« 【個人メモ】WIRED.jp/新型コロナウイルスを「抗体」で治療する医薬品の開発が、いま急ピッチで進められている(2020/06/07) | トップページ | 【特許庁】新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について(緊急事態宣言解除後の当面の対応について)(2020年6月5日) »

2020年6月 7日 (日)

【個人メモ】<コラム>「対立」から「共存」、「情報の共有化」について、2020/06/07竹山宏明(2020/06/07竹山更新)

□(コラム)「対立」から「共存」、「情報の共有化」について、
 2020/06/07竹山宏明です。
【表1】 コラム本文。

<コラム>「対立」から「共存」、「情報の共有化」について
2020/06/07竹山宏明
 「ワクチンの開発」対「『抗体』で 治療する医薬品の開発」は、「対立」構造で無く、「共存」が早道のように考えます。
 テネシー州のヴァンダービルト大学ワクチンセンター副所長のロバート・カーナハン氏のご発言、「抗体はワクチン接種が実現するまでの橋渡し役を果たせます」の通り、患者の方々の早期、治療が「第一」です。研究機関や企業がそれぞれの特色を生かすことが重要と考えます(*1)。
 同様に、「パテントプール」についても、多くのパテントプールが同時発足され、並行して機能することが早道のように考えます。
 多くのパテントプールが同時に並行して運営されていることで、「重要な特許」の早期発見や、プール機関が収集した資金の分配を通じ、早期の実用化、ひいてはリーズナブルな価格でのライセンス化、開発途上国による現地生産の拡大化の支援、知識の共有化の促進に役立つことを切に願います。(以上)

【表2】コラム参考文献。

<コラム>参考文献
(*1):WIRED.jp/TEXT BY KATE KNIBBS/
 新型コロナウイルスを「抗体」で治療する医薬品の開発が、いま急ピッチで進められている
 *2020.06.04 THU 17:00
 (当該ページのURL)
https://wired.jp/2020/06/04/coronavirus
-covid-19-antibody-treatment/
(*2)<サイト内>2020年6月 6日 (土)
 【個人メモ】<コラム>「気になるキーワード」(2020/06/06竹山更新)
 (当該ページのURL)
http://sdnews.cocolog-nifty.com/blog
/2020/06/post-4eaff3.html

[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】WIRED.jp/新型コロナウイルスを「抗体」で治療する医薬品の開発が、いま急ピッチで進められている(2020/06/07) | トップページ | 【特許庁】新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について(緊急事態宣言解除後の当面の対応について)(2020年6月5日) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31