« 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3) | トップページ | 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<コラム>(2020/05/30竹山更新)(5) »

2020年5月30日 (土)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<表1>(2020/05/30竹山更新)(4)

●世界保健機関(WHO)の会報/Bulletin of the World Health Organization
 <一部抜粋>
【表1】 ”Table 1.”の序文。

Bulletin of the World Health Organization
Patent pooling to increase access to essential medicines
Esteban Burrone, Dzintars Gotham, Andy Gray, Kees de Joncheere, Nicola Magrini, Yehoda M Martei, Charles Gore & Marie Paule Kieny
Volume 97, Number 8, August 2019, 575-577
Table 1.
”© WHO 2020”
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
世界保健機関の会報
必須医薬品へのアクセスを増やすための特許プール
エステバン・ブローネ、ジンターズ・ゴッサム、アンディ・グレイ、キース・ド・ジョンチェーレ、ニコラ・マグリーニ、エホダ・M・マルテイ、チャールズ・ゴア、マリー・ポーレ・キエニー
97巻、第8号、2019年8月、575-577
表1。
”© WHO 2020”

【表2】 ”Table 1.”の前文。

Patented essential medicines for which public health-oriented licensing could be an important strategy to improve access
Category
Description
Case study
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
公衆衛生志向のライセンス供与がアクセスを改善するための重要な戦略となり得る特許取得済みの必須医薬品
カテゴリー
説明
ケーススタディ

【表3】 ”Table 1.”の構成。

カテゴリー(A) 説明(B)  ケーススタディ(C)
(1A) (1B) (1C)
(2A) (2B) (2C)
(3A) (3B) (3C)
(4A) (4B) (4C)
(5A) (5B) (5C)

【表4】 ”Table 1.”のカテゴリー(A):(1A)~(5A)。

(1A)Patented medicines in WHO’s model list of essential medicines
(2A)Patented medicines that are not yet included in WHO’s model list, in part due to insufficient cost–effectiveness at current prices
(3A)Patented medicines that show promising clinical data and may merit inclusion in WHO’s model list in the future if clinical benefit is confirmed
(4A)Patented cancer medicines that will be considered at the next WHO model list expert committee review
(5A)New antimicrobials
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
(1A)WHOの必須医薬品のモデルリストにある特許医薬品
(2A)現在の価格では費用対効果が不十分なためにWHOのモデルリストにまだ含まれていない特許医薬品
(3A)有望な臨床データを示し、臨床的利益が確認された場合、将来的にWHOのモデルリストに含める価値がある特許医薬品
(4A)次回のWHOモデルリスト専門委員会審査で検討される特許取得済みのがん治療薬
(5A)新しい抗菌剤

<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内1>
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(1)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(2)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5) 

[△最新情報へ]

(以上)

« 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3) | トップページ | 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<コラム>(2020/05/30竹山更新)(5) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31