« 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール(2020/05/30竹山更新)(2) | トップページ | 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<表1>(2020/05/30竹山更新)(4) »

2020年5月30日 (土)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3)

【表5】 *改行挿入。

Essential medicines
WHO’s Model list of essential medicines comprises medicines that meet the priority health needs of the population and that should always be available and affordable in all countries.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
必須医薬品
WHOの必須医薬品のモデルリストには、国民の優先的な健康ニーズを満たし、すべての国で常に入手可能で手頃な価格の医薬品が含まれています。

 <出典1>
  <出典>「WHO」サイト
   Patent pooling to increase access to essential medicines
  (当該ページのURL)
https://www.who.int/bulletin/volumes
/97/8/18-229179/en/
【表6】 *改行挿入。

WHO’s model list is updated every two years by the Expert Committee on the Selection and Use of Essential Medicines, which considers submissions based on public health relevance, efficacy, safety and comparative cost–effectiveness.(*8)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
WHOのモデルリストは、必須医薬品の選択と使用に関する専門家委員会によって2年ごとに更新され、公衆衛生の関連性、有効性、安全性、および費用対効果の比較に基づいて提出が検討されます。(* 8)

【表7】 *改行挿入。

Competitive generic manufacture could lead to significant price reductions for patented essential medicines in low- and middle-income countries.
Such reductions have recently taken place for certain oncology medicines following patent expiry and generic market entry.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
競争力のあるジェネリック医薬品の製造は、低所得国および中所得国において、特許を取得した必須医薬品の大幅な値下げにつながる可能性があります。
最近、このような削減は、特許の満了およびジェネリック市場への参入に続いて、特定のがん治療薬について行われました。

【表8】 *改行挿入。

For example, in South Africa, the price of a leukaemia medicine on WHO’s model list has decreased by 98.5% since 2012, to US$ 400 per patient per year in 2019, following generic market entry.(*9,10)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
たとえば、南アフリカでは、WHOのモデルリストにある白血病治療薬の価格は、一般的な市場参入に続いて、2012年から98.5%減少し、2019年の患者1人あたり年間400ドルに達しました(* 9、10)。

【表9】 *改行挿入。

Therefore, public-health-oriented licensing could contribute to price reductions for other essential medicines that are still under patent protection in low- and middle-income countries.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
したがって、公衆衛生志向のライセンス供与は、低中所得国でまだ特許保護を受けている他の必須医薬品の値下げに貢献する可能性があります。

<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内1>
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(1)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(2)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <表1>(2020/05/30竹山更新)(4)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

« 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール(2020/05/30竹山更新)(2) | トップページ | 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<表1>(2020/05/30竹山更新)(4) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31