« 【知財とビジネス】ケータイ Watch/「5G“で”世界を変える」、ドコモ吉澤氏が目前に迫った5Gを語る(2020/01/23) | トップページ | 【著作権】産経新聞/【日本の議論】海賊版サイト対策の行方、「違法化範囲は限定を」「議論は性悪説前提で」(2020.1.26) »

2020年1月25日 (土)

【意匠】<コラム>竹山宏明/「建築物の意匠」と「内装の意匠」について(2020/01/25)

□「建築物の意匠」と「内装の意匠」について、ご説明させていただきます。
 2020/01/25、02/03(誤記の訂正)竹山宏明
                    記
1 「建築物の意匠」と「内装の意匠」の意匠法による保護
 ・「建築物の意匠」と「内装の意匠」について、昨年、
  令和元年の意匠法改正(*1)により保護されるようになりました。
 ・この意匠法改正は、本年、令和2年4月1日(水曜日)
  から施行されます(*2)。
2 意匠法改正のポイント
 ・今回の改正のポイントは、次の3点です。
 (1)「物品」のみならず、「画像」(無体物)
    ・「建築物」(不動産)・「内装」も保護が可能になります
    (改正意匠法2条1項(定義等)、8条の2(内装の意匠))。 
 (2)関連意匠の出願可能期間を延長
    (約8ヶ月以内→本意匠の出願から10年間)。
    ・連鎖的な保護(関連意匠制度の拡充)が可能になります
    (改正意匠法10条1項(関連意匠)、同条4項)。
 (3)存続期間の変更(登録日から20年→出願日から25年)です
    (改正意匠法21条1項(存続期間))。
【図1】
01_figure01
<出典>「特許庁」サイト
    Vol.44、広報誌「とっきょ」2019年12月9日発行号
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/news/koho
/kohoshi/vol44/07_page1.html
3 意匠法改正の契機

 ・2016年、コメダ珈琲店の外観・内装、商品に酷似した店舗に対する
  訴訟で、「不正競争防止法」による店舗使用差止の仮処分決定
  が下され、話題となりました(*3)。
 ・これを一つの契機とし、店舗の外観・内装について、知的財産、
  ここでは「意匠」の重要性についての認識が高まりました。
 ・では、コメダ珈琲店の外観・内装について、
  意匠法改正の施行後、保護されますか?
 ・残念ながら、保護されません。
 ・意匠として保護されるためには、「新しさ」(「新規性」)が
  必要です(*4)。
 ・このため、コメダ珈琲店の外観・内装は、「新しさ」が無いため、
  過去・現在のものは保護されません。
  しかし、将来的なものについては、意匠で保護される可能性が
  あります。
4 改訂意匠審査基準案
 ・「建築物の意匠」と「内装の意匠」の具体例については、
  法律を見てもわかりません。
 ・このため、「建築物の意匠」と「内装の意匠」が盛り込まれた
  「改訂意匠審査基準案」について、令和2年1月22日開催の
  「第19回意匠審査基準WG」において了承されました。
 ・まだ、改訂意匠審査基準は、「案」の段階ですが、
  内容は公開されています(*6)。
 ・全388頁におよびます。
  「建築物の意匠」と「内装の意匠」の掲載箇所は、次の通りです。
  なお、通しページが無く、”Adobe Acrobat Reader”(*7)上の
  ”pdf”上のページを参考までに記載させていただきました。
  (a)「建築物の意匠」:第Ⅳ部 第2章 建築物の意匠
       (個別頁:1~28頁、pdf上:p.233/388~260/388)
  (b)「内装の意匠」 :第Ⅳ部 第4章 内装の意匠
       (個別頁:1~39頁、pdf上:p.274/388~312/388)
 ・また、「建築物の意匠」と「内装の意匠」については、
  上記ページのほか、他のページにおいても触れられていますので、
  ご注意ください。
<注釈>
(*1)特許庁/特許法等の一部を改正する法律
    (令和元年5月17日法律第3号)
(*2)特許庁/
    特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令
    (令和元年11月7日政令第145号)
(*3)特許庁/
    Vol.44、広報誌「とっきょ」2019年12月9日発行号
    知財活用企業紹介、株式会社コメダ
(*4)電子政府の総合窓口(e-Gov)/意匠法
    *現行の意匠法の(意匠登録の要件)第三条1項参照。
(*5)特許庁/産業構造審議会 知的財産分科会 意匠制度小委員会
    第19回意匠審査基準ワーキンググループ 議事要旨
    *令和2年1月22日開催、<一部抜粋>
     「資料2に示す改訂意匠審査基準案が承認された。」
(*6)特許庁/産業構造審議会知的財産分科会
    意匠制度小委員会意匠審査基準ワーキンググループ
    ・第19回(令和2年1月22日)、配布資料
     ・・「配布資料、資料2 改訂意匠審査基準(案)
       (PDF:11,006KB)
       *全388頁
(*7)”Adobe Acrobat Reader”は、
    Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)
    の商標です。
(以上)

« 【知財とビジネス】ケータイ Watch/「5G“で”世界を変える」、ドコモ吉澤氏が目前に迫った5Gを語る(2020/01/23) | トップページ | 【著作権】産経新聞/【日本の議論】海賊版サイト対策の行方、「違法化範囲は限定を」「議論は性悪説前提で」(2020.1.26) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31