« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

【特許】(コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明(20/05/31竹山更新)

□(コラム)「パテントプールについて」2020年5月30日竹山宏明 です。
<「パテントプールについて」(参考図)>
【図1】 *「パテントプールについて」(参考図)

20200531c_zu01      

【表1】(コラム)「パテントプールについて」/2020年5月30日竹山宏明

(コラム)「パテントプールについて」/2020年5月30日竹山宏明
 「COVID-19 technology access pool」は、最初、3月にコスタリカの大統領カルロス・ アルバラド(Carlos Alvarado)により提案され、世界保健機関(WHO)により2020年5月29日付けで立ち上げられました。 (*1)
 また、コスタリカ大統領の提案にもとづいて、「テクノロジー・アクセス・パートナーシップ」(Tech Access Partnership、TAP)が2020年5月12日付けで 発足されました。(*2)
 ”TAP”は、ニューヨーク  -  国連テクノロジーバンク(New York - The United Nations Technology Bank)が、国連開発計画(UNDP)により、国連貿易開発会議(UNCTAD)、世界保健機関(WHO)と共同で、発足させました。(*2)
 ”TAP”は、
「COVID-19に対する開発途上国の対応を強化し、人命を救う健康技術へのアクセスを増やすための協調的アプローチの一環」
とするものです。
 先のWHOの”pool ”に は、イニシアチブとして、次の5つの重要な要素があります。
 「(1) 遺伝子配列とデータの公開。
 (2) 臨床試験の結果の公開に関する共同声明に沿った研究結果の登録と公開。
 (3) 政府およびその他の資金提供者は、公平な分配、手頃な価格、および試験データの公開に関する条項を製薬会社やその他の革新者との資金調達契約に含めることを勧める 。
 (4) 可能性のある治療、診断、ワクチン、その他の医療技術を国連が支援する医薬品特許プールにライセンス供与する。
 (5) 地元の製造と供給能力を向上させるオープンイノベーションモデルと技術移転の促進
 (Open Covid PledgeとTechnology Access Partnership(TAP)を含む)。」
 一方、”TAP”は、
「重要な専門知識を持つメーカーと途上国の新興メーカーを結び付けて、これらのツールの生産を拡大するために必要な情報、技術的専門知識、リソースを共有することで、重要な医療技術と機器の深刻な不足に対処すること」
を目的とします。(*2)
 ”TAP”に は、
「COVID-19パンデミックの社会経済的影響に対抗するための国連開発システムの全体的なアプローチを中心」
とします。(*2)
 また、 ”TAP”に は、
「テストと治療のためのグローバルな能力の拡大、最も脆弱な人々への社会的保護の提供、将来のパンデミックへの耐性を持たせること」
が含まれている、、と説明されています。 (*2)
 ”TAP”の「将来のパンデミックへの耐性を持たせること」は、将来を見据えたものであり、次の世代、未来の人々に「バトン」をつなげていく、素晴らしい提言と考えます。<以上>

【表2】(コラム)<参考文献>

(コラム)<参考文献>
(*1)HealthManagement.org/
 COVID-19 Technology Access Poolis Launched
 *Fri, 29 May 2020
 (当該ページのURLのその1)
http://sdnews.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-c71d19.html
(*2)United Nations Development Programme/
 UN agencies launch Tech Access Partnership in joint effort to scale up local production of life-saving health technologies for COVID-19
 *May 12, 2020
 (当該ページのURLのその2)
https://www.undp.org/content/undp/en/home
/news-centre/news/2020/UN_agencies_launch
_Tech_Access_Partnership_in_joint_effort
_to_scale_up_local_production_of_life-saving
_health_technologies_for_COVID-19.html

<サイト内3>
 ●2020年6月 2日 (火)、【特許】WHO
  ”COVID-19 Technology Access Pool”の加盟国、未サイン国
  (29.05.2020現在)
 ●2020年6月 2日 (火)、【個人メモ】FNNプライムオンライン/
  日本の”新型コロナ”ワクチン開発はどこまで進んだ?
  世界の中の立ち位置は…開発者らに聞く(2020/06/01)
<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】HealthManagement.org/
  COVID-19 Technology Access Poolis Launched
  (Fri, 29 May 2020)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  United Nations Development Programme/
  国連機関による”Tech Access Partnership”の立上(May 12, 2020)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】アナドルエージェンシー(AA)
  /WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool

  (29.05.2020)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)

<サイト内1>
 ●2020年6月 3日 (水)、【個人メモ】
  WHO/”COVID-19 Technology Access Pool”と
  医薬品特許プール(Medicines Patent Pool: MPP)について
  (2020/06/03竹山更新)[参考図1]
http://sdnews.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-448912.html


[△最新情報へ]

(以上)

【特許】United Nations Development Programme/国連機関による”Tech Access Partnership”の立上(May 12, 2020)

□「パテントプール」に関連し、次のニュースが掲載されていた。
 ●<リンクサイト>HealthManagement.org、
  ”COVID-19 Technology Access Poolis Launched”
  (Fri, 29 May 2020)
<国連機関による”Tech Access Partnership”の立上>
  ・United Nations Development Programme/
   UN agencies launch Tech Access Partnership in joint effort
    to scale up local production of life-saving health technologies
    for COVID-19
   (国連機関はCOVID-19の救命医療技術の現地生産を拡大する

   ための共同の取り組みでTech Access Partnershipを立ち上げます)
   Posted on May 12, 2020
   <一部抜粋1>
【表1】

New York - The United Nations Technology Bank, together with the UN Development Programme (UNDP), UN Conference on Trade and Development (UNCTAD) and the World Health Organization (WHO), launched the Tech Access Partnership (TAP) today as part of a coordinated approach to strengthen developing countries’ responses to COVID-19 and increase access to lifesaving health technologies.
DeepL翻訳
https://www.deepl.com/ja/translator
ニューヨーク--国連テクノロジーバンクは、国連開発計画(UNDP)、国連貿易開発会議(UNCTAD)、世界保健機関(WHO)と共同で、COVID-19に対する開発途上国の対応を強化し、人命を救う健康技術へのアクセスを増やすための協調的アプローチの一環として、テクノロジー・アクセス・パートナーシップ(TAP)を本日発足させました。

   <一部抜粋2>
  <出典>「United Nations Development Programme」サイト
   ”UN agencies launch Tech Access Partnership in joint effort
    to scale up local production of life-saving health technologies”
    for COVID-19
  (当該ページのURL)
https://www.undp.org/content/undp/en/home
/news-centre/news/2020/UN_agencies_launch_Tech
_Access_Partnership_in_joint_effort_to_scale_up_local
_production_of_life-saving_health_technologies_for_COVID-19.html
   <一部抜粋2>
【表2】 *改行挿入。

TAP aims to address critical shortages of essential health technologies and equipment by connecting manufacturers with critical expertise and emerging manufacturers in developing countries to share the information, technical expertise and resources necessary to scale up production of these tools.
The Partnership will also support countries to develop affordable technologies and equipment that meet quality and safety standards.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
TAPは、重要な専門知識を持つメーカーと途上国の新興メーカーを結び付けて、これらのツールの生産を拡大するために必要な情報、技術的専門知識、リソースを共有することで、重要な医療技術と機器の深刻な不足に対処することを目的としています。
パートナーシップはまた、品質と安全基準を満たす手頃な価格の技術と機器を開発する国をサポートします。

   <一部抜粋3>
【表3】 *改行挿入。文字一部着色。

TAP will also collaborate with other relevant initiatives to ensure COVID-19 response efforts are coordinated and complementary.
The partnership is centered in the UN Development System’s overall approach to counter the socio-economic impacts of the COVID-19 pandemic, which includes scaling up global capacity for testing and treatment, providing social protections for the most vulnerable and making countries resilient to future pandemics.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
また、TAPは他の関連イニシアチブと協力して、COVID-19対応の取り組みが調整され、補完し合うようにします。
パートナーシップは、COVID-19パンデミックの社会経済的影響に対抗するための国連開発システムの全体的なアプローチを中心としています。
これには、テストと治療のためのグローバルな能力の拡大、最も脆弱な人々への社会的保護の提供、将来のパンデミックへの耐性を持たせることが含まれます。

<オープンCovidの誓約>
  ・Open COVID Pledge/
   Let's share intellectual property to fight COVID-19
   (COVID-19と戦うために知的財産を共有しましょう)
   <一部抜粋>
【表4】

The Open Covid Pledge
Immediate action is required to halt the COVID-19 Pandemic and treat those it has affected. It is a practical and moral imperative that every tool we have at our disposal be applied to develop and deploy technologies on a massive scale without impediment.
We therefore pledge to make our intellectual property available free of charge for use in ending the COVID-19 pandemic and minimizing the impact of the disease.
We will implement this pledge through a license that details the terms and conditions under which our intellectual property is made available.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
オープンCovidの誓約
COVID-19パンデミックを阻止し、影響を受けた人々を治療するには、ただちに対処する必要があります。 私たちが自由に使用できるすべてのツールを、障害なく大規模にテクノロジーを開発および展開するために適用することは、実用的で道徳的な義務です。
したがって、COVID-19パンデミックを終わらせ、病気の影響を最小限に抑えるために、知的財産を無料で利用できるようにすることを誓約します。
私たちは、私たちの知的財産が利用可能になる条件を詳述したライセンスを通じてこの誓約を実施します。

<サイト内1>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】HealthManagement.org/
  COVID-19 Technology Access Poolis Launched
  (Fri, 29 May 2020)
<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】アナドルエージェンシー(AA)/
  WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool
  (29.05.2020)
<サイト内3>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  (コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明
  (20/05/31竹山更新)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】HealthManagement.org/COVID-19 Technology Access Pool is Launched(Fri, 29 May 2020)

□「パテントプール」に関連し、
 Google/WHO  COVID-19 Technology Access Pool
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/WHO  COVID-19 Technology Access Pool
<COVID-19 Technology Access Pool is Launched>
  ・HealthManagement.org/Source: WHO/
   COVID-19 Technology Access Pool is Launched
   *Published on : Fri, 29 May 2020
   <一部抜粋>
【表1】 *番号加入

The initiative has the following five key elements:
Public disclosure of gene sequences and data.
Registration and publication of research results in line with the Joint statement on public disclosure of results from clinical trials.
Governments and other funders are encouraged to include clauses in funding agreements with pharmaceutical companies and other innovators about equitable distribution, affordability and the publication of trial data.
Licensing any potential treatment, diagnostic, vaccine or other health technology to the UN-backed Medicines Patent Pool.
Promotion of open innovation models and technology transfer that increase local manufacturing and supply capacity (including through the Open Covid Pledge and the Technology Access Partnership (TAP) launched last week).
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
イニシアチブには、次の5つの重要な要素があります。
 (1) 遺伝子配列とデータの公開。
 (2) 臨床試験の結果の公開に関する共同声明に沿った研究結果の登録と公開。
 (3) 政府およびその他の資金提供者は、公平な分配、手頃な価格、および試験データの公開に関する条項を製薬会社やその他の革新者との資金調達契約に含めることをお勧めします。
 (4) 可能性のある治療、診断、ワクチン、その他の医療技術を国連が支援する医薬品特許プールにライセンス供与する。
 (5) 地元の製造と供給能力を向上させるオープンイノベーションモデルと技術移転の促進
 (先週開始されたOpen Covid PledgeとTechnology Access Partnership(TAP)を含む)。(*1)

  <出典>「HealthManagement.org」サイト
   COVID-19 Technology Access Pool is Launched
   *Published on : Fri, 29 May 2020
  (当該ページのURL)
https://healthmanagement.org/c/hospital/news
/covid-19-technology-access-pool-is-launched
(*1):(先週開始されたOpen Covid Pledgeと
     Technology Access Partnership(TAP)を含む)
    ・”Open Covid Pledge”
https://opencovidpledge.org/
    ・”(TAP)”
https://www.undp.org/content/undp/en/home
/news-centre/news/2020/UN_agencies_launch_
Tech_Access_Partnership_in_joint_effort_to_scale_up_
local_production_of_life-saving_health_technologies_
for_COVID-19.html
<サイト内1>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  United Nations Development Programme
  /国連機関による”Tech Access Partnership”の立上
 (May 12, 2020)
<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】アナドルエージェンシー(AA)/
  WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool
  (29.05.2020)
<サイト内3>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  (コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明
  (20/05/31竹山更新)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】アナドルエージェンシー(AA)/WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool(29.05.2020)

□「パテントプール」に関連し、
 Google/WHO  COVID-19 Technology Access Pool
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/WHO  COVID-19 Technology Access Pool
  ・アナドルエージェンシー(AA)/Peter Kenny
   World, Europe
   WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool
   37 nations back initiative to make vaccines, tests, treatments,
   and technologies to fight viruses
   (37か国がワクチン、テスト、治療、およびウイルスと戦うための技術
   を開発するイニシアチブを支持)
   *29.05.2020
   <一部抜粋>
【表1】

GENEVA
At least 37 countries have signed up to support an initiative aimed at making vaccines, tests, treatments and other health technologies to fight coronavirus and to make it accessible to all.
Known as the COVID-19 Technology Access Pool (C-TAP), it was first proposed in March by Costa Rican President Carlos Alvarado of Costa Rica, who joined World Health Organization’s (WHO) Director-General Dr. Tedros Adhanom Ghebreyesus for the video launch of the initiative.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
ジュネーブ発
 少なくとも37か国が、ワクチン、検査、治療、その他の医療技術を開発し、コロナウイルスと闘い、すべての人が利用できるようにすることを目的としたイニシアチブを支援するために署名しました。
<エキサイト翻訳>
https://www.excite.co.jp/world/english/
 
 COVID-19テクノロジーアクセスプール(C-TAP) として知られて、それは、最初、3月にコスタリカのコスタリカの大統領カルロスアルバラドにより提案された。
それは、イニシアチブのビデオスタートのための世界保健機構の(WHO)理事長Tedros Adhanom Ghebreyesus博士に参加した。

  <出典>「アナドルエージェンシー(AA) 通信社」サイト
   Peter Kenny
   ”WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool”
  (当該ページのURL)
https://www.aa.com.tr/en/europe
/who-costa-rica-launch-covid-19-technology-access-pool/
1858370
<サイト内1>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】HealthManagement.org/
  COVID-19 Technology Access Poolis Launched
  (Fri, 29 May 2020)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  United Nations Development Programme
  /国連機関による”Tech Access Partnership”の立上
 (May 12, 2020)
<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内3>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  (コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明
  (20/05/31竹山更新)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】世界保健機関(WHO)/COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)

□「パテントプール」に関連し、
 Google/WHO  COVID-19 Technology Access Pool
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/WHO  COVID-19 Technology Access Pool
<世界保健機関(WHO)/COVID-19 technology access pool>
  ・世界保健機関(WHO)/COVID-19 technology access pool
【表1】 *改行・文頭スペース挿入。

Commitments to share knowledge, intellectual property and data
The COVID-19 Technology Access Pool (C-TAP) will compile, in one place, pledges of commitment made under the Solidarity Call to Action to voluntarily share COVID-19 health technology related knowledge, intellectual property and data.
The Pool will draw on relevant data from existing mechanisms, such as the Medicines Patent Pool and the UN Technology Bank-hosted Technology Access Partnership.
Shared knowledge, intellectual property and data will leverage our collective efforts to advance scientific discovery, technology development and broad sharing of the benefits of scientific advancement and its applications based on the right to health.
Holders of COVID-19 health technology related knowledge, intellectual property and/or data are invited to "take action now".
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
知識、知的財産、データを共有するための取り組み
 COVID-19テクノロジーアクセスプール(C-TAP)は、COVID-19ヘルステクノロジー関連の知識、知的財産、データを自主的に共有するための連帯行動要請の下でなされた公約を1か所にまとめます。
 このプールは、医薬品特許プールや国連テクノロジーバンクが主催するテクノロジーアクセスパートナーシップなど、既存のメカニズムから関連データを利用します。
 共有された知識、知的財産、およびデータは、科学的発見、技術開発、および科学的進歩の利点と健康への権利に基づくそのアプリケーションの幅広い共有を促進するための私たちの総力を活用します。
 COVID-19ヘルステクノロジー関連の知識、知的財産権、データの所有者は、「今すぐ行動を起こす」よう求められます。

<サイト内1>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】HealthManagement.org/
  COVID-19 Technology Access Poolis Launched
  (Fri, 29 May 2020)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  United Nations Development Programme
  /国連機関による”Tech Access Partnership”の立上
 (May 12, 2020)
<サイト内2>

 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加

  (2020/05/30)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】アナドルエージェンシー(AA)/
  WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool
  (29.05.2020)
<サイト内3

 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  (コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明
  (20/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  (コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明
  (20/05/31竹山更新)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加(2020/05/30)

□「パテントプール」に関連し、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<世界保健機関(WHO)、
 「COVID-19・テクノロジー・アクセス・プール」>
  ・日本経済新聞/
   WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
   *2020/5/30 5:32
   <一部抜粋1>
   ・”特許の開放を呼びかけ”
   ・”「COVID-19・テクノロジー・アクセス・プール」”
   ・”5月中旬のWHO総会では、加盟国はワクチンや治療薬の

    公平な利用に向け国際協調を進める決議文を採択した。”
  ・NHK NEWS WEB/
   新型コロナ治療薬 特許など管理する枠組み創設したが… WHO
   *2020年5月30日 7時07分
  ・産経ニュース/
   ワクチンや薬の情報共有を WHO、途上国支援主眼に
   *2020.5.30 08:07
  ・読売新聞/
   WHOと有志37か国、新型コロナ治療薬の知見共有の仕組み
   …日米など参加せず
   *2020/05/30 20:35
<サイト内1>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】HealthManagement.org/
  COVID-19 Technology Access Poolis Launched
  (Fri, 29 May 2020)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  United Nations Development Programme
  /国連機関による”Tech Access Partnership”の立上
 (May 12, 2020)
<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】アナドルエージェンシー(AA)/
  WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool
  (29.05.2020)
<サイト内3>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  (コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明
  (20/05/31竹山更新)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月30日 (土)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

●コラム、2020年5月30日竹山宏明
【表1】

薬のパテントプールについて/2020年5月30日竹山宏明
 薬のパテントプールについては、首相の2020年5月25日の会見による「特許権プールの創設」の提案がありました。
                   記
 「このウイルスに対する治療薬やワクチンを、透明性の高い国際的な枠組みの下で途上国も使えるようにしていく特許権プールの創設を、来月予定されているG7サミットで提案したいと考えています。」(*1)
 一部の報道では、「特許権プールによって、特許使用料が安くなるなどのメリットがある」と記載されていました。(*2)
 「特許権プール」については、世界保健機関(WHO)を中心に、「薬のパテントプール」が既に採用されています。
 WHO「薬のパテントプール」については、「WHO」の会報で説明されています。(*3)
 WHO会報によると、「薬のパテントプール」のメリットについては、次のように説明されています。
 一つ目は、「医薬品へのアクセスの改善」です。
 WHO会報では、「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染の治療」を例示しています。
 二つ目は、「特許を取得した必須医薬品の大幅な値下げにつながる可能性」があげられています。
 WHO会報では、「小児用製剤など」を例示し、「大手監査会社が実施した年2回の分析によると、10億6千万米ドル(US $)の世界的な節約が可能です。」という実例を挙げています。
 上記二つのメリットと、首相の2020年5月25日会見の提案や、一部報道とは共通性があるように考えます。 (以上)

【表2】

<参考文献>
(*1)首相官邸/令和2年5月25日、
 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見
(*2)時事ドットコムニュース/G7通常開催なら訪米 新型コロナ、
 途上国支援提案へ―安倍首相、2020年05月25日20時56分
(*3)世界保健機関(WHO)/Bulletin of the World Health Organization
 ”Patent pooling to increase access to essential medicines”
 第97巻、第8号、2019年8月、513-580
 

<サイト内1>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】HealthManagement.org/
  COVID-19 Technology Access Poolis Launched
  (Fri, 29 May 2020)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  United Nations Development Programme
  /国連機関による”Tech Access Partnership”の立上
 (May 12, 2020)
<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】アナドルエージェンシー(AA)/
  WHO, Costa Rica launch COVID-19 Technology Access Pool
  (29.05.2020)
<サイト内3>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】
  (コラム)「パテントプールについて」/竹山宏明
  (20/05/31竹山更新)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の速報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(1)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の速報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(2)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の速報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <表1>(2020/05/30竹山更新)(4)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<表1>(2020/05/30竹山更新)(4)

●世界保健機関(WHO)の会報/Bulletin of the World Health Organization
 <一部抜粋>
【表1】 ”Table 1.”の序文。

Bulletin of the World Health Organization
Patent pooling to increase access to essential medicines
Esteban Burrone, Dzintars Gotham, Andy Gray, Kees de Joncheere, Nicola Magrini, Yehoda M Martei, Charles Gore & Marie Paule Kieny
Volume 97, Number 8, August 2019, 575-577
Table 1.
”© WHO 2020”
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
世界保健機関の会報
必須医薬品へのアクセスを増やすための特許プール
エステバン・ブローネ、ジンターズ・ゴッサム、アンディ・グレイ、キース・ド・ジョンチェーレ、ニコラ・マグリーニ、エホダ・M・マルテイ、チャールズ・ゴア、マリー・ポーレ・キエニー
97巻、第8号、2019年8月、575-577
表1。
”© WHO 2020”

【表2】 ”Table 1.”の前文。

Patented essential medicines for which public health-oriented licensing could be an important strategy to improve access
Category
Description
Case study
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
公衆衛生志向のライセンス供与がアクセスを改善するための重要な戦略となり得る特許取得済みの必須医薬品
カテゴリー
説明
ケーススタディ

【表3】 ”Table 1.”の構成。

カテゴリー(A) 説明(B)  ケーススタディ(C)
(1A) (1B) (1C)
(2A) (2B) (2C)
(3A) (3B) (3C)
(4A) (4B) (4C)
(5A) (5B) (5C)

【表4】 ”Table 1.”のカテゴリー(A):(1A)~(5A)。

(1A)Patented medicines in WHO’s model list of essential medicines
(2A)Patented medicines that are not yet included in WHO’s model list, in part due to insufficient cost–effectiveness at current prices
(3A)Patented medicines that show promising clinical data and may merit inclusion in WHO’s model list in the future if clinical benefit is confirmed
(4A)Patented cancer medicines that will be considered at the next WHO model list expert committee review
(5A)New antimicrobials
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
(1A)WHOの必須医薬品のモデルリストにある特許医薬品
(2A)現在の価格では費用対効果が不十分なためにWHOのモデルリストにまだ含まれていない特許医薬品
(3A)有望な臨床データを示し、臨床的利益が確認された場合、将来的にWHOのモデルリストに含める価値がある特許医薬品
(4A)次回のWHOモデルリスト専門委員会審査で検討される特許取得済みのがん治療薬
(5A)新しい抗菌剤

<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内1>
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(1)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(2)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5) 

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール<必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3)

【表5】 *改行挿入。

Essential medicines
WHO’s Model list of essential medicines comprises medicines that meet the priority health needs of the population and that should always be available and affordable in all countries.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
必須医薬品
WHOの必須医薬品のモデルリストには、国民の優先的な健康ニーズを満たし、すべての国で常に入手可能で手頃な価格の医薬品が含まれています。

 <出典1>
  <出典>「WHO」サイト
   Patent pooling to increase access to essential medicines
  (当該ページのURL)
https://www.who.int/bulletin/volumes
/97/8/18-229179/en/
【表6】 *改行挿入。

WHO’s model list is updated every two years by the Expert Committee on the Selection and Use of Essential Medicines, which considers submissions based on public health relevance, efficacy, safety and comparative cost–effectiveness.(*8)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
WHOのモデルリストは、必須医薬品の選択と使用に関する専門家委員会によって2年ごとに更新され、公衆衛生の関連性、有効性、安全性、および費用対効果の比較に基づいて提出が検討されます。(* 8)

【表7】 *改行挿入。

Competitive generic manufacture could lead to significant price reductions for patented essential medicines in low- and middle-income countries.
Such reductions have recently taken place for certain oncology medicines following patent expiry and generic market entry.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
競争力のあるジェネリック医薬品の製造は、低所得国および中所得国において、特許を取得した必須医薬品の大幅な値下げにつながる可能性があります。
最近、このような削減は、特許の満了およびジェネリック市場への参入に続いて、特定のがん治療薬について行われました。

【表8】 *改行挿入。

For example, in South Africa, the price of a leukaemia medicine on WHO’s model list has decreased by 98.5% since 2012, to US$ 400 per patient per year in 2019, following generic market entry.(*9,10)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
たとえば、南アフリカでは、WHOのモデルリストにある白血病治療薬の価格は、一般的な市場参入に続いて、2012年から98.5%減少し、2019年の患者1人あたり年間400ドルに達しました(* 9、10)。

【表9】 *改行挿入。

Therefore, public-health-oriented licensing could contribute to price reductions for other essential medicines that are still under patent protection in low- and middle-income countries.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
したがって、公衆衛生志向のライセンス供与は、低中所得国でまだ特許保護を受けている他の必須医薬品の値下げに貢献する可能性があります。

<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内1>
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(1)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(2)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <表1>(2020/05/30竹山更新)(4)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール(2020/05/30竹山更新)(2)

【表2】 *改行挿入。

One way to achieve better access to new medicines is patent pools, which allow third parties to acquire non-exclusive licences for the intellectual property needed to develop products.
While patent pools have existed for several decades in other fields of technology, such as in digital technologies, they are a relatively new concept in public health, where they have been applied to address some of the access challenges in low- and middle-income countries.(*3)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
新薬へのアクセスを改善する1つの方法はパテントプールです。これにより、サードパーティは製品の開発に必要な知的財産の非独占的ライセンスを取得できます。
パテントプールは、デジタルテクノロジーなどの他のテクノロジー分野で数十年存在してきましたが、公衆衛生における比較的新しい概念であり、低中所得国のアクセスの課題のいくつかに対処するために適用されています 。(*3)

 <出典1>
  <出典>「WHO」サイト
   Patent pooling to increase access to essential medicines
  (当該ページのURL)
https://www.who.int/bulletin/volumes
/97/8/18-229179/en/
【表3】 *改行挿入。文字一部着色。

To improve access to antiretroviral treatment in low- and middle-income countries, Unitaid established the Medicines Patent Pool in 2010 as the first public health patent pool.
Later, the patent pool’s mandate was expanded to treatments for tuberculosis and hepatitis C.
The patent pool has negotiated most of the licensing agreements with pharmaceutical companies that have enabled competitive generic manufacture of antiretrovirals in low- and middle-income countries before patent expiry.
These licences have also facilitated the development of new formulations that are particularly needed in resource-constrained settings, such as certain fixed-dose combinations and paediatric formulations.
To date, the patent pool’s generic partners have distributed 22 million patient-years of treatment, allowing global savings of 1.06 billion United States dollars (US$), according to a biannual analysis undertaken by a leading auditing company.(*4)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
低中所得国における抗レトロウイルス治療へのアクセスを改善するために、「 ユニタイド」 は2010年に最初の公衆衛生パテントプールとして医薬品パテントプールを設立しました。
その後、パテントプールの権限は結核とC型肝炎の治療に拡大されました。
パテントプールは、特許失効前に低中所得国での抗レトロウイルス薬の競争力のあるジェネリック製造を可能にした製薬会社とのライセンス契約のほとんどを交渉しました。
これらのライセンスにより、特定の固定用量の組み合わせや小児用製剤など、リソースが限られた環境で特に必要となる新しい製剤の開発も促進されました。
現在、パテントプールのジェネリックパートナーは2,200万患者年の治療を分配しており、大手監査会社が実施した年2回の分析によると、10億6千万米ドル(US $)の世界的な節約が可能です。(*4)

<追記>
 ●ウィキペディア/「ユニタイド」(Unitaid)
  ・ウィキペディア(英語)
   <一部抜粋>英語から翻訳
    ユニタイドは、結核、マラリア、HIV / AIDSとその致命的な共感染症
   に重点を置いて、パートナーと協力して低中所得国の主要な疾患を

   予防、診断、治療するためのイノベーションをもたらす
   グローバルなヘルスイニシアチブです。
【表4】 *改行挿入。

In 2016, the Lancet Commission on Essential Medicines Policies, the World Health Organization (WHO) and other stakeholders called for the patent pool to expand its mandate to a broader range of patented essential medicines.(*5,6)
 Here, we outline the findings of a released feasibility study on expanding the patent pool’s mandate,(*7) laying out the public health case for adapting its model to disease areas beyond the initial three focus diseases.
In May 2018, the patent pool acted on the results of the feasibility study and expanded its mandate to include other patented essential medicines.
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
 2016年、ランセット必須医薬品ポリシー委員会、世界保健機関(WHO)、およびその他の利害関係者は、パテントプールを、その権限をより幅広い範囲の特許必須医薬品に拡大するよう求めました。(*5、6)
 ここでは、パテントプールのマンデートの拡大に関するリリース済みの実現可能性調査(* 7)の結果を概説し、最初の3つの重点疾患を超えた疾患領域にモデルを適応させるための公衆衛生の事例を示します。
2018年5月、パテントプールは実現可能性調査の結果に基づいて行動し、その権限を他の特許の必須医薬品を含めるように拡大しました。

<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内1>
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(1)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <必須医薬品>(2020/05/30竹山更新)(3)
  ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <表1>(2020/05/30竹山更新)(4)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】世界保健機関(WHO)の会報/必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール(2020/05/30竹山更新)(1)

□「パテントプール」に関連し、Google/ニュース
 /the World Health Organization Patent pooling
 による検索結果において、次の論文が掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース
  /the World Health Organization Patent pooling
  ・世界保健機関(WHO)の会報
   (Bulletin of the World Health Organization)
   第97巻、第8号、2019年8月、513-580
   「必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール」
   (Patent pooling to increase access to essential medicines)
   <一部抜粋>
【表1】 *改行挿入。

Access to medicines is key to achieving universal health coverage (UHC); however, such access can be hindered by unaffordable prices.
A good example of improvement in access to medicines is treatment for human immunodeficiency virus (HIV) infection.
Global coverage was very low in 2000, with only 611 000 people receiving treatment; however, in 2017, 21.7 million people were on treatment.(*1,2)
This increase was partly due to access to affordable, quality-assured generic HIV medicines in low- and middle-income countries.(*1)
<Google 翻訳>
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%BF%BB%E8%A8%B3+google&ie=&oe=
医薬品へのアクセスは、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成するための鍵です。ただし、このようなアクセスは手頃な価格によって妨げられる可能性があります。
医薬品へのアクセスの改善の良い例は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染の治療です。
2000年の世界のカバレッジは非常に低く、治療を受けたのはわずか611,000人でした。
しかし、2017年には2,170万人が治療を受けていました。(*1,2)
この増加の一部は、低所得国および中所得国における手頃な価格で品質が保証されたジェネリックHIV医薬品へのアクセスによるものでした。(*1)

 <出典1>
  <出典>「WHO」サイト
   Patent pooling to increase access to essential medicines
  (当該ページのURL)
https://www.who.int/bulletin/volumes
/97/8/18-229179/en/
(追記)
 ・独立行政法人国際協力機構(JICA)/
  ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)
https://www.jica.go.jp/aboutoda/sdgs/UHC.html
  <一部抜粋1>
  ”UHCとは「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関する
 サービスを、支払い可能な費用で受けられる」ことを意味し、
 すべての人が経済的な困難を伴うことなく保健医療サービスを享受する
 ことを目指しています。”
  <出典2>「JICA」サイト
   ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)
  (当該ページのURL)
https://www.jica.go.jp/aboutoda
/sdgs/UHC.html
  <一部抜粋2>
   ”UHCを達成するためには、物理的アクセス、経済的アクセス、
  社会慣習的アクセスの3つのアクセスの改善に加え、
  提供されるサービスの質が高まることが重要です。”
  <一部抜粋>”3つのアクセスの改善”
【図1】3つのアクセスの改善

20200530_zu01

<サイト内2>
 ●2020年5月31日 (日)、【特許】世界保健機関(WHO)/
  COVID-19 technology access pool(2020/05/31竹山更新)
 ●2020年5月31日 (日)、【個人メモ】日本経済新聞/
  WHO、新型コロナのワクチン公平利用で枠組み 37カ国参加
  (2020/05/30)
<サイト内1>
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (2020/05/30竹山更新)(2)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <必須医薬品> (2020/05/30竹山更新)(3)
 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <表1>(2020/05/30竹山更新)(4)

 ●【特許】世界保健機関(WHO)の会報/
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  <コラム>(2020/05/30竹山更新)(5)
 ●2020年5月26日 (火)
  【特許】首相官邸/令和2年5月25日、
  新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見
  <一部抜粋>「特許権プールの創設」 

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月29日 (金)

【特許】Yahoo!ニュース/栗原潔 氏| 弁理士/「特許権プール」とは何なのか?(2020/05/27)

□「特許権プール」関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<シルバーライフ、高齢者見守りサービス、特許取得>
  ・Yahoo!ニュース/
   「特許権プール」とは何なのか?
   栗原潔 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
   *5/27(水) 21:00
<追記>
●世界保健機関(WHO)の速報
 (Bulletin of the World Health Organization)
 ・第97巻、第8番、2019年8月、513-580
  必須医薬品へのアクセスを増やすためにパテントプール
  (Patent pooling to increase access to essential medicines)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/コロナワクチン、英大学が最大1万人の臨床試験を開始 (2020/05/28)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<「既存薬の転用」>
  ・WIRED/
   新型コロナウイルス感染症の治療には、
   当面は「既存薬の転用」が現実的な選択肢になる
   *2020.05.29 FRI 08:00
<治療薬・ワクチン開発、状況>
  ・日本経済新聞/
   進み始めた治療薬・ワクチン開発、過度な期待は禁物
   *2020/5/29 2:00
<英オックスフォード大学、予防ワクチンの
第2相と第3相の臨床試験、開始>
  ・日本経済新聞/
   コロナワクチン、英大学が最大1万人の臨床試験を開始
   *2020/5/28 17:30

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<日本特許庁/海外知財庁等の状況>新型コロナウイルスの影響(2020年5月29日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 「日本特許庁」発の海外知財庁等の状況です。
 ●最新情報は、「日本特許庁」サイトをご覧下さい。
【表1】

・特許庁/報道発表トピックス
https://www.jpo.go.jp/index.html

【表2】*改行挿入。

・特許庁/新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月27日]

(参考)海外知財庁等の状況について
 (2020年4月30日時点)
 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、海外の一部の知財庁においては、窓口の閉鎖等が行われています。
手続を行う際には、個別に各国知財庁HP等をご確認くださいますようお願いします。

1 国際機関
 (1)WIPO
【表3】

WIPO関係
・WIPOの新型コロナウイルスに関するお知らせ
 (外部サイトへリンク)
 *April 9, 2020
・WIPOの運営状況
 (外部サイトへリンク)
 *April 15, 2020

 (2)PCT関係
【表4】

PCT関係の新型コロナウイルス関連記事
・【WIPOから緊急のお知らせ】
 新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴うPCTユーザーへのお知らせ
 [更新日 2020年3月31日]
・[よくある質問(QA)]
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 (PCT国際出願)
 *[更新日 2020年5月1日]

 (3)ハーグ関係
【表5】

ハーグ関係の新型コロナウイルス関連記事
・天災としてのCOVID-19の集団発生による期限を満たせなかった場合の免除:
 第5規則(4)の下要求されている証拠書類の提出の免除
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *April 23, 2020
 ※ 参考訳
  *[更新日 2020年4月30日]
・期間徒過の対応策と閉鎖の場合における期間の延長
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *March 19, 2020
 ※ 参考訳
  *[更新日 2020年3月23日]
・紙書類の通信停止に伴う電子的通信のみの使用について
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *March 30, 2020
 ※ 参考訳
  *[更新日 2020年3月31日]
 

 (5)マドリッド関係
【表6】

マドリッド関係の新型コロナウイルス関連記事
・天災としてのCOVID-19の集団発生による期限を満たせなかった場合の免除:
 第5規則の下要求されている証拠書類の提出の免除
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *April 21, 2020
 ※ 参考訳
  *[更新日 2020年4月28日]
・期間徒過の対応策と閉鎖の場合における期間の延長
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *March 19, 2020
 ※ 参考訳
  *更新日 2020年4月28日]
・国際事務局への郵送の停止
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *March 30, 2020
 ※ 参考訳
  *[更新日 2020年3月31日]
・証明及び抄本サービスに関する一時的な措置
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *March 31, 2020
 ※ 参考訳
  *[更新日 2020年3月31日]

2 各国知財庁
【表7】

各国知財庁のコロナウイルス関連特設ページ
・米国特許商標庁(USPTO)
 (外部サイトへリンク)
 *May 27, 2020
・欧州特許庁(EPO)
 (外部サイトへリンク)
 *27 May 2020
・中国国家知識産権局(CNIPA)
 ※中国語のみ(外部サイトへリンク)
  *2020-05-20
・韓国特許庁(KIPO) ※韓国語のみ
 (外部サイトへリンク)
 *2020-05-28
 (注)Internet Explorer でのみ動作
    ”Internet Explorer で開く”をクリックください。
・ドイツ特許商標庁(DPMA)
 (外部サイトへリンク)
 *30 April 2020

※その他の各国知財庁が提供する個々の措置については、
 各庁のトップページからご確認ください。
 [更新日 2019年7月30日]
 

 <サイト内>
 ●2020年5月29日 (金)
  【個人メモ】<日本特許庁/国内関連>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月29日竹山更新)
 ●2020年5月29日 (金)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月29日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響(2020年5月29日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 知財高裁の手続に関するお知らせなどです。
 ●最新情報は、「知財高裁」サイトをご覧下さい。
【表1】

知財高裁/新着情報

 ●知財高裁/新着情報
【表2】 *改行挿入

知財高裁/新着情報
・重要 2020.05.27
 【裁判所を利用される方へ】
 知的財産高等裁判所では,新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言及び東京都の外出自粛要請等を踏まえ,特に緊急性のあるものを除いて期日を取り消していましたが,緊急事態宣言が解除されたことから,6月1日以降,順次期日を実施します。
 なお,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から,当分の間,期日等の実施件数を抑制する等の運用をしております。御不明の点があれば,担当部にお問い合わせください。
・重要 2020.05.11
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための期日取消等について
 (5月7日から同月29日まで

<サイト内>
 ●2020年5月29日 (金)
  【個人メモ】<日本特許庁/国内関連>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月29日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<日本特許庁/国内関連>新型コロナウイルスの影響(2020年5月29日竹山更新)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス

<(緊急事態宣言解除後の当面の対応について)>
  ・5月27日
   特許庁窓口で手続する方へ
   (緊急事態宣言解除後の当面の対応について)
   <一部抜粋1>
【表1】 *一部着色

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時対応について
・4月13日より閉鎖していた正門を6月1日より開門します。
・窓口にはパーテーションを設置し、マスク・手指の消毒等を徹底させていただきます。
 来庁の際には、マスクの着用等の感染予防にご協力ください。

   <一部抜粋2>
【表2】

特許庁の受付窓口のご案内
受付時間
9時から17時まで(平日)
受付場所
・国内出願関係書類は1階南側 出願課受付カウンター
・国際出願関係書類は1階北側 国際出願室受付カウンター

  ・5月27日
   新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
   (緊急事態宣言解除後の当面の対応について)

(1)更新履歴
【表1】

更新履歴
・5月27日
 ・・特許庁窓口で手続する方へ
   (緊急事態宣言解除後の当面の対応について)
 ・・新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
  (緊急事態宣言解除後の当面の対応について)
 

(2)特許庁/お問い合わせ先
【表2】

特許庁/お問い合わせ先
●新型コロナウイルス感染症に関する
 お問い合わせ先一覧
●その他、一般的なお問い合わせ
 ・特許庁お問い合わせ先一覧

<サイト内>
 ●2020年5月29日 (金)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月29日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許出願等統計速報、令和2年3月分(令和2年5月26日作成)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<日・エジプト、特許審査ハイウェイ試行プログラム>
  ・5月28日
   日エジプト特許審査ハイウェイ試行プログラムについて
   (PPH MOTTAINAI及びPCT-PPHを新たに開始します)
<特許出願等統計速報>
  ・5月28日
   特許出願等統計速報
   <一部抜粋>令和2年3月分(令和2年5月26日作成)
   ・・(1)統計速報(PDF:96KB)
     *全6頁

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月28日 (木)

【個人メモ】朝日新聞デジタル/巨大IT規制法が成立、ネット通販で公正性高まるか(2020/05/27)

□特許等の知的財産に関連し、Google/ニュース/it 規制
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/it 規制
<巨大IT企業に規制、新法が成立>
  ・朝日新聞デジタル/伊藤弘毅 氏/
   巨大IT規制法が成立 ネット通販で公正性高まるか
   *2020年5月27日 19時30分
  ・NHK NEWS WEB/
   巨大IT企業に規制 新法が成立 契約条件の開示義務づけなど
   *2020年5月27日 13時16分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】知的財産戦略本部/知的財産推進計画2020(案)~新型コロナ後の「ニュー・ノーマル」に向けた知財戦略~(2020/05/27)

□特許等の知的財産に関連し、Google/ニュース/知的財産戦略本部
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/知的財産戦略本部
<「知的財産推進計画2020」(案)>
  ・首相官邸/知的財産戦略本部
   <一部抜粋1>
   お知らせ、R2.5.27
   知的財産戦略本部会合が開催されました。
    <一部抜粋>
    【配布資料】
     ・・資料1
      「知的財産推進計画2020」(案)概要(PDF:805KB)
      *全10頁
      <一部抜粋1>
【表1】 *一部文字色変更。

知的財産推進計画2020(案) 概要
~新型コロナ後の「ニュー・ノーマル」に向けた知財戦略~

      <一部抜粋2>
【図1】

20200528_zu01

  <出典>「知的財産戦略本部」サイト
    資料1
    「知的財産推進計画2020」(案)概要
  (当該ページのURL)
https://www.kantei.go.jp/jp
/singi/titeki2/200527/siryou1.pdf
     ・・資料2
      「知的財産推進計画2020」(案)本文(PDF:1,810KB)
      *全75頁

      <一部抜粋> *p.12/75
【表2】 *改行挿入、文字一部着色。

2.「ニュー・ノーマル」と知財戦略
(3)ニュー・ノーマルに向けた知財戦略の在り方
③知的財産の保護と利用、公益と私権とのバランス
 *途中省略
例えば、海外では、新型コロナに対抗するワクチンや治療薬の特許に関して、強制実施権等により、特許権者の権利を制限して利用しやすくしようとする動きがあると報じられている。
一方で、先進国の中には、研究開発に対するインセンティブを確保する観点から
強制実施権の発動に否定的な意見も多い。
こうした中、知的財産は、ワクチンや治療法を開発するためのインセンティブにおける中心的な役割を果たすとのWIPO(世界知的所有権機関)事務局長の声明(*4)や、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンが開発された後の利用促進に向けた特許権プール構築に向けた国際的な取組み等が見られる。
さらには、先述した権利者による自発的な特許無償開放のような動きは国内外において民民ベースで今後も進むと考えられる。
こうした新型コロナに起因する情勢変化も踏まえ、知的財産の保護と利用のバランスの在り方を改めて吟味し、我が国の知財戦略に適切に反映させていくことが肝要である。

 (*4)WIPO ガリ事務局長声明(4 月 24 日付)
(https://www.wipo.int/about-wipo/en/dgo/news/2020/news_0025.html)
     ・・資料3
      「知的財産推進計画2020」(案)工程表(PDF:675KB)
      *全88頁

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】BBCニュース/当惑する医師たち 新型コロナウイルス治療の最前線で(2020/05/27)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ/
<治療の最前線>
  ・BBCニュース/(取材協力:オリヴァー・バーンズ)
   当惑する医師たち 新型コロナウイルス治療の最前線で
   *8時間前(2020/05/27)
<中国、新型コロナの感染源>
  ・Yahoo!ニュース/宮崎紀秀 氏| 在北京ジャーナリスト/
   新型コロナの感染源は武漢の市場ではない!
   発言が突然変わる中国の科学者を信用できないワケ
<米非営利団体「エコヘルス・アライアンス」>
  ・Newsweekjapan/松岡由希子 氏/
   コウモリコロナウイルス研究への助成中止、
   政治の気まぐれ介入に科学者は猛反発
   *2020年5月27日(水)20時00分

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月27日 (水)

【個人メモ】日経ビジネス電子版/進み始めた治療薬・ワクチン開発、過度な期待は禁物(2020/05/27)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<治療薬・ワクチン開発>
  ・日経ビジネス電子版/橋本 宗明 氏、日経ビジネス編集委員、
   日経バイオテク編集委員/
   進み始めた治療薬・ワクチン開発、過度な期待は禁物
   *2020年5月27日
<中国、5種類の候補の現状>
  ・Bloomberg News/
   中国、国内のコロナワクチン開発を総力支援-5種類の候補の現状
   *2020年5月27日 13:39 JST

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許庁窓口で手続する方へ(緊急事態宣言解除後の当面の対応について)(2020年5月27日)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<判定制度、ガイドブック、リーフレット>
  ・5月27日
   判定制度ガイドブック~権利の侵害・非侵害でお悩みの方に~
  ・5月27日
   特許庁各種パンフレット一覧
   (「判定制度リーフレット」を掲載しました)
   <一部抜粋1>
    判定制度リーフレット(PDF:427KB)
    判定制度の概要について紹介します。
    2020年5月作成
    *全2頁
    <一部抜粋2>
【図1】

20200527_hantei

 <出典>「特許庁」サイト
   特許庁各種パンフレット一覧
   (「判定制度リーフレット」を掲載しました)
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/resources/report
/sonota-info/panhu.html#shinpan_gaiyo
<(緊急事態宣言解除後の当面の対応について)>
  ・5月27日
   特許庁窓口で手続する方へ
   (緊急事態宣言解除後の当面の対応について)
   <一部抜粋1>
【表1】 *一部着色

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時対応について
・4月13日より閉鎖していた正門を6月1日より開門します。
・窓口にはパーテーションを設置し、マスク・手指の消毒等を徹底させていただきます。
 来庁の際には、マスクの着用等の感染予防にご協力ください。

   <一部抜粋2>
【表2】

特許庁の受付窓口のご案内
受付時間
9時から17時まで(平日)
受付場所
・国内出願関係書類は1階南側 出願課受付カウンター
・国際出願関係書類は1階北側 国際出願室受付カウンター

  ・5月27日
   新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
   (緊急事態宣言解除後の当面の対応について)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】NHK NEWS WEB/「海賊版サイト」対策強化の著作権法改正案 衆院を通過(2020/05/26)

□著作権の関連であり、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<著作権法改正案、衆院・通過>
  ・NHK NEWS WEB/
   「海賊版サイト」対策強化の著作権法改正案 衆院を通過
   *2020年5月26日 14時24分
  ・Yahoo!ニュース/ABEMA TIMES/
   著作権法改正案めぐり「国民に負担追加」の緊急声明も
   『ラブひな』赤松健氏は「気になる部分は相当払拭された」
   *5/27(水) 9:00配信
  ・Yahoo!ニュース/ねとらぼ/
   著作権法改正案についてMIAUが緊急声明を発表
   「国民の情報の活用に負担を追加する」「利用促進の視点が不十分」
   *5/25(月) 16:23配信
<「東京五輪エンブレム」風刺したデザイン>
  ・Yahoo!ニュース/弁護士ドットコム/
   ・「東京五輪エンブレム」風刺したデザイン、
    ほんとに「著作権侵害」にあたるの?
    *5/26(火) 10:14配信

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】livedoor/デイリースポーツ/立花孝志氏「ホリエモン」の商標登録「知らなかった」(2020/05/26)

□商標の関連であり、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<「ホリエモン新党」>
  ・livedoor/デイリースポーツ/
   立花孝志氏「ホリエモン」の商標登録「知らなかった」
   …堀江氏の著書宣伝説には
   *2020年5月26日 16時20分

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】マイベストプロ/鈴木康介 氏/ 弁理士/コラム/意匠法は国ごとに異なる。(2020/05/26)

□意匠の関連であり、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
  ・マイベストプロ/鈴木康介 氏/ 弁理士/コラム/
   意匠法は国ごとに異なる。
   *2020年5月26日

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】財経新聞/シルバーライフが高齢者見守りサービス、「安否確認アプリ」の特許を取得(2020/05/27)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<シルバーライフ、高齢者見守りサービス、特許取得>
  ・財経新聞/
   シルバーライフが高齢者見守りサービス
   「安否確認アプリ」の特許を取得
   *2020年5月27日 10:06
    <一部抜粋>
     「特許番号は特許第6697434号、
     発明の名称は「安否確認システム」としている。」
   ・・*J-PlatPat/特許・実用新案照会(固定アドレス)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/(フィリピン)新型コロナを踏まえ、オンラインでの知財紛争仲裁サービスが開始(2020年5月27日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
<(フィリピン)オンラインでの知財紛争仲裁サービス>
  ・2020年5月27日
   新型コロナを踏まえ、オンラインでの知財紛争仲裁サービスが開始
   (フィリピン)
   <一部抜粋>マニラ発、2020年05月27日
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  *該当ナシ。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】産業構造審議会知的財産分科会第39回特許制度小委員会開催のお知らせ(2020年5月27日)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<第39回特許制度小委員会、開催>
  ・5月27日
   産業構造審議会知的財産分科会
   第39回特許制度小委員会開催のお知らせ
   <一部抜粋>
【表1】

議題
1. 特許権侵害にかかる損害賠償制度について
2. 差止請求権のあり方について
3. 標準必須特許を巡る異業種間交渉について
※議題は変更される可能性がございます。
なお、サーバー負荷軽減のため、傍聴は取りやめとさせていただきます。
資料、議事録については追って公開いたします。

 

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】オーヴォ-/共同通信/首相、EU首脳とワクチンで協力、テレビ会議を実施(2020/05/26)

□特許に関連し、Google/ニュース/特許権プール
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許権プール
<首相、首相、25日記者会見、関連>
  ・Yahoo!ニュース/時事通信
   G7通常開催なら訪米 新型コロナ、途上国支援提案へ 安倍首相
   *5/25(月) 20:59配信
<首相、EU首脳、テレビ会議、>
  ・オーヴォ-/共同通信/
   首相、EU首脳とワクチンで協力 テレビ会議を実施
   *2020年5月26日
<官房長官、26日、記者会見>
  ・日本経済新聞/
   官房長官、ワクチン治験「7月に開始」
   2次補正で開発支援
   *2020/5/26 14:56

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】・ナショナル ジオグラフィック/新型コロナ患者の「奇妙な症状」、各専門医が解説(2020/05/26)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<「奇妙な症状」>
  ・ナショナル ジオグラフィック日本版/
   新型コロナ患者の「奇妙な症状」、各専門医が解説
   心筋炎、大量の血栓、発疹、脳疾患、川崎病のような症状ほか
   *2020.05.26
<東京都、感染情報>
  ・NHK NEWS WEB
   東京都 新たに10人感染確認 4人死亡 新型コロナウイルス
   *2020年5月26日 20時04分
<神奈川県、感染情報>
  ・NHK NEWS WEB/
   新たに3人感染 2人死亡 新型コロナウイルス
   *2020年5月26日 18時08分
<アビガン、「観察研究」の中間報告、発表>
  ・日本経済新聞/
   アビガン、新たな副作用見つからず 藤田医科大
   *2020/5/26 16:25

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】朝日新聞社/新型コロナのワクチン開発着手 熊本の製薬会社(2020/05/26)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<茨城県、バイオベンチャー企業の研究所、ワクチン開発、着手>
  ・NHK NEWS WEB/
   ベンチャー企業が新技術で新型コロナウイルスのワクチン開発
   *2020年5月26日 18時38分
<熊本県、製薬会社、ワクチン開発、着手>
  ・朝日新聞社/大木理恵子 氏/
   新型コロナのワクチン開発着手 熊本の製薬会社
   *2020年5月26日 9時30分
<タカラバイオ、遺伝子の「編集」技術>
  ・日本経済新聞 電子版/
   国産ワクチン開発の黒子 タカラバイオの技術力
   *2020/5/26 11:00、会員限定
(以上)

2020年5月26日 (火)

【個人メモ】読売新聞/大阪大など開発の新型コロナワクチン、7月にも治験開始へ…国内初(2020/05/25)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<アンジェス・大阪大
/国の承認を得るための治験を7月にも始める方針>
  ・読売新聞/
   大阪大など開発の新型コロナワクチン、7月にも治験開始へ

   …国内初
   *2020/05/25 23:44

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】首相官邸/令和2年5月25日、新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見

□「特許権プール」(パテントプール)に関連し、次のニュースが掲載されていた。
 ●首相官邸/令和2年5月25日
  新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見
   <一部抜粋>【安倍総理冒頭発言】
【表1】

 このウイルスに対する治療薬やワクチンを、透明性の高い国際的な枠組みの下で途上国も使えるようにしていく特許権プールの創設を、来月予定されているG7サミットで提案したいと考えています。

<コラム>
 ●「強制実施権」→「特許開放」→「特許権プール」(パテントプール)
  20200526、竹山宏明
 ・新型コロナを巡り、特許に関連し、
  「強制実施権」→「特許開放」→「特許プール」
  のいくつかの用語がニュースで取り上げられました。
  治療薬やワクチンに関し、首相より、
  「特許権プール」(パテントプール)の創設について、
  G7サミットへの提案が記者会見で明らかになりました。
<サイト内>
 ●2020年5月25日 (月)
  【特許】朝日新聞/治療薬などの「特許権プール」創設、
  首相がG7で提案へ(2020/05/25) 

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月25日 (月)

【個人メモ】読売新聞/【独自】大学発知財「実用化」促す…専門家と連携、特許庁がノウハウ集(2020/05/25)

□特許に関連し、Google/ニュース/読売 知財 大学
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/読売 知財 大学
  ・読売新聞/【独自】

   大学発知財「実用化」促す…専門家と連携、特許庁がノウハウ集
   *2020/05/25 16:06、[読者会員限定]
<追記>
 ●特許庁/5月26日
  「知財戦略デザイナー派遣事業2019ナレッジ集
  ~大学の埋もれた知的財産からイノベーションを
  創出していくために~」を発表します!(経済産業省のページへ)
  <一部抜粋>3.公表資料
  知財戦略デザイナー派遣事業2019ナレッジ集
  ~大学の埋もれた知的財産からイノベーションを
  創出していくために~
  *全26頁
 ●特許庁/知財戦略デザイナー派遣事業
  [更新日 2020年4月6日]
  <一部抜粋>
【図1】

20200407zu01
 

<出典>「特許庁」ウェブサイト
     4月6日
     知財戦略デザイナー派遣事業において大学を
     支援する専門家を募集します
(当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/support
/daigaku/designer_haken.html

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/中国カンシノ、コロナワクチン「ヒトへの効果確認」(2020/05/25)

□特許に関連しないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<中国、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)、
第1臨床試験を完了した段階、ヒトに対する効果が確認>
  ・日本経済新聞/
   中国カンシノ、コロナワクチン「ヒトへの効果確認」
   *2020/5/25 17:21

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】朝日新聞/治療薬などの「特許権プール」創設、首相がG7で提案へ(2020/05/25)

□「パテントプール」関連であり、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<首相、25日記者会見、G7サミットで提案予定、
新型コロナ関連、「特許権プール」創設>
  ・朝日新聞/
   治療薬などの「特許権プール」創設、首相がG7で提案へ
   *2020年5月25日 19時30分
<追記>
 ●SankeiBiz/
  首相会見全文(5)解除目安超えている神奈川も

  「多くが感染経路追えている」
  =(4)から続く
  *2020.5.25 19:25

 ●特許庁、(社)発明協会アジア太平洋工業所有権センター
  「パテントプール」
  *全43頁
  <一部抜粋1>
   「米国特許商標庁によれば、パテントプールとは、
   「2またはそれ以上の特許保有者間における、
   1またはそれ以上の特許を、相互にまたは第三者に対して
   ライセンスする合意(*1)」である。
   この定義によれば、パテントプールのイメージは図1のようになる。
 <出典1>「特許庁」サイト
     特許庁、(社)発明協会アジア太平洋工業所有権センター
     「パテントプール」
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/news/kokusai/developing
/training/textbook/document/index
/patent_pools_jp_2009.pdf
  <一部抜粋2>
【図1】

20200525_zu01
 

<出典2>出典1に同じ
  <一部抜粋3>
 (*1)”USPTO (2000),‘PATENT POOLS: A SOLUTION TO THE
     PROBREM OFACCESS IN  BIOTECHNOLOGY PATENTS?”
 <出典3>出典1に同じ
  ・United States Patent and Trademark Office/
   ”PATENT POOLS: A SOLUTION TO THE PROBLEM OF
   ACCESS IN BIOTECHNOLOGY PATENTS?”
   *December 5, 2000、全17頁


[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】NHK NEWS WEB/新型コロナ治療薬 臨床試験は約1000件 その結果は?(2020/05/24)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<海外メディア報道>
  ・Yahoo!ニュース/猪瀬聖 | ジャーナリスト/
   「日本は成功」海外メディア、新型コロナで手のひら返し
   *5/24(日) 23:28
<開発中の治療薬>
  ・NHK NEWS WEB/
   新型コロナ治療薬 臨床試験は約1000件 その結果は?
   *2020年5月24日 19時15分
<東京、新たな感染数>
  ・NHK NEWS WEB
   東京 新たな感染確認14人 10人超は今月21日以来 新型コロナ
   *2020年5月24日 19時54分
<メカニズム、一部予測>
  ・WIRED/
   新型コロナウイルスは、HIVウイルスのように免疫系を破壊する?
   その鍵は「T細胞」が握っている
   *2020.05.24 SUN 12:00

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/「ワクチン開発へ特許共有を支持」 国連知財次期トップ(2020/05/24)

□特許に一部関連し、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<WIPO、次期の事務局長、各国の知的財産政策の改善を促す方針>
  ・日本経済新聞 電子版/
   「ワクチン開発へ特許共有を支持」 国連知財次期トップ
   *2020/5/24 18:00、会員限定
<厚生労働省、第2次補正予算案、
ワクチン開発や生産体制の整備を支援する費用を盛り込む方針>
  ・日本経済新聞/
   ワクチン開発・生産 2次補正で追加支援 経財相
   *2020/5/24 22:03
<「自国優先の開発競争」>
  ・毎日新聞/
   ワクチン、自国優先の開発競争 米中しのぎ、

   出遅れた日本 新型コロナ
   *2020年5月24日 16時45分、会員限定有料記事

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月24日 (日)

【ブロックチェーン関連特許】コインデスク・ジャパン/日本ユニシスがチケットサービスを無償提供(2020/05/24)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<「コロナ被害企業を支援」>
  ・コインデスク・ジャパン/文・編集:濱田 優 氏/
   日本ユニシスがチケットサービスを無償提供
   ──ブロックチェーン活用で「コロナ被害企業を支援」広がる
   *2020年 5月 24日 09:00
<WEF、「分散化された未来を築く価値原則」発表>
  ・CoinPost/k.Utashima 氏/
   「ブロックチェーンは第四次産業革命の支柱」
   世界経済フォーラムがブロックチェーン業界の原則を起草
   *2020/05/23 12:30
<米国、米議員、
ブロックチェーンを国家戦略にするよう求める法案提出>
  ・CoinPost/CoinPost編集部/
   「ブロックチェーンを国家戦略へ」 米議員が法案提出
   *2020/05/21 10:16
<バリュー・テクノロジー・ファウンデーション
(シンクタンク)、ホワイトペーパー>
  ・コインデスク・ジャパン/Danny Nelson 氏/
   アメリカは中国、ロシアを追い抜けるか
   ──激化する軍事、経済安全保障のブロックチェーン競争
   *2020年 5月 22日 06:00

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/蚊は新型コロナを媒介するのか?(2020/05/24)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<ベッド数>
  ・NHK NEWS WEB/
   新型コロナ ベッド数 全国で1万7600床余 入院患者は2000人余
   *2020年5月24日 6時28分
<蚊による媒介、今のところは「分からない」>
  ・Yahoo!ニュース/忽那賢志 氏| 感染症専門医/
   蚊は新型コロナを媒介するのか?
   *5/24(日) 9:48
<マスク生産>
  ・NHK NEWS WEB/
   マスク生産 異業種からの参入相次ぐ ユニクロも 新型コロナ
   *2020年5月24日 7時16分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】NHK NEWS WEB/東京都 2人が新たに感染 緊急事態宣言以降で最少 新型コロナ(2020/05/23)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<都内の「陽性率」は暫定値で1.3%>
  ・NHK NEWS WEB/
   東京都 2人が新たに感染 緊急事態宣言以降で最少 新型コロナ
   *2020年5月23日 20時49分
<国内で新たに26人確認>
  ・読売新聞/
   新型コロナ感染者、国内で新たに26人確認…累計1万6567人
   *2020/05/23 20:41
<中国、感染者情報>
  ・NHK NEWS WEB/
   中国 コロナ感染者初のゼロも統計外の「無症状」感染者は28人
   *2020年5月23日 12時46分
<「レムデシビル」、米NIHによる臨床試験結果の発表>
  ・NHK NEWS WEB/
   「レムデシビル」に回復期間の短縮効果か 新型コロナ
   *2020年5月23日 11時11分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/新型コロナワクチン9月供給に向け準備、米3億回分、英1億回分、英オックスフォード大が第2/3相治験へ(2020/05/23)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<英オックスフォード大、米英、資金提供>
  ・NHK NEWS WEB/
   ワクチン開発 世界で100種類以上研究 新型コロナウイルス
   *2020年5月23日 18時41分
  ・Yahoo!ニュース/木村正人 氏| 在英国際ジャーナリスト/
   新型コロナワクチン9月供給に向け準備 米3億回分、英1億回分
   英オックスフォード大が第2/3相治験へ
   *5/23(土) 10:27

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月23日 (土)

【「量子暗号」関連発明】WIRED/日本はいま、人類史上最強のセキュリティ技術「量子暗号」の先頭を走っている(2020/05/24)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<日本の研究者チーム>
  ・WIRED/
   日本はいま、人類史上最強のセキュリティ技術「量子暗号」
   の先頭を走っている
   *2020.04.24 FRI 17:00

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】BRIDGE/VISAがブロックチェーンをベースとした“デジタル通貨”の特許を取得、その背景にあるものは(2020/05/22)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
  ・BRIDGE/news pickup/souta watanabe 氏/
   VISAがブロックチェーンをベースとした
   “デジタル通貨”の特許を取得、その背景にあるものは
   *2020.05.22
   <一部抜粋>デジタルな法定通貨システムに関する特許
    <同公報の一部抜粋>
     ・U.S. patent application:20200151682 A1、May 14, 2020
      ”DIGITAL FIAT CURRENCY”
【表1】 *改行挿入。

Abstract
Techniques are disclosed which include receiving, by a central entity computer, a request for digital currency.
The request includes a serial number and a denomination of a physical currency.
The central entity computer generates the digital currency for the denomination and linked to the serial number.
The generating includes recording the digital currency on a blockchain.
The central entity computer transmits a notification of the generation of the digital currency.
The central entity computer causes removal of the physical currency from circulation in a fiat currency system.

 <出典>「USPTO」サイト
    USPA:20200151682 A1
  (当該ページのURL)
http://appft1.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1

=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PG01&p=1&u=/netahtml
/PTO/srchnum.html&r=1&f=G&l=50&s1=20200151682.PGNR.
【表2】 *”Google翻訳”使用、「です・ます」調に統一。

Google 翻訳
(https://translate.google.co.jp/?hl=ja)
中央エンティティコンピュータがデジタル通貨の要求を受け取ることを含む技術が開示されています。
リクエストには、シリアル番号と物理通貨の額面が含まれています。
中央エンティティコンピュータは、金種のデジタル通貨を生成し、シリアル番号にリンクします。
生成には、ブロックチェーンへのデジタル通貨の記録が含まれます。
中央エンティティコンピュータは、デジタル通貨の生成に関する通知を送信します。
中央エンティティコンピュータは、フィアット通貨システムでの流通からの物理通貨の削除を引き起こします。

【図1】

20200523_zu01  

 <出典2> * <出典1>に同じ、タブ”Images”選択。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】中日スポーツ/本外国特派員協会が“コロナエンブレム”取り下げ(2020/05/21)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<東京五輪のエンブレムと“コロナエンブレム”>
  ・中日スポーツ・東京中日スポーツ/
   日本外国特派員協会が“コロナエンブレム”取り下げ
   あくまで著作権法上の問題から取り下げたと会長説明
   *2020年5月21日 18時6分
<スクリーンショット、画面キャプチャ>
  ・Yahoo!ニュース/ABEMA TIMES/
   違法にアップロードされた漫画をスクショしたらどうなる?
   著作権法改正案、基準の曖昧さが“萎縮効果”生む懸念も
   *5/21(木) 17:30配信
<著作物使用料の分配>
  ・Yahoo!ニュース/オリコン/
   JASRAC、著作権使用料の分配日を前倒し「いち早く権利者へ分配」
   *5/20(水) 15:36配信

[△最新情報へ]

(以上)

【知財その他】農業協同組合新聞/審議すれば国民に疑念説明できる-種苗法改正案で江藤農相(2020/05/22)

□知財であって、Google/ニュース/種苗法改正案
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/種苗法改正案
  ・農業協同組合新聞/
   審議すれば国民に疑念説明できる-種苗法改正案で江藤農相
   *2020年5月22日
  ・農業協同組合新聞
   「種苗法」の議論を 「新世紀JA研」「種子を守る会」が呼びかけ
   *2020年5月22日
  ・Yahoo!ニュース/
   種苗法改正案の迷走 背景にある課題を農家の視点から考える
   *5/20(水) 18:30
   <一部抜粋>松平尚也 | 農家ジャーナリスト、AMネット、
    京都大学農学研究科博士課程

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ブルームバーグ/新型コロナ、日本独自の「要請」対応が奏功-緊急事態全面解除迫る(2020/05/23)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<日本独自の「要請」対応>
  ・ブルームバーグ/黄恂恂、Lisa Du、リーディー・ガロウド 氏/
   新型コロナ、日本独自の「要請」対応が奏功

   -緊急事態全面解除迫る
   *2020年5月23日 7:00 JST
<新興国、新型コロナ感染、拡大>
  ・日本経済新聞/
   新型コロナ感染1日で10万人増 過去最多、新興国で拡大
   *2020/5/23 5:21 (2020/5/23 9:23更新)
<南極大陸、「感染者ゼロ」維持>
  ・CNN.co.jp/
   コロナ禍及ばぬ南極大陸、基地で終息待つ人々が思い語る
   *2020.05.22 Fri posted at 18:00 JST
<米国、コロナワクチン治験計画>
  ・Reuters/Reuters Staff/
   EXCLUSIVE-米、被験者10万人超のコロナワクチン治験計画
   候補株は約6株
<世界、「アフターコロナ」>
  ・東洋経済オンライン/中村 稔 氏: 東洋経済 解説部コラムニスト/
   「アフターコロナの世界経済は元には戻らない」
   玉木元財務官が説く「新たな経済」の必要性

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】NHK NEWS WEB/新型コロナワクチン開発 国内9件の研究に国が70億円余補助(2020/05/22)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<日本医療研究開発機構(AMED)、ワクチン開発の支援先、9件採択>
  ・NHK NEWS WEB/
   新型コロナワクチン開発 国内9件の研究に国が70億円余補助
   *2020年5月22日 15時17分
<世界の状況>
  ・Yahoo!ニュース/サイエンスポータル/
   100を超える新型コロナワクチン開発が世界で進む 実用化
   普及目指し国際協力を
   *5/22(金) 19:04配信
  ・Newsweekjapan/アダム・ピョーレ(ジャーナリスト)/
   コロナ特効薬&ワクチン、米中日欧で進む研究開発の最前線を追う
   *2020年5月22日(金)17時15分
  ・時事ドットコムニュース
   ワクチン開発競争が加速 英大学チーム、

   秋にも実用化か―新型コロナ
   *2020年05月22日07時13分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/欧州特許庁拡大審判部、植物及び動物の特許性についての質問に対する意見を公表(2020年5月15日)<その2>

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  *該当ナシ
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
<欧州特許庁、植物及び動物の特許性>
  ・2020年5月15日
   欧州特許庁拡大審判部、植物及び動物の特許性についての
   質問に対する意見を公表(160KB)
   *全3頁
   <一部抜粋1>2020年5月15日 JETRO デュッセルドルフ事務所
   <一部抜粋2>
【表1】

 EPO拡大審判部の公表によれば、欧州特許条約(EPC)第53条(b)の下での特許性の例外に動的な解釈を適用し、植物又は動物の生産のための本質的に生物学的な方法の非特許性は、専ら本質的に生物学的な方法によって得られる植物又は動物にも拡張され、本質的に生物 学的な方法によって得られる植物及び動物は特許性がない旨結論づけた、としている。

   <一部抜粋3>
   ・・- 欧州特許庁のニュースリリース等は、以下参照 -
     Press Communiqué of 14 May 2020 concerning opinion
     G 3/19 of the Enlarged Board of Appeal Enlarged BoA
     issues opinion on EPO President’s referral
     on plant and animal patentability exception -
    ・・・拡大審判部の意見本文は、以下参照 - G3/19
       *全70頁
<米国、連邦最高裁判所(最高裁)、商標権侵害訴訟>
  ・2020年5月19日
   連邦最高裁
   Marcel Fashions Group対Lucky Brand Dungarees事件判決
   -商標権侵害訴訟において、先行訴訟で主張可能であった

   抗弁を後続訴訟で主張できるかについて判示-
   (175KB)
   *全3頁
   <一部抜粋1>
    「2020年5月19日  JETRO NY 知的財産部 柳澤、笠原」
   <一部抜粋2>
    連邦最高裁

    Marcel Fashions Group対Lucky Brand Dungarees事件判決
    *全14頁
”1 https://www.supremecourt.gov/opinions

/19pdf/18-1086_5ie6.pdf”
   <一部抜粋3>
【表2】 *改行挿入。

 最高裁の判断最高裁は、本事件において防御排除効(defensepreclusion)が認められるためには、少なくとも争点効(issuepreclusion(collateralestoppelとも呼ばれる))や、請求排除効(claimpreclusion(resjudicateとも呼ばれる))を認定するために求められる要件を満たすことが必要、すなわち、両訴訟が同じ訴訟原因で同一当事者によって提起されたものであるか、または両訴訟の主要事実が共通している必要があるとしたうえで、Marcel社とLuckyBrand社の第二回訴訟は「GetLucky」の使用禁止を求めるものであったのに対し、第三回訴訟は「GetLucky」の使用禁止を求めるものではなく、LuckyBrand社の「Lucky」という言葉を含むマークの使用禁止を求めるものであったため、両者は明らかに別のマークを含む異なる行為に対する訴えであったと認定した。また、第三回訴訟において訴えの対象となった行為は、2005年の第二回訴訟の結論後に行われた行為であると認定した。
そして、第二回訴訟と第三回訴訟は、主要事実の共通性(commonnucleusofoperativefacts)を欠いているため、LuckyBrand社は、本事件において、和解での免責条項(releaseprovision)によってMarcel社の提訴は禁じられるとの抗弁を行うことができる旨判示した。

<サイト内>
 ●2020年5月23日 (土)
  【個人メモ】JETRO/<韓国特許庁、3倍賠償制度の採用>
  損害賠償額の現実化に向けた特許法改正案、国会で可決
  (2020年5月21日)<その1>

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/<韓国特許庁、3倍賠償制度の採用>損害賠償額の現実化に向けた特許法改正案、国会で可決(2020年5月21日)<その1>

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  *該当ナシ
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
1 新型コロナ関連
 <インド特許庁、手続期限>
  ・2020年5月22日
   ロックダウン下におけるインド特許庁への手続期限に関して
   (112KB)
   *全2頁
   <一部抜粋>2020年5月22日 JETRO ニューデリー
 <(インドネシア)知財庁業務の一部閉鎖について(続報3)>
  ・2020年5月14日
   (インドネシア)新型コロナウィルスの影響による
   知財庁業務の一部閉鎖について(続報3)(472KB)
   *全1頁
 <(マレーシア)一部手続期限の再延長>
  ・2020年5月13日
   (マレーシア)新型コロナウィルスの影響による一部手続期限
   の再延長について(394KB)
   *全1頁
   <一部抜粋>2020年5月14日  ジェトロ・バンコク事務所
2 その他
 <韓国特許庁、3倍賠償制度の採用>
  ・2020年5月21日
   損害賠償額の現実化に向けた特許法改正案、国会で可決
   <一部抜粋1>「2020年5月21日、出所: 韓国特許庁」
   <一部抜粋2>
【表1】 *一部着色

 韓国特許庁は、特許権者の生産能力を超過する特許侵害者の製品販売に対して損害賠償を適用する特許法一部改正案が20日(水曜)に国会本会議で可決され、2020年12月から施行される予定であると21日に明らかにした。
 ・・・。特に、全世界の知的財産をリードする先進5ヵ国(日米欧中韓)のなかで、特許法に今回改正された損害額の算定方式と3倍賠償をすべて明文化した国は、韓国が唯一である。

<USPTO、業務へのAIの適用拡大に向けて企業との提携>
  ・2020年5月19日
   USPTO、業務へのAIの適用拡大に向けて企業との提携を推進

   (131KB)
   <一部抜粋1>
    2020年5月19日  JETRO NY 知的財産部 柳澤、笠原
   *全1頁
   <一部抜粋2>
【表2】

 GeneralDynamicsInformationTechnology社(以下、GDIT社)は、5月11日、人工知能(AI)、機械学習などに関する業務で米国特許商標庁(USPTO)と契約を締結したと発表した(*1)。

   <一部抜粋3>
(*1)*”press-releases”
https://www.gdit.com/about-gdit/press-releases
/uspto-awards-general-dynamics-artificial-intelligencecontract/
<サイト内>
 ●2020年5月23日 (土)
  【個人メモ】JETRO/欧州特許庁拡大審判部、
  植物及び動物の特許性についての質問に対する意見を公表
  (2020年5月15日)<その2>

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月21日 (木)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/新型コロナ対策で広がるカウンターの「仕切り」、ラーメン「一蘭」の特許を侵害する?(2020/05/19)

□特許であって、Google/ニュース/コロナ 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ 特許
  ・Yahoo!ニュース/弁護士ドットコムニュース編集部/
   新型コロナ対策で広がるカウンターの「仕切り」、
   ラーメン「一蘭」の特許を侵害する?
   *5/19(火) 10:13配信
<追記>
 ●工業所有権情報・研修館/J-PlatPat
  ・特許・実用新案番号照会/OPD
   ・・特許第4267981号
   *”特許・実用新案照会(固定アドレス)”
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU
/JP-2003-289989/2E79D188FFD635EA61DF756E79
D9607D5C5C97D9A8B94B1DC32D60D7E7034D7C/10/ja
   <一部抜粋1>
    【特許番号】特許第4267981号
    【登録日】平成21年2月27日(2009.2.27)
    【特許権者】【氏名又は名称】株式会社一蘭
【図1】

20200521_zu01d

【表1】 **手続補正書(平成20年12月26日提出)、一部抜粋。

【補正の内容】
 【書類名】特許請求の範囲
 【請求項1】
 出入口から客席を含む客の動線を直線的に構成する複数の客側通路と、厨房を含む店の従業員の動線を直線的に構成する店側通路とが空間的に仕切られており、前記店側通路の一部をなす接客スペースが、長手状のカウンターを複数の間仕切りで仕切って個別に構成した複数の前記客席と対向して形成されるとともに、前記接客スペースと前記各客席とを暖簾で仕切った店舗システムにおいて、
 前記客の動線中に配設した客側機器である、
a)出入口に設置された客の入店及び退店を検知する入退センサと、
b)各客席に設置された、客の着座及び離座を検知する座席センサと、
c)各客席に設置された、客から店舗側へ意思表示する連絡スイッチと、
 前記店の従業員の動線中に配設した店側機器である、
d)少なくとも接客済みか否かを入力可能とした座席情報入力スイッチと、
e)前記座席センサの検出結果、前記連絡スイッチ及び前記座席情報入力スイッチからの入力結果に基づいて座席状態を表示する客席情報出力器と、
を備えるとともに、
 前記座席情報入力スイッチは第1ボタンと第2ボタンとを備え、
 前記客席情報出力器は、
 前記第1ボタン及び前記第2ボタンと共に、前記接客スペース内であって、前記客側通路の反対側上部に、前記各座席毎に設けた客席ボックスの前面に並設され、前記座席センサが着席又は退席を検出すると点滅表示するとともに、着席を示す点滅時に前記第1ボタンが押下されると点灯に変化し、退席を示す点滅時に、前記第1ボタンが押下されると消灯する一方、前記第2ボタンが押下されると前記点灯状態に復帰する第1ランプと、
 前記連絡スイッチからの入力信号により点灯表示する一方、前記第2ボタンが押下されると消灯する第2ランプと、
 前記厨房に配設され、前記座席センサが着席を検出すると点灯する第3のランプと、
 前記入退センサが客の入退を検出すると、入店と退店とを区別した音が発せられる前記厨房に配設した第1の店側スピーカと、前記店側通路に配設した第2の店側スピーカと、
客側通路に面して取付けた客側スピーカと、
を備えることを特徴とする店舗システム。

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/市川衛 | 医療の「翻訳家」/アビガン「有効性示せず」ってどういうこと?期待は裏切られたのか、専門家に聞きました(2020/05/20)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<東京都、陽性率1.9%(暫定値)>
  ・NHK NEWS WEB/
   東京都 新たに5人感染 陽性率1.9%(暫定値) 新型コロナ
   *2020年5月20日 19時54分
<アビガン(ファビピラビル)、「中間解析」の結果>
  ・Yahoo!ニュース/市川衛 氏| 医療の「翻訳家」/
   アビガン「有効性示せず」ってどういうこと?期待は裏切られたのか、
   専門家に聞きました:新型コロナ
   *5/20(水) 18:00
<透明シート>
  ・NHK NEWS WEB/
   新型コロナ 広がる透明シート
   *2020年5月20日 20時24分
<透明シート>
  ・NHK NEWS WEB/
   新型コロナでひきこもりは、今
   *2020年5月20日 19時12分
<ワクチン開発における動物モデルの重要性>
  ・WIRED/TEXT BY MALLORY PICKETT
   動物実験で、どこまで新型コロナウイルス感染症の症状を
   “再現”できるか:研究者たちの挑戦と課題
   *2020.05.20 WED 17:00

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】テレビ朝日/ワクチン開発でコロナ収束に光明?専門家に聞く(2020/05/19)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<予防ワクチンと治療薬の開発への支援>
  ・日本経済新聞/
   パナソニック、コロナワクチン・治療薬開発に2億円寄付
   *2020/5/20 17:23
<争奪戦、「自国優先主義」>
  ・Yahoo!ニュース/中央日報日本語版/
   「コロナワクチン開発しても問題」

   …専門家が警告した最悪の状況は?
   *5/20(水) 11:40配信
<米中の攻防>
  ・日本経済新聞 電子版/
   ワクチン開発で米中攻防 量産課題、奪い合い懸念
   *2020/5/19 23:00 (2020/5/20 5:07更新)、会員限定
<中国、抗体を用いたウイルス感染症の治療>
  ・時事ドットコムニュース/【北京AFP=時事】/
   北京大「ワクチンなしでも流行制止」 コロナ治療薬開発に自信
   *2020年05月20日13時08分
<WHO、現在、世界で8つの臨床試験>
  ・テレビ朝日/
   ワクチン開発でコロナ収束に光明?専門家に聞く
   *2020/05/19

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月19日 (火)

【個人メモ】日本経済新聞/米モデルナ、ワクチン治験で抗体確認 7月に大規模治験(2020/05/19)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<米バイオ医薬ベンチャー、ワクチン候補「mRNA-1273」>
  ・日本経済新聞/
   米モデルナ、ワクチン治験で抗体確認 7月に大規模治験
   *2020/5/18 23:48 (2020/5/19 7:41更新)
<各国政府や製薬会社、優先順位の検討>
  ・ウォール・ストリート・ジャーナル日本版/
   By Peter Loftus/
   コロナワクチンどう分ける? 優先順位の検討始まる
   製薬会社は生産能力を増強中
   *2020年5月18日 13:55 JST、有料会員登録

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】補助金ポータル/北海道:「令和2年度中小企業外国出願支援事業」(2020/05/18)

□特許・実用新案・意匠・商標を海外へ出願であって、
 Google/ニュース/意匠による検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<北海道、「令和2年度中小企業外国出願支援事業」>
  ・補助金ポータル/
   北海道:「令和2年度中小企業外国出願支援事業」
   *12 時間前(2020/05/18)
   <一部抜粋1>公募期間、2020年5月1日〜2020年6月5日
   <一部抜粋2>「公式公募ページ
https://www.hsc.or.jp/news/r2_gaikokusyutugan/」
<サイト内>
 ●2020年5月16日 (土)、【意匠】補助金ポータル/
  宮崎県:「令和2年度 宮崎県中小企業特許出願等支援事業」
  (2020/05/15)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】大阪工業大学/コロナ対応オンライン授業で著作物利用の注意点、教員向け学内ガイドラインを公開(2020/05/18)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<オンライン朗読、著作権>
  ・朝日新聞デジタル版/宮田裕介、赤田康和 氏/
   オンライン朗読、著作権の壁 図書館には許可する動きも
   *2020年5月18日 19時59分、有料会員限定記事
<大阪工業大学、学内ガイドライン>
  ・大阪工業大学、大学プレスセンター/
   コロナ対応オンライン授業で著作物利用の注意点
   教員向け学内ガイドラインを公開 -- 大阪工業大学
   <一部抜粋>
    ・ガイドラインを公開しているウェブページ
     http://www.oit.ac.jp/ip/graduate/
    ・大阪工業大学ウェブサイト
     http://www.oit.ac.jp/

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】日本経済新聞/日医工、フサン・アビガンを生産 コロナ治療薬に注力(2020/05/18)

□後発薬との関係であって、Google/ニュース/コロナ 特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ 特許
<新型コロナの治療薬候補を2つ手掛ける>
  ・日本経済新聞/(伊地知将史)氏/
   日医工、フサン・アビガンを生産 コロナ治療薬に注力
   *2020/5/18 17:42

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月18日 (月)

【個人メモ】NHK NEWS WEB/東京都 新たに10人感染確認 陽性率2.7%(暫定値)新型コロナ(2020/05/18)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<東京都、10人感染確認>
  ・NHK NEWS WEB/
   東京都 新たに10人感染確認 陽性率2.7%(暫定値)新型コロナ
   *2020年5月18日 21時04分
<各国の最新状況まとめ(18日現在)>
  ・Newsweekjapan
   新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(18日現在)
   *2020年5月18日(月)12時36分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】山陽新聞/国産ワクチン21年春にも実用化 コロナ用開発進める、大阪大大学院・森下教授(2020/05/18)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<イギリス政府、追加支援の発表>
  ・TBS News/
   英政府、新型コロナ「ワクチン開発成功なら

   9月までに3000万本」
   *18日 9時29分
<「DNAワクチン」>
  ・山陽新聞/
   国産ワクチン21年春にも実用化 コロナ用開発進める
   大阪大大学院・森下教授(総社市出身)
   *(2020年05月18日 08時31分 更新)
<習近平中国国家主席、世界保健機関(WHO)でスピーチ>
  ・ブルームバーグ/Corinne Gretler/
   習主席:中国の新型コロナワクチン、
   世界の公共財になる-WHO総会
   *2020年5月18日 21:53 JST
<コロナ治療薬、投資>
  ・ウォール・ストリート・ジャーナル日本版/
   By Gregory Zuckerman
   コロナ治療薬、大手投資会社が賭けに慎重なわけ
   数十億人を救い得る取り組みが成功しても、
   大きな利益にならない可能性
   *2020年5月18日 08:15 JST/有料会員登録

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ナショナル ジオグラフィック/新型コロナの感染者はどのぐらいいるのか:検出率と抗体検査(2020/05/18)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<検出率と抗体検査>
  ・ナショナル ジオグラフィック日本版/
   新型コロナの感染者はどのぐらいいるのか:検出率と抗体検査
   *4 時間前(2020/05/18)
<閉院、再活用>
  ・NHK NEWS WEB/
   閉院の病院を新型コロナ専用病院に再活用 相模原
   *2020年5月18日 7時37分
<外来や入院の患者数減少>
  ・NHK NEWS WEB/
   約8割の病院で経営悪化 新型コロナで外来や入院の患者数減少
   *2020年5月18日 0時00分
<東京都>
  ・NHK NEWS WEB/
   東京都 新たに5人感染確認 7人死亡 新型コロナウイルス
   2020年5月17日 19時38分
<地方銀行、苦境>
  ・NHK NEWS WEB/
   新型コロナで地方銀行が苦境 約7割で今年度業績は減益見込み
   *2020年5月18日 6時40分

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月17日 (日)

【商標】読売新聞/商標無断出願識者に聞く 訪日客増加が背景に、GI保護制度活用を(2020/05/16)

□商標であって、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<商標無断出願識者に聞く>
  ・読売新聞/
   商標無断出願識者に聞く 訪日客増加が背景に
   GI保護制度活用を
   *2020/05/16 05:00
<追記>
 ●農林水産省/地理的表示保護制度(GI)/

  登録申請手続
  担当:食料産業局 知的財産課
  *更新日:平成31年2月1日
  <一部抜粋1>
【表1】

 地域の生産業者の組織する団体(生産者団体)が、その生産する産品に係る「地理的表示」について、申請書類と添付書類(明細書、生産行程管理業務規程等)を作成し、農林水産大臣に登録申請を行います。

  <一部抜粋2>
【図1】

20200517_gi_zu01

 <出典>「農林水産省」サイト
     地理的表示保護制度(GI)/登録申請手続
  (当該ページのURL)
https://www.maff.go.jp/j/shokusan
/gi_act/process/index.html
  <一部抜粋3>
   地理的表示保護制度登録等申請マニュアル
  ・全体版(PDF : 3,158KB)
   *全121頁

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】毎日新聞/「AIは著作権とビジネスモデル変えていく」福井健策弁護士に聞く(2020/05/16)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<AIと著作権>
  ・毎日新聞/
   「AIは著作権とビジネスモデル変えていく」
    福井健策弁護士に聞く
   ・2020年5月16日 17時01分(最終更新 5月16日 18時04分)、
    会員限定有料記事
<手塚治虫氏、AIを用いた新作 >
  ・毎日新聞/
   31年ぶり「神様の新作」 手塚治虫AIが描いた夢、そして課題
   揺らぐ著作権
   *2020年5月16日 17時00分(最終更新 5月16日 18時41分)、
    会員限定有料記事
<追記>
 ●平成29年3月
  知的財産戦略本部 検証・評価・企画委員会

  新たな情報財検討委員会
  「新たな情報財検討委員会 報告書
   -データ・人工知能(AI)の利活用促進による産業競争力強化の
   基盤となる知財システムの構築に向けて-」
  *全49頁
 <一部抜粋1>p.35~36
【表1】 *下線挿入。

課題④-2)AIを活用した創作(著作物)に関する保護の可能性
 文化庁著作権審議会第9小委員会(コンピュータ創作物関係)報告書(*71)(以下「第 9小委報告書」という。)では、コンピュータ・システムを利用して創作したコンピ ュータ創作物について、人間による「創作意図」(*72)と創作過程において具体的な結果を得るための「創作的寄与」があればコンピュータを道具として創作したものとして著作物性が肯定されるとした。
 また、同報告書は、「コンピュータ創作物に著作物性が認められる場合、その著作者は具体的な結果物の作成に創作的に寄与した者と考えられるが、通常の場合、それは、コンピュータ・システムの使用者であると考えられる。」とし、「プログラムの作成者は、プログラムがコンピュータ・システムとともに使用者により創作行為のための道具として用いられるものであると考えられるため、一般的には、コンピュータ創作物の著作者とはなり得ないと考えられる。」と整理した。

  <出典1>
  知的財産戦略本部 検証・評価・企画委員会
  新たな情報財検討委員会
  「新たな情報財検討委員会 報告書
   -データ・人工知能(AI)の利活用促進による産業競争力強化の
   基盤となる知財システムの構築に向けて-」
  (当該ページのURL)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2
/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2017/johozai/houkokusho.pdf
 <一部抜粋2>p.36
【表2】

以上のような第9小委報告書の考え方を前提として、本検討委員会では、深層学 習を利用したAIによるAI生成物の著作物性及び著作者について検討した。
AI生成物を生み出す過程において、学習済みモデルの利用者に創作意図があり、同時に、具体的な出力であるAI生成物を得るための創作的寄与があれば、利用者が思想感情を創作的に表現するための「道具」としてAIを使用して当該AI生成物を生み出したものと考えられることから、当該AI生成物には著作物性が認められ(*73)その著作者は利用者となる(*74)。(図 11 参照)。

  <出典2> *<出典1>と同じ。  <一部抜粋3>p.36
【図1】 【図 11(深層学習を利用したAIを道具として利用した創作)】

20200517_zu01

  <出典3>*<出典1>と同じ。
 <一部抜粋4>p.35、注釈
【表3】

(*71) 著作権審議会第9小委員会(コンピュータ創作物関係)報告書
    (平成5年11月文化庁)
(*72) 第9小委報告書では、創作意図について、「コンピュータ・システムの使用という事実行為から通常推認し得るものであり、また、具体的な結果物の態様についてあらかじめ確定的な意図を有することまでは要求されず、当初の段階では『コンピュータを使用して自らの個性の表れとみられる何らかの表現を有する結果物を作る』という程度の意図があれば足りるものと考えられる。」と述べている。

  <出典4> *<出典1>と同じ。
 <一部抜粋5>p.36、注釈
【表4】

(*73) 第9小委報告書参照
(*74) なお、AIのプログラムや学習済みモデル作成者は、一般的にはAI生成物の著作者になり得ないと考えられる。もっとも、第9小委報告書の指摘を前提に考えれば、AIのプログラムや学習済みモデルの作成者と利用者の創作行為に共同性が認められるような例外的な場合、AIのプログラムや学習済みモデルの作成者と利用者が共同著作者となる余地がある。
同じく同報告書は「プログラムの作成 者が自ら特定の創作物の作成を意図して、そのために作成されたものであると客観的に認識できる程度の特定性があるプログラムを作 成し、使用者は単なる操作者にとどまる場合には、当該プログラムの作成者が単独でコンピュータ創作物の著作者となることもあり得ると考えられる。」とするが、これについても、AIのプログラムや学習済みモデルの作成者を前記「プログラムの作成者」に、学習済 みモデルの利用者を前記「使用者」に、置き換えて理解することができると考えられる。

  <出典5> *<出典1>と同じ。
<サイト内>
 ●2020年3月31日 (火)
  【著作権】Forbes JAPAN/中国でAIコンテンツに著作権を認める判例
  今後に期待と懸念(2020/02/31)
 ●2020年1月14日 (火)
  【著作権】スラド/中国の裁判所、
  AIが生成した文章に著作権を認める
  (2020年01月13日)<中国・著作権・AIの3>
 ●2020年1月 9日 (木)、【著作権】<中国>Chinanews.com/
  Econs.cn/Court rules AI-written article has copyright
  <中国・著作権・AIの2>
 ●2020年1月 8日 (水)、【著作権】中国網日本語版
  (チャイナネット)/AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に
  <中国・著作権・AIの1>

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】Forbes JAPAN/「ブロックチェーン」とはそもそも何か?、中学生が東大の専門家(2020/05/15)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<中学生による取材>
  ・Forbes JAPAN/Forbes JAPAN 編集部/
   「ブロックチェーン」とはそもそも何か?
   中学生が東大の専門家に ...
   *APAN-2020/05/15
<連載マンガ『ノブナガブロックチェーン』>
  ・CoinPost/幻冬舎ブランドコミック
   現代にタイムスリップした信長がブロックチェーンビジネス!?
   「ノブナガブロックチェーン」連載開始
   *05/14 17:00
   <一部抜粋>
   「連載開始:2020 年5 月13 日(隔週水曜日に公開)*購読無料
URL:https://www.bracomi.co.jp/m/mc6be1f8d9241」

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Yahoo!ニュース/新型コロナにまつわるBCG、降圧薬、イブプロフェンのその後(2020/05/16)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<NHK NEWS WEB、経済影響“地方に転職したい”>
  ・NHK NEWS WEB/
   “地方に転職したい” 都市部の若者に意識広がる
   コロナ影響か
   *2020年5月17日 6時28分
<NHK NEWS WEB、生活情報“巣ごもり騒音”>
  ・NHK NEWS WEB/
   “巣ごもり騒音”の苦情 都内で多発 外出自粛続き 新型コロナ
   *2020年5月16日 19時28分
<科学的に十分に検証されていない仮説>
  ・Yahoo!ニュース/忽那賢志 氏| 感染症専門医
   新型コロナにまつわるBCG、降圧薬、イブプロフェンのその後
   *5/16(土) 15:58
<「コロナ後の世界」のビジョン>
  ・東洋経済オンライン/
   広井 良典 氏: 京都大学こころの未来研究センター教授/
   AIは「新型コロナ禍の悪夢」を予言したのか
   少極集中から分散型システムへの転換が急務
   *2020/05/17 5:45

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】BBCニュース/新型ウイルスワクチン、サルが免疫獲得か 米英研究チーム(2020/05/16)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<米英研究チーム/ワクチンを接種したアカゲザルが免疫を獲得>
  ・BBCニュース/レイチェル・シュレア、健康担当記者/
   新型ウイルスワクチン、サルが免疫獲得か 米英研究チーム
   *2020年05月16日
<WHOが公表したリスト>
  ・東京新聞、朝刊/
   <新型コロナ>ワクチン開発計画118件 日本普及
   来年以降か
   *2020年5月17日
<普及方法>
  ・WIRED/TEXT BY ADAM ROGERS
   新型コロナウイルスのワクチンが完成したら、
   いったい誰に優先的に接種することが「正しい」のか?
   *2020.05.17 SUN 09:00
<サイバー攻撃が増加>
  ・WIRED/TEXT BY LILY HAY NEWMAN/
   中国のハッカーが、新型コロナウイルスのワクチン研究
   を狙っている? 米国による名指しの非難が意味すること
   *2020.05.16 SAT 16:00

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月16日 (土)

【AI関連発明】NHK NEWS WEB/将棋の棋譜もAIで 人手不足解消や感染予防も(2020/05/16)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<「棋譜」>
  ・NHK NEWS WEB/
   将棋の棋譜もAIで 人手不足解消や感染予防も
   2020年5月16日 12時08分

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<JETRO/海外情報>新型コロナウイルスの影響(2020年5月16日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 「JETRO」(日本貿易振興機構)発の海外情報です。
 ●最新情報は、「JETRO」サイトをご覧下さい。
【表1】

JETRO(日本貿易振興機構)/知的財産権保護

<マレーシア、知財庁窓口業務の一部再開>
  ・2020年5月8日
   (マレーシア)知財庁窓口業務の一部再開について(426KB)
   *全1頁
<欧州特許庁(EPO)、新型コロナウイルス関連>
  ・2020年5月7日
   欧州の知財関係当局、新型コロナウイルスの
   手続等への影響に関する情報を公表・更新(287KB)
   *全11頁
   <一部抜粋>「2020年5月7日 JETRO デュッセルドルフ事務所」
【表1】 *原文通り、文字一部強調・着色。

期間を遵守しない場合の救済
 ・2020年3月1 日以降に満了する全ての期間は、
 2020年6月2日までさらに延長される。

<シンガポール、新型コロナ、(続報2)>
 ・2020年4月29日
  (シンガポール)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報2) (382KB)
  *全1頁
<マレーシア、新型コロナ、(続報4)>
 ・2020年4月28日
  (マレーシア)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報4) (452KB)
  *全1頁
【表2】 *JETRO/知的財産権保護/知財ニュース

JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
<欧州の知財関係当局>
 ・2020年4月7日
  欧州の知財関係当局、新型コロナウイルスの
  手続等への影響に関する情報を公表 (269KB)
  *全9頁
<ラオス>
 ・2020年4月1日
  (ラオス)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について (421KB)
  *全1頁
<マレーシア>
 ・2020年4月1日
  (マレーシア)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報2) (532KB)
  *全1頁
<韓国>
 ・2020年3月31日
  韓国特許庁、特許書類提出期間の職権延長を施行
<インドネシア>
 ・2020年3月31日
  (インドネシア)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の一部閉鎖について(続報) (422KB)
  *全1頁
<ベトナム>
 ・2020年4月3日
  新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続について(461KB)
  *全1頁
 ・2020年3月31日
  (ベトナム)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続期限延長措置等について (516KB)
  *全2頁

【表3】 *JETRO(その2)/知的財産権保護/知財ニュース

JETRO/知的財産権保護/知財ニュース

<シンガポール>
 ・2020年4月7日
  (シンガポール)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁業務の閉庁に関するお知らせについて(531KB)
  *全2頁
 ・2020年3月30日
  (シンガポール)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続に関するお知らせについて (464KB)
  *全1頁
<フィリピン>
 ・2020年4月9日
  (フィリピン)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報) (557KB)
  *全2頁
 ・2020年3月27日
  (フィリピン)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続期限延長措置について (452KB)
  *全1頁
<ブルネイ>
 ・2020年3月26日
  (ブルネイ)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁(BruIPO)の窓口業務閉鎖について (361KB)
  *全1頁
<タイ>
 ・2020年3月25日
  (タイ)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財局への手続期限延長措置について (367KB)
  *全1頁

<サイト内>
●<日本特許庁/国内関連
 2020年5月16日 (土)、【個人メモ】<日本特許庁/国内関連>
 新型コロナウイルスの影響(2020年5月16日竹山更新)
 ●<日本特許庁/各国知財庁の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/各国知財庁の情報
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<日本特許庁/国際機関の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月10日竹山更新)
 ●<知財高裁/新着情報
  2020年5月 9日 (土)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月9日竹山更新)


[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<日本特許庁/国内関連>新型コロナウイルスの影響(2020年5月16日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 日本特許庁に対する特許等の出願等の手続
 に関するお知らせなどです。
 ●最新情報は、「特許庁」サイトをご覧下さい。
【表1】

・特許庁/報道発表トピックス

<【商標審査編】、面接ガイドライン>
  ・5月15日
   面接ガイドライン【商標審査編】
   (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時的対応について)
<特許庁窓口で手続する方へ>
  ・5月15日
   特許庁窓口で手続する方へ
   (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時対応について)
<手続の取り扱いに関するQ&A、追加>
 ●5月8日
  「新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

  手続の取り扱いについて」
  Q&Aを追加しました
  ・更新履歴:令和2年5月8日追加
   ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた
     手続の取り扱いに関するQ&Aを追加しました。
<テレビ面接システムを用いた面接、審査官とコミュニケーション>
 ●5月8日
  テレビ面接システムを用いた面接について
  (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応について)
  <一部抜粋>*改行・下線挿入。
  「特許庁は、インターネット回線を利用したテレビ面接システム
  を導入しています。
  これにより、特許出願人等が自身のPCから面接に参加して、
  審査官とコミュニケーションを図ることが可能となります。」
<テレビ面接審理、審判官とコミュニケーション>
 ●5月8日
  テレビ面接審理

  (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応について)
  <一部抜粋>*改行・下線挿入。
  「特許庁審判部は、インターネット回線を利用した
  テレビ面接システムを導入しています。
  これにより、審判請求人等が自身のPCから面接に参加して、
  審判官とコミュニケーションを図ることが可能となります。」
【表2】 *日本国特許庁

●手続き全般

・ 特許庁/4月8日
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

   手続の取り扱いについて
   [更新日 2020年4月3日]
・特許庁/4月15日
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 (4月15日更新:主要な連絡先を追加しました)

・特許庁/4月8日
 特許庁図書館 臨時休館のお知らせ
 <一部抜粋>「令和2年4月8日(水曜日)から

  当面の間臨時休館」

【表3】 更新履歴、*レイアウト変更。

更新履歴
*[更新日 2020年5月8日]
●令和2年5月8日追加
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた
  手続の取り扱いに関するQ&Aを追加しました。
●令和2年4月21日追加
 ・(参考)海外知財庁等の状況について に、WIPOの運営状況に関するリンクを追加しました。
 ・特許協力条約(PCT)に基づく国際出願
  ・・[よくある質問(QA)]新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

   (PCT国際出願)追加しました。
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた手続の取り扱いについて
  ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

    審判事件における手続の指定期間の延長等について追加しました。
●令和2年4月17日追加
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた手続の取り扱いについて
 ・新規性喪失の例外規定の適用を受けるための証明書の提出における証明書の記名押印又は署名のみが間に合わない場合の対応について追加しました。
  ・・(特許)
  ・・(意匠)
●令和2年4月15日追加
 ・主要なお問い合わせ先を追加しました
  ・・主要なお問い合わせ先
<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

【表4】 出願等の受付について、*改行挿入、文字着色。

出願等の受付について
窓口での出願等の受付については、原則行わず、
電子出願(電子証明書をお持ちの方)又は郵送(書留、配達記録を推奨)による出願等のみ可能とします。

<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

【表5】 面接による審査・審理について、*改行挿入、文字着色

面接による審査・審理について
対面による面接審査・面接審理は、原則行わず、
インターネット回線を利用したテレビ面接により対応します。
なお、電話による相談も可能ですので、担当の審査官・審判官までお問い合わせください

<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

   <一部抜粋>
   ・・テレビ面接審査
【図1】 新しいテレビ面接システムを用いたテレビ面接のイメージ

20200414_zu01

  <出典>「特許庁」ウェブサイト
      テレビ面接システムを用いた面接について
      *[更新日 2018年6月6日]
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/patent
/shinsa/mensetu/telesys_mensetu.html
<サイト内>
 ●<日本特許庁/各国知財庁の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/各国知財庁の情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<日本特許庁/国際機関の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月10日竹山更新)
 ●<JETRO/海外情報
 2020年5月16日 (土)、【個人メモ】<JETRO/海外情報>
 新型コロナウイルスの影響(2020年5月16日竹山更新)
 ●<知財高裁/新着情報
  2020年5月 9日 (土)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月9日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】WIRED/人工知能が、新型コロナウイルスの有望な“治療薬”を見つけ出す(2020/05/16)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<カリフォルニアの新治療法研究企業、STI-1499と呼ばれる抗体>
  ・TechCrunch Japan/by Darrell Etherington/
   有望な新型コロナ抗体を米Sorrentoが発見、
   実験室では100%の効果と発表
   *2020年5月16日
<AI、英国の研究チーム、有望な“治療薬”>
  ・WIRED/TEXT BY TOM SIMONITE、
   TRANSLATION BY MITSUKO SAEKI/
   人工知能が、新型コロナウイルスの
   有望な“治療薬”を見つけ出す
   *2020.05.16 SAT 09:30

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】Reuters/米、コロナワクチン開発で国際協力 年内配布に期待=大統領(2020/05/16)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<トランプ米大統領、有力なワクチン候補に投資>
  ・Reuters/Reuters Staff/
   米、コロナワクチン開発で国際協力 年内配布に期待=大統領
   *2020年5月16日 / 03:21 / 6時間前更新

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】補助金ポータル/宮崎県:「令和2年度 宮崎県中小企業特許出願等支援事業」(2020/05/15)

□特許出願や意匠登録出願、外国への特許出願であって、
 Google/ニュース/意匠による検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<宮崎県、「令和2年度 宮崎県中小企業特許出願等支援事業」>
  ・補助金ポータル/
   宮崎県:「令和2年度 宮崎県中小企業特許出願等支援事業」
   13 時間前(2020/05/15)
   <一部抜粋>
   ・・公式公募ページ
https://www.i-port.or.jp/events/clst/20050101
     <一部抜粋>
      公募期間:2020年5月1日(金)~2021年2月1日(月)
      申込先 :公益財団法人 宮崎県産業振興機構
           http://www.i-port.or.jp/

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】日本経済新聞 電子版/「Re就活」と「リシュ活」、商標権侵害で訴訟(2020/05/13)

□商標であって、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<商標権侵害訴訟>
  ・日本経済新聞 電子版/
   「Re就活」と「リシュ活」 商標権侵害で訴訟
   混同の範囲どこまで
   *2020/5/13 2:00、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】The Hankyoreh japan (プレスリリース)/「ナファモスタット、レムデシビルより新型コロナ治療効果600倍」(2020/05/15)

□特許であって、Google/ニュース/特許 コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許 コロナ
<韓国、ナファモスタットメシル酸塩>
  ・Yahoo!ニュース/
   「レムデシビルより600倍? 」新型コロナ”治療効果”
   ナファモスタット=韓国研究チームが特許出願
   *5/15(金) 11:17配信
  ・The Hankyoreh japan (プレスリリース)/イ・グニョン記者/
   「ナファモスタット、レムデシビルより新型コロナ治療効果600倍」
   *登録:2020-05-15 06:41 修正:2020-05-15 07:25
   <一部抜粋>
    http://www.hani.co.kr/arti/society/health/944942.html
    韓国語原文入力:2020-05-14 17:39
    訳H.J

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】NHK NEWS WEB/東京都 新たに9人コロナ感染確認 10人下回るのは3月22日以来(2020/05/15)

□特許とは関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<米国、発熱者の検知拡大>
  ・WIRED/TEXT BY TOM SIMONITE、
   TRANSLATION BY CHIHIRO OKA
   発熱者を検知しても、
   新型コロナウイルスの感染拡大は止められない
   *2020.05.15 FRI 08:30
<東京都、コロナ感染確認、10人下回る>
  ・NHK NEWS WEB/
   東京都 新たに9人コロナ感染確認 10人下回るのは3月22日以来
   2020年5月15日 21時00分
<BCGワクチン接種の有無、新型コロナウイルスの対人口比死亡率>
  ・Yahoo!ニュース/土居丈朗 氏
   | 慶應義塾大学経済学部教授・東京財団政策研究所上席研究員
   BCGワクチン接種の有無でコロナ死亡率に差がある
   というけれど・・・
   *5/15(金) 18:53
<香港、韓国、中国、「第2波」>
  ・ブルームバーグ/
   新型コロナ収束地を襲う「第2波」、感染経路の追跡さらに難しく
   *2020年5月15日 13:20 JST

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】BBCニュース/米国、感染拡大で「暗黒の冬」に「追放」されたワクチン専門家が警鐘(2020/05/15)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<スイス紙ハンデルスツァイトゥングへの寄稿>
  ・ブルームバーグ/Thomas Mulier/
   コロナワクチン実用化は21年末までかかる可能性
   -ノバルティスCEO
   *2020年5月15日 8:35 JST
<東洋経済『米国会社四季報』>
  ・東洋経済オンライン/

   加藤 千明 氏: 東洋経済『米国会社四季報』編集部/
   「新型コロナ治療薬」の開発はどこまで進んだか
   ウィズコロナ・ポストコロナの米国企業(2)
   *2020/05/15 5:35
<米国/ブライト氏、米下院の衛生委員会公聴会で証言>
  ・BBCニュース/
   米国、感染拡大で「暗黒の冬」に「追放」された

   ワクチン専門家が警鐘
   *2020年05月15日

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月15日 (金)

【特許庁】特許庁窓口で手続する方へ(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時対応について)(2020年5月15日)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<【商標審査編】、面接ガイドライン>
  ・5月15日
   面接ガイドライン【商標審査編】
   (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時的対応について)
<特許庁窓口で手続する方へ>
  ・5月15日
   特許庁窓口で手続する方へ
   (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時対応について)
   <一部抜粋>
【表1】新型コロナウイルス感染症拡大に伴う臨時対応について
    *文字着色、改行挿入。

 当面の間、窓口での出願等の受付については、原則行わず、電子出願(電子証明書をお持ちの方)又は郵送(書留、配達記録を推奨)による出願等のみ可能とします。
ご理解・ご協力をお願いします。

  ・5月15日
   WIPO加盟国総会(臨時)結果概要
【表2】3.結果概要

 次期事務局長を任命するため、スイス・ジュネーブにおいて開催が予定されていた第60回WIPO加盟国総会は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大の影響により、物理的な会合ではなく、書面手続により行われました。
 今次総会は、3月4日開催のWIPO調整委員会により次期事務局長候補に指名されたダレン・タン氏(現シンガポール知財庁長官)を次期事務局長として任命しました。
同氏は2008年より事務局長を務めたフランシス・ガリ氏の後任として、2020年10月1日から6年間事務局長を務める予定です。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月14日 (木)

【個人メモ】ブルームバーグ/【新型コロナ】今年の世界経済成長率はマイナス3.2%-国連報告書(2020/05/14)

□特許とは関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<国連「世界経済状況・予測」報告書>
  ・ブルームバーグ/Heather Smith/【新型コロナ】

   今年の世界経済成長率はマイナス3.2%-国連報告書
   *2020年5月14日 3:03 JST 更新日時 2020年5月14日 7:41 JST
    <一部抜粋>
   ・・原題:U.S. Cases Rise 1.6%,
     Less Than 1.9% Week Average: Virus Update(抜粋)
     *ブルームバーグ発
   ・・Pandemic May Push 130 Million People
     to Extreme Poverty, UN Says(抜粋)
     *ブルームバーグ発
<介護施設の風評>
  ・NHK NEWS WEB/
   介護施設の風評「耐えるしか…」相談窓口を設置 新型コロナ
   *2020年5月14日 6時54分
<米国/マスク着用率とコロナ感染者数>
  ・日本経済新聞/
   マスク着用率とコロナ感染者数、全米各州で逆相関も
   トランプ氏は使用拒否
   *2020/5/14 6:42
<WHOにおける一見解>
  ・Reuters Staff/
   WHO、新型コロナ「消滅しない可能性」 終息に長い道のり
   *2020年5月14日 / 04:58 / 6時間前更新
<ネコ同士で感染>
  ・日本経済新聞/
   新型コロナ、ネコ同士で感染 東大チームが確認
   *2020/5/14 6:00

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】時事ドットコムニュース/コロナ薬、開発の動き急 早期普及に課題も―日米欧企業(2020/05/14)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<米国、コロナワクチン開発加速計画>
  ・Reuters/Reuters Staff/
   米大統領、コロナワクチン開発加速計画に

   グラクソ元幹部など起用へ
   ビジネス2020年5月14日 / 08:58 / 2時間前更新
<日米/新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの開発情報>
  ・時事ドットコムニュース/
   コロナ薬、開発の動き急 早期普及に課題も―日米欧企業
   *2020年05月14日07時03分
<米連邦捜査局(FBI)による情報>
  ・毎日新聞/【ワシントン鈴木一生】/
   FBI「中国政府関係のハッカー」捜査
   コロナワクチン開発でデータ不正入手か
   *2020年5月14日 11時00分(最終更新 5月14日 11時00分)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/欧州の知財関係当局、新型コロナウイルスの手続等への影響に関する情報を公表・更新(2020年05月07日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
<米国、スペシャル301条報告書>
  ・2020年5月12日
   米USTR、中国、インド、インドネシアに対する懸念を強調、
   スペシャル301条報告書(インド、インドネシア、中国、米国)
   <一部抜粋>「ニューヨーク発、2020年05月12日」
<中国、広東省の法院における知的財産権司法保護状況」>
  ・2020年5月12日、広東省、

   2019年の知財訴訟審決件数は中国全体の3分の1(中国)
   <一部抜粋1>「広州発、2020年05月12日」
   <一部抜粋2>広東省高級人民法院は4月20日、
   ・・「2019年広東省の法院における知的財産権司法保護状況」
     (竹)接続に時間が掛かりました。(以上)
<ブラジル、パブリックドメイン技術、公開>
  ・2020年5月12日
   PROSUR、新型コロナ感染拡大で

   関連パブリックドメイン技術を公開(ブラジル、南米)
   <一部抜粋1>「サンパウロ発、2020年05月12日」
   ・・<一部抜粋2>特許関連の技術情報が公開
          *全47頁
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
<韓国特許庁、デザイン紛争>
  ・2020年5月8日、デザイン紛争、

   「産業財産権紛争調停委員会」で、速やかに解決
   <一部抜粋>「2020年5月8日、出所: 韓国特許庁」
<マレーシア、知財庁窓口業務の一部再開>
  ・2020年5月8日
   (マレーシア)知財庁窓口業務の一部再開について(426KB)
   *全1頁
<欧州特許庁(EPO)、新型コロナウイルス関連>
  ・2020年5月7日
   欧州の知財関係当局、新型コロナウイルスの
   手続等への影響に関する情報を公表・更新(287KB)
   *全11頁
   <一部抜粋>

    「2020年5月7日 JETRO デュッセルドルフ事務所」
【表1】 *原文通り、文字一部強調・着色。

期間を遵守しない場合の救済
 ・2020年3月1 日以降に満了する全ての期間は、
 2020年6月2日までさらに延長される。

<韓国特許庁、EUIPOとのテレビ庁長会合>
  ・2020年5月6日
   韓国特許庁長、EUIPOとテレビ会議を開催
   <一部抜粋>「2020年5月6日、出所: 韓国特許庁」
<USTR、模倣品・海賊版の悪名高き市場に関する報告書>
  ・2020年5月5日
   USTR、模倣品・海賊版の悪名高き市場に関する報告書を公表
   (140KB)、*全1頁
   <一部抜粋1>

    「2020年5月5日  JETRO NY 知的財産部 柳澤、笠原」
   <一部抜粋2>模倣品・海賊版の悪名高き市場に関する報告書
   ・・「2019 Review of Notorious Markets
     for Counterfeiting and Piracy」
    *全49頁
<USTR、スペシャル301条報告書>
  ・2020年5月5日
   USTR、2020年版スペシャル301条報告書を公表 (128KB)
   <一部抜粋1>

    「2020年5月5日  JETRO NY 知的財産部 柳澤、笠原」
   <一部抜粋2>「米国通商代表部(USTR)は 4月29日、
   ・・2020 年版スペシャル 301 条報告書」
     *全94頁
<フィリピン知財庁、オンライン会議を通じての調停手続>
  ・2020年5月5日
   (フィリピン)オンライン会議を通じての調停手続について
   (383KB)、*全1頁
   <一部抜粋>「2020年5月5日、ジェトロ・バンコク事務所」
<サイト内>
 ●<JETRO/海外情報
  2020年5月10日(日)、【個人メモ】<JETRO/海外情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<日本特許庁/各国知財庁の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/各国知財庁の情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<日本特許庁/国際機関の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月10日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】外国出願に要する費用の半額を補助します(公募中です)(2020年5月13日)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<外国出願に要する費用の半額、補助>
  ・5月13日
   外国出願に要する費用の半額を補助します(公募中です)
   <一部抜粋>「支援の流れ」
【図1】

20200514_zu01

 <出典>「特許庁」サイト
     5月13日、外国出願に要する費用の半額を補助します
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/support
/chusho/shien_gaikokusyutugan.html
<中小企業等海外侵害対策支援事業>
  ・5月13日
   中小企業等海外侵害対策支援事業(公募中です)
   <一部抜粋>《支援の流れ》
【図2】

20200514_zu02

 <出典>「特許庁」サイト
     5月13日、外国出願に要する費用の半額を補助します
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/support
/chusho/shien_kaigaishingai.html

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月13日 (水)

【特許庁】特許庁が特許文献検索システムに関する特許権を取得しました(2020年5月11日)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<特許庁、「アドパス」(特許文献検索システム)>
  ・5月11日
   特許庁が特許文献検索システムに関する
   特許権を取得しました(経済産業省のページへ)
   <一部抜粋>
【表1】

(1)特許出願
2020年1月22日 出願(特願2020-8423)
  3月10日 特許査定
  4月28日 特許公報発行(特許第6691280号)

【図1】*特許第6691280号公報、
     【発明の名称】管理システム及び管理方法

20200513_zu01

 <出典>「特許庁」サイト
  (当該ページのURL)特許・実用新案照会(固定アドレス)
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU
/JP-2020-008423/A9121C47B81363B5C6B5BE66C53
D6572A2DB04417E66CF7B8D79A166F5ADB8C9/10/ja

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許制度小委員会の配布資料(2020年5月12日)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<特許制度小委員会>
  ・5月12日
   第38回産業構造審議会知的財産分科会特許制度小委員会
   配布資料
   <一部抜粋>「配付資料
   ・・議事次第・配布資料一覧(PDF:98KB)
     *全1頁
   ・・委員名簿(PDF:130KB)
     *全1頁
   ・・資料1 特許権の実効的な保護のための関連データの
     取扱いについて(PDF:1,242KB)
     *全21頁
   ・・資料2 訂正審判等における通常実施権者の承諾について
     (PDF:496KB)
     *全10頁
   ・・資料3 特許無効審判における「計画対話審理」
     (試行)の開始(PDF:603KB)
     *全5頁
  ・5月11日
   産業構造審議会知的財産分科会第38回特許制度小委員会
   開催のお知らせ

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月12日 (火)

【不競法】grape(グレイプ)/マスクを買う時は『偽物マーク』に要注意!、「確認しよう」「知らなかった」の声(2020/05/10)

□不競法、商標であって、Google/ニュース/不正競争防止法
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<【全国マスク工業会会員マークについてのお知らせ】>
  ・grape(グレイプ)/[文・構成/grape編集部]/
   マスクを買う時は『偽物マーク』に要注意!
   「確認しよう」「知らなかった」の声
   *公開:2020-05-10  更新:2020-05-10
<追記>
 ●一般社団法人 日本衛生材料工業連合会
  <一部抜粋>TOPICS、2020.05.06
  「【全国マスク工業会会員マークについてのお知らせ】
   全国マスク工業会会員マークは、当工業会が所有する登録商標です。
   当工業会の許可なく表示したり、標榜することは、
   商標法違反や不正競争防止法違反となりますのでご注意ください。」

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】東洋経済オンライン/あなたの会社はなぜ「AI」を使いこなせないのか(2020/05/11)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<あなたの会社はなぜ「AI」を使いこなせないのか>
  ・東洋経済オンライン/中川 雅博 : 東洋経済 記者 氏/
   あなたの会社はなぜ「AI」を使いこなせないのか
   「AIで何かできないか」と問う前に必要な準備
  *2020/05/11 6:00

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】NHK NEWS WEB/首相「早ければ7月に治験開始見込み」新型コロナのワクチン(2020/05/11)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ ワクチン開発
<首相、表明>
  ・NHK NEWS WEB/
   首相「早ければ7月に治験開始見込み」新型コロナのワクチン
   *2020年5月11日 14時01分
   ・・NHK/特設サイト 新型コロナウイルス
<取材>
  ・朝日新聞デジタル版/

   植田真一郎・琉球大教授(臨床薬理学) 氏/
   聞き手・服部尚 氏/
   コロナ治療薬・ワクチン開発…専門家が危うさ感じるワケ
   *2020年5月10日 16時00分、有料記事
<ハッキング>
  ・Yahoo!ニュース/中央日報日本語版/
   「中国、米国のワクチン情報盗む
   …韓国は日米官僚の電子メールをハッキング」
   *5/11(月) 18:04配信
<「起源や中間宿主に残る謎」>
  ・ブルームバーグ

   /Jason Gale、Robert Langreth、John Lauerman/
   新型コロナ、起源や中間宿主に残る謎

   -ステルス感染継続の懸念も
   *2020年5月11日 10:16 JST

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月10日 (日)

【個人メモ】米、新型コロナ「抗原検査」を初認可 15分で簡易判定(2020/05/10)

□特許とは関係ないが、Google/ニュース/コロナ
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナ
<日本医師会 COVID-19有識者会議>
  ・NHK NEWS WEB/
   医療関係者向け 新型コロナウイルス情報サイト開設 日本医師会
   *2020年5月10日 5時31分
<世界各国の新型コロナ対策>
  ・ナショナル ジオグラフィック/
   世界各国の新型コロナ対策、明暗分かれた原因は?
   7カ国の再生産数「R」の推移から見る、コロナ対策成功の鍵
   *2020.05.10
<米国、新型コロナ「抗原検査」、初認可>
  ・日本経済新聞/
   米、新型コロナ「抗原検査」を初認可 15分で簡易判定
   *2020/5/10 2:01
<国内、抗原検査キット、13日承認、短時間で判定>
  ・東京新聞、夕刊
   抗原検査キット13日承認 短時間で判定 陰性ならPCR
  ・Yahoo Japan/毎日新聞/
   抗原検査キット、来週薬事承認へ 東京の会社開発、

   約15分で判別
   *5/8(金) 19:55配信
<国内、コロナ重症度判定>
  ・日本経済新聞 電子版/
   コロナ重症度判定、CTに注目 肺炎の症状で見極め
   態勢整わぬPCR検査補う
   *2020/5/10 1:00、会員限定
<新型コロナと『川崎病類似の重症の病気』>
  ・Yahoo!ニュース/
   新型コロナと『川崎病類似の重症の病気』を、
   現状でどのように理解すればいいか?小児科医が解説
   *5/10(日) 11:21
   <一部抜粋>「堀向健太  | 日本アレルギー学会専門医・指導医。
    日本小児科学会指導医。」

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】毎日新聞/大分市広報誌キャラ、「信長の野望」と酷似 著作権侵害疑い(2020/05/10)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<大分市広報誌キャラ>
  ・毎日新聞、東京朝刊/
   大分市広報誌キャラ、「信長の野望」と酷似 著作権侵害疑い
   *2020年5月10日、会員限定有料記事
<教委による遠隔授業>
  ・リセマム/
   教委による遠隔授業、文科省が著作権管理者へ配慮要請
   *2020.5.8 Fri 11:15

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 「日本特許庁」発の国際機関の情報です。
 ●最新情報は、「日本特許庁」サイトをご覧下さい。
【表1】

・特許庁/報道発表トピックス


【表2】 *特許庁/更新履歴

●特許庁/報道発表トピックス

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
  <一部抜粋>更新履歴
・・令和2年5月1日追加
  特許協力条約(PCT)に基づく国際出願
・・・[よくある質問(QA)]
   新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

   (PCT国際出願)追加しました。

【表3】 *特許庁/WIPO関係

<WIPO関係>
・WIPOの新型コロナウイルスに関するお知らせ

 (外部サイトへリンク)
 *(英文)April 9, 2020
  (Original date of publication: March 20, 2020)
・WIPOの運営状況(外部サイトへリンク)
 *(英文)Geneva, April 15, 2020、PR/2020/849

【表4】 *特許庁/PCT関係(PCT国際出願)

<PCT関係>
・【WIPOから緊急のお知らせ】
 新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴う

 PCTユーザーへのお知らせ
 *[更新日 2020年3月31日]
[よくある質問(QA)]
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

 (PCT国際出願)
 *[更新日 2020年5月1日]

【表5】 *特許庁/ハーグ関係(意匠の国際出願)

<ハーグ関係>
・天災としてのCOVID-19の集団発生による

 期限を満たせなかった場合の免除:
 第5規則(4)の下要求されている証拠書類の提出の免除
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 14/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年4月30日]
・期間徒過の対応策と閉鎖の場合における期間の延長
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 5/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年3月23日]
・紙書類の通信停止に伴う電子的通信のみの使用について
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 6/2020、全1頁
 ・・※ 参考訳
   *[更新日 2020年3月31日]

【表6】 *特許庁/マドリッド関係(商標の国際出願)

<マドリッド関係>
・天災としてのCOVID-19の集団発生による

 期限を満たせなかった場合の免除:
 第5規則の下要求されている証拠書類の提出の免除
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 27/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年4月28日]
・期間徒過の対応策と閉鎖の場合における期間の延長
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 7/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年3月23日]
・国際事務局への郵送の停止
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 11/2020、全3頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年3月31日]
・証明及び抄本サービスに関する一時的な措置
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 12/2020、全1頁
 ・・※ 参考訳
    *更新日 2020年3月31日]

<サイト内>
 ●<日本特許庁、国内関連
  2020年5月 9日 (土)、【個人メモ】<日本特許庁、国内関連>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月9日竹山更新)
 ●<日本特許庁/各国知財庁の情報>
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/各国知財庁の情報
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<JETRO/海外情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】<JETRO/海外情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<知財高裁/新着情報
  2020年5月 9日 (土)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月9日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<日本特許庁/各国知財庁の情報>新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 「日本特許庁」発の各国知財庁の情報です。
 ●最新情報は、「日本特許庁」サイトをご覧下さい。
【表1】

・特許庁/報道発表トピックス 

【表2】 *特許庁/更新履歴

●特許庁/報道発表トピックス

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
 <一部抜粋1> (竹)後段参照。
   (参考)海外知財庁等の状況について

   (2020年4月30日時点)

 <一部抜粋2>更新履歴
・・令和2年5月1日追加
  特許協力条約(PCT)に基づく国際出願
・・・[よくある質問(QA)]
     新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について(PCT国際出願)追加しました。

【表3】 *特許庁/各国知財庁の関係、「Google 翻訳」使用。

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
 <一部抜粋> (竹)後段参照。
  (参考)海外知財庁等の状況について

  (2020年4月30日時点)
   ・各国知財庁のコロナウイルス関連特設ページ

<各国知財庁>
・米国特許商標庁(USPTO)
 (外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・USPTO launches platform to facilitate connections between patent holders and potential licensees in key technologies
   *May 4, 2020
・欧州特許庁(EPO)
 (外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・Information for customers, external partners and potential visitors to the EPO
   *Last updated: 4 May 2020
・中国国家知識産権局(CNIPA)
 ※中国語のみ(外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・防控动态(予防と制御のダイナミクス)
 ・・工作通知(仕事のお知らせ)
 ・・地方行动(ローカルアクション)

・韓国特許庁(KIPO)
 ※韓国語のみ(外部サイトへリンク)
 (竹)”サポートされていない

   Web テクノロジを検出しました
   この Web サイトは、旧式のテクノロジ

   で実行されており、
   Internet Explorer でのみ動作します。”
   ”Internet Explorer で開く”を選択ください。
 <一部抜粋>
 ・・코로나 극복, 국민의 소중한 아이디어가 큰 힘이 됩니다.
   (コロナ克服、国民の貴重なアイデアが

   大きな力になります。)

・ドイツ特許商標庁(DPMA)
 (外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・Information for customers, external partners and potential visitors -
   *Last updated: 30 April 2020

【表4】 *特許庁/その他の各国知財庁の関係

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
 <一部抜粋> (竹)後段参照。
  (参考)海外知財庁等の状況について

  (2020年4月30日時点)
   ・各国知財庁のコロナウイルス関連特設ページ

※その他の各国知財庁が提供する個々の措置
 については、各庁のトップページ
 からご確認ください。

<サイト内>
 ●<日本特許庁/国内関連
  2020年5月 9日 (土)、【個人メモ】<日本特許庁、国内関連>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月9日竹山更新)
 ●<日本特許庁/国際機関の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月10日竹山更新)
 ●<JETRO/海外情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】<JETRO/海外情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<知財高裁/新着情報
  2020年5月 9日 (土)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月9日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<JETRO/海外情報>新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 「JETRO」(日本貿易振興機構)発の海外情報です。
 ●最新情報は、「JETRO」サイトをご覧下さい。
【表1】

JETRO(日本貿易振興機構)/知的財産権保護 

<シンガポール、新型コロナ、(続報2)>
 ・2020年4月29日
  (シンガポール)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報2)  (382KB)
  *全1頁
<マレーシア、新型コロナ、(続報4)>
 ・2020年4月28日
  (マレーシア)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報4)  (452KB)
  *全1頁
 【表2】 *JETRO/知的財産権保護/知財ニュース

JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
<欧州の知財関係当局>
 ・2020年4月7日
  欧州の知財関係当局、新型コロナウイルスの
  手続等への影響に関する情報を公表 (269KB)
  *全9頁
<ラオス>
 ・2020年4月1日
  (ラオス)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について (421KB)
  *全1頁
<マレーシア>
 ・2020年4月1日
  (マレーシア)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報2) (532KB)
  *全1頁
<韓国>
 ・2020年3月31日
  韓国特許庁、特許書類提出期間の職権延長を施行
<インドネシア>
 ・2020年3月31日
  (インドネシア)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の一部閉鎖について(続報) (422KB)
  *全1頁
<ベトナム>
 ・2020年4月3日
  新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続について(461KB)
  *全1頁
 ・2020年3月31日
  (ベトナム)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続期限延長措置等について (516KB)
  *全2頁

【表3】 *JETRO(その2)/知的財産権保護/知財ニュース

JETRO/知的財産権保護/知財ニュース

<シンガポール>
 ・2020年4月7日
  (シンガポール)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁業務の閉庁に関するお知らせについて(531KB)
  *全2頁
 ・2020年3月30日
  (シンガポール)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続に関するお知らせについて (464KB)
  *全1頁
<フィリピン>
 ・2020年4月9日
  (フィリピン)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報) (557KB)
  *全2頁
 ・2020年3月27日
  (フィリピン)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁への手続期限延長措置について (452KB)
  *全1頁
<ブルネイ>
 ・2020年3月26日
  (ブルネイ)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財庁(BruIPO)の窓口業務閉鎖について (361KB)
  *全1頁
<タイ>
 ・2020年3月25日
  (タイ)新型コロナウィルス感染拡大に伴う
  知財局への手続期限延長措置について (367KB)
  *全1頁

<サイト内>
 ●2020年5月10日 (日)、【個人メモ】JETRO/
  <商標、米国>Romag Fasteners対Fossil事件判決(2020年05月04日)
 ●<日本特許庁、国内関連
  2020年5月 9日 (土)、【個人メモ】<日本特許庁、国内関連>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月9日竹山更新)
 ●<日本特許庁/各国知財庁の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/各国知財庁の情報
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<日本特許庁/国際機関の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月10日竹山更新)
 ●<知財高裁/新着情報
  2020年5月 9日 (土)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月9日竹山更新)


[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/<商標、米国>Romag Fasteners対Fossil事件判決(2020年05月04日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
<中国、国際特許出願、世界トップ>
  ・2020年5月7日
   中国、国際特許出願で米国を抜き世界トップ、

   広東省が牽引(中国)
   <一部抜粋1>「広州発、2020年05月07日、(謝暁儀)氏」
   <一部抜粋2>
    「世界知的所有権機関(WIPO)が4月7日、
    2019年のPCT国際特許出願件数」
<中国、「広東省戦略的新興産業の特許動向分析成果」>
  ・2020年5月7日
   広東省、次世代IT産業の国際出願件数で中国1位(中国)
   <一部抜粋1>「広州発、2020年05月07日、(黎偉君)氏」
   <一部抜粋2>広東省市場監督管理局(知識産権局)は

    4月16日、「広東省戦略的新興産業の特許動向分析成果」
    に関する発表会をオンライン上で開催した。」
   ・・「広東省戦略的新興産業の特許動向分析成果」
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
<商標、米国、連邦最高裁Romag Fasteners対Fossil事件判決>
  ・2020年5月4日
   連邦最高裁Romag Fasteners対Fossil事件判決  (306KB)
   *全2頁
   <一部抜粋1>

   「2020年5月4日  JETRO NY 知的財産部 柳澤、笠原 氏」
   <一部抜粋2>
【表1】*下線挿入。

 連邦最高裁判所は4月23日、商標権者が侵害者に対して利益回収請求権を行使 する場合に、侵害者の故意を証明する必要があるかという点が争われた Romag Fasteners 対 Fossil 事件についての判決を下し、侵害者の故意は原告が利益回収 請求権を行使するための必要条件ではない旨判示した(*1)。

   ・・・(*1)https://www.supremecourt.gov
/opinions/19pdf/18-1233_5he6.pdf
          *全12頁
<シンガポール、新型コロナ、(続報2)>
  ・2020年4月29日
   (シンガポール)新型コロナウィルスの影響による
   知財庁業務の閉庁について(続報2)  (382KB)
   *全1頁
<マレーシア、新型コロナ、(続報4)>
  ・2020年4月28日
   (マレーシア)新型コロナウィルスの影響による
   知財庁業務の閉庁について(続報4)  (452KB)
   *全1頁
<サイト内>
 ●2020年4月22日 (水)、【個人メモ】JETRO/
  (マレーシア)新型コロナウィルスの影響による
  知財庁業務の閉庁について(続報3)(2020年4月15日)

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 9日 (土)

【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響(2020年5月9日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 知財高裁の手続に関するお知らせなどです。
 ●最新情報は、「知財高裁」サイトをご覧下さい。
【表1】

知財高裁/新着情報

【表2】 *文字着色。

高裁
・新着情報

重要、2020.05.01
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための

 期日取消等について
 (5月7日から同月15日まで)
重要、2020.04.07
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための
 期日取消等について
 *全1頁
<一部抜粋>知的財産高等裁判所において,4月8日から5月6日までの間に実施される予定であった期日については,特に緊急性のあるものを除いて,期日指定が取り消されます。
・重要2020.03.11
 知的財産高等裁判所の裁判を傍聴されるみなさまへ
 (新型コロナウイルス感染症対策関連)
 *全1頁
重要、2020.03.06
 知的財産高等裁判所をご利用されるみなさまへ
 (新型コロナウイルス感染症対策関連)
 *全1頁

<サイト内>
 ●2020年5月 6日 (水)、【商標】朝日新聞デジタル/
  米最高裁、電話会議で遠隔審理、230年の歴史で初(2020/05/05)
 ●2020年5月 6日 (水)、【個人メモ】NHK NEWS WEB/
  民事裁判のウェブ会議、活用進む(2020/05/05)

 ●<日本特許庁/国内関連
  2020年5月 9日 (土)、【個人メモ】<日本特許庁、国内関連>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月9日竹山更新)
 ●<日本特許庁/各国知財庁の情報>
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/各国知財庁の情報
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<日本特許庁/国際機関の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月10日竹山更新)
 ●<JETRO/海外情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】<JETRO/海外情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<日本特許庁/国内関連>新型コロナウイルスの影響(2020年5月9日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 日本特許庁に対する特許等の出願等の手続
 に関するお知らせなどです。
 ●最新情報は、「特許庁」サイトをご覧下さい。
【表1】

・特許庁/報道発表トピックス

<手続の取り扱いに関するQ&A、追加>
 ●5月8日
  「新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

  手続の取り扱いについて」
  Q&Aを追加しました
  ・更新履歴:令和2年5月8日追加
   ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた
     手続の取り扱いに関するQ&Aを追加しました。
<テレビ面接システムを用いた面接、審査官とコミュニケーション>
 ●5月8日
  テレビ面接システムを用いた面接について
  (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応について)
  <一部抜粋>*改行・下線挿入。
  「特許庁は、インターネット回線を利用したテレビ面接システム
  を導入しています。
  これにより、特許出願人等が自身のPCから面接に参加して、
  審査官とコミュニケーションを図ることが可能となります。」
<テレビ面接審理、審判官とコミュニケーション>
 ●5月8日
  テレビ面接審理

  (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応について)
  <一部抜粋>*改行・下線挿入。
  「特許庁審判部は、インターネット回線を利用した
  テレビ面接システムを導入しています。
  これにより、審判請求人等が自身のPCから面接に参加して、
  審判官とコミュニケーションを図ることが可能となります。」

【表2】 *日本国特許庁

●手続き全般

・ 特許庁/4月8日
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

   手続の取り扱いについて
   [更新日 2020年4月3日]
・特許庁/4月15日
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 (4月15日更新:主要な連絡先を追加しました)

・特許庁/4月8日
 特許庁図書館 臨時休館のお知らせ
 <一部抜粋>「令和2年4月8日(水曜日)から

  当面の間臨時休館」

【表3】 更新履歴、*レイアウト変更。

更新履歴
*[更新日 2020年5月8日]
●令和2年5月8日追加
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた
  手続の取り扱いに関するQ&Aを追加しました。
●令和2年4月21日追加
 ・(参考)海外知財庁等の状況について に、WIPOの運営状況に関するリンクを追加しました。
 ・特許協力条約(PCT)に基づく国際出願
  ・・[よくある質問(QA)]新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

   (PCT国際出願)追加しました。
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた手続の取り扱いについて
  ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

    審判事件における手続の指定期間の延長等について追加しました。
●令和2年4月17日追加
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた手続の取り扱いについて
 ・新規性喪失の例外規定の適用を受けるための証明書の提出における証明書の記名押印又は署名のみが間に合わない場合の対応について追加しました。
  ・・(特許)
  ・・(意匠)
●令和2年4月15日追加
 ・主要なお問い合わせ先を追加しました
  ・・主要なお問い合わせ先
<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

【表4】 出願等の受付について、*改行挿入、文字着色。

出願等の受付について
窓口での出願等の受付については、原則行わず、
電子出願(電子証明書をお持ちの方)又は郵送(書留、配達記録を推奨)による出願等のみ可能とします。

<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

【表5】 面接による審査・審理について、*改行挿入、文字着色

面接による審査・審理について
対面による面接審査・面接審理は、原則行わず、
インターネット回線を利用したテレビ面接により対応します。
なお、電話による相談も可能ですので、担当の審査官・審判官までお問い合わせください

<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

   <一部抜粋>
   ・・テレビ面接審査
【図1】 新しいテレビ面接システムを用いたテレビ面接のイメージ

20200414_zu01

  <出典>「特許庁」ウェブサイト
      テレビ面接システムを用いた面接について
      *[更新日 2018年6月6日]
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/patent
/shinsa/mensetu/telesys_mensetu.html
<サイト内>
 ●<日本特許庁/各国知財庁の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/各国知財庁の情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<日本特許庁/国際機関の情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】
  <日本特許庁/国際機関の情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月10日竹山更新)
 ●<JETRO/海外情報
  2020年5月10日 (日)、【個人メモ】<JETRO/海外情報>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月10日竹山更新)
 ●<知財高裁/新着情報
  2020年5月 9日 (土)
  【個人メモ】<知財高裁/新着情報>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月9日竹山更新)


[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】ブルームバーグ/【新型コロナ】コウモリ由来とWHO、ドイツ新規感染者数が高水準(2020/05/08)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナワクチン開発
<イギリス、コロナワクチン開発>
  ・WIRED/WIRED(UK)/
   新型コロナウイルスのワクチンを「数カ月」で完成させる
   :英研究チームが挑む史上最速の量産への道のり
   *2020.05.08 FRI 17:00
<日米、コロナワクチン開発>
  ・日本経済新聞/
   治療薬・ワクチン開発で協力 日米首脳が電話
   *2020/5/8 11:02 (2020/5/8 12:06更新)
<世界保健機関(WHO)、コウモリ由来だとの見方>
  ・ブルームバーグ/Mark Schoifet/
   【新型コロナ】コウモリ由来とWHO、ドイツ新規感染者数が高水準
   *2020年5月8日 7:22 JST 更新日時 2020年5月8日 19:35 JST
<世界、コロナワクチン開発>
  ・BUSINESS INSIDER JAPAN/Andrew Dunn
   新型コロナワクチンはいつ、どこで完成するのか。
   世界の開発競争ロードマップを整理、2020年秋の可能性も
   *May. 08, 2020, 04:45 AM、有料記事

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 8日 (金)

【ブロックチェーン関連特許】CoinPost/給付金配布にブロックチェーン活用を、米議員11名が財務省へ意見書(2020/04/29)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<米議員、給付金配布>
  ・CoinPost/t.tenporin/
   給付金配布にブロックチェーン活用を

   米議員11名が財務省へ意見書
   *04/29 18:05

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】薬事日報/【厚労省】レムデシビルを特例承認‐新型コロナ治療薬で国内初(2020/05/07)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナワクチン開発
<日本、コロナワクチン開発>
  ・薬事日報/
   【塩野義製薬】新型コロナワクチン開発着手

   ‐1000万人規模の提供検討
   *2020年05月07日 (木)
   * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。
  ・薬事日報/
   【厚労省】レムデシビルを特例承認‐新型コロナ治療薬で国内初
   *2020年05月07日 (木)
   <一部抜粋>
    米ギリアド・サイエンシズが申請した

    抗ウイルス薬「レムデシビル」
   (販売名:ベクルリー点滴静注液100mg、同点滴静注用100mg)
  ・薬事日報/
   【薬害オンブズ会議】「アビガン」、過剰な期待に警鐘
   ‐治験で有効性の証明必要
   *2020年05月07日 (木)
  ・薬事日報/
   【理化学研究所】飛沫の飛散経路を予測へ

   ‐スパコン「富岳」活用で研究
   *2020年05月07日 (木)
  ・毎日新聞 大阪夕刊/
   新型コロナ ワクチン開発最前線 大阪大「微研」急ピッチ
   安全に慎重に
   *2020年5月7日、会員限定有料記事
<米国、コロナワクチン開発>
  ・日本経済新聞/(ライター 大西淳子)氏/
   コロナワクチン、最短9カ月で開発可能 ビル・ゲイツ氏
   *2020/5/7 18:15
   <一部抜粋>
    [日経バイオテクオンライン 2020年5月7日掲載]
  ・日本経済新聞/【ワシントン=中村亮】氏/
   米厚生長官、コロナ治療薬開発に反対か 内部告発で判明
   *2020/5/7 4:32 (2020/5/7 8:01更新)
<英米、コロナワクチン開発>
  ・BBCニュース/レイチェル・シュレア健康担当記者/
   新型ウイルスに数百の変異、影響はいまだ不明=英米研究
   *2020年05月7日

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 6日 (水)

【個人メモ】ロイター/世界各国、コロナワクチン開発に80億ドル拠出確約 米は不参加乗(2020/05/05)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/コロナワクチン開発
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/コロナワクチン開発
<日本、コロナワクチン開発>
  ・NHK NEWS WEB
   安倍首相 新型コロナワクチン開発などに

   8億ドル超の支援表明
   *2020年5月5日 6時48分
<世界各国、コロナワクチン開発>
  ・ロイター/Reuters Staff
   世界各国、コロナワクチン開発に80億ドル拠出確約

   米は不参加
   *ワールド2020年5月5日 / 05:53 / 1日前
<米国、コロナワクチン開発>
  ・WIRED.jp/WIRED(US)/
   「新型コロナウイルスのワクチン開発は加速できる」
   :エボラ出血熱ワクチンを開発した科学者が語る
   *2020.05.04 MON 17:00
  ・日本経済新聞/
   ファイザー、新型コロナのワクチン 米国でも治験開始
   *2020/5/6 1:01 (2020/5/6 5:32更新)
  ・日本経済新聞/
   トランプ氏、年内のワクチン開発に意欲 新型コロナで
   *2020/5/4 11:24
<イギリス、コロナワクチン開発>
  ・東洋経済オンライン/  The New York Times/
   コロナワクチンに「最速で9月量産」という光明
   英オックスフォード大学が早くも治験開始
   *2020/05/02 5:35
<ドイツ、コロナワクチン開発>
  ・時事ドットコムニュース/【ベルリンAFP時事】
   シュパーン・ドイツ保健相、ワクチン開発に数年か 新型コロナ
   *2020年05月04日19時26分

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】朝日新聞デジタル/米最高裁、電話会議で遠隔審理、230年の歴史で初(2020/05/05)

□商標であって、Google/ニュース/米最高裁 電話会議審理
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/米最高裁 電話会議審理
<新型コロナウイルス対策、米最高裁、電話会議審理>
  ・朝日新聞デジタル/(ニューヨーク=鵜飼啓)氏/
   米最高裁、電話会議で遠隔審理 230年の歴史で初
   *2020年5月5日 9時00分
<追記>
 ●LAW STREET/by Kirsten Errick
  Trademark Case Features as First Public SCOTUS Argument
  *16 hours ago(2020/05/05)
  <一部抜粋1>
【表1】 *Weblio 翻訳の使用。
      (https://translate.weblio.jp/web/english)

The Supreme Court has heard oral arguments via public teleconferencing for the first time in its history, as a result of the COVID-19 pandemic.
COVID-19世界的流行病の結果、最高裁判所は歴史で初めて、一般の通信会議を通して口頭弁論を審問しました。

  <一部抜粋2>
【表2】 *Weblio 翻訳の使用
      (https://translate.weblio.jp/web/english)
      改行挿入。

USPTO argued that “it is a fundamental principle of trademark law that no party can attain a trademark for a generic term like wine, cotton or grain… As the Lanham Act confirms, a generic term is never entitled to trademark protection matter no matter how much money or effort the promoter has used and what success it has achieved. In other words, secondary meaning or acquired distinctiveness is simply irrelevant to generic terms… It is undisputed that ‘booking’ is generic for the hotel reservation services Respondent provides… and Respondent could not federally register ‘booking.’” USPTO reminds the Court of its decision in Goodyear, which deemed that “no party can monopolize a generic term.” USPTO stated that allowing Booking.com to register its term would give them a monopoly on the term and similar terms and thus confer business advantages
 USPTOは、「党がワイン、綿または穀物のような総称語の商標を獲得することができないことは、商標法の基本的な原則です」と主張しました…
ランハム法が確認して、どんなに多くであろうとも、総称語が決して商標保護物質の権利がなくてお金またはプロモーターが使った努力、そして、それにはある成功が成し遂げたもの。
他の言葉で、第二の意味または獲得した特殊性が、単に総称語とは無関係です…
『予約』が回答者が提供するホテル予約サービスの総称であることは、議論の余地がありません…
そして、回答者は『予約』を連邦によって登録することができませんでした。」と、USPTOはその決定法廷にグッドイヤーで思い出させます、
それとみなしました、
「党は、総称語を独占することができません。」
USPTOが、Booking.comが語を登録するのを許すことが彼らに語と類似した語の独占をして、このようにビジネス利点を与えると述べました。

 *<検索サイト>Google/ニュース/SCOTUS

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】NHK NEWS WEB/民事裁判のウェブ会議、活用進む(2020/05/05)

□商標であって、Google/民事裁判 ウェブ会議
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/民事裁判 ウェブ会議
<民事裁判、ウェブ会議>
  ・NHK NEWS WEB/関西 NEWS WEB/
   民事裁判のウェブ会議、活用進む
   *05月05日 12時37分
<追記>
 ●最高裁判所/裁判所について/トピックス/
  ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理

  の新しい運用の開始について

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 5日 (火)

【個人メモ】<日本特許庁>新型コロナウイルスの影響(国内関連)(2020年5月5日竹山更新)

□新型コロナウイルスの影響に伴う、
 日本特許庁に対する特許等の出願等の手続
 に関するお知らせなどです。

 ●最新情報は、特許庁サイトをご覧下さい。

【表1】

・特許庁/報道発表トピックス

 

【表2】 *日本国特許庁

●手続き全般

・ 特許庁/4月8日
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

   手続の取り扱いについて
   [更新日 2020年4月3日]
・特許庁/4月15日
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 (4月15日更新:主要な連絡先を追加しました)

・特許庁/4月8日
 特許庁図書館 臨時休館のお知らせ
 <一部抜粋>「令和2年4月8日(水曜日)から

  当面の間臨時休館」

【表3】 更新履歴、*レイアウト変更。

更新履歴
*[更新日 2020年4月21日]

●令和2年4月21日追加
 ・(参考)海外知財庁等の状況について に、WIPOの運営状況に関するリンクを追加しました。
 ・特許協力条約(PCT)に基づく国際出願
  ・・[よくある質問(QA)]新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

   (PCT国際出願)追加しました。
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた手続の取り扱いについて
  ・・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

    審判事件における手続の指定期間の延長等について追加しました。
●令和2年4月17日追加
 ・新型コロナウイルス感染症により影響を受けた手続の取り扱いについて
 ・新規性喪失の例外規定の適用を受けるための証明書の提出における証明書の記名押印又は署名のみが間に合わない場合の対応について追加しました。
  ・・(特許)
  ・・(意匠)
●令和2年4月15日追加
 ・主要なお問い合わせ先を追加しました
  ・・主要なお問い合わせ先

<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

【表4】 出願等の受付について、*改行挿入、文字着色。

出願等の受付について
窓口での出願等の受付については、原則行わず、
電子出願(電子証明書をお持ちの方)又は郵送(書留、配達記録を推奨)による出願等のみ可能とします。

<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

【表5】 面接による審査・審理について、*改行挿入、文字着色

面接による審査・審理について
対面による面接審査・面接審理は、原則行わず、
インターネット回線を利用したテレビ面接により対応します。
なお、電話による相談も可能ですので、担当の審査官・審判官までお問い合わせください

<出典>
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
令和2年4月8日、特許庁

   <一部抜粋>
   ・・テレビ面接審査
【図1】 新しいテレビ面接システムを用いたテレビ面接のイメージ

20200414_zu01

  <出典>「特許庁」ウェブサイト
      テレビ面接システムを用いた面接について
      *[更新日 2018年6月6日]
  (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/patent
/shinsa/mensetu/telesys_mensetu.html

【表6】 *知財高裁/新着情報[、文字着色[20200412竹山更新]

高裁
・新着情報
重要、2020.05.01
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための期日取消等について
 (5月7日から同月15日まで)

重要、2020.04.07
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための期日取消等について
 *全1頁
<一部抜粋>知的財産高等裁判所において,4月8日から5月6日までの間に実施される予定であった期日については,特に緊急性のあるものを除いて,期日指定が取り消されます。
・重要2020.03.11
 知的財産高等裁判所の裁判を傍聴されるみなさまへ
 (新型コロナウイルス感染症対策関連)
 *全1頁
重要、2020.03.06
 知的財産高等裁判所をご利用されるみなさまへ
 (新型コロナウイルス感染症対策関連)
 *全1頁

<サイト内>
 ●2020年5月 5日 (火)、【個人メモ】<各国知財庁>
  新型コロナウイルスの影響(2020年5月5日竹山更新)
 ●2020年5月 4日 (月)、
  【個人メモ】<国際機関>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月4日竹山更新)
 ●2020年5月 4日 (月)、【特許庁】[よくある質問Q&A]
  新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について(PCT国際出願)
  (救済措置について追加しました)(2020年5月1日)
 ●2020年4月25日 (土)、【特許庁】
  「新型コロナ・・「その責めに帰することができない理由」
  及び「正当な理由」による救済について」情報等を追加

  (2020年4月24日)
 ●2020年4月23日 (木)、【個人メモ】<国際機関・海外の官庁>
  新型コロナウイルスの影響(国際関連)(2020年4月23日竹山更新)


[△最新情報へ]

(以上)

【特許】GIGAZINE/17歳の高校生が旅客機での空気感染防止システムを発明して賞金900万円をゲット(2015/05/20)

□発明であって、
 Google/ニュース/コロナ カナダ 17歳 高校生 発明 飛行機内
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>
  Google/ニュース/コロナ カナダ 17歳 高校生 発明 飛行機内
<空気感染防止システム>
  ・GIGAZINE/
   17歳の高校生が旅客機での空気感染防止システム
   を発明して賞金900万円をゲット
   *2015年05月20日 20時00分
  ・マイナビニュース
   『仰天』スタジオに2人だけ 鶴瓶、中居に「お前が独立するからや!」
   *2020/05/04 15:00
   <一部抜粋>
    「5日に放送される日本テレビ系バラエティ番組
     『ザ!世界仰天ニュース 人間vsウイルス2時間スペシャル』
     (21:00~22:54)」

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<各国知財庁>新型コロナウイルスの影響(2020年5月5日竹山更新)

□<国際機関>新型コロナウイルス感染症に係る出願等の手続
 に関するお知らせなどです。
【表1】 *特許庁/更新履歴

●特許庁/報道発表トピックス 

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
 <一部抜粋1> (竹)後段参照。
   (参考)海外知財庁等の状況について

   (2020年4月30日時点)

 <一部抜粋2>更新履歴
・・令和2年5月1日追加
  特許協力条約(PCT)に基づく国際出願
・・・[よくある質問(QA)]
     新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について(PCT国際出願)追加しました。
 

【表2】 *特許庁/各国知財庁の関係、「Google 翻訳」使用。 

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
 <一部抜粋> (竹)後段参照。
  (参考)海外知財庁等の状況について

  (2020年4月30日時点)
   ・各国知財庁のコロナウイルス関連特設ページ

<各国知財庁>
・米国特許商標庁(USPTO)
 (外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・USPTO launches platform to facilitate connections between patent holders and potential licensees in key technologies
   *May 4, 2020
・欧州特許庁(EPO)
 (外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・Information for customers, external partners and potential visitors to the EPO
   *Last updated: 4 May 2020
・中国国家知識産権局(CNIPA)
 ※中国語のみ(外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・防控动态(予防と制御のダイナミクス)
 ・・工作通知(仕事のお知らせ)
 ・・地方行动(ローカルアクション)

・韓国特許庁(KIPO)
 ※韓国語のみ(外部サイトへリンク)
 (竹)”サポートされていない

   Web テクノロジを検出しました
   この Web サイトは、旧式のテクノロジ

   で実行されており、
   Internet Explorer でのみ動作します。”
   ”Internet Explorer で開く”を選択ください。
 <一部抜粋>
 ・・코로나 극복, 국민의 소중한 아이디어가 큰 힘이 됩니다.
   (コロナ克服、国民の貴重なアイデアが大きな力になります。)

・ドイツ特許商標庁(DPMA)
 (外部サイトへリンク)
 <一部抜粋>
 ・・Information for customers, external partners and potential visitors -
   *Last updated: 30 April 2020

【表3】 *特許庁/その他の各国知財庁の関係

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
 <一部抜粋> (竹)後段参照。
  (参考)海外知財庁等の状況について

  (2020年4月30日時点)
   ・各国知財庁のコロナウイルス関連特設ページ

※その他の各国知財庁が提供する個々の措置については、
 各庁のトップページからご確認ください。
 

<サイト内>
 ●2020年5月 5日 (火)、【個人メモ】<日本特許庁>
  新型コロナウイルスの影響(国内関連)(2020年5月5日竹山更新)
 ●2020年5月 4日 (月)、
  【個人メモ】<国際機関>新型コロナウイルスの影響
  (2020年5月4日竹山更新)
 ●2020年5月 4日 (月)、【特許庁】[よくある質問Q&A]
  新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について(PCT国際出願)
  (救済措置について追加しました)(2020年5月1日)
 ●2020年4月25日 (土)、【特許庁】
  「新型コロナ・・「その責めに帰することができない理由」
  及び「正当な理由」による救済について」情報等を追加

  (2020年4月24日)
 ●2020年4月23日 (木)、【個人メモ】<国際機関・海外の官庁>
  新型コロナウイルスの影響(国際関連)(2020年4月23日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】北海道新聞/チェブラーシカの著作権「返して」、ロシアが無効主張、日本側と対立(2020/05/04)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<ロシア、キャラクター「チェブラーシカ」>
  ・北海道新聞/
   チェブラーシカの著作権「返して」
   ロシアが無効主張、日本側と対立
   *05/04 16:04 更新、電子版会員専用

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】レスポンス/日産、知的財産をWHOに開放、新型コロナウイルス感染拡大防止につながる特許など(2020/05/04)

□意匠などの知的財産であって、Google/ニュース/意匠
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<世界保健機関(WHO)、
知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言>
  ・レスポンス/《レスポンス編集部》
   日産、知的財産をWHOに開放
   新型コロナウイルス感染拡大防止につながる特許など
   *2020年5月4日(月)21時45分

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Ledge.ai/新型コロナウイルスの治療薬をAIで探す 約450種の候補を発見(2020/05/04)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<研究レポート>
  ・TechCrunch Japan/by Devin Coldewey 氏/
   Googleの失敗から学ぶ、

   AIツールを医療現場へ適用することの難しさ
   *2020年5月04日
   <一部抜粋>
    この研究レポート
<新型コロナウイルスの治療薬>
  ・Ledge.ai/by 高橋 忠弥 氏/
   新型コロナウイルスの治療薬をAIで探す 約450種の候補を発見
   *2020 05 04 Mon

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 4日 (月)

【AI関連発明】AINOW/人工知能における共感【前編】(2020/05/04)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<人工知能における共感>
  ・AINOW/AINOW編集部
   人工知能における共感【前編】
   *2020.05.04
   <一部抜粋>著者、Jun Wu
    翻訳、吉本幸記、(フリーライター)
    編集、おざけん
<「AIでホワイトカラーが変わる」>
  ・日本経済新聞 電子版/東京大学の松尾豊教授/
   「AIでホワイトカラーが変わる」松尾豊氏
   *2020/5/4 0:00、会員限定
<AIプロセッサー>
  ・ASCII.jp/文● 大原雄介 氏、編集●北村/ASCII/
   ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第561回
   AIの基礎知識 AIプロセッサーの昨今
   *2020年05月04日 12時00分更新
<韓国企業、「土地開発事業妥当性分析プラットフォーム」>
  ・Forbes JAPAN/河 鐘基(ハ・ジョンギ) 氏/
   法律から環境条件まで瞬時に分析 オーナーを儲けさせる「建築AI」
   *2020/05/04 09:00

[△最新情報へ]

(以上)

【「量子暗号」関連発明】財経新聞/東芝の量子暗号通信に期待!、ハッキング不可能なトランザクションの実現近し(2020/05/04)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<東芝、量子暗号通信> 
  ・財経新聞/
   東芝の量子暗号通信に期待!
   ハッキング不可能なトランザクションの実現近し
   *2020年5月4日 08:02

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】CoinPost/新型コロナで米上院会議が検討「ブロックチェーン投票の潜在リスクと可能性」(2020/05/04)

□特許に関係ないが、 Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<米上院会議、ブロックチェーン投票、検討>
  ・CoinPost/k.Utashima/
   新型コロナで米上院会議が検討
   「ブロックチェーン投票の潜在リスクと可能性」
   *05/04 10:04
   <一部抜粋>
【表1】 CoinPost:仮想通貨用語集/「51%攻撃とは」、*改行挿入。


51%攻撃とは
 悪意のある特定のグループが、アルゴリズム「Proof of Work(PoW)」におけるハッシュレート(採掘速度)の51%を支配することで不当な取引を行うこと。
莫大なコストがかかるため、ビットコインなど大規模ネットワークへの攻撃は現実的ではなく、条件は限定される。
△CoinPost:仮想通貨用語集
https://coinpost.jp/?p=16319&from=in_article

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<国際機関>新型コロナウイルスの影響(2020年5月4日竹山更新)

□<国際機関>新型コロナウイルス感染症に係る出願等の手続
 に関するお知らせなどです。
【表1】 *特許庁/更新履歴

●特許庁/報道発表トピックス 

・特許庁/
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
 *[更新日 2020年5月1日]
  <一部抜粋>更新履歴
・・令和2年5月1日追加
  特許協力条約(PCT)に基づく国際出願
・・・[よくある質問(QA)]
   新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

   (PCT国際出願)追加しました。

【表2】 *特許庁/WIPO関係

<WIPO関係>
・WIPOの新型コロナウイルスに関するお知らせ

 (外部サイトへリンク)
 *(英文)April 9, 2020
  (Original date of publication: March 20, 2020)
・WIPOの運営状況(外部サイトへリンク)
 *(英文)Geneva, April 15, 2020、PR/2020/849
 

【表3】 *特許庁/PCT関係(PCT国際出願)

<PCT関係>
・【WIPOから緊急のお知らせ】
 新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴う

 PCTユーザーへのお知らせ
 *[更新日 2020年3月31日]
[よくある質問(QA)]
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

 (PCT国際出願)
 *[更新日 2020年5月1日]

【表4】 *特許庁/ハーグ関係(意匠の国際出願)

<ハーグ関係>
・天災としてのCOVID-19の集団発生による

 期限を満たせなかった場合の免除:
 第5規則(4)の下要求されている証拠書類の提出の免除
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 14/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年4月30日]
・期間徒過の対応策と閉鎖の場合における期間の延長
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 5/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年3月23日]
・紙書類の通信停止に伴う電子的通信のみの使用について
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 6/2020、全1頁
 ・・※ 参考訳
   *[更新日 2020年3月31日]
 

【表5】 *特許庁/マドリッド関係(商標の国際出願)

<マドリッド関係>
・天災としてのCOVID-19の集団発生による

 期限を満たせなかった場合の免除:
 第5規則の下要求されている証拠書類の提出の免除
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 27/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年4月28日]
・期間徒過の対応策と閉鎖の場合における期間の延長
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 7/2020、全2頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年3月23日]
・国際事務局への郵送の停止
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 11/2020、全3頁
 ・・※ 参考訳
    *[更新日 2020年3月31日]
・証明及び抄本サービスに関する一時的な措置
 (外部サイトへリンク、PDF形式)
 *(英文)INFORMATION NOTICE NO. 12/2020、全1頁
 ・・※ 参考訳
    *更新日 2020年3月31日]
 

<サイト内>
 ●2020年5月 4日 (月)、【特許庁】[よくある質問Q&A]
  新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について

  (PCT国際出願)
  (救済措置について追加しました)(2020年5月1日)
 ●2020年4月27日 (月)、【個人メモ】<日本特許庁>
  新型コロナウイルスの影響(国内関連)(2020年4月27日竹山更新)
 ●2020年4月25日 (土)、【特許庁】
  「新型コロナ・・「その責めに帰することができない理由」
  及び「正当な理由」による救済について」情報等を追加

  (2020年4月24日)
 ●2020年4月23日 (木)、【個人メモ】<国際機関・海外の官庁>
  新型コロナウイルスの影響(国際関連)(2020年4月23日竹山更新)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】[よくある質問Q&A]新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について(PCT国際出願)(救済措置について追加しました)(2020年5月1日)

□特許庁「報道発表トピックス」によるお知らせなどです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
<PCT国際出願、[よくある質問Q&A]>
  ・5月1日
   [よくある質問Q&A]

   新型コロナウイルス感染症拡大に伴う対応等について
   (PCT国際出願)(救済措置について追加しました)
  ・5月1日
   新型コロナウイルス感染症により影響を受けた

   手続の取り扱いについて
   (PCT国際出願関係の救済について更新しました)
<国内、「正当な理由」による期間徒過後の救済>
  ・5月1日
   「正当な理由」による期間徒過後の救済について
   (「新型コロナウイルス感染症により影響を受けた手続における
   「正当な理由」による救済について」を追加しました)
<ハーグ(意匠の国際出願)、期限を満たせなかった場合の免除>
  ・4月30日
   【ハーグ】【意匠の国際出願】【Covid-19】
   天災としてのCOVID-19の集団発生による

   期限を満たせなかった場合の免除:
   第5規則(4)の下要求されている証拠書類の提出の免除
<マドプロ(商標の国際出願)、期限を満たせなかった場合の免除>
  ・4月28日
   【マドプロ】【商標の国際出願】【Covid-19】
   天災としてのCOVID-19の集団発生による

   期限を満たせなかった場合の免除:
   第5規則の下要求されている証拠書類の提出の免除

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo!ニュース/「無印」商標めぐる中国企業との20年戦争、そっくり店舗も登場、良品計画の勝算は?(2020/04/30)

□商標であって、Google/ニュース/商標
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<中国、「無印」>
  ・Yahoo!ニュース/弁護士ドットコム/
   「無印」商標めぐる中国企業との20年戦争、そっくり店舗も登場
   良品計画の勝算は?
   *4/30(木) 10:10配信

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】日本教育新聞社/学校と著作権の関係とは? 著作物を使用するときの注意点(2020/05/03)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<学校と著作権の関係>
  ・日本教育新聞社/
   学校と著作権の関係とは? 著作物を使用するときの注意点
   *2020年5月3日
<改正著作権法施行>
  ・TBS News/
   オンライン授業で教材使用可能に、改正著作権法施行
   *28日 21時16分
  ・EdTechZine(エドテックジン)/EdTechZine編集部[著]/
   誠勝、オンライン授業における著作物利用と

   改正著作権法に関する解説を公開
   *2020/04/28 13:20
<JASRACの東京地裁判決>
  ・日経ビジネス電子版/大池 真人氏[音楽教育を守る会会長]
   音楽レッスンにも著作権〔敗軍の将、兵を語る〕
   *2020年5月1日
<絵本や童話の読み聞かせ動画>
  ・朝日新聞デジタル/
   著作権のこと理解して 出版社「事前に相談を」

   読み聞かせ動画公開
   *2020年5月2日 16時30分、有料記事

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 3日 (日)

【AI関連発明】日刊工業新聞/東京都、患者宿泊施設に対話&掃除こなすAIロボット導入、宿泊施設1500室→6000室へ(2020/05/03)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<東京都、新型コロナ対策、AIロボット導入>
  ・ニュースイッチ(Newswitch)/日刊工業新聞/
   東京都、患者宿泊施設に対話&掃除こなすAIロボット導入
   宿泊施設1500室→6000室へ
   *2020年05月03日
<「中国IT社会」>
  ・東洋経済オンライン/西谷 格 氏: フリーライター/
   「世界で一番強い国は?」中華AIによる衝撃回答
   アリババ社製の「AIスピーカー」と話してみた
   *2020/05/03 7:55

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】HEDGE GUIDE/コロナウィルス対策とブロックチェーン、その活用事例と背景(2020/05/01)

□特許であって、Google/ニュース/ブロックチェーン
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/ブロックチェーン
<コロナウィルス対策とブロックチェーン>
  ・「HEDGE GUIDE」(金融投資メディア)/すずき 教平 氏/
   仮想通貨コラム/
   コロナウィルス対策とブロックチェーン、その活用事例と背景
   *2020.05.01
  ・コインデスク・ジャパン/
   新型コロナ対策をブロックチェーンで効果的にする
   ──給付金が自動に支払われる未来
   *2020年 5月 3日 08:00
<音楽の著作権保護、アメリカで特許取得>
  ・コインデスク・ジャパン/
   アリババ、音楽の著作権保護にブロックチェーン アメリカで特許取得
   *2020年 5月 3日 09:00
   <一部抜粋>United States Patent
    10,637,669、April 28, 2020、Johnson ,   et al.
    ”Data and data lineage control, tracking, and verification”
    (「Google 翻訳」
    :データ及びデータ系統の制御、追跡、および検証)
<国連によるSDGs達成に向けたブロックチェーン活用>
  ・「HEDGE GUIDE」(金融投資メディア)/渡邉草太氏/
   仮想通貨コラム/
   国連によるSDGs達成に向けたブロックチェーン活用の歴史と
   その事例を概観する
   *2020.05.01
<マンガ分野の活用>
  ・株式会社CoinPost/
   マンガ×ブロックチェーン、クラファン「コミカブ」が発表
   5月中旬にもローンチ
   *05/02 15:38

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】乗りものニュース/時事通信/経団連、特許開放呼び掛けへ=オールジャパンでコロナ対策支援(2020/05/02)

□特許であって、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<コロナ対策、特許無償開放>
  ・乗りものニュース/時事通信
   経団連、特許開放呼び掛けへ=オールジャパンでコロナ対策支援
   *2020.05.02
  ・時事ドットコムニュース/
   コロナ対策で特許無償開放 トヨタ、キヤノンなど数十万件
   *2020年04月30日20時13分
  ・SlashGear Japan/林 汰久也 氏/
   トヨタ自動車がコロナ患者用搬送車を開発:特許無償開放も
   *2020年5月2日
<「自作マスク」、特許、著作権、意匠、商標>
  ・Yahoo!ニュース/弁護士ドットコム/
   【取材協力弁護士】岩永 利彦(いわなが・としひこ)弁護士 氏/
   コロナで急増「自作マスク」販売の注意点は?
   特許権や著作権侵害にあたる場合も
   *5/2(土) 9:45配信
   (竹)興味深いです。(以上)
<追記>
<G7、麻生太郎財務相、コロナ基金>
 ●時事ドットコムニュース/
  麻生氏、途上国支援を提案 G7財務相が電話会議―新型コロナ
  *2020年04月30日22時42分
  *<検索サイト>Google/ニュース/G7 麻生大臣 コロナ基金

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】経済産業省/特許出願技術動向調査を取りまとめました(2020/04/30)

□特許であって、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<経済産業省>
  ・経済産業省 (プレスリリース)/
   特許出願技術動向調査を取りまとめました
   *2020年4月30日
   <一部抜粋>
   (1) 電子部品内蔵基板
     *全13頁
   (2) 福祉用具
     *全18頁
   (3) スポーツ関連技術
     *全15頁
   (4) 3Dプリンタ
     *全31頁
   (5) マテリアルズ・インフォマティクス
     *全15頁
   (6) 制御ラジカル重合関連技術
     *全16頁
   (7) V2X通信技術
     *全22頁
   (8) インフラ設備のIoTを活用した維持管理技術
     *全16頁
   (9) 宇宙航行体
     *全11頁
   (10) AIを用いた画像処理
     *全16頁

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 2日 (土)

【「フィンテック」関連発明】日本経済新聞/銀行間送金システム、フィンテック接続を議論 全銀協(2020/05/01)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
  ・日本経済新聞/
   銀行間送金システム、フィンテック接続を議論 全銀協
   *2020/5/1 18:00
  ・日本経済新聞 朝刊/
   銀行間送金、フィンテックの接続議論 全銀協
   2020/5/2付、会員限定
  ・日本経済新聞 朝刊/
   フィンテック、信用スコア精度向上狙う
   2020/5/2付、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<USPTO>”Petition decision: Inventorship limited to natural persons”/竹山宏明(2020/05/02)<AI発明者9>

●USPTO/16524350_22apr2020
 ・USPTO/Final Decisions - Commissioner for Patents
  ・・USPTO/Final Decisions - Other - Commissioner for Patents
    ・・・16524350_22apr2020
       *全8頁、(竹)表示されるまで時間が掛かります(2020/05/02)。
       (一部抜粋1)
【表1】書誌事項(p.1)、*「Google 翻訳」使用

<原文>*p.1
FlashPoint IP Ltd.
Rehoy Rabban Gamliel 2
Elad, 4083201
ISRAEL
In re Application of
Application No.: 16/524,350 :
Filed: July 29, 2019
Attorney Docket Number: 50567-3-01-US
For: DEVICES AND METHODS FOR
: DECISION ON PETITION
<Google 翻訳>
FlashPoint IP Ltd.
Rehoy Rabban Gamliel 2
エラード、4083201
イスラエル
再申請中
アプリケーション番号:16 / 524,350:
提出日:2019年7月29日
弁護士整理番号:50567-3-01-US
対象:デバイスと方法
:請願の決定

【表2】末尾(p.8)、*「Google 翻訳」使用

<末尾>*p.8
Rover W. Bahr
Deputy Commissionerfor
Patent Examination Policy
<Google 翻訳>
ローバーW.バール
副委員長
特許審査方針

       (一部抜粋2)
【表3】”ATTRACTING ENHANCED ATTENTION”(p.1)、

    *「Google 翻訳」使用

<原文>
ATTRACTING ENHANCED ATTENTION
This is a decision on the petition filed January 20, 2020 under 37 CFR 1.181, requesting reconsideration of the decision issued December 17, 2019, which decision refused to vacate the August 8, 2019 Notice to File Missing Parts of Nonprovisional Application.(*1)
The petition to vacate the August 8, 2019 Notice to File Missing Parts of Nonprovisional Application is DENIED.
<Google 翻訳>
強化された注意を引き付ける
これは、2020年1月20日に37 CFR 1.181に基づいて提出された請願に関する決定であり、2019年8月8日の非仮出願の欠落部分を提出するための通知を無効にすることを拒否した、2019年12月17日発行の決定の再検討を要求しています。(* 1 )
2019年8月8日の非仮出願の欠落部分を提出する通知を破棄する請願は却下されました。

       (一部抜粋3)
【表4】”OPINION”の一部抜粋(p.6)

<原文>
Accordingly, because the above-identified application names a machine, “[DABUS] (Invention generated by artificial intelligence),” as the inventor, and because current statutes, case law, and USPTO regulations and rules limit inventorship to natural persons, the above-identified application does not comply with 35 U.S.C. § 115(a).(*19)
The USPTOtherefore properly issued the August 8, 2019 Notice requiring the inventor to be identified by his or her legal name.
Petitioner argues that the December 17, 2019 petition decision presents a line of reasoning that suggests “the referenced statutes are intended to compel an applicant to name a natural person even where the person does not meet the inventorship criteria.(*20)
However, petitioner misunderstandsthe petition decision.
The petition decision of December 17, 2019 explainsthat 35 U.S.C. § 100(f) defines the term “inventor” as the individual who invented or discovered the subject matter of the invention.
Identifying a natural person, who did not invent or discover the subject matter of the invention, as the inventor in a patent application would be in conflict with the patent statutes.
Accordingly, the petition decision of December 17, 2019 does not suggest that an applicant is compelled to list a natural person as an inventor who does not meet the inventorship criteria.

【表5】”OPINION”の一部抜粋(p.6)、*「Google 翻訳」使用

<Google 翻訳>
 したがって、上記のアプリケーションは発明者としてマシンを「[DABUS](人工知能によって生成された発明)」と命名し、現在の法律、判例法、およびUSPTOの規制と規則は発明者を自然人に限定しているため、上記の-識別されたアプリケーションが35 USCに準拠していない§115(a)。(* 19)
USPTOthereforeは2019年8月8日の通知を適切に発行し、発明者を彼または彼女の正式名称で識別することを要求しています。
 請願者は、2019年12月17日の請願決定は、「参照される法令は、人が発明者の基準を満たしていない場合でも、自然人に名前を付けることを強制することを目的としています。(* 20)
 しかし、申立人は申立の決定を誤解しています。
 2019年12月17日の請願決定は35 U.S.C. §100(f)は、「発明者」という用語を、発明の主題を発明または発見した個人と定義しています。
発明の主題を発明または発見しなかった自然人を特許出願の発明者として特定することは、特許法と矛盾することになります。
したがって、2019年12月17日の請願決定は、出願人が自然人を発明者の基準を満たさない発明者としてリストすることを強いられることを示唆していません。

<サイト内>
 ●2020年5月 1日 (金)、【特許】GIGAZINE/
  「AIは特許申請時の発明者として登録できない」
  とアメリカ特許商標庁が公式見解を発表(2020/04/30)

  <AI発明者8>
 ●2020年2月 1日 (土)、【個人メモ】<EPO>
  「AI発明者」に関する公表文の仮翻訳、2020年2月1日、
  竹山宏明<AI発明者7>
 ●2020年1月13日 (月)、【AI関連発明】<竹山コラム>AI(人工知能)
  により生成された発明について、2020年1月13日、竹山宏明

  <AI発明者4>

[△最新情報へ]

(以上)

2020年5月 1日 (金)

【個人メモ】JETRO/USPTO、特許法101条(特許適格性)審査ガイダンスの効果を分析(2020年04月24日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  ・*該当無し。
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
<「世界知的所有権の日」>
  ・2020年4月27日
   ホワイトハウス、「世界知的所有権の日」に向けた
   大統領宣言を公表  (606KB)
   *全1頁
<当事者系レビューの申請期限に関するUSPTO の決定>
  ・2020年4月24日
   連邦最高裁Thryv 対Click-To-Call 事件判決
   -当事者系レビューの申請期限に関するUSPTO の決定は

   上訴不可と判示-
   (753KB)
   *全3頁
<USPTO、特許法101条(特許適格性)>
  ・2020年4月24日
   USPTO、特許法101条(特許適格性)審査ガイダンスの効果を分析
   (792KB)
<追記>
 ●特許法 101 条(特許適格性)の判断に関する
  審査ガイダンスの効果を分析したレポート
  *全11頁
 ●2019年1月8日、JETRO NY 知的財産部、柳澤、笠原
  USPTO、特許法第 101 条(特許適格性)

  の審査ガイダンスを公表(速報版)
 ●2019年10月18日、JETRO NY 知的財産部、柳澤、笠原
  USPTO、特許法第 101 条(特許適格性)

  審査ガイダンスの改訂版を公表
  *全3頁

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】GIGAZINE/「AIは特許申請時の発明者として登録できない」とアメリカ特許商標庁が公式見解を発表(2020/04/30)<AI発明者8>

□特許であって、Google/ニュース/特許
 による検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
  ・GIGAZINE/
   「AIは特許申請時の発明者として登録できない」
   とアメリカ特許商標庁が公式見解を発表
   *2020年04月30日 21時00分
   <一部抜粋1>
    Petition decision: Inventorship limited to natural persons
https://content.govdelivery.com
/accounts/USPTO/bulletins/287fdc9
【図1】Petition decision: Inventorship limited to natural persons

20200501_zu01

 <出典>「USPTO」サイト
      Petition decision: Inventorship limited to natural persons
  (当該ページのURL)
https://content.govdelivery.com
/accounts/USPTO/bulletins/287fdc9
【表1】図1の翻訳(「Google 翻訳」使用)

<原文>
Patent Alert
Petition decision: Inventorship limited to natural persons
The USPTO has published a petition decision explaining that, under current law, only natural persons may be named as an inventor in a patent application. The decision is available on the Artificial Intelligence page and the Final Decisions by the Commissioner for Patents page of the USPTO website. The decision was published pursuant to 37 CFR 1.14(e).
<Google 翻訳>
特許アラート
公式決定:自然人に限定された発明
 USPTOは、現在の法律では、自然人だけが特許出願の発明者として指名できることを説明する公式決定を発表しました。
この決定は、USPTO Webサイトの「Artificial Intelligence」ページ(*1)
及び「Commissioner for Patents」ページ(*2)による「Final Decisions」で入手できます。
この決定は、37 CFR 1.14(e)に従って公表されました。

 (*1)「Artificial Intelligence」ページ
 (*2)「Commissioner for Patents」ページ
   <一部抜粋2>
    Artificial Intelligence Cannot Be Inventors,
    US Patent Office Rules - VICE
https://www.vice.com/en_us/article/akw5g4
/artificial-intelligence-cannot-be-inventors-us-patent-office-rules
<追記>
 ●CNN/By AJ Willingham, CNN/
  Artificial Intelligence can't technically invent things,
   says patent office
  *Updated 0839 GMT (1639 HKT) April 30, 2020
  <一部抜粋>
   ”The USPTO has denied a pair of patents filed
   on behalf of DABUS,”(*1)
   (*1)全8頁
<サイト内>
 ●2020年2月 1日 (土)
  【個人メモ】<EPO>「AI発明者」に関する公表文の仮翻訳、
  2020年2月1日、竹山宏明<AI発明者7>
 ●2020年1月13日 (月)、【AI関連発明】<竹山コラム>AI(人工知能)
  により生成された発明について、2020年1月13日、竹山宏明

  <AI発明者4>

[△最新情報へ]

(以上)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30