« 【知財とビジネス】講談社/裁判官がソフトで検索して「コピペ判決」を書いている…残念すぎる事実(2020年02月02日) | トップページ | 【知財とビジネス】産経新聞/民事訴訟IT化へ第一歩 9裁判所で「ウェブ会議」導入(2020年02月03日)<IT争点整理2> »

2020年2月 3日 (月)

【知財とビジネス】裁判所/ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の運用の開始について(2020年02月03日開始)<IT争点整理1>

□知財であって、裁判所
 「ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の運用の開始」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●裁判所/ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の運用の開始について
<一部抜粋>
【表1】 *レイアウト変更、一部文字着色。

 令和2年2月3日,民事訴訟手続のIT化の第一段階として,ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の運用を下記の庁において開始しました。
 なお,東京地方裁判所及び大阪地方裁判所では民事訴訟事件を取り扱う部の一部において運用を開始しています。
              記
 知的財産高等裁判所
 東京地方裁判所(※1)
 大阪地方裁判所(※2)
 名古屋地方裁判所
 広島地方裁判所
 福岡地方裁判所
 仙台地方裁判所
 札幌地方裁判所
 高松地方裁判所  の各本庁
※1 1部,4部,7部,8部,11部,19部,22部,29部,31部,33部,36部,37部,39部,40部,41部,42部,44部,45部,46部,47部及び48部
 (合計21か部)
※2 3部,4部,8部,9部,11部,12部,13部,15部,16部,18部,21部及び26部
 (合計12か部)

<出典>「裁判所」サイト
    ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の運用の開始について
 (当該ページのURL)
http://www.courts.go.jp/about/topics
/webmeeting_2020_01/index.html
 (竹1)「東京地方裁判所」は、民事第29部,第40部,第46部,第47部が、
   「知的財産権部」です。
 (竹2)「 大阪地方裁判所」は、第21・26民事部が、
   「知的財産権専門部」です。
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

<追記>
 ●首相官邸/裁判手続等のIT化検討会
  ・民事裁判手続等IT化研究会(公益社団法人商事法務研究会HP)
   <一部抜粋>
    ■裁判手続等のIT化に向けた取りまとめ(平成30年3月)
      *全27頁
【図1】

20200203_zu01

<出典>「首相官邸/裁判手続等のIT化検討会」
    裁判手続等のIT化検討会(第9回) 配布資料
    令和年5月31日
    (配布資料)
    資料1:ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の運用開始
 (当該ページのURL)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi
/keizaisaisei/saiban/dai9/siryou1.pdf

<サイト内>
 ●2020年2月 4日 (火)
  【知財とビジネス】産経新聞/民事訴訟IT化へ第一歩
  9裁判所で「ウェブ会議」導入(2020年02月03日)<IT争点整理2>

[△最新情報へ]

(以上)

« 【知財とビジネス】講談社/裁判官がソフトで検索して「コピペ判決」を書いている…残念すぎる事実(2020年02月02日) | トップページ | 【知財とビジネス】産経新聞/民事訴訟IT化へ第一歩 9裁判所で「ウェブ会議」導入(2020年02月03日)<IT争点整理2> »

最近の記事

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31