« 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール(2020/05/30竹山更新)(1) | トップページ | 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3) »

2020年5月30日 (土)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール(2020/05/30竹山更新)(2)

【表2】 *改行挿入。

One way to achieve better access to new medicines is patent pools, which allow third parties to acquire non-exclusive licences for the intellectual property needed to develop products.
While patent pools have existed for several decades in other fields of technology, such as in digital technologies, they are a relatively new concept in public health, where they have been applied to address some of the access challenges in low- and middle-income countries.(*3)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
新薬へのアクセスを改善する1つの方法はパテントプールです。これにより、サードパーティは製品の開発に必要な知的財産の非独占的ライセンスを取得できます。
パテントプールは、デジタルテクノロジーなどの他のテクノロジー分野で数十年存在してきましたが、公衆衛生における比較的新しい概念であり、低中所得国のアクセスの課題のいくつかに対処するために適用されています 。(*3)

 <出典1>
  <出典>「WHO」サイト
   Patent pooling to increase access to essential medicines
  (当該ページのURL)
https://www.who.int/bulletin/volumes
/97/8/18-229179/en/
【表3】 *改行挿入。文字一部着色。

To improve access to antiretroviral treatment in low- and middle-income countries, Unitaid established the Medicines Patent Pool in 2010 as the first public health patent pool.
Later, the patent pool’s mandate was expanded to treatments for tuberculosis and hepatitis C.
The patent pool has negotiated most of the licensing agreements with pharmaceutical companies that have enabled competitive generic manufacture of antiretrovirals in low- and middle-income countries before patent expiry.
These licences have also facilitated the development of new formulations that are particularly needed in resource-constrained settings, such as certain fixed-dose combinations and paediatric formulations.
To date, the patent pool’s generic partners have distributed 22 million patient-years of treatment, allowing global savings of 1.06 billion United States dollars (US$), according to a biannual analysis undertaken by a leading auditing company.(*4)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
低中所得国における抗レトロウイルス治療へのアクセスを改善するために、「 ユニタイド」 は2010年に最初の公衆衛生パテントプールとして医薬品パテントプールを設立しました。
その後、パテントプールの権限は結核とC型肝炎の治療に拡大されました。
パテントプールは、特許失効前に低中所得国での抗レトロウイルス薬の競争力のあるジェネリック製造を可能にした製薬会社とのライセンス契約のほとんどを交渉しました。
これらのライセンスにより、特定の固定用量の組み合わせや小児用製剤など、リソースが限られた環境で特に必要となる新しい製剤の開発も促進されました。
現在、パテントプールのジェネリックパートナーは2,200万患者年の治療を分配しており、大手監査会社が実施した年2回の分析によると、10億6千万米ドル(US $)の世界的な節約が可能です。(*4)

<追記>
 ●ウィキペディア/「ユニタイド」(Unitaid)
  ・ウィキペディア(英語)
   <一部抜粋>英語から翻訳
    ユニタイドは、結核、マラリア、HIV / AIDSとその致命的な共感染症
   に重点を置いて、パートナーと協力して低中所得国の主要な疾患を

   予防、診断、治療するためのイノベーションをもたらす
   グローバルなヘルスイニシアチブです。
【表4】 *改行挿入。

In 2016, the Lancet Commission on Essential Medicines Policies, the World Health Organization (WHO) and other stakeholders called for the patent pool to expand its mandate to a broader range of patented essential medicines.(*5,6)
 Here, we outline the findings of a released feasibility study on expanding the patent pool’s mandate,(*7) laying out the public health case for adapting its model to disease areas beyond the initial three focus diseases.
In May 2018, the patent pool acted on the results of the feasibility study and expanded its mandate to include other patented essential medicines.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
 2016年、ランセット必須医薬品ポリシー委員会、世界保健機関(WHO)、およびその他の利害関係者は、パテントプールを、その権限をより幅広い範囲の特許必須医薬品に拡大するよう求めました。(*5、6)
 ここでは、パテントプールのマンデートの拡大に関するリリース済みの実現可能性調査(* 7)の結果を概説し、最初の3つの重点疾患を超えた疾患領域にモデルを適応させるための公衆衛生の事例を示します。
2018年5月、パテントプールは実現可能性調査の結果に基づいて行動し、その権限を他の特許の必須医薬品を含めるように拡大しました。

<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内1>
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(1)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3)
  ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <表1>(2020/05/30竹山更新)(4)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

« 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール(2020/05/30竹山更新)(1) | トップページ | 【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31