« 【個人メモ】JETRO/欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を拒絶する理由を公表(2020年1月31日)<AI発明者6> | トップページ | 【個人メモ】<請求棄却>平成31(行ケ)10064  審決(無効・不成立)取消、特許権 (椅子型マッサージ機)、進歩性(引用発明の認定,相違点の判断)(令和2年1月28日判決) »

2020年2月 1日 (土)

【個人メモ】<EPO>「AI発明者」に関する公表文の仮翻訳、2020年2月1日、竹山宏明<AI発明者7>

□”EPO publishes grounds for its decision to refuse
 two patent applications naming a machine as inventor”
 (28 January 2020)
 について”Google 翻訳”を用いた仮翻訳、2020年2月1日、竹山宏明
 ・原文:EPOのNews & issues
     ”EPO publishes grounds for its decision to refuse
     two patent applications naming a machine as inventor”
     *28 January 2020
 (当該ページのURL)
https://www.epo.org/news-issues
/news/2020/20200128.html
 ・参考翻訳:JETROの知財ニュース
       「2020年1月28日、欧州特許庁、
       人工知能「DABUS」を発明者とする
       特許出願を拒絶する理由を公表」
       *JETRO デュッセルドルフ事務所
 (当該ページのURL)
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Ipnews
/europe/2020/20200128.pdf
 ・翻訳:Google 翻訳
 (当該ページのURL)
https://translate.google.co.jp/?hl=ja
【表1】

EPO publishes grounds for its decision to refuse two patent applications naming a machine as inventor
28 January 2020
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
EPOは、機械(machine)を発明者と名付ける2つの特許出願を拒絶する理由(grounds for its decision to refuse)を公表する。

【表2】

The EPO has published its decision setting out the reasons for its recent refusal of two European patent applications in which an AI system was designated as the inventor.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
EPOは、AIシステムが発明者として指定された2つのヨーロッパ特許出願の最近の拒絶の理由(the reasons for its recent refusal)を説明する決定を発表した。

【表3】

Filed by an individual in autumn 2018, the applications EP 18 275 163 and EP 18 275 174 were refused by the EPO following oral proceedings with the applicant in November 2019, on the grounds that they do not meet the legal requirement of the European Patent Convention (EPC) that an inventor designated in the application has to be a human being, and not a machine.
<JETRO デュッセルドルフ事務所の翻訳の使用>
当該2つの出願は、2018年秋に個人に よって出願され、2019年11月の出願人との口頭手続の後に、出願において指定される発 明者は機械(machine)ではなく人間(human being)でなければならないとの欧州特許条 約(EPC)の法的要件を満たさないという理由で、EPOによって拒絶されていたものである。

【表4】

In both applications a machine called "DABUS", which is described as "a type of connectionist artificial intelligence", is named as the inventor.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
どちらのアプリケーションでも、「コネクショニスト(connectionist、*1)の人工知能の一種」と呼ばれる「DABUS」と呼ばれる機械(machine)が発明者として指定されている。

 *1:「コネクショニスト(connectionist、*1)の人工知能の一種」
    <出典>フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【表4-2】*改行・下線挿入。

コネクショニズム(connectionism)とは、人工知能研究においてニューラルネットワークモデルに基づいた知能体を実現・実装する立場のこと。
あるいは認知科学・心理学において、同モデルでのシミュレーションなどの研究手法によって人間の認知や行動をモデル化しようとする立場のことである。
コネクショニズムモデルに基づいた研究アプローチを取る研究者をコネクショニスト(connectionist)という。

【表5】

The applicant stated that he had acquired the right to the European patent from the inventor by being its successor in title, arguing that as the machine's owner, he was assigned any intellectual property rights created by this machine.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
出願人は、機械(machine)の所有者として、彼がこの機械(machine)によって作成された知的財産権を譲渡されたと主張して、発明者のタイトルの後継者として発明者から欧州特許を受ける権利(the right to the European patent)を取得したと述べた。

【表6】

In its decisions, the EPO considered that the interpretation of the legal framework of the European patent system leads to the conclusion that the inventor designated in a European patent must be a natural person.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
EPOはその決定において、欧州特許制度の法的枠組みの解釈は、欧州特許で指定された発明者は自然人(natural person)でなければならないという結論に至ると考えた。

【表7】

The Office further noted that the understanding of the term inventor as referring to a natural person appears to be an internationally applicable standard, and that various national courts have issued decisions to this effect.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
庁はさらに、発明者という用語が自然人(natural person)を指すと理解することは国際的に適用可能な基準であると考えられ、様々な国内裁判所がこの効果に関する決定を下したことを指摘した。

【表8】

Moreover, the designation of an inventor is mandatory as it bears a series of legal consequences, notably to ensure that the designated inventor is the legitimate one and that he or she can benefit from rights linked to this status.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
さらに、発明者の指定は一連の法的結果をもたらすため、指定された発明者が正当なものであることを保証し、このステータスに関連する権利から利益を得ることができるようにするために必須である。

【表9】

To exercise these rights, the inventor must have a legal personality that AI systems or machines do not enjoy.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
これらの権利を行使するには、発明者はAIシステムまたは機械(machine)が享受できない法的性格(a legal personality)を持たなければならない。

【表10】

Finally, giving a name to a machine is not sufficient to satisfy the requirements of the EPC mentioned above.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
最後に、機械(machine)に名前を付けるだけでは、上記のEPCの要件を満たすのに十分でない。

【表11】

The decisions to refuse the two patent applications can be appealed by the applicant within two months at the EPO's independent judiciary, the Boards of Appeal.
<Google 翻訳の使用> *下線相違点。
2つの特許出願を拒絶する決定は、2か月以内にEPOの独立した司法機関である審判部(the Boards of Appeal)に対し、出願人が上訴することができる。
Further information
Grounds for the EPO decision of 27 January 2020 on EP 18 275 163
Grounds for the EPO decision of 27 January 2020 on EP 18 275 174

<サイト内>
 ●2020年1月31日 (金)、【個人メモ】JETRO/
  欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を
  拒絶する理由を公表(2020年1月31日)<AI発明者6>
 ●2020年1月15日 (水)、【個人メモ】JETRO/
  欧州特許庁、人工知能「 DABUS 」を発明者とする特許出願を拒絶
  (2020年1月13日)<AI発明者5>
 ●2020年1月13日 (月)、【AI関連発明】<竹山コラム>
  AI(人工知能)により生成された発明について、
  2020年1月13日、竹山宏明
  <AI発明者4>

[△最新情報へ]

(以上)

« 【個人メモ】JETRO/欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を拒絶する理由を公表(2020年1月31日)<AI発明者6> | トップページ | 【個人メモ】<請求棄却>平成31(行ケ)10064  審決(無効・不成立)取消、特許権 (椅子型マッサージ機)、進歩性(引用発明の認定,相違点の判断)(令和2年1月28日判決) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31