« 【個人メモ】知財高裁/事件情報/審決取消等訴訟(特許・実用新案)係属中事件一覧表/終局事件一覧表(Excelファイル)(2020/04/12竹山) | トップページ | 【AI関連発明】日本経済新聞/新型コロナ感染拡大 AIで予測、早期に抑え込み(2020/04/13) »

2020年4月12日 (日)

【不競法】<マリオカート事件>知財高裁/平成30(ネ)10081等、不正競争行為差止等、令和2年1月29日判決(2020/04/12竹山)

□不競法であって、知財高裁の裁判例検索
 「マリオカート事件」の紹介です。
 ●知財高裁/裁判例検索
  *知財高裁判例集/検索条件指定画面
   キーワード検索:”マリオカート”
   裁判例結果:”2件”
<2段階審理方式:損害額の審理(損害論)>
 ・平成30(ネ)10081等  不正競争行為差止等

  (東京地方裁判所 平成29(ワ)6293)
  令和2年1月29日判決 原判決一部変更(2部)
  不正競争
  損害額(3項),差止めの範囲
  ・・要旨
    *全3頁
    <一部抜粋1>
【表1】 *レイアウト変更。

不正競争
・判決年月日:令和2年1月29日、
・事件番号:平成30年(ネ)第10081号(本訴)
      同年(ネ)第10091号(反訴)
・担当部:知財高裁第2部

    <一部抜粋2>
【表2】 *改行挿入、レイアウト変更。

○ 不正競争防止法5条3項に基づく損害の算定に当たって,不正競争行為をした者に対して事後的に定められる,使用に対し受けるべき料率は,通常の料率に比べて自ずと高額になるというべきで,
 ①当該商品等表示の実際の許諾契約における料率や,それが明らかでない場合には業界における料率の相場等も考慮に入れつつ,
 ②当該商品等表示の持つ顧客吸引力の高さ,
 ③不正競争行為の態様並びに当該商品等表示又はそれに類似する表示の不正競争行為を行った者の売上げ及び利益への貢献の度合い,
 ④当該商品等表示の主体と不正競争行為を行った者との関係など訴訟に現れた諸事情を総合考慮して,合理的な料率が定められるべきである。
○ ①一審原告の実際のライセンス契約における料率,
  ②「MARIO KART」やマリオ等が著名で,高い顧客吸引力を有していること,
  ③一審被告会社は,それら高い顧客吸引力を不当に利用しようとする意図をもって不正競争行為を行ってきており,売上げに貢献した度合いは相当に大きいと認められること
などの判示の事情の下では,ドメイン名を使用している店舗の売上げに係る料率は15%とし,ドメイン名を使用していない店舗の売上げに係る料率は12%とするのが相当であるとされた事例。

  <出典>「知財高裁」ウェブサイト
      平成30(ネ)10081等  不正競争行為差止等
      (東京地方裁判所 平成29(ワ)6293)
      令和2年1月29日判決 原判決一部変更(2部)
      要旨、*全3頁
  (当該ページのURL)
https://www.ip.courts.go.jp/app
/files/hanrei_jp/285/089285_point.pdf
  ・・全文
    *全77頁
    <一部抜粋1>
【表3】

主文
1 一審原告の控訴及び訴えの変更に基づき,原判決主文1項,2項及び5項から7項までを次のとおり変更する。
 (1) 審被告会社は,営業上の施設及び活動において,原判決別紙被告標章目録第1記載1~4の各標章を使用してはならない。
 (2) 一審被告会社は,前項記載の標章を,前項記載の営業上の施設,広告宣伝物及びカート車両から抹消せよ。
 (3) 一審被告会社は,原判決別紙ドメイン名目録記載1~4の各ドメイン名を使用してはならない。
 (4) 一審被告会社は,原判決別紙ドメイン名目録記載2のドメイン名の登録を抹消せよ。
 (5) 一審被告らは,一審原告に対し,連帯して,5000万円及びこれに対する平成30年10月31日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
 (6) 一審原告のその余の請求を棄却する。
2 一審被告会社の控訴を棄却する
3 一審被告会社の反訴請求に係る訴えを却下する。
4 訴訟費用は,1,2審及び本訴,反訴を通じ,これを10分し,その1を一審原告の負担とし,その余を一審被告らの負担とする。
5 この判決の1項(1),(3)及び(5)は仮に執行することができる。

【図1】

20200412b_zu01

  <出典>「知財高裁」ウェブサイト
      平成30(ネ)10081等  不正競争行為差止等
      (東京地方裁判所 平成29(ワ)6293)
      令和2年1月29日判決 原判決一部変更(2部)
      全文、*全77頁
  (当該ページのURL)
https://www.ip.courts.go.jp/app/files
/hanrei_jp/285/089285_hanrei.pdf
<2段階審理方式:侵害の有無の審理(侵害論)>
 ・平成30(ネ)10081等  不正競争行為差止等

  (東京地方裁判所 平成29(ワ)6293)
  令和元年5月30日その他 その他(2部)
  不正競争
  商品等表示性,周知性,著名性,

  ドメイン名不正使用,登録商標の抗弁
  ・・要旨
    *全3頁
    <一部抜粋1>
【表4】 *レイアウト変更。

不正競争
・判決年月日:令和元年5月30日
・事件番号:平成30年(ネ)第10081号(本訴)
      同年(ネ)第10091号(反訴)
・担当部:知財高裁第2部

    <一部抜粋2>
【表5】 *改行挿入、レイアウト変更。

○ マリオカート」及び「MARIO KART」は一審原告の商品等表示として著名なものであり,一審被告会社の使用する文字標章(マリカー,MariCar,MARICAR,maricar)と類似し,かつ一審被告会社の上記標章の使用が商品等表示としての使用に当たるとして,不正競争防止法2条1項2号該当性が認められた事例。
○ マリオ,ルイージ,ヨッシー及びクッパの形態が,一審原告の商品等表示として著名であり,一審被告会社の使用するマリオ,ルイージ,ヨッシー及びクッパのコスチューム等がそれに類似し,かつ一審被告会社のコスチューム等の使用が商品等表示としての使用に当たるとして,不正競争防止法2条1項2号該当性が認められた事例。
○ 一審被告会社は,不正の利益を得る目的で,「MARIO KART」及び「マリカー」と類似する各ドメイン名(maricar.jp,maricar.co.jp,fuji-maricar.jp,maricar.com)を使用しているとして,不正競争防止法2条1項13号該当性が認められた事例。

  <出典>「知財高裁」ウェブサイト
      平成30(ネ)10081等  不正競争行為差止等
      (東京地方裁判所 平成29(ワ)6293)
      令和元年5月30日その他 その他(2部)
      要旨、全3頁
  (当該ページのURL)
https://www.ip.courts.go.jp/app
/files/hanrei_jp/735/088735_point.pdf
  ・・全文
    *130頁
    <一部抜粋>
【表6】 *レイアウト変更。

主文
1 一審原告の一審被告らに対する,一審被告会社及び別紙店舗目録記載の各店舗における原判決別紙被告標章目録第1記載の標章,同被告標章目録第2記載のコスチューム及び人形を使用する行為並びに同ドメイン名目録記載のドメイン名を使用する行為についての不正競争防止法違反を理由とする損害賠償請求の原因(数額の点は除く。)は理由がある。
2 反訴請求に係る訴えは不適法である。

<追記>
 ●裁判所/裁判例検索
  *検索条件指定画面
   総合検索、全文検索::”マリオカート”
   統合検索 検索結果:”3件”
  ・知的財産裁判例
   平成29(ワ)6293  不正競争行為差止等請求事件
   不正競争  民事訴訟
   平成30年9月27日  東京地方裁判所
  ・・全文
    *全121頁
    <一部抜粋>
【表7】 *レイアウト変更。

主文
1 被告会社は,営業上の施設及び活動(外国語のみで記載されたウェブサイト及びチラシによるものを除く。)において,別紙被告標章目録第1記載1ないし4の各標章を使用してはならない。
2 被告会社は,前項記載の標章を,前項記載の営業上の施設,広告宣伝物及びカート車両から抹消せよ。
3 被告会社は,営業上の施設及び活動において,別紙被告標章目録第2記載1ないし11の各標章を使用してはならない。
4 被告会社は,別紙投稿動画目録記載1ないし16の各動画のデータを廃棄せよ。
5 被告会社は別紙ドメイン名目録記載1ないし4の各ドメイン名を外国語のみで記載されたウェブサイトのために使用する場合を除き使用してはならない。
6 被告会社は,原告に対し,1000万円及びこれに対する平成30年3月31日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。
7 原告のその余の請求をいずれも棄却する。
8 訴訟費用は,原告に生じた費用の5分の4と被告会社に生じた費用の5分の4を被告会社の負担とし,その余は原告の負担とする。
9 この判決は,第6項に限り,仮に執行することができる。

[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】知財高裁/事件情報/審決取消等訴訟(特許・実用新案)係属中事件一覧表/終局事件一覧表(Excelファイル)(2020/04/12竹山) | トップページ | 【AI関連発明】日本経済新聞/新型コロナ感染拡大 AIで予測、早期に抑え込み(2020/04/13) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31