>「内閣府宇宙開発戦略推進事務局・経済産業省」サイト
       宇宙分野における知財対策と支援の方向性報告書
       (概要)(PDF形式:647KB)
       「我が国の宇宙産業の状況変化」*p.2
 (当該ページのURL)
https://www.meti.go.jp/press/2019/03
/20200331018/20200331018-2.pdf
【図1】

20200718_zu01

 <出典2> *出典1に同じ。p.2
 ●内閣府宇宙開発戦略推進事務局・経済産業省/
  宇宙分野における知財対策と支援の方向性、報告書、
  *令和2年3月、(PDF形式:7,257KB)、全45頁
   <一部抜粋>
【表2】「2. 企業における宇宙知財戦略の在り方」*p.11~、改行挿入。

2. 企業における宇宙知財戦略の在り方
 各企業等が自社の保有する知的財産やノウハウの権利化あるいは秘匿化、その活用の方針について知的財産戦略として策定し、遂行していく上では、以下の 3 つの取組を行う必要があると考えられる。
本項では各取組における留意点についてまとめる。
 取組① 事前の特許調査
 取組② オープンクローズ戦略に基づく出願の検討
 取組③ 特許出願をしない場合のリスクの認識と対策の確保

 <出典3>「内閣府宇宙開発戦略推進事務局・経済産業省」サイト
      「2.1 事前の特許調査」、*p.11
 (当該ページのURL)
https://www.meti.go.jp/press/2019
/03/20200331018/20200331018_a.pdf
【図2】「2.1 事前の特許調査」p.13

20200718_zu02
 <出典4> *出典4に同じ。p.13

<サイト内>
●2020年7月18日 (土)、【特許】経済産業省/
  報告書「宇宙分野・・・」の「重要特許 17:スペースデブリ・・・」
  の「特許査定」(2020/07/18竹山宏明)<3>
 ●2020年7月18日 (土)、【特許】特許庁/
  宇宙分野における知財戦略の策定に向けた、
  ・・・(2019年3月公表、2020/07/18竹山宏明)<2>

[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】「知財管理」誌、篠原勝美著「わが国の進歩性の審理判断に関する若干の考察」(2020/07/12竹山宏明) | トップページ | 【特許】特許庁/宇宙分野における知財戦略の策定に向けた、・・・(2019年3月公表、2020/07/18竹山宏明)<2> »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31