« 【個人メモ】Sustainable Japan/【国際】WHO、新型コロナワクチン等の共有推進イニシアチブC-TAP発足(2020/05/31) | トップページ | 【特許】The National Law Review/Chinese Patent Application for Coronavirus Vaccine Published(コロナウイルスワクチンの中国特許出願公開)(2020/06/03) »

2020年6月 6日 (土)

【個人メモ】<コラム>「気になるキーワード」(2020/06/06竹山更新)

□「パテントプール」に関連し、
 「気になるキーワード」を上げてみました。2020/06/06竹山宏明
   (1)”C-TAP”(COVID-19 technology access pool)
   (2)”MPP”(Medicines Patent Pool)
   (3)”TAP”(Tech Access Partnership)
     ・”A COVID-19 technology sharing platform”
   (4)「特許権プール」構想
<(1)”C-TAP”>
 ・WHO/
  ”COVID-19 Technology Access Pool (C-TAP)”
  (COVID-19・テクノロジー・アクセス・プール)
 <May 29, 2020発足>
 ・・COVID-19 technology access pool(C-TAP)
    <一部抜粋1>
【表1 】

Commitments to share knowledge, intellectual property and data
The COVID-19 Technology Access Pool (C-TAP) will compile, in one place, pledges of commitment made under the Solidarity Call to Action to voluntarily share COVID-19 health technology related knowledge, intellectual property and data.
The Pool will draw on relevant data from existing mechanisms, such as the Medicines Patent Pool and the UN Technology Bank-hosted Technology Access Partnership.
Shared knowledge, intellectual property and data will leverage our collective efforts to advance scientific discovery, technology development and broad sharing of the benefits of scientific advancement and its applications based on the right to health.
Holders of COVID-19 health technology related knowledge, intellectual property and/or data are invited to "take action now".
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
Commitments to share knowledge, intellectual property and data
(知識、知的財産、データを共有するための取り組み)
COVID-19テクノロジーアクセスプール(C-TAP)は、COVID-19ヘルステクノロジー関連の知識、知的財産、データを自主的に共有するための連帯行動要請の下でなされた公約を1か所にまとめます。
このプールは、医薬品特許プールや国連テクノロジーバンクがホストするテクノロジーアクセスパートナーシップなど、既存のメカニズムから関連データを利用します。
共有された知識、知的財産、およびデータは、科学的発見、技術開発、および科学的進歩の利点と健康への権利に基づくそのアプリケーションの幅広い共有を促進するための私たちの総力を活用します。
COVID-19ヘルステクノロジー関連の知識、知的財産権、データの所有者は、「今すぐ行動を起こす」よう求められます。

 <出典> 「COVID-19 technology access pool(C-TAP)」サイト
  (当該ページのURL)
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel
-coronavirus-2019/global-research-on-novel
-coronavirus-2019-ncov/covid-19-technology-access-pool
<(2)”MPP”>
 ・WHO/
  国連の傘下機関「UNITAID」/
  ”Medicines Patent Pool: MPP”
  (医薬品特許プール)<July, 2010発足>
  *対象特許:発足時、主としてHIV/AIDS関連薬
  ・・Medicines Patent Pool: MPP
https://medicinespatentpool.org/
    <一部抜粋1>
【表2】

Who We Are
The Medicines Patent Pool (MPP) is a United Nations-backed public health organisation working to increase access to, and facilitate the development of, life-saving medicines for low- and middle-income countries.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
Who We Are(私たちは誰ですか)
医薬品特許プール(MPP)は、低中所得国の救命医薬品へのアクセスを増やし、その開発を促進するために活動している、国連が支援する公衆衛生組織です。

 <出典> 「Medicines Patent Pool: MPP」サイト
  (当該ページのURL)
https://medicinespatentpool.org/
    <一部抜粋2>
【表3】

MedsPaL
The Medicines Patents & Licences Database
MPP’s patents and licences database, MedsPaL, is a resource that provides information on the intellectual property status of selected HIV, hepatitis C, tuberculosis and other patented essential medicines in low- and middle-income countries.
We are now including some patented medicines being tested for the treatment of COVID-19.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
MedsPaL
医薬品の特許およびライセンスデータベース
MPPの特許およびライセンスデータベースであるMedsPaLは、選択されたHIV、C型肝炎、結核、およびその他の中低所得国で特許を取得している必須医薬品の知的財産状況に関する情報を提供するリソースです。
現在、COVID-19の治療のために試験されているいくつかの特許医薬品を含めています。

    <一部抜粋3>
  ・・・Additional information and disclaimers
     (追加情報と免責事項)
https://medicinespatentpool.org/resources/medspal/
 *【参考図1】 C-TAPとMPP、2020/06/03竹山。

20200603_zu01

<(3)”TAP”>
 ・”Tech Access Partnership(TAP)”
  <May 12, 2020起ち上げ>
  ・・A COVID-19 technology sharing platform
    (COVID-19テクノロジー共有プラットフォーム)
    <一部抜粋1>Our Mission
     Ensure equitable access to essential health technologies:
     (Google 翻訳)我々の使命
       重要な医療技術への公平なアクセスを確保する:
    <一部抜粋2>
【表4 】

The Tech Access Partnership (TAP) aims to supports developing countries to scale up local production of critical health technologies needed to combat COVID-19, including personal protective equipment, diagnostics and medical devices such as ventilators.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
Tech Access Partnership(TAP)は、個人用保護具、診断、人工呼吸器などの医療機器など、COVID-19と戦うために必要な重要な健康技術の現地生産を拡大する開発途上国を支援することを目的としています。

 <出典> 「Tech Access Partnership(TAP)」サイト
      A COVID-19 technology sharing platform
  (当該ページのURL)
https://techaccesspartnership.org/
 *【参考図2】 C-TAPとTAP、2020/05/31竹山。

20200531c_zu01

<(4)「特許権プール」>
 
  官邸/令和2年5月25日
  新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見
  <一部抜粋>【安倍総理冒頭発言】
【表

 このウイルスに対する治療薬やワクチンを、透明性の高い国際的な枠組みの下で途上国も使えるようにしていく特許権プールの創設を、来月予定されているG7サミットで提案したいと考えています。

  ・・論座/朝日新聞/荒井寿光 氏/
    パンデミック対策の鍵を握る医薬品の「特許権プール」構想
    コロナ医薬品特許権プールへの期待と課題
    荒井寿光 知財評論家、元特許庁長官
    *2020年06月04日

[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】Sustainable Japan/【国際】WHO、新型コロナワクチン等の共有推進イニシアチブC-TAP発足(2020/05/31) | トップページ | 【特許】The National Law Review/Chinese Patent Application for Coronavirus Vaccine Published(コロナウイルスワクチンの中国特許出願公開)(2020/06/03) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31