« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

【個人メモ】JETRO/欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を拒絶する理由を公表(2020年1月31日)<AI発明者6>

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
  ・*該当無し。
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
<韓国特許庁>

  ・2020年1月29日
   特許庁、
   「国家炭素素材IP協議体の発足式および第1回フォーラム」開催
   <一部抜粋>「2020年1月29日、出所: 韓国特許庁」
<EPOのニュースリリース>
  ・2020年1月28日
   欧州特許庁、
   人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を拒絶する理由を公表
   (131KB)
   *全2頁
   <一部抜粋1>
    「2020年1月28日 JETRO デュッセルドルフ事務所」
   <一部抜粋2>
    ・・「- EPO のニュースリリースは、以下参照 -
      EPO publishes grounds for its decision to refuse
      two patent applications naming a machine as inventor 」
   <一部抜粋3>
    ・・「- 人工知能を発明者とする特許出願に関する
     欧州知的財産ニュースは、以下参照 - 欧州特許庁、
     人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を拒絶
     (2020年1月13日)(PDF)」
     *全1頁
<サイト内1>
 ●<前回>、2020年1月28日 (火)、【個人メモ】JETRO/
  【米国IP情報】連邦最高裁、特許適格性問題に関する裁量上訴を却下
  (2020年1月27日)

<サイト内2>
 ●2020年2月 1日 (土)、【個人メモ】<EPO>
  「AI発明者」に関する公表文の仮翻訳、2020年2月1日、竹山宏明
  <AI発明者7>
 ●2020年1月15日 (水)、【個人メモ】JETRO/
  欧州特許庁、人工知能「 DABUS 」を発明者とする特許出願を拒絶
  (2020年1月13日)<AI発明者5>
 ●2020年1月13日 (月)、【AI関連発明】<竹山コラム>
  AI(人工知能)により生成された発明について、
  2020年1月13日、竹山宏明
  <AI発明者4>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】<商標>商品・役務名のQ&Aを更新しました(2020/01/31)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月31日
   商品・役務名のQ&Aを更新しました
   <一部抜粋>「公表資料
   ・・指定商品・指定役務を記載する際のよくある間違い
     (PDF:132KB)
     *全2頁
   ・・商品・役務名のQ&A(Excel:32KB)
     (竹)「開く」か、「保存」の選択を求められます。
        とりあえず見るだけでしたら、
        「開く」で良いものと思います。(以上)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】INTERNET Watch/海賊版対策の著作権法改正、自民党が政府へ4項目を要請へ。スクショや軽微なコピペ、二次創作/パロディにも言及(2020/01/30)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<著作権法改正>
  ・INTERNET Watch/大河原 克行
   海賊版対策の著作権法改正、自民党が政府へ4項目を要請へ。
   スクショや軽微なコピペ、二次創作/パロディにも言及
   ダウンロード違法化の対象について運用上の配慮など求める
   *2020年1月30日 16:00
<米国、著作権侵害訴訟>
  ・Engadget 日本版/Munenori Taniguchi
   アップル、アマゾン、Googleら音楽ストリーミングサービス
   が無許可演奏で提訴。米3位の音楽著作権管理組織から
   *10時間前(2020年1月30日)

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/「ブロックチェーンを使った公文書管理を」、音喜多議員が安倍首相に提案(2020年1月28日)

□特許と関係ないが、「公文書管理」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Cointelegraph Japan/
  「ブロックチェーンを使った公文書管理を」、
  音喜多議員が安倍首相に提案【ニュース】
  *9時間前(2020/01/30)
*<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】NHK NEWS WEB/グレタさん 名前などを商標登録へ「運動や活動守りたい」(2020/01/30)

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<自分の名前や運動の名称の商標登録の申請>
  ・NHK NEWS WEB/
   グレタさん 名前などを商標登録へ「運動や活動守りたい」
   *2020年1月30日 7時14分
  ・Yahoo Japan/
   栗原潔 氏 | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授/ 
   グレタさんによる自分の氏名の商標登録出願について
   *1/30(木) 13:54

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】livedoor NEWS/<米国>AppleがWi-Fi通信技術の特許を侵害 約912億円の莫大な損害賠償(2020/01/30)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<世界の特許出願件数>
  ・ジェトロ(日本貿易振興機構)/地域・分析レポート/
   世界の特許出願件数増加を中国が牽引
   日本の出願件数は世界3位も伸び悩みが続く
   *2020年1月30日
<特許侵害訴訟>
  ・日本経済新聞社/シャープ、OPPO日本法人を特許侵害で訴訟提起
   *2020/1/30 17:41
<米国、侵害訴訟>
  ・livedoor NEWS/iPhone Mania/
   Source:AppleInsider,Bloomberg(kihachi)/
   AppleがWi-Fi通信技術の特許を侵害 約912億円の莫大な損害賠償
   *2020年1月30日 18時10分

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月30日 (木)

【AI関連発明】TechCrunch/AI利用のヘルスケアの実践や研究を支援するマイクロソフトのAI for Health事業(2020/01/30)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<「AI for Good」>
  ・TechCrunch/by Devin Coldewey 氏/
   AI利用のヘルスケアの実践や研究を支援する
   マイクロソフトのAI for Health事業
   *2020年1月30日
  ・ZDNet Japan/Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 氏/
   マイクロソフト、医療分野のAIプロジェクト「AI for Health」
   --約43億円規模
   *2020-01-30 12:32

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】コピー商品撲滅キャンペーン「教えて!Nice Judge先生!!」vol.3を掲載しました(2020/01/30)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月30日
   コピー商品撲滅キャンペーン「教えて!Nice Judge先生!!」
   vol.3を掲載しました
  ・1月30日
   「方式審査便覧」改訂案に対する意見募集

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月29日 (水)

【特許庁】J-PlatPat/全サービスの停止、2020年2月1日(土)9:00~2月2日(日)21:00<第4回目>

□J-PlatPatの「メンテナンス情報」のお知らせです。
 ●特許庁/J-PlatPat/メンテナンス情報
  <一部抜粋1>*一部着色追加「【重要なお知らせ】
【表1】

<臨時メンテナンス情報(1)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、J-PlatPat全サービスを停止させて頂きます。
 2020年2月1日(土)9:00~2020年2月2日(日)21:00
 また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

  [△最新情報へ]

  (以上)

【個人メモ】JETRO/<中国>中国内販研究会、模倣被害とクレーマー問題には事前の対策を慎重に(中国)(2020年1月29日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
<中国、ジェトロ開催「内販研究会」>
  ・2020年1月29日
   中国内販研究会、

   模倣被害とクレーマー問題には事前の対策を慎重に(中国)
   <一部抜粋1>「大連発、2020年01月29日」
   <一部抜粋2>
    ・・「ジェトロが12月18日に大連市で開催した
       2019年度2回目の『内販研究会』」
   <一部抜粋3>
    ・・「(2019年度第1回の概要は2019年9月25日記事参照)。」
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
  ・*該当無し。
<サイト内>
 ●<前回>、2020年1月28日 (火)、【個人メモ】JETRO/
  【米国IP情報】連邦最高裁、特許適格性問題に関する裁量上訴を却下
  (2020年1月27日)

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/オンライン音楽配信Ditto Music、ブロックチェーンでロイヤリティ回収の透明化目指す【ニュース】(2020年1月28日)

□特許と関係ないが、「ロイヤリティ回収の透明化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Andrew Calderaro 氏/
  オンライン音楽配信Ditto Music、
  ブロックチェーンでロイヤリティ回収の透明化目指す【ニュース】
  *2020年01月28日
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Bloomberg/グーグルに事業売却の日本人起業家、次はAIで水道革命-世界視野(2020/01/29)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<日本人起業家>
  ・Bloomberg/堀江広美、竹沢紫帆 氏/
   グーグルに事業売却の日本人起業家、次はAIで水道革命

   -世界視野
   *2020年1月29日 7:34 JST

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】AUTOMATON/任天堂が“公道マリカー”訴訟でまたも勝訴。知財高裁は、1審損害賠償の5倍の金額の支払いをマリカーに命じる(2020/01/29)

□不正競争防止法について、任天堂vsマリカー訴訟の高裁判決
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●AUTOMATON/
  任天堂が“公道マリカー”訴訟でまたも勝訴。
  知財高裁は、1審損害賠償の5倍の金額の支払いをマリカーに命じる
  By Minoru Umise -
  *2020-01-29 17:05
  <一部抜粋>
  ・「MARIモビリティは、今回の判決について公式サイトにて声明。」
   <一部抜粋>「プレスリリース
   ・・2020/01/29 知財高裁判決に関するお知らせ」
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●知的財産高等裁判所/→最近の侵害訴訟等控訴事件
  (竹)未掲載。
<サイト内>
 ●2019年6月19日 (水)
  【不競法】Yahoo Japan/任天堂vsマリカー訴訟の知財高裁判決文
  (中間判決)が公開されました<カートの2>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許・実用新案審査基準(参考資料「進歩性の審査の進め方の要点と参考事例」を掲載しました)(2020/01/29)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月29日
   特許・実用新案審査基準
   (参考資料「進歩性の審査の進め方の要点と参考事例」
   を掲載しました)
   <一部抜粋1>「特許・実用新案審査基準
     ・参考資料「進歩性の審査の進め方の要点と参考事例」
      (令和2年1月29日公表)(PDF:515KB)
      *全23頁
   <一部抜粋2> *一部文字着色、西暦加入。
    「・以下の審査基準は、

      平成27年(2015年)10月1日以降の審査に適用されます。
      平成27年9月30日までの審査に適用される審査基準は
      こちらをご参照ください。」
   ・・特許庁/平成27年9月30日までの審査に適用される審査基準
     *[更新日 2015年10月1日]
  ・1月29日
   日台類似群コード対応表(ニース国際分類[第11-2020版]対応)
   の公表について
   <一部抜粋1>
【表1】

 公益財団法人日本台湾交流協会と台湾日本関係協会は、日本と台湾のそれぞれの商標審査で使用されている類似群コードの対応関係を示す一覧表(日台類似群コード対応表)を作成及び公表することが、日台双方の出願人の商標権の迅速な取得に資するとの認識で一致しました
(日本台湾交流協会Webサイト(外部サイト)にリンクします)。

   <一部抜粋2>「公表資料
    日台類似群コード対応表(ニース国際分類[第11-2020版]対応)
    PDF版(PDF:5,079KB)
    *103頁
  ・1月29日
   「意匠審査基準」改訂案に対する意見募集の結果について
   <一部抜粋>「3. 御意見の概要及び御意見に対する考え方
    別紙 「改訂意匠審査基準案について寄せられた御意見の概要と
    御意見に対する考え方」参照(PDF:797KB)
    *全33頁

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】<オランダ>NNA EUROPE/SPI、ウオッカ商標で露に敗訴=蘭最高裁(2020/01/29)

□商標であって、オランダ最高裁、ウオッカ「ストリチナヤ(Stolichnaya)」
 などの商標権の帰属を巡る争い
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●NNA EUROPE/SPI、ウオッカ商標で露に敗訴=蘭最高裁
  *2020/01/29(水)、有料サービス
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】NHK NEWS WEB/AI スマホに指当たる音で文字推測可能に 対策必要か(2020/01/29)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AI
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<セキュリティー対策の必要性>
  ・NHK NEWS WEB/
   AI スマホに指当たる音で文字推測可能に対策必要か
   *2020年1月29日 5時45分
<管理職の仕事>
  ・@IT/(ポイトビン氏)/
   職場の多様性を促進するAI:
   管理職の仕事の7割をAIが代替、Gartnerが2024年を予測
   *2020年01月28日 17時00分 公開、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月28日 (火)

【「量子暗号」関連発明】朝日新聞デジタル/量子技術、実用化遅れ「極めて深刻」 産官学で戦略(2020年01月28日)

□特許と関係ないが、「量子技術イノベーション戦略」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●朝日新聞デジタル/嘉幡久敬 氏/
  量子技術、実用化遅れ「極めて深刻」 産官学で戦略 
  *2020年1月28日 15時00分/有料会員限定記事
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記1>
 ●首相官邸/統合イノベーション戦略
  <一部抜粋>「開催状況
   第6回 令和 2年1月21日 議事次第・資料 準備中」
  ・統合イノベーション戦略推進会議(第6回)
   <一部抜粋1> 「令和元年1月21日(火)」
   <一部抜粋2>「議事」
【表1】

議事
(1)量子技術イノベーション戦略について
(2)安全・安心の実現に向けた方向性について
(3)革新的環境イノベーション戦略について
(4)デジタル社会構築TFの設置について
(5)科学技術・イノベーション創出に係る制度改革の方針について
   ムーンショット目標の検討経過について(報告)

   <一部抜粋3>「配付資料
   ・・資料1-1
     量子技術イノベーション戦略 最終報告(案)(概要)
     (PDF/85KB)
     *全9頁
   ・・資料1-2
     量子技術イノベーション戦略 最終報告(案)
     (PDF/2,835KB)
     *全67頁
   ・・資料2-1
     「安全・安心」の実現に向けた科学技術・
     イノベーションの方向性(案)(概要)(概要)
     (PDF/21KB)
     *全3頁
   ・・資料2-2
     「安全・安心」の実現に向けた科学技術・
     イノベーションの方向性(案)(PDF/43KB)
     *全15頁
   ・・資料3-1
     革新的環境イノベーション戦略(案)(概要)(PDF/61KB)
     *全4頁
   ・・資料3-2
     革新的環境イノベーション戦略(案)(PDF/1,626KB)
     *全89頁
   ・・資料4
     デジタル社会構築TFの設置について(PDF/1,034KB)
     *全3頁
   ・・資料5
     科学技術・イノベーション創出に係る制度改革の方針
     (PDF/863KB)
     *全4頁
   ・・資料6
     ムーンショット目標案(PDF/1,724KB)
     *全12頁
   ・・参考資料
     量子技術イノベーション戦略 最終報告案(補足)
     (PDF/102KB)」
     *全3頁
<追記2>
【図1】

20200128_zu01c

<出典>「統合イノベーション戦略推進会議(第6回)」サイト
    参考資料、量子技術イノベーション戦略 最終報告案(補足)
    (PDF/102KB)」、p.1
 (当該ページのURL)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi
/tougou-innovation/dai6/sanko.pdf

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】農林水産省/和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護強化に関する専門部会の「中間とりまとめ」について(2020/01/28)

□不競法であって、農林水産省「和牛遺伝資源」「中間とりまとめ」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●農林水産省/報道発表資料
  <一部抜粋>「令和2年1月分
  ・1月28日
   和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護強化に関する専門部会
   の「中間とりまとめ」について
   <一部抜粋>「概要、<添付資料>
   ・・1.和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護の在り方
     について(中間とりまとめ)(PDF : 289KB)
     *全12頁
   ・・2.和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護の在り方
     について(中間とりまとめ)の概要(PDF : 181KB)
     *2頁
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
【図1】

20200128_zu1b

<出典>「農林水産省」サイト
    1.和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護の在り方
     について(中間とりまとめ)(PDF : 289KB)、p.3
 (当該ページのURL)
https://www.maff.go.jp/j/press/seisan
/c_sinko/attach/pdf/200128-1.pdf

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】AUTOMATON/B任天堂が『カービィのエアライド』を商標出願。しかし、数ある旧作の商標出願のひとつ(2020/01/28)

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<商標出願>
  ・AUTOMATON/By Minoru Umise 氏/
   任天堂が『カービィのエアライド』を商標出願。
   しかし、数ある旧作の商標出願のひとつ
   *2020-01-28 12:25

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/【米国IP情報】連邦最高裁、特許適格性問題に関する裁量上訴を却下(2020年1月27日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
  ・*該当無し。
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
  ・2020年1月27日
   【米国IP情報】2019年企業別米国特許取得ランキング
   (97KB)
   *全2頁
   <一部抜粋>「2020年1月27日
    JETRO NY 知的財産部 柳澤、笠原」
  ・2020年1月27日
   【米国IP情報】連邦最高裁、特許適格性問題に関する

   裁量上訴を却下
   (140KB)
   *全3頁
    <一部抜粋>
【表1】

 今般、Athena 事件の裁量上訴が棄却されたことを受けて、米国知財関係者の間では、特許適格性に関する問題を解決するためには特許法を改正するしかないとの声が大きくなっている。

<出典>「JETRO」サイト、
    2020年1月27日、【米国IP情報】
    連邦最高裁、特許適格性問題に関する裁量上訴を却下
    JETRO NY 知的財産部 柳澤、笠原
 (当該ページのURL)
https://www.jetro.go.jp/ext_images

/_Ipnews/us/2020/20200127_1.pdf
  ・2020年1月21日
   欧州特許庁審判部、CRISPRゲノム編集技術に関する事件
   (優先権の主張の有効性に関するもの)における決定を公表
   (113KB)
   <一部抜粋1>「2020年1月21日 JETRO
    デュッセルドルフ事務所」
   *全1頁
   <一部抜粋2>
    「- EPO のウェブサイトは、以下参照
    - Decision in case T 844/18 on
    the CRISPR gene editing technology
<サイト内>
 ●<前回>、2020年1月18日 (土)
  【個人メモ】JETRO/<韓国>特許庁、
  「故意的侵害に対する3倍賠償制度の導入による
  中小企業の特許侵害予防ガイド」を発刊(2020年1月14日)

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】令和2年度の知財戦略デザイナー派遣先大学を募集します(2020/01/28)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月28日
   特許出願等統計速報について

   (令和元年11月分を掲載しました)
  ・1月28日
   令和2年度の知財戦略デザイナー派遣先大学を

   募集します
【図1】

20200128_zu01

<出典>「特許」サイト、知財戦略デザイナー派遣事業
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/support
/daigaku/designer_haken.html

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】ITmedia NEWS/検討会参加の専門家も意見はバラバラ 海賊版サイト対策の行方は (1/2)(2020/01/28)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<海賊版サイト対策>
  ・ITmedia NEWS/[産経新聞]/(森本昌彦)氏/
   検討会参加の専門家も意見はバラバラ

   海賊版サイト対策の行方は (1/2)
   *2020年01月28日 07時00分 公開

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Yahoo Japan/栗原潔 氏/コロナウイルス特許の陰謀論について(2020/01/28)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<コロナウイルス特許>
  ・Yahoo Japan/
   栗原潔  | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授/
   コロナウイルス特許の陰謀論について
   *1/28(火) 3:24
<デザイン特許>
  ・iPhone Mania/
   一部アニ文字のデザイン特許をAppleが取得

   〜模倣防ぐのが狙いか
   *2020年1月27日 22時25分
   <一部抜粋>
   ・・Source:Patently Apple

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】AV Watch/AIが全国民の価値を選別・殺戮する!? 映画「AI崩壊」本編映像解禁(2020/01/28)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<映画>
  ・AV Watch/阿部邦弘 氏/
   AIが全国民の価値を選別・殺戮する!? 映画「AI崩壊」本編映像解禁
   2020年1月28日 08:00
<AI活用の負の側面>
  ・日経 xTECH/(記事構成は、伊藤元昭=エンライト)氏
   /慶應義塾大学 田口眞男氏 氏/
   テクノ大喜利、際限なく進化し続けるAI、
   2020年にその安全性を担保する方法は現れるのか
   [大予想「〇〇 of the Year 2020」]
   *2020/01/28 05:00、有料記事

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月27日 (月)

【不競法】NHK NEWS WEB/通信関連会社元社員 機密情報不正取得で逮捕 ロシアに提供か(2020/01/25)

□不競法であって、Google/ニュース/不正競争防止法
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<機密情報不正取得>
  ・NHK NEWS WEB/
   通信関連会社元社員 機密情報不正取得で逮捕 ロシアに提供か
   *2020年1月25日 23時54分

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】マイベストプロ/コラム/鈴木康介 氏/建築物の意匠の保護対象拡大(2020/01/24)

□意匠であって、Google/ニュース/意匠での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<建築物の意匠>
  ・マイベストプロ/コラム/
   プロシード国際特許商標事務所の鈴木康介 氏/
   建築物の意匠の保護対象拡大
   *2020年1月24日

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】<米国>日本経済新聞/ナイトライド、米社との特許侵害訴訟に「勝訴」(2020/01/27)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国、発光ダイオード(LED)製造>
  ・日本経済新聞/
   ナイトライド、米社との特許侵害訴訟に「勝訴」
   *2020/1/27 19:14

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】<米国>CNET Japan/顔認識アプリのClearview AI、プライバシー侵害で提訴される(2020/01/27)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<5GとAI>
  ・@DIMEアットダイム/
   5GとAIの進化で実現する「無人レジ」と「無人運転車」
   *2020.01.27
   <一部抜粋>「野村総合研究所 研究理事
    未来創発センター センター長
    コンサルティング事業本部 副部長
    桑津浩太郎さん」
<「AI駆動システム」>
  ・MONOist/[阿部悟(MathWorks Japan),MONOist]/
   AI基礎解説:
   「AI駆動システム」が急速に成長、2020年に注視すべき
   5つのAIトレンドとは
   *2020年01月27日 10時00分 公開
<米国・顔認識アプリ>
  ・CNET Japan/Corinne Reichert (CNET News)
   翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)/
   顔認識アプリのClearview AI、プライバシー侵害で提訴される
   *2020年01月27日 11時16分

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】特許庁メールマガジンVOL.186を掲載しました(2020/1/27日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月27日
   庁舎内の店舗でレジ袋削減に向けた試行的な取組を開始します
   (経済産業省のページへ)
  ・1月27日
   特許庁メールマガジンVOL.186を掲載しました
   <一部抜粋>「バックナンバー
   ・・2020年1月27日 VOL.186(PDF:168KB)
     *全6頁
  ・1月27日
   特許庁図書館利用の御案内(所蔵資料について)
   <一部抜粋>「所蔵資料
   ・・特許庁図書館 所蔵資料
     ※特許・意匠・商標・実用新案の出願登録情報等
     のお取扱いはしておりません。」

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月26日 (日)

【AI関連発明】Forbes JAPAN/人工知能が「戦争の未来」を変える、各国で進むAIの軍事活用(2020/01/25)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<「戦争の未来」>
  ・Forbes JAPAN/Simon Chandler , CONTRIBUTOR
   人工知能が「戦争の未来」を変える、各国で進むAIの軍事活用
   *2020/01/25 09:00

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Forbes JAPAN/人工知能が「戦争の未来」を変える、各国で進むAIの軍事活用(2020/01/25)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<「戦争の未来」>
  ・Forbes JAPAN/Simon Chandler , CONTRIBUTOR
   人工知能が「戦争の未来」を変える、各国で進むAIの軍事活用
   *2020/01/25 09:00

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】J-CASTニュース/広告「酷似」指摘に「模倣の意図ないが、不快な思いをさせた」ラフォーレが謝罪(2020/1/25)

□著作権であって、「ラベルライターのラベル」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●J-CASTニュース/(J-CASTニュース編集部 野口博之)氏/
  広告「酷似」指摘に「模倣の意図ないが、不快な思いをさせた」
  ラフォーレが謝罪
  *2020/1/25 18:17
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●ラフォーレ原宿 / Laforet HARAJUKU
  <一部抜粋>
   「2020.1.25 LAFORET GRAND BAZAR広告につきまして

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】HON.jp News Blog/2019年の紙+電子出版市場は初のプラス成長で1兆5432億円~ 出版科学研究所調べ(2020/1/24)

□著作権であって、「2019年の出版市場規模」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●HON.jp News Blog/鷹野凌 氏/
  2019年の紙+電子出版市場は初のプラス成長で1兆5432億円
  ~ 出版科学研究所調べ
  *2020年1月24日
  <一部抜粋>「参考リンク
  ・全国出版協会・出版科学研究所
   https://www.ajpea.or.jp/
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】<ドイツ>DIGIDAY[日本版]/A・シュプリンガー 、広告ブロックの「法廷闘争」を継続中(2020/1/24)

□著作権であって、「広告ブロック」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●DIGIDAY[日本版]/ucinda Southern(原文 / 訳:SI Japan)氏/
  A・シュプリンガー 、広告ブロックの「法廷闘争」を継続中
  *編集部 2020/1/24
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】産経新聞/【日本の議論】海賊版サイト対策の行方、「違法化範囲は限定を」「議論は性悪説前提で」(2020.1.26)

□著作権であって、「海賊版サイト対策の行方」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●産経新聞/(森本昌彦)氏、(本間英士)氏/
  【日本の議論】海賊版サイト対策の行方
  「違法化範囲は限定を」「議論は性悪説前提で」
  *2020.1.26 12:00
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。 

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月25日 (土)

【意匠】<コラム>竹山宏明/「建築物の意匠」と「内装の意匠」について(2020/01/25)

□「建築物の意匠」と「内装の意匠」について、ご説明させていただきます。
 2020/01/25、02/03(誤記の訂正)竹山宏明
                    記
1 「建築物の意匠」と「内装の意匠」の意匠法による保護
 ・「建築物の意匠」と「内装の意匠」について、昨年、
  令和元年の意匠法改正(*1)により保護されるようになりました。
 ・この意匠法改正は、本年、令和2年4月1日(水曜日)
  から施行されます(*2)。
2 意匠法改正のポイント
 ・今回の改正のポイントは、次の3点です。
 (1)「物品」のみならず、「画像」(無体物)
    ・「建築物」(不動産)・「内装」も保護が可能になります
    (改正意匠法2条1項(定義等)、8条の2(内装の意匠))。 
 (2)関連意匠の出願可能期間を延長
    (約8ヶ月以内→本意匠の出願から10年間)。
    ・連鎖的な保護(関連意匠制度の拡充)が可能になります
    (改正意匠法10条1項(関連意匠)、同条4項)。
 (3)存続期間の変更(登録日から20年→出願日から25年)です
    (改正意匠法21条1項(存続期間))。
【図1】
01_figure01
<出典>「特許庁」サイト
    Vol.44、広報誌「とっきょ」2019年12月9日発行号
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/news/koho
/kohoshi/vol44/07_page1.html
3 意匠法改正の契機

 ・2016年、コメダ珈琲店の外観・内装、商品に酷似した店舗に対する
  訴訟で、「不正競争防止法」による店舗使用差止の仮処分決定
  が下され、話題となりました(*3)。
 ・これを一つの契機とし、店舗の外観・内装について、知的財産、
  ここでは「意匠」の重要性についての認識が高まりました。
 ・では、コメダ珈琲店の外観・内装について、
  意匠法改正の施行後、保護されますか?
 ・残念ながら、保護されません。
 ・意匠として保護されるためには、「新しさ」(「新規性」)が
  必要です(*4)。
 ・このため、コメダ珈琲店の外観・内装は、「新しさ」が無いため、
  過去・現在のものは保護されません。
  しかし、将来的なものについては、意匠で保護される可能性が
  あります。
4 改訂意匠審査基準案
 ・「建築物の意匠」と「内装の意匠」の具体例については、
  法律を見てもわかりません。
 ・このため、「建築物の意匠」と「内装の意匠」が盛り込まれた
  「改訂意匠審査基準案」について、令和2年1月22日開催の
  「第19回意匠審査基準WG」において了承されました。
 ・まだ、改訂意匠審査基準は、「案」の段階ですが、
  内容は公開されています(*6)。
 ・全388頁におよびます。
  「建築物の意匠」と「内装の意匠」の掲載箇所は、次の通りです。
  なお、通しページが無く、”Adobe Acrobat Reader”(*7)上の
  ”pdf”上のページを参考までに記載させていただきました。
  (a)「建築物の意匠」:第Ⅳ部 第2章 建築物の意匠
       (個別頁:1~28頁、pdf上:p.233/388~260/388)
  (b)「内装の意匠」 :第Ⅳ部 第4章 内装の意匠
       (個別頁:1~39頁、pdf上:p.274/388~312/388)
 ・また、「建築物の意匠」と「内装の意匠」については、
  上記ページのほか、他のページにおいても触れられていますので、
  ご注意ください。
<注釈>
(*1)特許庁/特許法等の一部を改正する法律
    (令和元年5月17日法律第3号)
(*2)特許庁/
    特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令
    (令和元年11月7日政令第145号)
(*3)特許庁/
    Vol.44、広報誌「とっきょ」2019年12月9日発行号
    知財活用企業紹介、株式会社コメダ
(*4)電子政府の総合窓口(e-Gov)/意匠法
    *現行の意匠法の(意匠登録の要件)第三条1項参照。
(*5)特許庁/産業構造審議会 知的財産分科会 意匠制度小委員会
    第19回意匠審査基準ワーキンググループ 議事要旨
    *令和2年1月22日開催、<一部抜粋>
     「資料2に示す改訂意匠審査基準案が承認された。」
(*6)特許庁/産業構造審議会知的財産分科会
    意匠制度小委員会意匠審査基準ワーキンググループ
    ・第19回(令和2年1月22日)、配布資料
     ・・「配布資料、資料2 改訂意匠審査基準(案)
       (PDF:11,006KB)
       *全388頁
(*7)”Adobe Acrobat Reader”は、
    Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)
    の商標です。
(以上)

2020年1月24日 (金)

【知財とビジネス】ケータイ Watch/「5G“で”世界を変える」、ドコモ吉澤氏が目前に迫った5Gを語る(2020/01/23)

□知財であって、NTTドコモは、「DOCOMO Open House 2020」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●ケータイ Watch/北川 研斗 氏/
  「5G“で”世界を変える」、ドコモ吉澤氏が目前に迫った5Gを語る
  ――DOCOMO Open House 2020の基調講演
  *020年1月23日 17:41
  <一部抜粋>「実は、ドコモは5G標準必須特許候補件数で世界6位。
    通信事業者としては1位だという。」
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】GIGAZINE/Appleが元従業員と「従業員は在職中に競合ベンチャーを計画できるか?」を裁判で争う(2020/01/24)

□知財であって、「産学連携」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●ニュースイッチ/日刊工業新聞2020年1月23日
  産学連携の民間資金受け入れが初めて1000億円を超えた
  2020年01月24日
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】GIGAZINE/Appleが元従業員と「従業員は在職中に競合ベンチャーを計画できるか?」を裁判で争う(2020/01/24)

□知財と関係ないが、米国での在職中の競合ベンチャーの計画 
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●GIGAZINE/
  Appleが元従業員と

  「従業員は在職中に競合ベンチャーを計画できるか?」
  を裁判で争う
  *2020年01月24日 13時00分
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】産経新聞社/レジ袋有料化で利用辞退促す実証実験 経産省などの庁舎で、「ナッジ理論」活用(2020/01/24)

□知財と関係ないが、「レジ袋有料化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●産経新聞社/
  レジ袋有料化で利用辞退促す実証実験 経産省などの庁舎で
  「ナッジ理論」活用
  *2020.1.24 12:40
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)/
  ノーベル経済学賞セイラー教授の「発明」
  行動経済学で人の心を操る現代の魔法「ナッジ」とは何か
  *2017.10.10

[△最新情報へ]

(以上)

【「フィンテック」関連発明】DIAMOND online/金融庁が方針転換!銀行・フィンテック連携の交渉期限を前倒した理由(2020年01月20日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<銀行・フィンテック連携>
  ・DIAMOND online/ダイヤモンド編集部 田上貴大:記者 氏/
   金融庁が方針転換!

   銀行・フィンテック連携の交渉期限を前倒した理由
   *2020.1.20 5:45、有料会員限定
<金融の変化>
  ・日本経済新聞 電子版/フィンテック、金融どう変える
   リセット金融・トップが語る(7)
   *2020/1/22 20:30、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

【「量子暗号」関連発明】日経ビジネス/2兆円市場に先手、東芝が量子暗号通信を事業化へ(2020年01月21日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<「東芝が量子暗号通信を事業化」>
  ・日経ビジネス/佐伯 真也 日経ビジネス記者 氏/
   2兆円市場に先手、東芝が量子暗号通信を事業化へ
   2020年1月21日

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】J-PlatPat/全サービスの停止、2020年2月1日(土)9:00~2月2日(日)21:00<第3回目>

□J-PlatPatの「メンテナンス情報」のお知らせです。
 ●特許庁/J-PlatPat/メンテナンス情報
  <一部抜粋1>*一部着色追加「【重要なお知らせ】
【表1】

<臨時メンテナンス情報(1)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、J-PlatPat全サービスを停止させて頂きます。
 2020年2月1日(土)9:00~2020年2月2日(日)21:00
 また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

  [△最新情報へ]

  (以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/「ブロックチェーン技術は銀行口座を持たない人々に最適」【ニュース】(2020年1月23日)

□特許と関係ないが、「国際共同研究」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Marie Huillet 氏/
  「ブロックチェーン技術は銀行口座を持たない人々に最適」
  仮想通貨取引所OKEx幹部がダボスでプレゼン【ニュース】
  *2020年01月23日
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo Japan/栗原潔 氏/<英国>ヘンリー王子夫妻の商標登録出願に第三者が異議申立の可能性(2020年01月24日)

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<英国、商標出願に対する異議申立>
  ・Yahoo Japan/
   栗原潔  | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授/
   ヘンリー王子夫妻の商標登録出願に第三者が異議申立の可能性
   *1/24(金) 8:04

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】GIGAZINE/空中・水中・宇宙を飛行可能な物体に関する特許をアメリカ海軍が出願している(2020年01月24日)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<記事まとめ>
<アメリカ海軍による特許出願>
  ・GIGAZINE/
   空中・水中・宇宙を飛行可能な物体に関する特許を
   アメリカ海軍が出願している
   *2020年01月24日 09時00分

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】CNET Japan/物議を醸すClearview AIの顔認識アプリ、米議員がCEOに質問状(2020年01月24日)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<記事まとめ>
  ・ビジネス+IT/
   AI(人工知能)をビジネスに生かすために読んでおきたい記事まとめ
   *2020/01/23
<ディープラーニング>
  ・キーマンズネット/[野依史乃,キーマンズネット] 氏/
   ディープラーニングを用いたAIは企業に浸透するのか
   *2020年01月24日 08時00分 公開
<「AIガバナンス サーベイ 2019」>
  ・PR TIMES(プレスリリース・ニュースリリース)/
   「AIガバナンス サーベイ 2019」を発表
   デロイト トーマツ グループ
   *2020年1月24日 15時00分
<米議員がCEOに質問状/AIの顔認識アプリ>
  ・CNET Japan/Rae Hodge (CNET News)
   翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ) 氏/
   物議を醸すClearview AIの顔認識アプリ、米議員がCEOに質問状
   *2020年01月24日 11時14分

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】<特許>産業構造審議会 知的財産分科会 第36回特許制度小委員会 議事要旨(1月24日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月24日
   産業構造審議会 知的財産分科会

   第36回特許制度小委員会 議事要旨
   <一部抜粋1>「3. 議題、提案募集について
    (1)提案募集の結果
    (2)日本弁理士会からのプレゼンテーション
    (3)一般社団法人日本知的財産協会からのプレゼンテーション
    (4)一般社団法人電子情報技術産業協会

      からのプレゼンテーション」
   <一部抜粋>「4. 議事内容
    ・事務局より、資料1に沿って、説明が行われた。
    ・日本弁理士会より、資料2に沿って、説明が行われた。
    ・一般社団法人日本知的財産協会より、
     資料3に沿って説明が行われた。
    ・一般社団法人電子情報技術産業協会より、
     資料4に沿って説明が行われた。
    ・以上の説明を踏まえて、自由討議が行われた。」
  ・1月24日
   コピー商品撲滅キャンペーン「教えて!Nice Judge先生!!」
   vol.2を更新しました

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】美術手帖/意外と知らない? パブリック・アートの利用ルール(2020年01月22日)

□著作権であって、「パブリック・アート」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●美術手帖/文=木村剛大 氏/
  意外と知らない? パブリック・アートの利用ルール
  *2020.1.22
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月23日 (木)

【特許】Bloomberg Japan/シリコンバレーの次の革命はオープンソース半導体(2020年01月23日)

□特許であって、「オープンソース半導体」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●Bloomberg Japan/Ian King 氏/
  シリコンバレーの次の革命はオープンソース半導体
  *2020年1月23日 14:01 JST
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】@IT/AndroidはJavaのAPIを無断で利用してもよいのか?、Oracle有利の決定にRed HatとIBMが異議(2020年01月22日)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<APIと著作権>
  ・@IT/「APIは著作権で保護されない」と主張:
   AndroidはJavaのAPIを無断で利用してもよいのか?
   Oracle有利の決定にRed HatとIBMが異議
   *2020年01月22日 19時00分 公開、会員限定
<AIによる歌手の模倣>
  ・Yahoo Japan/
   栗原潔  | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
   AI美空ひばりを著作権法でコントロールできるか
   *1/22(水) 17:55

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】GIZMODO JAPAN/大いなる力には大いなる責任。「AIの法規制」をグーグルCEOが語る(2020年01月23日)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<「AIの法規制」>
  ・GIZMODO JAPAN/
   大いなる力には大いなる責任。「AIの法規制」をグーグルCEOが語る
   *2020.01.23 16:00

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】<特許>第36回特許制度小委員会 議事次第・配付資料一覧(1月23日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月23日
   第36回特許制度小委員会 議事次第・配付資料一覧
   <一部抜粋1>「議事次第」

議事次第
提案募集について
(1)提案募集の結果
(2)日本弁理士会からのプレゼンテーション
(3)一般社団法人日本知的財産協会からのプレゼンテーション
(4)一般社団法人電子情報技術産業協会からのプレゼンテーション

   <一部抜粋2>「配付資料」

資料1 「AI・IoT技術の時代にふさわしい特許制度の検討に向けて」に対する提案募集の結果(PDF:975KB)
   *全26頁
資料2 日本弁理士会プレゼンテーション資料(PDF:901KB)
   *全16頁
資料3 一般社団法人日本知的財産協会プレゼンテーション資料(PDF:1,109KB)
   *全26頁
資料4 一般社団法人電子情報技術産業協会プレゼンテーション資料(PDF:756KB)
   *全16頁

<追記>
 ●<一部抜粋1>
【図1】

20200123_zu01

<出典1>「特許庁」サイト
   資料1 「AI・IoT技術の時代にふさわしい特許制度の検討に向けて」
   に対する提案募集の結果(PDF:975KB)
   【検証事例4】AI関連技術に係る権利行使、p.11
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/resources/shingikai
/sangyo-kouzou/shousai/tokkyo_shoi/document/36-shiryou/03.pdf
 ●<一部抜粋2> (竹)同意見です。1/23竹山宏明
【図2】

20200123_zu02

<出典2> *出典1に同じ。
   【検証事例4】に関する主な提案(1)、p.12、
   <審査基準改訂について>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】<商標>ファストトラック審査(1月23日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月23日
   ファストトラック審査
  ・1月23日
   ファストトラック審査に関するQ&A
  ・1月23日
   事業計画を立てやすい迅速な商標審査の実現
   ~ファストトラック審査の運用変更~
   <一部抜粋1> *文字一部着色、「2. 実施時期」

2. 実施時期
 2020年2月の出願から新たな運用の対象とします。

   <一部抜粋2> *文字一部着色、「対象案件」

対象案件
 変更なし
(1)出願時に「類似商品・役務審査基準」「商標法施行規則」「商品・サービス国際分類表(ニース分類)」に掲載の商品・役務のみを指定している、かつ、
(2)審査着手時までに指定商品・指定役務の補正を行っていない、出願

   <一部抜粋3>「図:一次審査通知までの期間イメージ」

20200123_changeimage

<出典>「特許庁」サイト、事業計画を立てやすい迅速な商標審査の実現
    ~ファストトラック審査の運用変更~
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/system/trademark/shinsa
/fast/shohyo_fast-change20200201.html

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】<意匠>第19回意匠審査基準ワーキンググループ 議事要旨(1月23日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月23日
   第19回意匠審査基準ワーキンググループを開催しました
  ・1月23日
   産業構造審議会 知的財産分科会 意匠制度小委員会
   第19回意匠審査基準ワーキンググループ 議事要旨
   <一部抜粋1>

3. 議題
1. 改訂意匠審査基準案に対する意見募集の結果と対応の方向性について
2. 意匠審査基準ワーキンググループ報告書について

   <一部抜粋2> *文字一部着色、 「4. 議事内容」

・改訂意匠審査基準案に対する意見募集の結果と対応の方向性について、事務局から資料1および資料2に沿って説明を行い、議論の結果、資料2に示す改訂意匠審査基準案が了承された。 資料2
(改訂意匠審査基準案)

*(PDF:11,006KB)
 全388頁
・意匠審査基準ワーキンググループ報告書について、事務局から資料3に沿って説明を行い、議論の結果、報告書案が了承された。 資料3
(報告書案)

*(PDF:4,929KB)
 全102頁

<サイト内>
 ●2020年1月22日 (水)
  【特許庁】<意匠>第19回意匠審査基準ワーキンググループ
  議事次第・配布資料一覧(1月21日)

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月22日 (水)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/本銀行、デジタル通貨発行へ国際共同研究、欧州中央銀行やイングランド銀行などが参加(2020年1月21日)

□特許と関係ないが、「国際共同研究」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Cointelegraph Japan/
  【速報】日本銀行、デジタル通貨発行へ国際共同研究
  欧州中央銀行やイングランド銀行などが参加
  *23時間前(2020年1月21日)
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【フィンテック関連発明】CoinDesk Japan/金融とテクノロジー、両業界のさらなる融合が必要(2020年1月19日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<フィンテック動向>
  ・FinTech Journal/聞き手:編集部 松尾慎司、山田竜司 氏/
   これからは「スーパープラットフォーム」がカギ、
   日銀に聞くフィンテック動向
   *2020/01/20
 <一部抜粋>「前編はこちら(※この記事は後編です)
  日銀 FinTechセンター長 副島豊氏に聞く、
  ネオ・マネーの登場と変わりゆく決済インフラ」

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】ITmedia NEWS/[産経新聞]/東芝、量子暗号を2020年度に事業化へ 金融、医療分野で活用(2020/01/22)

□知財と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<医療分野>

  ・ITmedia NEWS/[産経新聞]/
   東芝、量子暗号を2020年度に事業化へ 金融、医療分野で活用 ...
   *2020年01月22日 07時00分 公開

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】平成31(行ケ)10042、審決(無効・不成立)取消、審決取消(1部)、特許権(マッサージ機)、手続違背(判断の遺脱)(令和2年1月21日判決)

□「知財高裁」による「審決取消訴訟・侵害訴訟等控訴事件」の紹介です。
 ●知的財産高等裁判所/裁判例検索
 ●知的財産高等裁判所/→最近の審決取消訴訟
  <一部抜粋>
  ・平成30(行ケ)10163  審決(無効・不成立)取消
   令和2年1月21日判決 請求棄却(1部)
   特許権 (梁補強金具およびこれを用いた梁貫通孔補強構造)
   進歩性(引用発明の認定,相違点の判断),
   補正・訂正の許否(新規事項の追加,要旨変更,独立特許要件)
   ・・全文
     *全49頁
  ・平成31(行ケ)10054  審決(無効・不成立)取消
   令和2年1月21日判決 請求棄却(1部)
   特許権 (マッサージ機)
   新規性(発明の要旨認定,引用発明の認定),
   特許請求の範囲の記載要件(明確性),
   ・・要旨
     *全2頁
   ・・全文
     *全47頁
  ・平成31(行ケ)10042  審決(無効・不成立)取消
   令和2年1月21日判決 審決取消(1部)
   特許権 (マッサージ機)
   進歩性(相違点の判断),
   特許請求の範囲の記載要件(サポート要件,明確性),
   補正・訂正の許否(新規事項の追加),分割出願,

   手続違背(判断の遺脱)
   ・・要旨
     *全2頁
   ・・全文
     *55頁
  ・令和1(行ケ)10067  審決(拒絶)取消
   令和2年1月15日判決 請求棄却(2部)
   特許権 (加齢性疾患及び身体機能低下の予防用組成物
   及び予防用栄養組成物)
   進歩性
   ・・全文
     *全53頁
 ●知的財産高等裁判所/→最近の侵害訴訟等控訴事件
  <一部抜粋>
  ・令和1(ネ)10036  特許権侵害差止等

   (東京地方裁判所 平成29(ワ)26468)
   令和2年1月21日判決 控訴棄却(1部)
   (梁補強金具およびこれを用いた梁貫通孔補強構造)
   損害額(2項),特許の有効性(進歩性)
   ・・全文
     *全18頁
<サイト内>
 ●<前回>、2020年1月18日 (土)、【個人メモ】知財高裁/
  <請求棄却>平成31(行ケ)10060  審決(無効・不成立)取消、
  特許権 (スクラブ石けんの製造方法)(令和2年1月14日判決)

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】経済産業省/日本産業規格(JIS)を制定・改正しました(2020年1月分)(2020年01月20日)

□不競法であって、Google/ニュース/不正競争防止法
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
  ・経済産業省/
   日本産業規格(JIS)を制定・改正しました(2020年1月分)
   *2020年1月20日

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】Yahoo Japan/NNA/【中国】著作権侵害で浙江企業提訴、コーエーテクモ(2020年01月21日)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<米国、著作権切れ>
  ・Yahoo Japan/Bloomberg/
   米で多数の作品が著作権切れへ
   *1/21(火) 6:57配信
<中国、著作権侵害訴訟>
  ・Yahoo Japan/NNA/
   【中国】著作権侵害で浙江企業提訴、コーエーテクモ
   *1/21(火) 11:30配信

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】AFPBB News/<中国>マイケル・ジョーダン氏の商標裁判、中国で今後の判例に(2020年01月22日)

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<中国、裁判例>
  ・AFPBB News/
   マイケル・ジョーダン氏の商標裁判、中国で今後の判例に
   *2020年1月22日 9:00 発信地:東京 [ 中国 中国・台湾 ]
   <一部抜粋>「【関連記事】
   ・・M・ジョーダン氏、中国での商標権侵害訴訟に敗れる 報道」

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Engadget日本版/<米国>Wiiリモコン特許侵害訴訟、任天堂の逆転勝訴。約11億円の損害賠償が取り消し(2020年01月22日)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国、リモコン特許侵害訴訟>

  ・Engadget日本版/Kiyoshi Tane 氏/
   Wiiリモコン特許侵害訴訟、任天堂の逆転勝訴。
   約11億円の損害賠償が取り消し
   しかし任天堂法務も常勝無敗ではありません
   *5時間前 in game(2020年01月22日)

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Engadget日本版/LINEがAI戦略を紹介。「2020年はAI実用化の年」(2020年01月22日)

□特許に関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<「2020年はAI実用化の年」>
  ・Engadget日本版/石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka 氏/
   LINEがAI戦略を紹介。「2020年はAI実用化の年」
   Googleより先に日本で浸透させてしまおう作戦
   *7時間前 in AI(2020年01月22日)
<「エッジ処理」>
  ・Forbes JAPAN/Jay McGregor , CONTRIBUTOR 氏/
   アップルが220億円を注ぐAI企業の「エッジ処理」の強み
   *テクノロジー  2020/01/22 06:00

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】<商標>「商標拳~ビジネスを守る奥義~」動画及び特設サイトを公開しました(1月21日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月21日
   「商標拳~ビジネスを守る奥義~」
   動画及び特設サイトを公開します(経済産業省のページへ)
  ・1月21日
   「商標拳~ビジネスを守る奥義~」
   動画及び特設サイトを公開しました
  ・1月22日
   商標早期審査に関するQ&Aを更新しました
   <一部抜粋1>「2020年1月22日更新
    「使用の準備を相当程度進めている」状態とその事実を示す書類
    についての記載を改めました(A-17-1及び2)。」
   ・・A-17-1
   ・・A-17-2
  ・1月22日
   特許庁採用情報メールマガジンVOL.47掲載しました
   <一部抜粋>「バックナンバー
    ・・2020年1月22日 第47号(PDF:176KB)
      *6頁

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】<意匠>第19回意匠審査基準ワーキンググループ 議事次第・配布資料一覧(1月21日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月21日
   産業構造審議会知的財産分科会 意匠制度小委員会
   第19回意匠審査基準ワーキンググループ
   議事次第・配布資料一覧
   <一部抜粋>「配布資料
   ・・資料1 改訂意匠審査基準案に対する意見募集の結果と
         対応の方向性について(案)(PDF:953KB)
         *全18頁
   ・・資料2 改訂意匠審査基準(案)(PDF:11,006KB)
         *全388頁
   ・・資料3 報告書「令和元年の意匠法改正への対応及び
         意匠審査基準の明確化のための意匠審査基準の改訂
         について」(案)(PDF:4,929KB)」
         *全102頁

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月20日 (月)

【不競法】NHK NEWS WEB/「和牛の遺伝資源は知的財産」不正持ち出しの法規制を提言<和牛遺伝子、流出に刑事罰4>

□不正競争防止法であって、農林水産省「和牛の遺伝資源」保護
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●NHK NEWS WEB/

  「和牛の遺伝資源は知的財産」不正持ち出しの法規制を提言
  *2020年1月20日 16時26分
 ●時事ドットコムニュース/
  受精卵の不正売買差し止め 和牛保護へ法整備―農水省検討会
  2020年01月20日17時12分
 ●SankeiBiz/
  和牛遺伝子、流出に刑事罰 知財保護で法案提出へ
  *2020.1.20 16:23
 *Google/ニュース/和牛
<追記>
 ●農林水産省/和牛遺伝資源の流通管理に関する検討会
  第4回和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護強化に関する専門部会
  (令和2年1月20日)
  <一部抜粋>
  ・(資料1)議事次第(PDF : 176KB)
   *全1頁
  ・(資料2)委員名簿(PDF : 267KB)
   *全1頁
  ・(資料3)和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護の在り方について
   (中間とりまとめ)(案)(PDF : 693KB)
   *全12頁 
【図1】 「『家畜遺伝資源』に関して想定される侵害行為類型」

202001_zu01

<出典>「農林水産省」、
  (資料3)和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護の在り方について
      (中間とりまとめ)(案)
      p.3、「家畜遺伝資源」に関して想定される侵害行為類型
 (当該ページのURL)
https://www.maff.go.jp/j/study/wagyu_iden
/attach/pdf/wagyu_iden-68.pdf
  ・(資料4)和牛遺伝資源の知的財産的価値の保護の在り方について
   (中間とりまとめ)(案)の概要(PDF : 335KB)
   「『家畜遺伝資源』に関して想定される侵害行為類型」
   *全2頁
<サイト内>
 ●2020年1月18日 (土)、【不競法】時事ドットコム/
  和牛遺伝子保護へ法規制、不正差し止め、悪質なら刑事罰―農水省
  <和牛遺伝子、流出に刑事罰3>
 ●2020年1月15日 (水)、【不競法】読売新聞オンライン/
  [解説]「国の宝」保護 ようやく…和牛流出に罰則
  <和牛遺伝子、流出に刑事罰2>
 ●2019年12月18日 (水)
  【知財その他】共同通信/和牛遺伝子、流出に刑事罰、
  不正売買や取得差し止め
  <和牛遺伝子、流出に刑事罰1>

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/日銀がブロックチェーンのスケーラビリティ問題への対応をまとめた論文発表(2020年1月20日)

□特許と関係ないが、「スケーラビリティ問題」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Cointelegraph Japan/
  日銀がブロックチェーンのスケーラビリティ問題への対応を
  まとめた論文発表【ニュース】
  *4時間前(2020年1月20日)
  <一部抜粋>「日本銀行は17日、「ブロックチェーン技術の
   スケーラビリティ問題への対応」と題した論文を発表した。」
   *全17頁
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース
 ●CoinPost/仮想通貨ニュース速報
  日銀、スケーラビリティ問題への対応策をまとめた調査論文発表
  *2020/1/20 14:44
 ●仮想通貨 Watch/高橋ピョン太
  日銀、ブロックチェーンスケーラビリティ問題の現況まとめた論文発表
  オフチェーン・サイドチェーン・シャーディングなど対応策を調査報告
  *2020年1月20日 06:00
 *Google/ニュース/ブロックチェーン スケーラビリティ問題
<追記>
 ●ウィキペディア(Wikipedia)/
  ビットコインのスケーラビリティ問題

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】朝日新聞デジタル/その投稿、著作権侵害してない?、SNSで損害賠償も(2020年01月20日)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<子ども向けの書籍>
  ・朝日新聞デジタル/栗田優美 氏/
   その投稿、著作権侵害してない? SNSで損害賠償も
   *2020年1月20日 16時00分、有料記事

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】マイベストプロ/コラム/鈴木康介 氏/意匠図面の著作物性(2020年01月18日)

□意匠であって、Google/ニュース/意匠での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<EUへの特許トロール抑止の要請>
  ・マイベストプロ/コラム/鈴木康介 氏/ 弁理士/
   意匠図面の著作物性
   *2020年1月18日

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Engadget日本版/アップルらハイテク企業がEU規制当局に特許トロール抑止を要請。(2020年01月18日)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<EUへの特許トロール抑止の要請>
  ・ ●Engadget日本版/Kiyoshi Tane 氏/
     アップルらハイテク企業がEU規制当局に

     特許トロール抑止を要請。
     「技術革新を阻害する」と警告
     米国よりEUの方が特許トロールに甘いようです
     *2020年01月18日, 午前 07:05 in antitrust

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Ledge.ai/bAIがようやく「社会の一員」となる──電通が予想するAIの2020年(2020年01月20日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<ガートナーの「ハイプ・サイクル」>
  ・Ledge.ai/by 児玉 拓也 氏
   AIがようやく「社会の一員」となる──電通が予想するAIの2020年
   *2020 01 20 Mon
   <一部抜粋1>「2019年秋に発表されたガートナーの
    『ハイプ・サイクル』が示す通り、
    AI技術そのものは『幻滅期』に入っています。」
   <一部抜粋2>「ガートナーのハイプ・サイクル。
    ガートナープレスリリースより」
   (竹)横軸の「過度な期待」のピーク期の次が「幻滅期」となります。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】インターネット利用による公報発行サイトの一時停止について(1月20日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
  ・1月20日
   インターネット利用による公報発行サイトの一時停止について
   (竹)「J-PlatPat」でなく、
      「公報発行サイト」による公報のダウンロードの一時停止です。
   <一部抜粋> *文字一部着色。

メンテナンス作業
 特許庁では、インターネット利用による公報発行サイト(外部サイトへリンク)のメンテナンス作業を以下の日程で実施します。

実施日 令和2年1月25日(土曜日)9時00分から24時00分
(予備日) 令和2年1月26日(日曜日)
 メンテナンス作業中は、上記サイトに接続できなくなり、ダウンロードできませんので、御注意ください。
 利用者の皆様には、大変御迷惑をおかけいたしますが、御理解と御協力をお願いいたします。
[更新日 2020年1月20日]

  ・1月20日
   【お気に入り再登録のお願い】2020年2月24日に旧URLから
   新URLへのリダイレクトを終了します
   <一部抜粋>「※このお知らせは、

    2019年11月5日に掲載したものですが、
    リマインドのため再度お知らせいたします。」

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月19日 (日)

【特許庁】J-PlatPat/全サービスの停止、2020年2月1日(土)9:00~2月2日(日)21:00<第2回目>

□J-PlatPatの「メンテナンス情報」のお知らせです。
 ●特許庁/J-PlatPat/メンテナンス情報
  <一部抜粋1>*一部着色追加「【重要なお知らせ】
【表1】

<臨時メンテナンス情報(1)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、J-PlatPat全サービスを停止させて頂きます。
 2020年2月1日(土)9:00~2020年2月2日(日)21:00
 また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

  [△最新情報へ]

  (以上)

【著作権】GIGAZINE/論文海賊版サイトSci-Hubは学術コミュニティの「究極の破壊者」だという主張(2020年01月19日)

□著作権であって、「論文海賊版サイト」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●GIGAZINE/
  論文海賊版サイトSci-Hubは学術コミュニティの

  「究極の破壊者」だという主張
  *2020年01月19日 18時00分
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【フィンテック関連発明】CoinDesk Japan/金融とテクノロジー、両業界のさらなる融合が必要(2020年1月19日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<PwC「グローバルフィンテック調査2019」>
  ・CoinDesk Japan/濱田 優 氏/
   金融とテクノロジー、両業界のさらなる融合が必要
   ──PwC「グローバルフィンテック調査2019」
   * 公開日:2020年1月19日 09:02
<NHK BS1>
  ・NHK BS1 ワールドウオッチング
   フィンテックで世界の金融は一変!?
   *2020年1月16日(木)掲載
<中国系フィンテック>
  ・日経電子版/中国系フィンテック 巨額エグジットの実態
   *2020/1/17 2:00

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】東芝/量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送を世界で初めて実証(2020/01/14)

□知財と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
  ・東芝/研究開発センター/
   量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送を

   世界で初めて実証
   -大容量データ伝送にも対応した量子暗号技術が
   ゲノム研究・ゲノム医療分野での実用レベルの活用を可能に-
   *2020年01月14日
   <一部抜粋1>「株式会社 東芝、

    東北大学東北メディカル・メガバンク機構」
   <一部抜粋2>
【図1】

20200119_zu01_2001_01_2

<出典>「東芝」
 量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送を

 世界で初めて実証
 (当該ページのURL)
https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/2001_01.htm

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】ニコニコニュース/<2回目>悪魔の発明? 会社トイレのスマホ時間を減らす特許(2019年12月21日)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
 ●ニコニコニュース/
  悪魔の発明? 会社トイレのスマホ時間を減らす特許
  *2019/12/21 09:00GIZMODO

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】朝日新聞デジタル/AIに仕事奪われる? センター試験・倫理に工夫の出題(2020年01月18日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<センター試験>
  ・朝日新聞デジタル/根岸拓朗 渡辺洋介、増谷文生 氏/
   AIに仕事奪われる? センター試験・倫理に工夫の出題
   *2020年1月18日 22時33分、有料記事
  ・日本経済新聞社/
   いざセンター試験 「AI」「語学」学びたい 安全志向も
   *2020/1/18 11:03
<ゲーム>
  ・日本経済新聞 朝刊/AI、「不確実さ」克服へ
   限られた情報でも最適解導く
   *2020/1/19付、会員限定
<エッジAI>
  ・EE Times Japan/[Sally Ward-Foxton,EE Times]/
   画像処理に注力する:Apple、エッジAIの新興企業を買収
   *2020年01月17日 13時30分 公開

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月18日 (土)

【ブロックチェーン関連特許】CoinDesk Japan/企業が求めるスキル1位は「ブロックチェーン」AIよりも高需要(2020年01月18日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
  ・CoinDesk Japan/小西 雄志 氏/
   企業が求めるスキル1位は「ブロックチェーン」AIよりも高需要
   ──LinkedIn調査【トップ10ランキング】
   *公開日:2020年1月18日 09:02
   (竹)企業が求めるソフトスキルも面白いです。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】Geekroid/民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用--最高裁がリーガルテック推進(2020年1月17日)<民事訴訟のIT化の3>

□特許であって、「民事訴訟事件手続きのIT化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●Geekroid/
  民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用
  --最高裁がリーガルテック推進
  *2020.01.17
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2020年1月15日 (水)、【知財とビジネス】INTERNET Watch/
  世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、
  争点整理に「Microsoft Teams」採用(2020年1月14日)
  <民事訴訟のIT化の2>
 ●2020年1月10日 (金)、【知財とビジネス】産経新聞社/
  民事訴訟IT化の一環、最高裁「ウェブ会議」を報道公開
  <民事訴訟のIT化の1>

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】時事ドットコム/和牛遺伝子保護へ法規制、不正差し止め、悪質なら刑事罰―農水省<和牛遺伝子、流出に刑事罰3>

□不正競争防止法であって、農林水産省「和牛の遺伝資源」保護
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●時事ドットコム/和牛遺伝子保護へ法規制
  不正差し止め、悪質なら刑事罰―農水省
  *2020年01月17日17時58分
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2020年1月15日 (水)、【不競法】読売新聞オンライン/
  [解説]「国の宝」保護 ようやく…和牛流出に罰則
  <和牛遺伝子、流出に刑事罰2>
 ●2019年12月18日 (水)
  【知財その他】共同通信/和牛遺伝子、流出に刑事罰、
  不正売買や取得差し止め
  <和牛遺伝子、流出に刑事罰1>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Mogura VR/AR/VRに注力するフェイスブック、関連特許取得は1年で急増(2020年1月17日)

□特許であって、「AR/VR」に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●Mogura VR/桑原健太郎 氏/
  AR/VRに注力するフェイスブック、関連特許取得は1年で急増
  *2020.01.17
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Yahoo Japan/栗原潔/ナイキの厚底ランニングシューズの関連特許を調べてみた(2020年1月17日)

□特許であって、「ナイキの厚底ランニングシューズ」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●Yahoo Japan/
  栗原潔  | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授 氏/
  ナイキの厚底ランニングシューズの関連特許を調べてみた
  *1/17(金) 18:46、(有料記事)
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】人民網日本語版/中国の1万人あたり発明特許保有件数は13.3件―中国メディア(2020年1月16日)

□特許であって、中国国家知的財産権局の14日発表「年間統計データ」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●人民網日本語版/編集/YF 氏/
  中国の1万人あたり発明特許保有件数は13.3件―中国メディア
  *2020/01/16 20:40
 *「IP Force」/知財ニュース
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】財経新聞/米国における音楽著作権訴訟、パテントトロル的な訴訟多発が懸念される(2020年1月17日)

□著作権であって、「音楽の基本的な構成要素」(リズム、テンポなど)
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●財経新聞/記事提供元:スラド
  米国における音楽著作権訴訟、
  パテントトロル的な訴訟多発が懸念される
  *2020年1月17日 08:36
 *「IP Force」/知財ニュース
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記1>
 ●スラド/ストーリー by hylom 氏/
  米国における音楽著作権訴訟、
  パテントトロル的な訴訟の多発が懸念される
  *2020年01月17日 0時53分
 ●NME Japan/
  ケイティ・ペリー、“Dark Horse”を巡る盗作裁判の判決
  について茶番劇と批判
  *2019.8.5 月曜日
<追記2>
 ●骨董通り法律事務所/コラム/弁護士 唐津真美 氏/
  「音楽著作権侵害の判断手法について
  -『パクリ』と『侵害』の微妙な関係」
  *2010年8月24日
  <一部抜粋>「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー事件
   (東京高判昭和49・12・24)及び記念樹事件
   (一審・東京地判平成12・2・18、控訴審・東京高判平成14・9・6)
   程度のものです。」
  ・ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー事件
   <一部抜粋>「昭和43(ネ)1124    著作権  民事訴訟
    昭和49年12月24日  東京高等裁判所」
   ・・全文
     *全10頁
  ・記念樹事件、控訴審
   <一部抜粋>「平成12(ネ)1516    著作権  民事訴訟
    平成14年9月6日  東京高等裁判所」
   ・・全文
     *全28頁
  ・記念樹事件、一審
   <一部抜粋>「平成10(ワ)17119等  損害賠償請求事件
    著作権  民事訴訟、平成12年2月18日  東京地方裁判所」
   ・・全文
     *全9頁
 *裁判所/裁判例情報/知的財産裁判例
<追記3>
 ●Innoventier/著者:飯島 歩 氏/
  音楽著作物の類似性が争われた「しまじろうのわお!」
  事件控訴審判決について
  *投稿日 : 2016年12月22日
 ●Innoventier/著者:飯島 歩 氏/
  音楽著作物の著作権・著作者人格権の侵害認定に関する
  東京地裁判決について
  *投稿日 : 2016年6月26日

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】知財高裁/<請求棄却>平成31(行ケ)10060  審決(無効・不成立)取消、特許権 (スクラブ石けんの製造方法)(令和2年1月14日判決)

□「知財高裁」による「審決取消訴訟・侵害訴訟等控訴事件」の紹介です。
 ●知的財産高等裁判所/裁判例検索
 ●知的財産高等裁判所/→最近の審決取消訴訟
  <一部抜粋>
   ・平成31(行ケ)10060  審決(無効・不成立)取消
    令和2年1月14日判決 請求棄却(1部)
    特許権 (スクラブ石けんの製造方法)
    進歩性(相違点の判断),サポート要件,実施可能要件
    ・・全文
      *全36頁
 ●知的財産高等裁判所/→最近の侵害訴訟等控訴事件
  <一部抜粋>
   ・*該当無し。
<サイト内>
 ●<前回>2020年1月11日 (土)、【個人メモ】知財高裁/
  <審決取消>平成31(行ケ)10027  審決(無効・不成立)取消、
  特許権 (椅子式マッサージ機)(令和元年12月25日判決)

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/<韓国>特許庁、「故意的侵害に対する3倍賠償制度の導入による中小企業の特許侵害予防ガイド」を発刊(2020年1月14日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
  ・*該当無し。
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
  ・<韓国>2020年1月16日
   2019年、知財権の保証・融資・

   投資規模1兆3,504億ウォンを達成
   <一部抜粋>「2020年1月16日、出所: 韓国特許庁」
  ・<韓国>2020年1月14日
   特許庁、「故意的侵害に対する3倍賠償制度の導入による
   中小企業の特許侵害予防ガイド」を発刊
   <一部抜粋1>「2020年1月14日、出所: 韓国特許庁」
   <一部抜粋2> *文字一部着色。

 2019年7月9日から故意的に特許を侵害した場合、損害額を最大3倍まで賠償する「3倍賠償制度」が施行され、企業側は他人の特許を侵害しないように、より細心の注意を払う必要がある。

<出典>「JETRO」、2020年1月14日
   特許庁、「故意的侵害に対する3倍賠償制度の導入による
   中小企業の特許侵害予防ガイド」を発刊
 (当該ページのURL)
https://www.jetro.go.jp/world/asia

/kr/ip/ipnews/2020/200114.html
<サイト内>
 ●<前回>、2020年1月15日 (水)、【個人メモ】JETRO/
  欧州特許庁、人工知能「 DABUS 」を発明者とする特許出願を拒絶
  (2020年1月13日)<AI発明者5>

[△最新情報へ]

(以上)

【「量子暗号」関連発明】BCN+R/【記者のひとこと】量子力学的な発想の転換

□特許と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<量子力学的な発想>
  ・BCN+R/(安藤章司) 氏/コラム/
   【記者のひとこと】量子力学的な発想の転換
   *2020/01/16 10:00

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/日本STO協会、プラットフォームのガイドライン検討へ、ワーキンググループ設置【ニュース】(2020年01月17日)

□特許と関係ないが、「プラットフォームのガイドライン検討」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Cointelegraph Japan
  日本STO協会、プラットフォームのガイドライン検討へ
  ワーキンググループ設置【ニュース】
  *8時間前(2020年01月17日)
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】GetNavi web/AIはホームからクルマ、そして楽器にまでーー拡大するIoT家電の2020年は「普及」それとも「停滞」?(2020年01月17日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<米国で開催されたエレクトロニクスショー「CES2020」>
  ・GetNavi web/山本 敦 氏/
   AIはホームからクルマ、そして楽器にまで
   ーー拡大するIoT家電の2020年は「普及」それとも「停滞」?
   *2020/1/17 17:41

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】経済産業省/「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」を改訂しました(2019年12月19日)

□不正競争防止法であって、Google/ニュース/不正競争防止法
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著不正競争防止法
<「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」の改訂>
  ・経済産業省/
   「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」を改訂しました
   *2019年12月19日
   <一部抜粋>

1.「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」について
 「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」は、電子商取引や情報財取引等に関する様々な法的問題点について、民法をはじめ、関係する法律がどのように適用されるのかを明らかにすることにより、取引当事者の予見可能性を高め、取引の円滑化に資することを目的として、平成14年3月に策定されたものです(策定時の名称は「電子商取引等に関する準則」。)。<*以下、省略>
2.改訂等の内容
 平成30年の不正競争防止法の改正、及び、著作権法の改正を踏まえ、以下の各論点について改訂を行いました。<*以下、省略>
3.今後の改訂に向けた意見募集
 「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」については、取引の実務の変化、技術の動向や国際的なルール整備の状況等に応じて、今後も必要な改訂を行う予定であり、改訂に向けた御意見を随時受け付けております。なお、現在、2020年4月1日に施行予定の民法(債権関係)改正を踏まえた改訂作業を行っており、今後、同改正法施行後に新たな改訂版を公表することを予定しております。
 

<出典>「経済産業省」
    「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」を改訂しました
 (当該ページのURL)
https://www.meti.go.jp/press/2019
/12/20191219003/20191219003.html

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】GAME Watch/<日・中>コーエーテクモゲームス、中国企業に対し著作権侵害で提訴(2020年1月17日)

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<東京地方裁判所に提起>
  ・GAME Watch/吹越友 氏/
   コーエーテクモゲームス、中国企業に対し著作権侵害で提訴
   「真・三國無双」や「三國志」シリーズなどの音楽やゲーム画像
   を無断で利用
   *2020年1月17日 17:59

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo Japan/栗原潔 氏/「チバニアン」商標の現状について(2020年1月17日)

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<「チバニアン」の商標>
  ・Yahoo Japan/
   栗原潔  | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授 氏/
  「チバニアン」商標の現状について
  *1/17(金) 17:45

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】TechCrunch Japan/米国特許登録は2019年に過去最高の33万3530件を記録、FAANGではなくIBM、Samsungが他をリード(2020年1月16日)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<2019年度の米国特許登録件数>
  ・TechCrunch Japan/by Ingrid Lunden 氏/
   米国特許登録は2019年に過去最高の33万3530件を記録、
   FAANGではなくIBM、Samsungが他をリード
   *2020年1月16日
<欧州委員会(EC)におけるパテントトロール(特許の怪物)対策>
  ・日本経済新聞 電子版/

   [FT]アップル、BMWら、EUに「特許怪物」対策要請
   *2020/1/17 12:10、会員限定
<中国、医薬品の特許紛争解決制度の整備>
  ・Bloomberg(ブルームバーグ)/Susan Decker、Dong Lyu 氏/
   中国、医薬品の特許紛争解決で制度を整備へ-米中合意の一環
   *2020年1月16日 15:03 JST

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】「意匠法施行規則の一部を改正する省令案」に対する意見募集について(1月16日)

□特許庁「報道発表トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表トピックス
  <一部抜粋>
<意見募集:意匠法の省令案>
  ・1月16日
  「意匠法施行規則の一部を改正する省令案」に対する意見募集

  について
   <一部抜粋>「1. 意見募集の対象

    意匠法施行規則の一部を改正する省令案
   ・・省令案の概要(PDF:130KB)
     *全4頁
    <一部抜粋> 一部文字着色。

Ⅱ.省令の概要
 1.関連意匠制度の拡充に係る規定の整備(様式第2備考7)
 改正法により、関連意匠の出願可能期間を本意匠の意匠公報発行日前までから基礎意 匠の意匠登録出願の日から10年を経過する日前までに延長した。<*以下、省略>
 2.保護対象の拡充に係る規定の整備
 令和元年度の意匠法改正により、意匠法の保護対象に、これまでの物品に加え、新たに物品に記録・表示されていない画像や、建築物の外観・内装のデザインが加えられた。<*以下、省略>
 3.別表2に定める組物の見直し
 <*以下、省略>
 4.誤記等の修正
 <*以下、省略>
3.施行期日  施行日:令和2年4月1日(水)

<出典>「特許庁」、省令案の概要
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/news/public/iken/

document/200116_ishoho/01.pdf
   ・省令案(PDF:252KB)
    *全52頁
<意匠:ハーグの説明会資料>
  ・1月16日
   【ハーグ】【意匠の国際出願】

   令和元年度実務者説明会説明用資料を掲載しました
  ・1月16日
   【ハーグ】【意匠の国際出願】

   令和元年度実務者向け説明会テキストを掲載しました
<メールマガジン>
  ・1月16日
   特許庁メールマガジンVOL.185を掲載しました
   <一部抜粋>「バックナンバー
   ・・2020年1月14日 VOL.185(PDF:109KB)
     *全7頁
<意匠・ハーグの手数料>
  ・1月16日
   【ハーグ】【意匠の国際出願】

   個別手数料一覧を更新しました
   (イスラエル、サモア、ベトナム)
  ・1月16日
   【ハーグ】【意匠の国際出願】

   イスラエルの個別指定手数料が決定しました
   (1月3日発効)
<追記>
 ●特許庁/制度・手続/審判
  <一部抜粋>「審判注目情報」
  ・【特許庁】審判制度ハンドブック(PDF:4,131KB)

   2019年12月3日
   *全24頁

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月15日 (水)

【知財とビジネス】INTERNET Watch/世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、争点整理に「Microsoft Teams」採用(2020年1月14日)<民事訴訟のIT化の2>

□特許であって、「民事訴訟事件手続きのIT化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●INTERNET Watch/永沢 茂 氏/
  世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、
  争点整理に「Microsoft Teams」採用
  知財高裁と13の地裁で運用開始へ
  *2020年1月14日 14:00
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
 ●Microsoft/Japan News Center/
  裁判所の民事訴訟手続きの IT 化において、Microsoft Teams を採用
  *2020年1月9日
  <一部抜粋1>「[参考情報]
    ウェブ会議等の IT ツールを活用した争点整理の新しい運用
    の開始について
    Teams を活用した争点整理を行う裁判所の情報は
    上記 Web サイトを参照ください。」
  <一部抜粋2>
【図1】 *[民事訴訟事件の争点整理における Teams の活用イメージ]

20200115_microsoft_teams_zu01  

<出典>「Microsoft」Japan News Center
    裁判所の民事訴訟手続きの IT 化において、
    Microsoft Teams を採用
    2020年1月9日

    [民事訴訟事件の争点整理における Teams の活用イメージ]
 (当該ページのURL)
https://news.microsoft.com/ja-jp/2020/01/09
/200109-microsoft-teams-adopts-it-for-court-civil-procedure/
<サイト内>
 ●2020年1月18日 (土)、【知財とビジネス】Geekroid/
  民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用
  --最高裁がリーガルテック推進(2020年1月17日)
  <民事訴訟のIT化の3>
 ●2020年1月10日 (金)、【知財とビジネス】産経新聞社/
  民事訴訟IT化の一環、最高裁「ウェブ会議」を報道公開
  <民事訴訟のIT化の1>

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】IBM/ニュースリリース/IBM、2019年の年間米国特許取得件数で首位に(TOKYO - 15 1 2020)

□特許であって、IBM「ニュースリリース」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●IBM/ニュースリリース
  IBM、2019年の年間米国特許取得件数で首位に
  人工知能(AI)、ブロックチェーン、クラウド・コンピューティング、
  量子コンピューティング、セキュリティーの分野における
  イノベーションにより、

  IBMは年間米国特許取得件数で27年連続首位を記録
  *TOKYO - 15 1 2020:
 ●IBM/ニュースリリース
  IBM、オープン・イノベーションの促進と保護の強化を目的に
  LOT Networkへ参加
  PAE(特許主張主体)による訴訟からの保護に取り組む
  非営利の企業コミュニティー、
  LOT Networkへの参加により、 IBMは80,000件を超える
  追加の特許および特許出願をもってLOTの活動強化へ
  *TOKYO - 15 1 2020:
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】MONOist/少量の学習データによる次世代AI構築の基盤となる事前学習済みモデル(2020年01月15日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<事前学習済みモデル>
 ●MONOist/
  少量の学習データによる次世代AI構築の基盤となる

  事前学習済みモデル
  *2020年01月15日 08時00分 公開
<追記>
 ●国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
  ・NEDO/
   AIの動画認識やテキスト理解の基盤となる

   事前学習済みモデルを構築・公開
   ―実世界のデータを活用する次世代AI技術の開発と

   社会実装の促進に期待―
   *2019年12月10日
   国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
   国立研究開発法人 産業技術総合研究所
【図1】 *図2 事前学習済みモデルと

それを用いた転移学習の仕組み

20200115_nedo_zu02

<出典>国立研究開発法人
    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    AIの動画認識やテキスト理解の基盤となる

    事前学習済みモデルを構築・公開
    図2 事前学習済みモデルと

    それを用いた転移学習の仕組み
 (当該ページのURL)
https://www.nedo.go.jp/news/
press/AA5_101251.html
●国立研究開発法人 産業技術総合研究所

 (産総研 AIST)

[△最新情報へ]

(以上)

【フィンテック関連発明】ビジネス+IT/MUFGのフィンテック事業会社CTOが語る「キャッシュレス時代に求められるID技術」とは(2020年1月14日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテック
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<ID技術>
  ・FinTech Journal /ビジネス+IT/

   Japan Digital Design CTO 楠 正憲氏/
   MUFGのフィンテック事業会社CTOが語る
   「キャッシュレス時代に求められるID技術」とは
   *2020/01/14

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】読売新聞オンライン/量子暗号通信、大容量の遺伝子情報伝送に成功…東芝と東北大が世界初(2020/01/14)

□知財と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<実験に世界で初めて成功>
  ・読売新聞オンライン/

  量子暗号通信、大容量の遺伝子情報伝送に成功
   …東芝と東北大が世界初
   *2020/01/14 22:14

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo Japan/栗原潔 氏/ヘンリー王子夫妻の商標登録出願に関する詳細情報(1/13(月))

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<ヘンリー王子夫妻の商標>
  ・Yahoo Japan/
   栗原潔  | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授 氏/
   ヘンリー王子夫妻の商標登録出願に関する詳細情報
   *1/13(月) 9:13
<ファッションロー相談所>
  ・WWD JAPAN/初心者のためのファッションロー相談所Vol.17
  「無印良品」中国での敗訴から学ぶ商標登録の重要性
  *2020/01/14、有料会員限定記事

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】仮想通貨 Watch/中国の銀行、2019年はブロックチェーン特許284件申請、テンセント系WeBankが突出、全体の8割占める(2020年1月14日)

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<中国の銀行によるブロックチェーン特許出願件数>
  ・Impress/仮想通貨 Watch/浦上 早苗 氏/
   中国の銀行、2019年はブロックチェーン特許284件申請
   テンセント系WeBankが突出、全体の8割占める
   *2020年1月14日 16:06

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】MONOist/国内のAI市場、2023年度に640億円規模へ(2020年01月14日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<売り上げ予測>
  ・MONOist/国内のAI市場、2023年度に640億円規模へ
  *2020年01月14日 08時00分 公開
<AIとVR>
  ・InfoQ/AIとVRの現状と展望
   *2020年1月14日
<地方都市が抱える課題>
  ・Ledge.ai/by 大久保 裕次郎 氏/長崎大学の小林透教授 氏/
   インタビュー
   地方都市が抱える課題を解決 AI時代に求められる“力”とは
   *2020 01 15 Wed
<日本企業の経営幹部>
  ・@DIME/
   日本企業の経営幹部の7割が
   「AIを積極的に活用しなければ業績低下を招く」
   *2020.01.14

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】読売新聞オンライン/[解説]「国の宝」保護 ようやく…和牛流出に罰則<和牛遺伝子、流出に刑事罰2>

□不正競争防止法であって、農林水産省「和牛の遺伝資源」保護
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●読売新聞オンライン/

  [解説]「国の宝」保護 ようやく…和牛流出に罰則
  *2020/01/15 05:00、[読者会員限定]
<サイト内>
 ●2020年1月18日 (土)、【不競法】時事ドットコム/
  和牛遺伝子保護へ法規制、不正差し止め、悪質なら刑事罰―農水省
  <和牛遺伝子、流出に刑事罰3>
 ●2019年12月18日 (水)
  【知財その他】共同通信/和牛遺伝子、流出に刑事罰、

  不正売買や取得差し止め
  <和牛遺伝子、流出に刑事罰1>

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/欧州特許庁、人工知能「 DABUS 」を発明者とする特許出願を拒絶(2020年1月13日)<AI発明者5>

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
  ・(インドネシア)2020年1月14日
   税関が知財侵害物品を水際で摘発(インドネシア)
   <一部抜粋>「ジャカルタ発、2020年01月14日」
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
  ・(韓国)2020年1月13日
   ただ乗り・横取りの商標出願登録はダメ!
   <一部抜粋>「2020年1月13日、出所: 韓国特許庁」
  ・(欧州)2020年1月13日
   欧州特許庁及びEU加盟国の代表、

   単一特許パッケージの迅速な実施を求める
   (164KB)
   *全3頁
   <一部抜粋>

    「2020年1月13日、JETRO デュッセルドルフ事務所」
  ・(欧州)2020年1月13日
    欧州特許庁、

    人工知能「 DABUS 」を発明者とする特許出願を拒絶
     (81KB)
    *全1頁
   <一部抜粋1>

    「2020年1月13日、JETRO デュッセルドルフ事務所」
   <一部抜粋2>

    「- 欧州特許庁のニュースリリースは、以下参照 -
    EPO refuses DABUS patent applications

    designating a machine inventor」
  ・(韓国)2020年1月9日
   特許庁-カカオエンタープライズ、

   人工知能関連の業務協約を締結
   <一部抜粋>「2020年1月9日、出所: 韓国特許庁」
<サイト内>
 ●<前回>、2020年1月10日 (金)、【個人メモ】JETRO/
  (韓国)2020年に新しく変わる知的財産制度

  (2020年1月2日)
 ●2020年2月 1日 (土)、【個人メモ】<EPO>
  「AI発明者」に関する公表文の仮翻訳、2020年2月1日、竹山宏明
  <AI発明者7>
 ●2020年1月31日 (金)、【個人メモ】JETRO/
  欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を
  拒絶する理由を公表(2020年1月31日)<AI発明者6>
 ●2020年1月13日 (月)、【AI関連発明】<竹山コラム>
  AI(人工知能)により生成された発明について、

  2020年1月13日、竹山宏明
  <AI発明者4>
 ●2020年1月 8日 (水)、【AI関連発明】Yahoo Japan/
  栗原潔 氏/

  AIを発明者とする特許出願はどんなレベルのものなのか
  <AI発明者3>
 ●2020年1月 7日 (火)、【AI関連発明】財経新聞/
  AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される
  <AI発明者2>
 ●2020年1月 6日 (月)、【AI関連発明】CNET Japan/
  AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず
  <AI発明者1>

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月14日 (火)

【著作権】スラド/中国の裁判所、AIが生成した文章に著作権を認める(2020年01月13日)<中国・著作権・AIの3>

□著作権であって、中国における「AIによる作品」の裁判
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●スラド/中国の裁判所、AIが生成した文章に著作権を認める
  ストーリー by headless 2020年01月13日 17時30分要件 部門より
 ●毎日新聞/社説:拓論'20/AI技術と社会 人間中心は揺るがせない 
  2020年01月14日 東京朝刊
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2020年1月 9日 (木)、【著作権】<中国>Chinanews.com/
  Econs.cn/Court rules AI-written article has copyright
  <中国・著作権・AIの2>
 ●2020年1月 8日 (水)、【著作権】中国網日本語版
  (チャイナネット)/AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に
  <中国・著作権・AIの1>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】読売新聞オンライン/【独自】特許出願「再提出」お助け…特許庁 サイト開設へ

□特許であって、拒絶理由に対する対応
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●読売新聞オンライン/【独自】特許出願「再提出」お助け
  …特許庁 サイト開設へ
  *2020/01/14 05:00、[読者会員限定]
 *<検索サイト>Google/読売新聞 特許庁
<追記>
 ●特許庁/1月14日
  ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました
  (経済産業省のページへ)
<一部抜粋1> 一部文字着色、改行挿入。

 特許庁では、1月14日(火曜日)から、ひとりでがんばる知財担当者や初めて出願手続をされた方などを対象に特許庁ホームページ内に「お助けサイト」を開設しました。
特許庁から送付される「拒絶理由通知書」や「登録査定」に対して、次に何をすれば良いかを、わかりやすく案内しています。

<出典1>「特許庁」サイト
  ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました
 (当該ページのURL)
https://www.meti.go.jp/press/2019/01
/20200114002/202001014002.html
<一部抜粋2>  *一部文字着色。

3.今後の予定
 2020年4月から「拒絶理由通知書」や「登録査定」に添付される「注意書」にQRコード 1を付して本サイトへのアクセスを容易にする予定です。
1 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

<出典2> *出典1に同じ。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月13日 (月)

【AI関連発明】<竹山コラム>AI(人工知能)により生成された発明について、2020年1月13日、竹山宏明<AI発明者4>

□特許であって、「AI発明者」に関し、
 以前、次の資料に掲載されていた。
 ●知的財産研究所(IIP)/セミナー・成果報告会
  /これまでに開催したセミナー・報告会/
  平成29年度招へい研究者 研究成果報告会
  <一部抜粋1>「平成30年2月15日(木)
    特許庁委託 産業財産権制度調和に係る共同研究調査事業
    平成29年度招へい研究者 研究成果報告会」
  <一部抜粋2>「プログラム
    "Patentability of AI-generated inventions – is a reform of
    the patent system needed?"
   ・『AIにより生成された発明の特許性-特許制度改革の必要性
     (仮訳)』
    Ana Ramalho (アナ・ラマルホ)招へい研究者
    (※研究者の発表は英語で行い、
    日本語の逐次通訳が付きます。)
    *全10頁
    <一部抜粋1>「Ⅱ.発明者としての人工知能システム」
 ●Japio(日本特許情報機構)/Japio YEAR BOOK 2017 特集
  <一部抜粋>「人工知能による“発明”と“創作”
     ―AI 生成物に関する知的財産権―」
     早稲田大学法学学術院教授、上野 達弘 氏」
     *全4頁
 ●特許庁/平成30年度知的財産に関する日中共同研究報告書
  *[更新日 2019年5月8日]
   ・第2章 AIに係る知財法制に関する研究-特許を中心に-
    (PDF:2,358KB)」
    *全51頁
    <一部抜粋>
     「第1節 研究内容の要約
     第2節 中国におけるAIに係る知財法制
      I.「人工知能発明の専利法問題」
       呉 漢東 教授(中南財経政法大学)
      II.「人工知能と専利制度」
       張 鵬 助理研究員(中国社会科学院)
     第3節 日本におけるAIに係る知財法制
      I.「AIに係る知財法制に関する研究-特許を中心に-」
       熊谷 健一 教授(明治大学)
      II.「AIと知的財産法-特許法を中心に」
       潮海 久雄 教授(筑波大学)」
<竹山コラム>

     AI(人工知能)により生成された発明について
                   2020年1月13日、竹山宏明
1 AIにより生成された発明について
 EPOによる下記のニュース(*1)に接し、AI(人工知能)により生成された発明(以下、「AIによる発明」という。)の発明者は誰かという問題について考えた。
                   記
 「EPO refuses DABUS patent applications designating a machine inventor
  20 December 2019」
 上記EPOによるニュースは、「A reasoned decision may be expected in January 2020.」との記載で締めくくられ、決定の公表が待たれる。
 「発明者」については、我が国の特許法において、「発明をした者は、次に掲げる発明を除き、その発明について特許を受けることができる」(特許法29条1項柱書)と規定されており、このことから、「自然人」と解釈されている。
 特許法においては、「自然人」のみが「発明者」になるとする考え方(発明者主義)が採用されている。
 ここで、「発明者」についてはいくつかの考え方がある。一つとしては、(1)「発明の着想」(課題の提供又は課題解決の方向付け)と、(2)「着想の具体化」の2段階に分ける考え方がある。
 ここで、「着想」が新しい場合には「着想者」を「発明者」とし、「新着想を具体化した者」は、「着想の具体化」が当業者にとって自明でない限り、「共同発明者」になるとする(*2)。
 「AIによる発明」において、着想が新しく無く、しかも着想の具体化において、例えば、行為者がAI特許発明の「ボタン」を押すだけの場合には、発明者が不存在となるおそれもある(*3)。
 発明者が不存在の場合には、「発明者主義」の元では、特許法の保護を受け得ない。
2 法人発明の概念について
 我が国の特許法では、法人による発明(法人発明)が認められていない。
 これに対し、著作権法では、著作者の地位を法人に帰属させる職務著作(法人著作)が認められている(著作権法15条)。
 「AIによる発明」を保護するために、特許法の改正を前提として、「法人発明」の概念を認めることが一つの解決策になるのではないかと考えた。
 しかし、「AIによる発明」の発明者が「法人」と考えても、次に「AIによる発明」が特許法で保護される「発明」に該当するか否かが問題となる。
 「発明」については、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と定義され(特許法2条1項)、「創作」であることが要求される。
 「創作」とは、「新しいことを創り出すこと」をいい、「発見」と区別されると解釈されている。
 ここで、「思想」・「創作」は、「人間」だけが行えるものであり、人間ではないAIには「思想」や「創作」がないと考えるならば、「AIによる発明」は特許法で保護される「発明」に該当しない(*4)。
3 著作権法上の「著作物」について
 一方、下記の記事に接した。
                   記
 中国網日本語版(チャイナネット)、
 AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に
 発信時間:2020-01-08 16:13:35
 「著作物」については、我が国の著作権法では、「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定義されている(著作権法2条1項1号)。
 ここで、「思想又は感情」は、あくまで「人間」の思想または感情のみを指し、コンピュータには、著作権法上の「思想又は感情」はないと解されている(*4)。
 また、イギリスの著作権法においては、「コンピュータ生成物」(computer-generated work)に「著作権」を付与されている(*6)。
4 結論
 上記のことを総合すると、「AI」の自立性を前提とし、「AIによる発明」を特許法上の「発明」と認定し、又、「法人発明」の概念を導入し、「AIによる発明」の創作に必要な手筈を整えた「者」(the arrangements necessary for the creation of the work)を「発明者」と認定することで、「AIによる発明」及びその発明に関与した「発明者」を特許法により保護できる可能性があるのではないかと考えた。
                             (以上)
<注釈>
 (*1)EPO/News & issues/News/201920191220
     (当該ページのURL)
https://www.epo.org/news-issues/news/2019/20191220.html
( *2)吉藤幸朔〔熊谷健一補訂〕著「特許法概説(第13版)」
     (有斐閣・1998年)
 (*3)潮海 久雄著「AI と知的財産法-特許法を中心に」
     (特許庁・平成30年度知的財早稲田大学法学学術院教授
     上野産に関する日中共同研究報告書・2018年)
 (*4)上野達弘著
     「人工知能による“発明”と“創作”
     ―AI 生成物に関する知的財産権―」(Japio YEAR BOOK 2017)
     (当該ページのURL)
 (*5)中国網日本語版(チャイナネット)、
     AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に
     発信時間:2020-01-08 16:13:35
     (当該ページのURL)
http://japanese.china.org.cn/life/2020-01/08/content_75591740.htm
 (*6)著作権審議会第9小委員会(コンピュータ創作物関係)報告書
     平成5年11月 文化庁
     (当該ページのURL)
https://www.cric.or.jp/db/report/h5_11_2/h5_11_2_main.html#1_2
     第1章 コンピュータ創作物に関するこれまでの検討状況
      II 国際的動向、1 各国における検討・立法状況〔イギリス〕
<一部抜粋>
【表1】
2 国際機関における検討状況
 1988年(昭和63年)の著作権法改正により、コンピュータ生成物(computer-generated works)について新たに規定された。その内容は以下のとおりである。
 (1)コンピュータにより生成される著作物の著作者は、著作物の創作に必要な手筈を整える者(the person by whom the arrangements necessary for the creation of the work are undertaken)であるとみなされる(第9条(3))。
 (2)コンピュータにより生成される著作物の著作権は、著作物が作成された暦年の終わりから50年の期間の終わりに消滅する(第12条(3))。
 (3)著作者人格権は、コンピュータにより生成される著作物には適用されない(第79条(2)(c)、第81条(2))。
 (4)「コンピュータ生成」とは、著作物の人間の著作者が存在しない状況において著作物がコンピュータにより生成されることをいう(第178条)。
<出典>「文化庁」、
    著作権審議会第9小委員会(コンピュータ創作物関係)報告書
    平成5年11月
    (当該ページのURL)
https://www.cric.or.jp/db/report/h5_11_2/h5_11_2_main.html#1_2
<サイト内>
 ●2020年2月 1日 (土)、【個人メモ】<EPO>
  「AI発明者」に関する公表文の仮翻訳、2020年2月1日、竹山宏明
  <AI発明者7>
 ●2020年1月31日 (金)、【個人メモ】JETRO/
  欧州特許庁、人工知能「DABUS」を発明者とする特許出願を
  拒絶する理由を公表(2020年1月31日)<AI発明者6>
 ●2020年1月15日 (水)、【個人メモ】JETRO/
  欧州特許庁、人工知能「 DABUS 」を発明者とする特許出願を拒絶
  (2020年1月13日)<AI発明者5>
 ●2020年1月 9日 (木)、【著作権】<中国>Chinanews.com/
  Econs.cn/Court rules AI-written article has copyright
  <中国・著作権・AIの2>
 ●2020年1月 8日 (水)、【AI関連発明】Yahoo Japan/栗原潔 氏/
  AIを発明者とする特許出願はどんなレベルのものなのか
  <AI発明者3>
 ●2020年1月 7日 (火)、【AI関連発明】財経新聞/
  AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される
  <AI発明者2>
 ●2020年1月 6日 (月)、【AI関連発明】CNET Japan/
  AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず<AI発明者1>
 ●2020年1月 8日 (水)、【著作権】中国網日本語版(チャイナネット)/
  AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に
(以上)

【著作権】文化庁/侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会(第3回)<侵害コンテンツのダウンロード違法化3>

□著作権であって、「侵害コンテンツのダウンロード違法化」
 次の情報が掲載されていた。
 ●文化庁/

  侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会
  (第3回)
  <一部抜粋1>「日時:令和2年1月7日(火)」
  <一部抜粋2>「議事次第、2議事
   (1)議論のまとめ(案)について
   (2)その他」
  <一部抜粋2>「配布資料一覧
  ・「資料1
   「侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等

   に関する検討会」における議論のまとめ(案)(458.7KB)
   *全22頁
   <一部抜粋>
【表1】 *「別紙2・3」は「資料1」の後段に添付されています。

1.文化庁提案の3点の措置について
 昨年2月時点の当初案に、少なくとも下記の3点の措置を追加的に講ずることについて、条文イメージ(別紙2:15~18ページ)を含めて了承された。
 (1)改正案の附則に、普及啓発・教育等や刑事罰に関する運用上の配慮、施行状況のフォローアップについての規定を追加すること
 (2)写り込みに関する権利制限規定(第30条の2)を拡充することで、スクリーンショットを行う際に違法画像等が入り込むことを違法化しないこと
 (3)数十ページで構成される漫画の1コマなど、「軽微なもの」のダウンロードを違法化しないこと(判断基準・具体例は、別紙3(21ページ)を参照)

<出典>「文化庁」、資料1
    「侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等

    に関する検討会」における議論のまとめ(案)
 (当該ページのURL)
https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai
/kondankaito/shingaikontentsu/03/pdf/91979301_01.pdf
  ・参考資料1
   文化庁当初案の概要・条文等について(505.7KB)
   *全16頁
  ・参考資料2
   侵害コンテンツのダウンロードに関する主要国の著作権法制

   について(231.7KB)
   *全3頁
  ・参考資料3
   侵害コンテンツのダウンロード違法化に関する主な事例

   の取扱い(案)(60.5KB)
   *全2頁
<サイト内>
 ●2020年1月 9日 (木)、【著作権】ITmedia NEWS/[産経新聞]/
  海賊版ダウンロード違法化、規制対象の絞り込みで意見分かれる、
  有識者検討会で結論出ず

  <侵害コンテンツのダウンロード違法化2>
 ●2020年1月 8日 (水)、【著作権】日経電子版/
  ダウンロード規制で線引き 文化庁、法改正へ方針決定、
  「新聞、論文の半分程度」は違法
  <侵害コンテンツのダウンロード違法化1>

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】日本農業新聞/5法案 国会提出へ、豚コレラ対策強化、家伝法改正が焦点、農水省(2020年01月10日)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/不正競争防止法
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
<中国のAI技術>
 ・日本農業新聞/
  5法案 国会提出へ 豚コレラ対策強化 家伝法改正が焦点 農水省
  *2020年01月10日
  (竹)5法案は、次の通りです。なお、注目する法案には着色しました。
     (1) 家伝法改正案
     (2) 家畜改良増殖法改正案と
     (3) 家畜遺伝資源の不正競争防止法案
     (4) 種苗法改正案
     (5) 森林組合法
  <一部抜粋>「農水省は20日召集の通常国会に、
   5法案を提出する方針を固めた。>

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】日本経済新聞 電子版/膨張する独禁法 「優越的地位の乱用」適用どこまで(2020/1/12)

□知財と関係ないが、独禁法「優越的地位の乱用」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●日本経済新聞 電子版/
  膨張する独禁法 「優越的地位の乱用」適用どこまで
  *2020/1/12 2:00、会員限定
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】産経新聞/WIRED/中国のAI技術は過大評価? 課題に直面するユニコーン企業たち(2020.1.12)

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<中国のAI技術>
  ・産経新聞/WIRED/
   中国のAI技術は過大評価? 課題に直面するユニコーン企業たち
   *2020.1.12 17:00

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月12日 (日)

【著作権】BUSINESS INSIDER/ 「自民党の改憲ポスター」にパクリ疑惑?著作権弁護士の見解は……

□著作権であって、「ポスター」のイラスト
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●BUSINESS INSIDER/西山 里緒 [編集部]氏/
  「自民党の改憲ポスター」にパクリ疑惑?著作権弁護士の見解は……
  *Jan. 11, 2020, 07:10 PM News
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】TechCrunch Japan/世界一快適なスニーカーAllbirdsが日本上陸、革新的な素材のオープンソース化で目指す“サステナブルな社会”

□知財であって、「素材のオープンソース化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●TechCrunch Japan/by Daisuke Kikuchi/
  世界一快適なスニーカーAllbirdsが日本上陸、
  革新的な素材のオープンソース化で目指す“サステナブルな社会”
  *2020年1月10日
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】日本経済新聞 電子版/「未来のAIは思考を理解する」トロント大ヒントン氏

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AI
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<汎用型のAI>
  ・日本経済新聞 電子版/
   「未来のAIは思考を理解する」トロント大ヒントン氏
   *2020/1/11 22:00、会員限定

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月11日 (土)

【知財とビジネス】JETRO/英国知的財産庁、合意なき英国の離脱(no-deal Brexit)の場合における知的財産に関するガイダンス文書を更新した旨公表(2019年9月23日)

□知財であって、「EU離脱」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
  ・英国知的財産庁、合意なき英国の離脱(no-deal Brexit)の場合
   における知的財産に関するガイダンス文書を更新した旨公表
   <一部抜粋>「2019年9月23日 JETRO デュッセルドルフ事務所」
         *全2頁
  ・英国知的財産庁、英国のEU離脱(Brexit)の場合における
   広報キャンペーンを英国政府が開始した旨公表
   <一部抜粋>「2019年9月16日、JETRO デュッセルドルフ事務所」
         *全2頁
 ●日本技術貿易株式会社/知財情報/欧州
  <一部抜粋>
  ・「2019/09/19、【意匠・商標ニュース】
   BREXITに伴う欧州の商標及び意匠への影響」
 ●日本経済新聞 朝刊/欧州、知財統一もご破算?
  英離脱後、商標・意匠出願に分断の恐れ
  *2019/11/6付、会員限定
 *<検索サイト>Google/ニュース/知財 EU 離脱
<追記>
 ●一般社団法人日本国際知的財産保護協会 AIPPI・JAPAN Web Site
  ・日本国際知的財産保護協会/[PDF]<AIPPI セミナー開催報告>
   *全6頁
   <一部抜粋1>「1)開催日時:2019年5月29日(水)」
   <一部抜粋2>「3)講 演 者:Bristows LLP、
    Edward Nodder 氏(英国弁護士)、Alan Johnson 氏(英国弁護士)、
    Richard Pinckney 氏(英国弁護士)」

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】知財高裁/<審決取消>平成31(行ケ)10027  審決(無効・不成立)取消、特許権 (椅子式マッサージ機)(令和元年12月25日判決)

□「知財高裁」による「審決取消訴訟・侵害訴訟等控訴事件」の紹介です。
 ●知的財産高等裁判所/裁判例検索
 ●知的財産高等裁判所/→最近の審決取消訴訟
  <一部抜粋>
   ・「平成30(行ケ)10174  審決(無効・不成立)取消
    令和元年12月26日判決 審決取消(4部)
    特許権 (紙製包装容器の製造法及び紙製包装容器)
    進歩性,補正・訂正の許否(新規事項の追加)」
    ・・「全文」
      *全92頁
   ・「令和1(行ケ)10104  審決(拒絶)取消
    令和元年12月26日判決 請求棄却(4部)
    商標権 (EMPIRE STEAK HOUSE)
    類似性(4条1項11号)(商標の類似性)」
    ・・「全文」
      *全25頁
   ・「平成31(行ケ)10027  審決(無効・不成立)取消
    令和元年12月25日判決 審決取消(3部)
    特許権 (椅子式マッサージ機)
    明細書の記載要件(実施可能要件)」
    ・・「要旨」
      *全2頁
    ・・「全文」
      *全54頁
 ●知的財産高等裁判所/→最近の侵害訴訟等控訴事件
  <一部抜粋>
   ・「令和1(ネ)10048  損害賠償(東京地方裁判所 平成30(ワ)32055)
    令和元年12月26日判決 原判決変更(4部)
    著作権 (写真)
    損害額(3項),複製,公衆送信権(送信可能化を含む)」
    ・・「全文」
      *全22頁
<サイト内>
 ●<前回>2019年12月26日 (木)、【個人メモ】知財高裁/
  <請求棄却>平成31(行ケ)10006等、審決(無効・成立)取消、
  特許権(・・・モメタゾンフロエートの使用)
  (令和元年12月25日判決)

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】CRI - Japan Online/知的財産権の質権融資規模を拡大=中国

□知財であって、「知的財産権の質権融資」、「知的財産権株化」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●CRI - Japan Online/(オウギ、CK)/
  知的財産権の質権融資規模を拡大=中国
  *2020-01-07 21:50
 ●日本経済新聞 電子版/
  WIPO日本事務所長「知財のただ乗り防止を」
  *2020/1/7 21:00、会員限定(非会員の方は一部しか読めません。)
 *IP Force/知財ニュース
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】J-PlatPat/特許・実用新案の文献表示機能、検索機能等の停止、2020年1月11日(土)9:00~2020年1月11日(土)18:00<第7回目>

□J-PlatPatの「メンテナンス情報」のお知らせです。
 ●特許庁/J-PlatPat/メンテナンス情報
  <一部抜粋1>*一部着色追加「【重要なお知らせ】
【表1】

< 臨時メンテナンス情報(1)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、
特許・実用新案の文献表示機能、
特許・実用新案の検索機能(簡易検索含む)、
 CSV出力の一部機能※を停止させて頂きます。
 2020年1月11日(土)9:00~2020年1月11日(土)18:00
 ※特許実用新案のCSV出力において、
要約を含めての出力が不可となります。
 また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

【表2】

<臨時メンテナンス情報(2)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、J-PlatPat全サービスを停止させて頂きます。
 2020年2月1日(土)9:00~2020年2月2日(日)21:00
 また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

  [△最新情報へ]

  (以上)

2020年1月10日 (金)

【ブロックチェーン関連特許】三菱UFJ銀行、ブロックチェーンプラットフォームで信用状発行 貿易金融の効率化目指す

□特許と関係ないが、「信用状発行」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフ日本版/Cointelegraph Japan/
  三菱UFJ銀行、ブロックチェーンプラットフォームで信用状発行
  貿易金融の効率化目指す【ニュース】
  *1時間前(2020年1月10日)
  <一部抜粋>「三菱UFJ銀行は10日、
   ブロックチェーン基盤の貿易金融プラットフォーム「komgo」を利用して、
   信用状を発行したと発表した。」
  ・2020年 1月 10日、株式会社三菱 UFJ銀行
   ブロックチェーン技術を基盤とする貿易金融プラットフォーム
   「komgo」を活用した信用状の発行について
   *全1頁
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】NHK NEWS WEB/良品計画 中国での商標権敗訴も事業の拡大は続ける方針

□商標であって、Google/ニュース/商標
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<中国での商標紛争>
 ・NHK NEWS WEB/
  良品計画 中国での商標権敗訴も事業の拡大は続ける方針
  *2020年1月10日 17時50分

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Ledge.ai/製造業におけるAI導入の「今」と課題解決のカギ

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<製造業におけるAI導入>
 ・Ledge.ai/by 高島 圭介 氏/
  製造業におけるAI導入の「今」と課題解決のカギ
  *2020 01 09 Thu

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】第18回意匠審査基準ワーキンググループ 議事録(1月10日)

□特許庁「報道発表 トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表 トピックス
  <一部抜粋>
<公報>
  ・1月10日
   公報発行予定表
  ・1月10日
   過去の公報発行予定表

   (平成31年(令和元年)発行分を掲載しました)
<地域団体商標>
  ・1月10日
   地域団体商標登録案件一覧を更新いたしました。
  ・1月10日
   地域団体商標登録案件紹介を更新しました。
   (八代青のり、宇治碾茶、摩周そば)
  ・1月10日
   地域団体商標出願状況を更新しました。
<意匠審査基準WG>
  ・1月10日
   産業構造審議会知的財産分科会 意匠制度小委員会
   第18回意匠審査基準ワーキンググループ 議事録
   <一部抜粋>「第18回(令和元年11月20日)
   ・・議事録(PDF:423KB)」
     *全36頁
   ・・産業構造審議会 知的財産分科会 意匠制度小委員会
     第18回意匠審査基準ワーキンググループ 議事要旨
     [更新日 2019年11月21日]

<一部抜粋>
【表1】

4. 議事内容
・第17回意匠審査基準ワーキンググループで提示した改訂意匠審査基準案からの変更点について、事務局から資料1に沿って説明を行い、議論の結果、資料2から資料6に示す改訂意匠審査基準案が了承された。
・令和元年の意匠法改正への対応及び意匠審査基準の明確化等のためのその他の検討項目について、事務局から資料7から資料10沿って説明を行い、議論の結果、資料9及び資料10に示す改訂意匠審査基準案が了承された。
・複数意匠一括出願について、事務局から資料11に沿って説明を行った。
・意匠審査基準ワーキンググループ報告書案について、事務局から資料12に沿って説明を行い、議論の結果、報告書案が了承された。

  ・1月10日
   産業構造審議会知的財産分科会意匠制度小委員会
   第19回意匠審査基準ワーキンググループの開催のお知らせ
   <一部抜粋1>「日時、
     令和2年1月22日(水曜日)14時00分~16時00分」
   <一部抜粋2>「議題
    ・改訂意匠審査基準案に対する意見募集の結果と

     対応の方向性について
    ・意匠審査基準ワーキンググループ報告書について
    ※議題については、今後変更の可能性がございます。」
<特許制度小委員会>
  ・1月10日
   産業構造審議会知的財産分科会第36回特許制度小委員会

   開催のお知らせ
   <一部抜粋1>「日時
     令和2年1月24日(金)10時00分~12時00分」
   <一部抜粋2>「議題
    提案募集結果等について
    ※議題は変更される可能性がございます。」

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/(韓国)2020年に新しく変わる知的財産制度(2020年1月2日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
  ・(アルゼンチン)2020年1月9日
   知識経済振興法、2020年1月1日から施行(アルゼンチン)
   <一部抜粋>「ブエノスアイレス発、2020年01月09日」
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
  ・(韓国)2020年1月2日
   特許庁、産業財産権登録マークのデザイン選定
   <一部抜粋>「2020年1月2日、出所: 韓国特許庁」
  ・(韓国)2020年1月2日
   2020年に新しく変わる知的財産制度
   <一部抜粋1>「2020年1月2日、出所: 韓国特許庁」
   <一部抜粋2>「・(電子出願システムの改善)スマートフォンなど
     さまざまな端末を通じて商標出願が可能となるシステムを構築し、
     平日と土曜日のみ利用可能だった24時間出願受付を

     日曜日にまで拡大(2020年3月予定)」
<サイト内>
 ●<前回>、2020年1月 9日 (木)、【個人メモ】JETRO/
  (韓国)年間の産業財産権出願、歴代初の50万件突破

  (2019年12月26日)

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】産経新聞社/民事訴訟IT化の一環、最高裁「ウェブ会議」を報道公開<民事訴訟のIT化の1>

□知財と関係ないが、最高裁「ウェブ会議」の報道公開
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●日経電子版/ウェブ会議で争点整理 模擬手続きを公開
  *2020/1/9 18:23
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●産経新聞社/

  民事訴訟IT化の一環 最高裁「ウェブ会議」を報道公開 
  *2020.1.9 23:04社会裁判
 ●IT Leaders/日川 佳三(IT Leaders編集部) 氏
  [事例ニュース]、

  最高裁、民事訴訟事件の争点整理にMicrosoft Teamsを採用、
  Web会議や資料共有を活用
  *2020年1月9日(木)
 ●裁判所/
  ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の

  新しい運用の開始について
  *更新日 : 令和元年6月4日
 ●裁判所/最高裁判所長官「新年のことば」
  *令和2年1月1日
<サイト内>
 ●2020年1月18日 (土)、【知財とビジネス】Geekroid/
  民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」採用
  --最高裁がリーガルテック推進(2020年1月17日)
  <民事訴訟のIT化の3>
 ●2020年1月15日 (水)、【知財とビジネス】INTERNET Watch/
  世界初、民事訴訟事件手続きのIT化で、争点整理に「Microsoft Teams」採用
  (2020年1月14日)<民事訴訟のIT化の2>

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 9日 (木)

【個人メモ】JETRO/(韓国)年間の産業財産権出願、歴代初の50万件突破(2019年12月26日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
  ・*該当無し。
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
  ・2019年12月26日
   年間の産業財産権出願、歴代初の50万件突破
   <一部抜粋>「2019年12月26日、出所: 韓国特許庁」
<サイト内>
 ●<前回>、2020年1月 7日 (火)、【個人メモ】JETRO/
  (韓国)特許ビッグデータ分析で医療機器産業の有望分野を発掘
  (2019年12月19日)

[△最新情報へ]

(以上)

【フィンテック関連発明】時事ドットコムニュース/地銀、フィンテックで収益改善、システム整備停滞で懸念も

□特許と関係ないが、Google/ニュース/フィンテックでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/フィンテック
<全般>
 ・CoinDesk Japan/文・編集:濱田 優/
  【2020年カレンダー】仮想通貨、暗号資産、ブロックチェーン、
  フィンテックのイベント・予定
  *公開日:2020年 1月 9日 06:00
 ・FinTech Journal - ビジネス+IT/
  auフィナンシャルホールディングス 執行役員

  最高デジタル責任者 藤井達人 氏/
  2020年のフィンテック、「スーパーアプリ」「行き過ぎたAI」をどう見るか
  *2019/12/19、「後編」
  ・・<前編>FinTech Journal - ビジネス+IT/
    auフィナンシャルホールディングス 執行役員

    最高デジタル責任者 藤井達人 氏/
    2020年、フィンテック市場で注目すべき「4つの王道トレンド」とは?
 ・日経電子版/

  フィンテック企業と提携 阿波銀行、顧客資金管理を一元化
  *2020/1/6 18:48
 ・時事ドットコムニュース/地銀、フィンテックで収益改善
  システム整備停滞で懸念も
  *2020年01月04日07時58分

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフ日本版/中国企業の経営者、今後最も重要な新技術の1つにブロックチェーン選ぶ【ニュース】

□特許と関係ないが、中国「新技術」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフ日本版/Cointelegraph Japan/中国企業の経営者、

  今後最も重要な新技術の1つにブロックチェーン選ぶ
  【ニュース】
  *21時間前(2020年1月8日)
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース
<追記>
 ●日本経済新聞 朝刊/日韓「AIが技術の要に」 経営者アンケート
  中国、ロボなど幅広く
  *2020/1/8付、会員限定(非会員の方は一部しか読めません。)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】ITmedia NEWS/[産経新聞]/海賊版ダウンロード違法化、規制対象の絞り込みで意見分かれる、有識者検討会で結論出ず<侵害コンテンツのダウンロード違法化2>

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<文化庁、第3回会合(7日開催)>
 ・ITmedia NEWS/[産経新聞]/
  海賊版ダウンロード違法化、規制対象の絞り込みで意見分かれる
  有識者検討会で結論出ず
  *2020年01月09日 07時00分 公開
<サイト内>
 ●2020年1月13日 (月)、【著作権】文化庁/
  侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会(第3回)
  <侵害コンテンツのダウンロード違法化3>
 ●2020年1月 8日 (水)、【著作権】日経電子版/
  ダウンロード規制で線引き 文化庁、法改正へ方針決定、
  「新聞、論文の半分程度」は違法
  <侵害コンテンツのダウンロード違法化1>

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】Yahoo Japan/WoW!Korea/”大人気ゆるキャラ”ペンスの商標権、第3者が出願?、韓国特許庁「不正目的での登録は不可」

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<韓国>
 ・Yahoo Japan/WoW!Korea/
  ”大人気ゆるキャラ”ペンスの商標権、第3者が出願?
  韓国特許庁「不正目的での登録は不可」
  *1/7(火) 14:46配信

[△最新情報へ]

(以上)

【意匠】Response.jp/ブリヂストン、中国 華盛社とのSUVスタッドレスタイヤの意匠権侵害訴訟で勝訴

□意匠であって、Google/ニュース/意匠での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/意匠
<中国、スタッドレスタイヤ>
 ・Response.jp/《纐纈敏也@DAYS》氏/
  ブリヂストン、中国 華盛社とのSUVスタッドレスタイヤの

  意匠権侵害訴訟で勝訴
  *2020年1月8日(水)19時17分

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】Yahoo Japan/栗原潔 氏/2次元バッグが米国で特許化

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国>
 ・Yahoo Japan/
  栗原潔  | 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授 氏/
  2次元バッグが米国で特許化
  *1/8(水) 20:08

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】<中国>Chinanews.com/Econs.cn/Court rules AI-written article has copyright<中国・著作権・AIの2>

□著作権であって、中国における「AIによる作品」の裁判
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●<英文>Chinanews.com/Econs.cn/

  Editor : Li Yan 氏/
  Court rules AI-written article has copyright
  *2020-01-09 08:18:22China Daily Global
 *<検索サイト>Google/AI Dreamwriter
<サイト内>
 ●2020年1月14日 (火)、【著作権】スラド/中国の裁判所、
  AIが生成した文章に著作権を認める(2020年01月13日)
  <中国・著作権・AIの3>
 ●2020年1月 8日 (水)、【著作権】

  中国網日本語版(チャイナネット)/
  AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に

  <中国・著作権・AIの2>

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 8日 (水)

【著作権】中国網日本語版(チャイナネット)/AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に<中国・著作権・AIの1>

<注目>著作権であって、中国における「AIによる作品」の裁判
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●中国網日本語版(チャイナネット)/
  AIによる作品の初の裁判 著作権保護対象に
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2020年1月14日 (火)、【著作権】スラド/中国の裁判所、
  AIが生成した文章に著作権を認める(2020年01月13日)
  <中国・著作権・AIの3>
 ●2020年1月 9日 (木)、【著作権】<中国>
  Chinanews.com/Econs.cn/
  Court rules AI-written article has copyright
  <中国・著作権・AIの2>

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】SankeiBiz/香港で新特許制度 企業の対中戦略に活用へ

□特許であって、香港「独自特許」(OGP)制度
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●SankeiBiz/(知財情報&戦略システム 中岡浩)/
  生かせ!知財ビジネス
  香港で新特許制度 企業の対中戦略に活用へ
  *2020.1.8 13:11
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2019年12月23日 (月)、【個人メモ】JETRO/<香港>
  新たな特許制度「原授標準専利制度」が開始、実体審査を初導入
  (2019年12月23日)
  ・JETRO/ビジネス短信
   <一部抜粋>
   ・・<香港>2019年12月23日
     新たな特許制度「原授標準専利制度」が開始、
     実体審査を初導入(香港)

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】弁護士ドットコム/本屋に並ぶ「法律書」をこっそり撮影、LINEで送信…法的にどんな問題がある?

□著作権であって、「書店で本を撮影」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●弁護士ドットコム/取材協力弁護士、唐津 真美、弁護士 氏/
  本屋に並ぶ「法律書」をこっそり撮影、LINEで送信
  …法的にどんな問題がある?
  *2020年01月07日 09時54分
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】ニコニコニュース/2020年は産業IoTのセキュリティは改善される - デジサート年頭所感

□知財と関係ないが、Google/ニュース/量子暗号
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/量子暗号
<IoTのセキュリティ>
 ・ニコニコニュース/マイナビニュース/
  2020年は産業IoTのセキュリティは改善される - デジサート年頭所感
  *2020/01/07 11:41
<電子カルテ>
 ・日本経済新聞 朝刊/電子カルテの復元迅速化 災害活用も
  *2020/1/6付、会員限定(非会員の方は一部しか読めません。)

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Yahoo Japan/栗原潔 氏/AIを発明者とする特許出願はどんなレベルのものなのか<AI発明者3>

□特許であって、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<AIを発明者とする特許出願>
 ・Yahoo Japan/

  栗原潔 氏| 弁理士 ITコンサルタント 金沢工業大学客員教授
  AIを発明者とする特許出願はどんなレベルのものなのか
  *1/7(火) 21:29
   (有料記事)、一部しか読めません。
<説明可能AI>
 ・日経 xTECH/浅川 直輝=日経 xTECH/日経コンピュータ
  「説明可能AI」の理想と現実
  苦悩するグーグル、自社サービスに「説明可能AI」を組み込んだ事情
  *2020/01/08 05:00
<サイト内>
 ●2020年1月 7日 (火)、【AI関連発明】財経新聞/
  AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される

  <AI発明者2>
 ●2020年1月 6日 (月)、【AI関連発明】CNET Japan/
  AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず

  <AI発明者1>

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/中国政府主導のブロックチェーン、今年4月から本格稼働【ニュース】

□特許と関係ないが、
 中国「ブロックチェーンサービス・ネットワーク(BSN)」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Cointelegraph Japan/
  中国政府主導のブロックチェーン、今年4月から本格稼働【ニュース】
  *1時間前(2020年1月8日)
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【不競法】財経新聞/不正競争防止法違反で逮捕されたオートウェイ社長らが不起訴処分となった背景

□不競法であって、Google/ニュース/不正競争防止法
 での検索結果において、次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/不正競争防止法
不正競争防止法
<タイヤホイール>
 ・財経新聞/記事:小泉嘉史 氏/
  不正競争防止法違反で逮捕されたオートウェイ社長らが
  不起訴処分となった背景
  *2020年1月6日 19:49

[△最新情報へ]

(以上)

【商標】(韓国)Yahoo Japan/「BTS」の商標巡る争い 百貨店側が権利放棄で解決

□商標であって、Google/ニュース/商標での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/商標
<韓国人気グループの名称>
 ・Yahoo Japan/【ソウル聯合ニュース】
  「BTS」の商標巡る争い 百貨店側が権利放棄で解決
  *1/7(火) 19:43配信

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】時事ドットコムニュース/米国特許取得件数、34年連続5位以内を獲得 15年連続日本企業で第1位

□特許であって、Google/ニュース/特許での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/特許
<米国特許取得件数>
 ・時事ドットコムニュース/PR TIMES/キヤノン株式会社
  米国特許取得件数、34年連続5位以内を獲得

   15年連続日本企業で第1位
  *2020/01/07

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】日経電子版/ダウンロード規制で線引き 文化庁、法改正へ方針決定、「新聞、論文の半分程度」は違法<侵害コンテンツのダウンロード違法化1>

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<文化庁、第3回会合(7日開催)>
 ・日経電子版/ダウンロード規制で線引き

  文化庁、法改正へ方針決定
  「新聞、論文の半分程度」は違法
  *2020/1/7 22:00
<追記>
 ●文化庁/

  侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会
  (第3回)の開催について
 ●文化庁/

  侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会
 ●文化庁/

  侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会
  (第1回)
 ●文化庁/

  侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会
  (第2回)

<サイト内>
 ●2020年1月13日 (月)、【著作権】文化庁/
  侵害コンテンツのダウンロード違法化の制度設計等に関する検討会(第3回)
  <侵害コンテンツのダウンロード違法化3>
 ●2020年1月 9日 (木)、【著作権】ITmedia NEWS/[産経新聞]/
  海賊版ダウンロード違法化、規制対象の絞り込みで意見分かれる、
  有識者検討会で結論出ず<侵害コンテンツのダウンロード違法化2>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】「特許法等の一部を改正する法律の施行に伴う意匠登録令の規定の整備及び経過措置に関する政令案」に対する意見募集について(1月8日)

□特許庁「報道発表 トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表 トピックス
  <一部抜粋>
   ・・1月8日

     【マドプロ】ニュージーランドの個別手数料が変更されます
     (2月13日~)
   ・・1月8日
     令和2年度の知財戦略デザイナー派遣先大学の公募時期

     の予定について
   ・・1月8日
     弁理士法施行規則第6条第3号及び第9号の経済産業大臣

     が認める者を定める告示一部改正について
   ・・1月8日
     「特許法等の一部を改正する法律の施行に伴う
     意匠登録令の規定の整備及び経過措置に関する政令案」
     に対する意見募集について
     <一部抜粋1>「2. 資料
    ・・・政令案の概要(PDF:106KB)
       *全1頁
    ・・・政令案(PDF:47KB)
       *全2頁
    ・・・(参考)新旧対照表(PDF:43KB)
       *全2頁
     <一部抜粋2>
【表1】 *改行挿入。


Ⅱ.政令案の概要
 1.意匠登録令の一部改正改正法の施行に伴い、基礎意匠又は関連意匠の専用実施権の登録等を申請する際には、基礎意匠及び全ての関連意匠の専用実施権について、同一の事項を申請しなければならないことを規定する。
 2.経過措置の規定改正法の施行に伴い、基礎意匠の意匠権が存続期間満了により消滅した後も、関連意匠の意匠権が存続する場合がある。
その際、二以上の者に排他的権利が成立することを防ぐため、基礎意匠の意匠権が存続期間満了により消滅した後に存続する関連意匠の意匠権の分離移転の禁止や、関連意匠の意匠権に対する専用実施権の設定の制限について、経過措置を定める。

<出典>「特許庁」サイト、「特許法等の一部を改正する法律
    の施行に伴う意匠登録令の規定の整備
    及び経過措置に関する政令案」に対する意見募集について
    政令案の概要(PDF:106KB)、*全1頁
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/news/public/iken
/document/200108_tokkyoho/01.pdf

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 7日 (火)

【AI関連発明】財経新聞/AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される<AI発明者2>

□特許であって、欧州特許庁「AIを発明者とする特許出願」
 に対する審査結果に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●財経新聞/記事提供元:スラド/
  AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される
  *2020年1月7日 18:38
 *<検索サイト>Google/ニュース/欧州 AI 発明者
<サイト内>
 ●2020年1月 8日 (水)、【AI関連発明】Yahoo Japan/
  栗原潔 氏/AIを発明者とする特許出願はどんなレベルのものなのか
  <AI発明者3>
 ●2020年1月 6日 (月)、【AI関連発明】CNET Japan/
  AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず
  <AI発明者1>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許】コインテレグラフジャパン/中国、ブロックチェーンやAI向け特許申請ガイドラインを明確化へ|2月から施行【ニュース】

<注目>特許であって、中国「専利審査指南」の一部改正
 (第二部第9章コンピュータプログラムに係る
 発明特許出願の審査に関する若干の規定)
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Joeri Cant 氏/
  中国、ブロックチェーンやAI向け特許申請ガイドラインを明確化へ
  |2月から施行【ニュース】
  *1時間前(2020年1月7日)
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●KyK International Inc./外国知財法務コンサルティング/
  2020年1月3日 投稿者: wpmaster
  【中国】特許審査指南第9章改正施行(2020年2月1日)
 ●KyK International Inc./外国知財法務コンサルティング/
  2019年11月12日 投稿者: wpmaster
  【中国】専利審査指南改正案

  (第二部第9章コンピュータプログラムに係る
  発明特許出願の審査に関する若干の規定)に対する意見募集
  (11月12日)
 ●国家知识产权局/关于修改《专利审查指南》的公告(第343号)
  发布时间:2019-12-31
  <一部抜粋>
【表1】 *改行追加。下線部の修正。

  国家知识产权局公告
    第三四三号
 为全面贯彻党中央、国务院关于加强知识产权保护的决策部署,回应创新主体对进一步明确涉及人工智能等新业态新领域专利申请审查规则的需求,决定对《专利审查指南》作出修改,现予发布,自2020年2月1日起施行。
 特此公告。
  国家知的財産局の発表
    第343号
 締約国中央委員会と国務院の意思決定と知的財産保護の強化に関する展開を完全に実施し、人工知能などの新しい形式の特許出願を審査するための規則をさらに明確にするためにイノベーションエンティティのニーズに応えるために、新しい領域と特許について<専利審査指南(特許審査ガイドライン)>を修正することを決定した。
2020年2月1日施行。
 これにより発表された。

 <出典>「国家知识产权局」サイト、
 关于修改《专利审查指南》的公告(第343号)
 (当該ページのURL)
http://www.cnipa.gov.cn/zfgg/1144989.htm

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】JETRO/(韓国)特許ビッグデータ分析で医療機器産業の有望分野を発掘(2019年12月19日)

□知財に関し、「JETRO」(日本貿易振興機構)発、次のニュースが掲載されていた。
 ●JETRO/知的財産権保護
 ●JETRO/ビジネス短信
  <一部抜粋>
  ・*該当無し。
 ●JETRO/知的財産権保護/知財ニュース
  <一部抜粋>
  ・(韓国)2019年12月26日、
   外食業の商標出願、30~40代が66%を占める
   <一部抜粋>「2019年12月26日、出所: 韓国特許庁」
  ・(韓国)2019年12月19日
   特許ビッグデータ分析で医療機器産業の有望分野を発掘
   <一部抜粋1>「2019年12月19日、出所: 韓国特許庁」
   <一部抜粋2>「特許庁-医療機器産業協会、

    イノベーション戦略共有特許庁は12月18日、
    韓国医療機器産業協会(以下、協会)と共同で行った、
    「知的財産(IP)基盤のイノベーション戦略懇談会」
    で特許ビッグデータ分析(※)の結果、
    これからAI基盤の医療機器と3Dプリンティングを活用した

    医療機器分野がもっとも有望な投資先であると明らかにした。」
<サイト内>
 ●<前回>、2019年12月25日 (水)、【個人メモ】JETRO/
  <アメリカ>USPTO、国立標準技術研究所、司法省、
  SEPの救済に関する政策声明を公表(2019年12月23日)

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】ZDNet Japanエッジコンピューティングについて今知っておきたいこと

□知財と関係ないが、「エッジコンピューティング」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●ZDNet Japan/Forrester Research 翻訳校正:

  編集部 石橋啓一郎 氏/
  エッジコンピューティングについて今知っておきたいこと
  *2020-01-06 06:30
  <一部抜粋>「本稿はForrester Researchのバイスプレジデントで
   プリンシパルアナリストのJames Statenが執筆した。
   この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが
   日本向けに編集したものです。」
 ●gihyo.jp/五味明子 氏/
  新春特別企画
  エッジコンピューティングの継続的イノベーションが
  サグラダファミリアにもたらしたもの
  *2020年1月7日
 *<検索サイト>Google/ニュース/エッジ・コンピューティング

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/バージニア州議会議員、選挙にブロックチェーン使用求める決議提出【ニュース】

□特許と関係ないが、選挙に対する「ブロックチェーン使用」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Joeri Cant 氏/
  バージニア州議会議員、選挙にブロックチェーン使用求める決議提出
  【ニュース】
  *2時間前(2020年1月7日)
  <一部抜粋>「議案は昨年12月27日に事前提出された。」
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】valuepress/株式会社 竹書房/プレスリリース/著作権侵害サイトが利用するサーバー提供会社に対する民事訴訟提起のお知らせ

□著作権であって、Google/ニュース/著作権での検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/著作権
<民事訴訟提起>
 ・valuepress/株式会社 竹書房/プレスリリース
  2020年1月7日 8時
  著作権侵害サイトが利用するサーバー提供会社に対する

  民事訴訟提起のお知らせ

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】日経 xTECH/2020年は「あの職業」がいよいよ不要に?AIの進化を新春大予測

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<AI人事>
 ・FMM PRIME/防衛省 約2.7億円かけ“AI人事”導入へ
  *2020年1月6日 月曜 午後1:12
<新春大予測>
 ・日経 xTECH/中田 敦 氏=日経 xTECH/日経コンピュータ/
  新春デジタル大予測2020、
  2020年は「あの職業」がいよいよ不要に?AIの進化を新春大予測
  *2020/01/07 05:00、
   有料会員(非会員の方は一部しか読めません。)

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】神戸新聞/普及広がるロボット支援手術、次世代型開発へ競争激化

□特許であって、「手術支援ロボット」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●神戸新聞/普及広がるロボット支援手術 次世代型開発へ競争激化
  *2020/1/6 09:47
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●CiNii 論文/特許データの分析による手術支援ロボット
  「ダ・ヴィンチ」の日本市場における知財戦略
  <一部抜粋>「早稲田大学 細矢淳 氏、早稲田大学 鈴木勝博 氏、
   東京工業大学坂田淳一 氏著、情報処理学会研究報告、
   Vol.2013-EIP-62 No.2、2013/11/21
 ●情報処理学会/電子図書館
  (竹)例「特許データの分析による手術支援ロボット」
     で検索ください。「pdf」(無料)を入手可能です。
     主としてパテント・ファミリーを利用したもので、
     分析も素晴らしい内容です。1/7竹山宏明

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 6日 (月)

【AI関連発明】CNET Japan/AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず<AI発明者1>

□特許であって、欧州特許庁「AIを発明者とする特許出願」
 に対する審査結果に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●CNET Japan/Charlie Osborne (Special to ZDNet.com)氏、
  翻訳校正: 編集部/
  AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず
  *2020年01月06日 12時03分
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記1>
 ●EPO/News & issues/News/201920191220
  EPO refuses

  DABUS patent applications designating a machine inventor
  20 December 2019

<追記2>
 (USPTO,EPO,UKIPOの3カ国の特許庁)
 ●Open Legal Community/まとめ作成者:野口剛史
  AIの発明は特許になるのか?3つの特許庁が審査中
  *08/28/2019
  <一部抜粋>「元記事著者:
   Tina G. Yin Sowatzke, Pharm.D. McKee Voorhees & Sease PLC
   (元記事を見る)」

 (米国の例)
 ●産業構造審議会知的財産分科会特許制度小委員会
  ・(旧)産業構造審議会知的財産政策部会特許制度小委員会
   第6回(平成15年2月21日)、配付資料
   ・・資料7-2、米国における発明者の決定
     *全20頁
     <一部抜粋>「Ⅱ.発明者の要件 1.自然人
       ・発明者は自然人であることを要し、会社、
        パートナーシップ又は、その他法的に設立された
        団体などの法人であってはならない。」
<サイト内>
 ●2020年1月 8日 (水)、【AI関連発明】Yahoo Japan/
  栗原潔 氏/AIを発明者とする特許出願はどんなレベルのものなのか
  <AI発明者3>
 ●2020年1月 7日 (火)、【AI関連発明】財経新聞/
  AIを発明者として申請された特許出願、欧州で却下される
  <AI発明者2>


[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Forbes JAPAN/中国のAI論文数がヨーロッパ全体を凌駕

□特許と関係ないが、Google/ニュース/AIでの検索結果において、
 次のニュースが掲載されていた。
 ●<検索サイト>Google/ニュース/AI
<AI論文数>
 ・Forbes JAPAN/河 鐘基(ハ・ジョンギ) 氏,

  OFFICIAL COLUMNIST/
  中国のAI論文数がヨーロッパ全体を凌駕
  *2020/01/06 07:30
  <一部抜粋1>「文=河鐘基」氏
  <一部抜粋2>「連載:AI通信「こんなとこにも人工知能」
  ・・過去記事はこちら>>」
<医療×AI>
 ・CNET Japan/Campbell Kwan (ZDNet.com)/
  グーグル、乳がん識別でAIが人間を上回ったと発表
  *2020年01月06日 11時15分
<工作機械×AI>
 ・日経 xTECH、吉田 勝=日経 xTECH/日経ものづくり 氏/
  特集2、進む工作機械の自動化、AIで現場をもっと楽に
  「メカトロテック ジャパン 2019」リポート[2]
  *2020/01/06 05:00、
   有料会員制(非会員の方は一部しか読めません。)
<AI倫理>
 ・SBクリエイティブ/ビジネス+IT/
  AI攻撃には「AI」で対抗せよ。
  「東大超え」OISTが実施するセキュリティ対策とは?
  *2020/01/06
<AI倫理>
 ・Yahoo Japan/AMP[アンプ]/
  時代は「レスポンシブルAI」へ、

  ディープラーニング生みの親筆頭に
  加速するカナダAI倫理の取り組み
  *1/6(月) 10:00配信
<コンピューターウイルス×AI>
 ・日経 xTECH/宮崎 謙太郎=トレンドマイクロ/
  TECH徹底解説コンピューターウイルス、
  AIでウイルスを検出、その巧みな仕組みを詳細解説
  *2020/01/06 05:00、
   有料会員(非会員の方は一部しか読めません。)

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】NNA ASIA/《知財》韓国EV電池、中国が人材引き抜きか

□特許と関係ないが、韓国「EV電池」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●NNA ASIA/《知財》韓国EV電池、中国が人材引き抜きか
  *2020/01/06(月)
 *<検索サイト>Google/ニュース/知財

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】Reuters/米、AIソフトを輸出規制対象に 競合国活用を抑止

□特許と関係ないが、アメリカの「AIソフトを輸出規制対象」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●Reuters/Reuters Staff/
  米、AIソフトを輸出規制対象に 競合国活用を抑止
  *2020年1月6日 / 08:40 / 2時間前更新
 *<検索サイト>Google/AI ニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】1月6日/インターネット出願ソフトによる手数料軽減申請書(国際出願時)の添付方法

□特許庁「報道発表 トピックス」のお知らせです。
 ●特許庁/報道発表 トピックス
  ・報道発表 トピックス
   ・・1月6日
     インターネット出願ソフトによる手数料軽減申請書
     (国際出願時)の添付方法(プルダウンの表示が変わります)
   ・・1月6日
     手続料金計算システムが、11月1日付けの国際出願関係手数料

     の改定に対応しました。
   ・・1月6日
     松永長官 2020年 年頭所感
     <一部抜粋>
【表1】 *改行挿入。

 意匠に関しては、日本企業が持つデザインの力をもっとビジネスに活かしていただくべく、今年の4月1日から、意匠法の保護対象の拡充や関連意匠制度の拡充など、多くの変更点を含んだ改正意匠法が施行されます。
これまで意匠法の保護対象は物品に限られていましたが、AI、IoT等の新技術を利用したサービスに関する画像デザインや、企業のブランド戦略に重要と思われる建築物・内装のデザインを新たに保護対象とし、またシリーズ製品等の保護に資する制度を拡充するものです。
特許庁は、生まれ変わった新たな意匠制度を多くのユーザーに活用していただけるよう、周知に努めていきます。

<出典>「特許庁」サイト、1月6日、松永長官 2020年 年頭所感
 (当該ページのURL)
https://www.jpo.go.jp/introduction
/message/2020newyear.html

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】J-PlatPat/特許・実用新案の文献表示機能、検索機能等の停止、2020年1月11日(土)9:00~2020年1月11日(土)18:00<第6回目>

□J-PlatPatの「メンテナンス情報」のお知らせです。
 ●特許庁/J-PlatPat/メンテナンス情報
  <一部抜粋1>*一部着色追加「【重要なお知らせ】
【表1】

< 臨時メンテナンス情報(1)>

 以下の期間はメンテナンス等のため、
特許・実用新案の文献表示機能、
特許・実用新案の検索機能(簡易検索含む)、
 CSV出力の一部機能※を停止させて頂きます。
 2020年1月11日(土)9:00~2020年1月11日(土)18:00
 ※特許実用新案のCSV出力において、
要約を含めての出力が不可となります。
 また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

 【表2】 

<臨時メンテナンス情報(2)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、J-PlatPat全サービスを停止させて頂きます。
2020年2月1日(土)9:00~2020年2月2日(日)21:00
また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

  [△最新情報へ]

  (以上)

【特許庁】電子出願ソフトサポートサイト「インターネット出願ソフトVer.[i3.80]リリース」<第7回目>

□特許庁「電子出願ソフトサポートサイト」からのお知らせです。
 ●特許庁/電子出願ソフトサポートサイト
  <一部抜粋>
  ・重要、2019.12.13
   インターネット出願ソフトVer.[i3.80]リリース
   のお知らせを公開しました。
   <一部抜粋1>

◆ リリース日程
ダウンロード開始日:2019年12月26日(木) 18:00
特許庁受付開始日 :2019年12月29日(日) 21:00

    <一部抜粋2>*レイアウト一部変更。

● ご注意ください ●
・国際出願手続をする場合はご注意ください。
 ・・[i3.80]は、2020年1月1日のPCT関連手数料改定に対応しています。
   2019年12月31日までに、オンライン手続する場合〔料金表メンテナンス〕にて、旧料金に変更してください。
 ・・2020年1月1日以降に、オンライン手続する場合
   [i3.70]は、2020年1月1日のPCT関連手数料改定に、〔料金表メンテナンス〕してください。
・[i3.80]が、Windows 7に対応した最後のバージョンです。お早目にパソコンのご準備をお願いします。

    <一部抜粋3>
【図1】 「【インターネット出願ソフト】」

  20191216_info04_49

    <出典>電出出願ソフトサポートサイト、
  インターネット出願ソフトVer.[i3.80]リリースの
  お知らせを公開しました。
 (当該ページのURL)
http://www.pcinfo.jpo.go.jp/site/4_news/4_release/04_49.html
  ・New、2019.12.13
   仕様変更 Ver.[i3.80]の変更内容を公開しました。
   <一部抜粋1> *(は空白)、一部着色。

◆[i3.80]以降の【国際特許分類】
<記載例>
  【国際特許分類】 G08C□□17/00
             H04M□□11
             H04W

  [△最新情報へ]

   (以上)

2020年1月 5日 (日)

【知財とビジネス】みんなの仮想通貨/中国の暗号法成立と暗号資産の価値高騰の可能性<中国「暗号法」2>

□特許であって、「中国の暗号法成立」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●みんなの仮想通貨/コラム/筆者: JWマイニング/
  中国の暗号法成立と暗号資産の価値高騰の可能性
  *2020/01/05
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)ご利用させていただいています。
<サイト内>
 ●2020年1月 2日 (木)/【ブロックチェーン関連特許】
  コインテレグラフジャパン/中国が暗号法施行、
  デジタル人民元デビューへ準備着々
  <中国「暗号法」1>

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】日経電子版/5G特許、中国に勢い 韓国と北欧が追う

□特許であって、「5G特許」
に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●日経電子版/5G特許、中国に勢い 韓国と北欧が追う
  *2020/1/5 16:46
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】ITmedia NEWS/Google、「Edge TPU」搭載のコインサイズの「Coral Accelerator Module」や「Dev Board Mini」をCESで公開

□特許と関係ないが、7日からラスベガスで開催の「CES 2020」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●ITmedia NEWS/[佐藤由紀子,ITmedia]/
  Google、「Edge TPU」搭載のコインサイズの「Coral Accelerator Module」
  や「Dev Board Mini」をCESで公開
  *2020年01月04日 18時33分 公開
 ●NHK NEWS WEB/国際部記者 曽我太一 氏/
  クラウドはもう古い!? 2020年は「エッジ」の時代に
  *2019年12月24日 18時44分 国際特集
 *<検索サイト>Google/ニュース/エッジ・コンピューティング

[△最新情報へ]

(以上)

【個人メモ】<竹山コラム11>「AI」・「IoT」・「エッジ・コンピューティング」の関連発明の単純統計について

<竹山コラム>
 特許庁「J-PlatPat」を用いた「AI」・「IoT」・「エッジ・コンピューティング」
 の単純統計について
                      2020/1/5竹山宏明
1 単純統計
 ・本「単純統計」は、「AI関連発明」の全体像を反映するものでは
  ありません。
 ・また、「IoT」(Internet of Things)については、
  広域ファセット分類記「ZIT」(*1)を用いたものです。
 ・「エッジ・コンピューティング」(以下、「エッジ」ともいう。)関連発明も
  全体像を反映するものではありません。
【図1】

20100105_zu01

【表1】

No. 年度 AI関連
(*2)
IoT関連
(*3)
エッジ関連
(*4)
1 2015 229 418 8
2 2016 305 308 11
3 2017 592 354 87
4 2018 716 713 93
5 2019 946 481 165
- 合計 2,788 2,274 364

2 注記
(*1)特許庁/IoT関連技術の特許分類情報の蓄積
    *[更新日 2018年6月6日]
(*2)AI関連
 ・<共通条件>
  ・・J-PlatPat/特許・実用新案検索
   ・・・検索日:2020年1月5日
   ・・・検索オプション、公知日/発行日:
      <検索期間1>過去5年(20150101~)
  ・・<個別条件>
   ・・・論理式:<AI全体>
      集合(S1)=[G06N3/00/FI+G06N5/00/FI+G06N7/00/FI
           +G06N10/00/FI+G06N20/00/FI+G06N99/00/FI]
          =国内文献(2,788)件
(*3)IoT関連
  ・論理式:<IoT>広域ファセット分類記号
   集合(S2)=[ZIT/FC]=国内文献(2,274)件
(*4)エッジ・コンピューティング
  ・論理式:<エッジ・コンピューティング>
   集合(S3)=[エッジコンピュー/TX+エッジ・コンピュー/TX
        +エッジ端末/TX]
       =国内文献(364)件
<サイト内>
 ●2019年12月31日 (火)、【個人メモ】<竹山コラム10>
  「量子暗号」・「量子通信」関連発明の単純統計について
 ●2019年12月30日 (月)、【個人メモ】<竹山コラム9>
  「AI」・「IoT」・「ブロックチェーン」の関連発明の単純統計について
<サイト内>
 ●2019年12月30日 (月)、【個人メモ】<竹山コラム8>
  「AI」と「IoT」関連発明の単純統計について
 ●2019年12月30日 (月)、【個人メモ】<竹山コラム7>
  「AI関連発明」の単純統計について<竹山コラム7の2>
 ●2019年12月30日 (月)/【個人メモ】<竹山コラム7>
  「AI関連発明」の単純統計について<竹山コラム7の1>

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】共同通信/外務省、AI兵器規制で国際会議、論議主導狙い

□知財と関係ないが、「AI兵器規制で国際会議」
に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●共同通信/外務省、AI兵器規制で国際会議、論議主導狙い
  *2020/1/4 16:42 (JST)1/4 17:19 (JST)updated
 *<検索サイト>Google/AI ニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】毎日新聞/特許庁、コピー商品撲滅へ見分け方動画公開、ネット通販で若者の購入多く

□特許庁「コピー商品」を撲滅する対策
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●毎日新聞/特許庁、コピー商品撲滅へ見分け方動画公開
  ネット通販で若者の購入多く
  *2020年1月4日 21時48分/
   会員限定有料記事(非会員の方は一部しか読めません。)
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】ASCII×AI/AIに職が奪われる、だからベーシックインカムが必要

□特許と関係ないが、「ベーシックインカム」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●ASCII×AI/文● 西牧、編集● ASCII/
 AIに職が奪われる、だからベーシックインカムが必要
 2020年01月02日 09時00分更新
 *<検索サイト>Google/AI ニュース

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 4日 (土)

【AI関連発明】AI SCHOLAR/建築デザインとAI。GANを用いた間取り図生成の紹介

□特許と関係ないが、「建築デザインとAI」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●AI SCHOLAR/GAN(敵対的生成ネットワーク)/
  建築デザインとAI。GANを用いた間取り図生成の紹介
  *2019.05.13
  <一部抜粋>「そんな中、ハーバード大学大学院デザイン学研究科
   のStanislas Chaillou氏が建築分野でのGAN応用として、
   GANを用いて間取り図を作成する取り組みを行っています。」
 *<検索サイト>Google/AI 間取り
<追記>
 ●Stanislas Chaillou, Author at NVIDIA Developer Blog
  ・Post by Stanislas Chaillou
   ArchiGAN: a Generative Stack for Apartment Building Design
   By Stanislas Chaillou | July 17, 2019
   <一部抜粋1>
【図1】 ”Figure 3. Generation stack in three models”

20100104_figure3

<出典1>Stanislas Chaillou, Author at NVIDIA Developer Blog
  ArchiGAN: a Generative Stack for Apartment Building Design
  By Stanislas Chaillou | July 17, 2019
 (当該ページのURL)
https://devblogs.nvidia.com/archigan-generative
-stack-apartment-building-design/
   <一部抜粋1>
【表1】 ”Stack and Models”

”Stack and Models
 I build upon the previously described precedents to create a 3-step generation stack. As described in Figure 3, each model of the stack handles a specific task of the workflow: (I) footprint massing, (II) program repartition, (III) furniture layout.”
【Google 翻訳】
「スタックとモデル
 前述の前例に基づいて、3段階の生成スタックを作成します。図3で説明したように、スタックの各モデルは、ワークフローの特定のタスクを処理します:(I)フットプリントマス、(II)プログラムの再分割、(III)家具のレイアウト。」

<出典2> *出典1に同じ。Stack and Models
 *<検索サイト>Google/Stanislas Chaillou

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】ITmedia NEWS/AIがマンモグラムでの乳がん検出確度で人間の医師を上回った──Google論文

□特許と関係ないが、「Google論文」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●ITmedia NEWS/[佐藤由紀子,ITmedia] 氏/
  AIがマンモグラムでの乳がん検出確度で人間の医師を上回った

  ──Google論文
  *2020年01月04日 10時07分 公開
  <一部抜粋>「米Googleのヘルスケア部門Google Healthは1月1日
   (現地時間)、AIによる乳がん診断に関する論文を

   Natureで発表した。」
   *全25頁
 *<検索サイト>Google/AI ニュース
<追記>
 ●Nature
  ・Nature/Article、Published: 01 January 2020
   International evaluation of an AI system for breast cancer screening

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/カーネギーメロン大学、分散型金融の研究プログラム立ち上げへ、メーカーダオ元開発者が仮想通貨1万MKR寄付

□特許と関係ないが、「分散型金融の研究プログラム」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Kollen Post 氏/
  カーネギーメロン大学、分散型金融の研究プログラム立ち上げへ
  メーカーダオ元開発者が仮想通貨1万MKR寄付【ニュース】
  *23時間前(2020年1月3日 )
  <一部抜粋>「今回の寄付の目的について
   『この分野で巨大テック企業や既存の銀行によるレントシーキングが
   増加していることを憂慮しているため』と説明している。」
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース
<追記>
 ●レントシーキング - Wikipedia
  <一部抜粋1>「出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  <一部抜粋2>「レントシーキング(英: rent seeking)とは、
   民間企業などが政府や官僚組織へ働きかけを行い、
   法制度や政治政策の変更を行うことで、

   自らに都合よく規制を設定したり、
   または都合よく規制の緩和をさせるなどして、
   超過利潤(レント)を得るための活動を指す・・・。
   またこれらの活動を行う人をレントシーカーやロビイストなどと呼ぶ。」
  <一部抜粋>「最終更新 2019年7月13日 (土) 11:24
   (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。」
  *<検索サイト>Google/レントシーキング

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】中央日報日本語版/「耐えに耐え、更に耐えて」中国の偽物との戦争で勝率93%の伝説作った韓国ゲーム会社(1)

□知的財産権(IP)であって、韓国企業 対 中国企業のゲームに関する
 韓国内外における侵害訴訟に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●中央日報/中央日報日本語版/
  「耐えに耐え、更に耐えて」中国の偽物との戦争で勝率93%
  の伝説作った韓国ゲーム会社(1)
  *2020.01.03 16:36
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●中央日報/中央日報日本語版/
  「耐えに耐え、更に耐えて」中国の偽物との戦争で勝率93%
  の伝説作った韓国ゲーム会社(2)
  *2020.01.03 16:37

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】週刊ポスト/映画寅さん 横尾忠則氏が「山田監督のアイディア盗用」に激怒

□知財と関係ないが、芸術作品「アイディアとコンセプト」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●NEWSポストセブン/週刊ポスト/取材・構成/岸川真 氏/
  映画寅さん 横尾忠則氏が「山田監督のアイディア盗用」に激怒
  *2020.01.04 07:00
  <一部抜粋>「※週刊ポスト2020年1月17・24日号」
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】マイベストプロ青森/弁理士 鈴木壯兵衞 氏/<コラム>第63回、これでよいのか日本の独創研究

□知財と関係ないが、「独創研究」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●マイベストプロ/マイベストプロ青森
  /弁理士 鈴木壯兵衞(すずきそうべえ) 氏/
  コラム、第63回、これでよいのか日本の独創研究
  *2020年1月3日
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】AUTOMATON/米任天堂、Nintendo Switch本体改造業者との裁判で勝訴。差し止め命令を勝ち取る

□著作権法であって、ゲーム機の本体改造に対する
 米国における侵害訴訟に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●AUTOMATON/By Taijiro Yamanaka 氏/
  米任天堂、Nintendo Switch本体改造業者との裁判で勝訴。

  差し止め命令を勝ち取る
  *2020-01-03 18:30
  <一部抜粋>「海外メディアTorrentFreakなどが報じている。」
  ・TorrentFreak/by Andy 氏/
   Nintendo Wins Injunction Against Switch Mod & Pirate Game Seller
   *January 2, 2020
   <一部抜粋>
   ・・「Obtained by TorrentFreak, the stipulated judgment and
     permanent injunction can be viewed here (pdf)
     *全6頁
     <一部抜粋>「NINTENDO OF AMERICA INC. vs. 3名、
       Case No.: 8:18-cv-02196-JLS-ADS
       DATED:  December 30, 2019」
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】内閣府ホーム/日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室等<次世代医療基盤法の2>

□特許と関係ないが、「次世代医療基盤法」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●内閣府ホーム/日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室 等
  ・制度の概要
   <一部抜粋>
   ・・「次世代医療基盤法」とは(PDF形式:662KB)
     *全37頁
     <一部抜粋>「次世代医療基盤法」とは、2019年4月
      内閣官房健康・医療戦略室 内閣府日本医療研究開発機構
      ・医療情報基盤担当室
 *<検索サイト>Google/次世代医療基盤法
【図1】「次世代医療基盤法と研究倫理指針との関係」

20200104_zu01

<出典1>「内閣府ホーム」
   日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室 等
   「次世代医療基盤法」とは(PDF形式:662KB)
   次世代医療基盤法と研究倫理指針との関係、次世代医療基盤法
   *p.21
 (当該ページのURL)
https://www8.cao.go.jp/iryou/gaiyou/
pdf/seidonogaiyou.pdf
【図2】「次世代医療基盤法によって実現できること(例)」

20200104_zu02

<出典2> *出典1に同じ。
   次世代医療基盤法によって実現できること(例)
   ■治療選択肢の評価等に関する大規模な研究の実現、p.12
【図3】「認定事業者に対する医療情報の提供」

20200104_zu03

<出典3> *出典1に同じ。
   認定事業者に対する医療情報の提供、p.16
<サイト内>
 ●2020年1月 4日 (土)、【AI関連発明】NHK NEWS WEB/
  医療ビッグデータをAIで解析 治療などに活用本格化
  <次世代医療基盤法の1>

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】NHK NEWS WEB/医療ビッグデータをAIで解析 治療などに活用本格化<次世代医療基盤法の1>

□特許と関係ないが、「医療ビッグデータ」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●NHK NEWS WEB/

  医療ビッグデータをAIで解析 治療などに活用本格化
  *2020年1月4日 4時28分
 *<検索サイト>Google/AI ニュース
<追記>
 ●内閣府/次世代医療基盤法の認定等に関する有識者・実務者会議
  <一部抜粋>「開催要綱
   次世代医療基盤法の認定等に関する有識者・実務者会議開催要綱
  ・(PDF形式:110KB)」
   *全2頁
   <一部抜粋>「次世代医療基盤法の認定等に関する有識者・
    実務者会議開催要綱、平成31年3月25日
    内閣府日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室長決定」
 ●内閣府/一般社団法人ライフデータイニシアティブ
  及び株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  <一部抜粋>「一般社団法人ライフデータイニシアティブ及び
   株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、令和元年12月19日、
   主務府省(内閣府、文部科学省、厚生労働省及び経済産業省)

   において、事業者の認定を行いました。
  <一部抜粋>
  ・「報道発表資料「次世代医療基盤法に基づく事業者の認定について」
   (令和元年12月19日)
【表1】

1.趣旨
 医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法律(平成29年法律第28号)(以下「次世代医療基盤法」という。)は、平成29年5月に公布、平成30年5月に施行されました。
 本日、次世代医療基盤法に基づき、主務府省(内閣府、文部科学省、厚生労働省及び経済産業省)において、以下の事業者を認定しました(事業者概要・事業実施体制は別紙1・別紙2)。
 これは、次世代医療基盤法の施行後、初の事業者認定です。
○認定匿名加工医療情報作成事業者:一般社団法人ライフデータイニシアティブ(以下、「LDI」という。)
 (医療情報を取得・整理・加工して匿名加工医療情報を作成・提供する事業者)
○認定医療情報等取扱受託事業者:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(以下、「NTTデータ」という。)
 (認定匿名加工医療情報作成事業者の委託を受けて医療情報等又は匿名加工医療情報を取り扱う事業者)

<サイト内>
 ●2020年1月 4日 (土)/【AI関連発明】内閣府ホーム/
  日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室等
  <次世代医療基盤法の2>

[△最新情報へ]

(以上)

【特許庁】J-PlatPat/特許・実用新案の文献表示機能、検索機能等の停止、2020年1月11日(土)9:00~2020年1月11日(土)18:00<第5回目>

□J-PlatPatの「メンテナンス情報」のお知らせです。
 ●特許庁/J-PlatPat/メンテナンス情報
  <一部抜粋1>*一部着色追加「【重要なお知らせ】
【表1】 

< 臨時メンテナンス情報(1)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、
特許・実用新案の文献表示機能、
特許・実用新案の検索機能(簡易検索含む)、
 CSV出力の一部機能※を停止させて頂きます。
 2020年1月11日(土)9:00~2020年1月11日(土)18:00
 ※特許実用新案のCSV出力において、
要約を含めての出力が不可となります。
 また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

 【表2】 

<臨時メンテナンス情報(2)>
 以下の期間はメンテナンス等のため、J-PlatPat全サービスを停止させて頂きます。
2020年2月1日(土)9:00~2020年2月2日(日)21:00
また、停止予定日時は変更になることもありますのでご注意願います。

 

  [△最新情報へ]

  (以上)

【特許庁】電子出願ソフトサポートサイト「インターネット出願ソフトVer.[i3.80]リリース」<第6回目>

□特許庁「電子出願ソフトサポートサイト」からのお知らせです。
 ●特許庁/電子出願ソフトサポートサイト
  <一部抜粋>
  ・重要、2019.12.13
   インターネット出願ソフトVer.[i3.80]リリース
   のお知らせを公開しました。
   <一部抜粋1> 

◆ リリース日程
ダウンロード開始日:2019年12月26日(木) 18:00
特許庁受付開始日 :2019年12月29日(日) 21:00

    <一部抜粋2>*レイアウト一部変更。

● ご注意ください ●
・国際出願手続をする場合はご注意ください。
 ・・[i3.80]は、2020年1月1日のPCT関連手数料改定に対応しています。
   2019年12月31日までに、オンライン手続する場合〔料金表メンテナンス〕にて、旧料金に変更してください。
 ・・2020年1月1日以降に、オンライン手続する場合
   [i3.70]は、2020年1月1日のPCT関連手数料改定に、〔料金表メンテナンス〕してください。
・[i3.80]が、Windows 7に対応した最後のバージョンです。お早目にパソコンのご準備をお願いします。

    <一部抜粋3>
【図1】 「【インターネット出願ソフト】」

  20191216_info04_49

    <出典>電出出願ソフトサポートサイト、
  インターネット出願ソフトVer.[i3.80]リリースの
  お知らせを公開しました。
 (当該ページのURL)
http://www.pcinfo.jpo.go.jp/site/4_news/4_release/04_49.html
  ・New、2019.12.13
   仕様変更 Ver.[i3.80]の変更内容を公開しました。
   <一部抜粋1> *(は空白)、一部着色。

◆[i3.80]以降の【国際特許分類】
<記載例>
  【国際特許分類】 G08C□□17/00
             H04M□□11
             H04W

 

  [△最新情報へ]

   (以上)

2020年1月 3日 (金)

【著作権】ハーバー・ビジネス・オンライン/現代ビジネス編集部掲載記事に本サイト記事コピペの疑い。

□著作権であって、「記事コピペの疑い」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●扶桑社/ハーバー・ビジネス・オンライン/藤倉善郎 氏/
  現代ビジネス編集部掲載記事に本サイト記事コピペの疑い。
  編集部と著者・鈴木エイトの抗議に「盗用」は否定も記事を訂正の怪
  *2020.01.02
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

[△最新情報へ]

(以上)

【AI関連発明】SankeiBiz/乳がん識別、専門家上回る グーグルのAI画像検診

□特許と関係ないが、グーグル「AI画像検診」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●SankeiBiz/(共同)/
  乳がん識別、専門家上回る グーグルのAI画像検診
  *2020.1.3 09:17
 ●東京新聞/

  AIの乳がん識別、専門家上回る グーグル発表、マンモ画像検診で
  *2020年1月3日 04時23分
 ●共同通信/AIの乳がん識別、専門家上回る
  グーグル発表、マンモ画像検診で
  *2020/1/3 04:23 (JST)
 ●Engadget 日本版/Source: Nature, Google/Kiyoshi Tane/
  Google、AIの乳がん判定精度が専門家を上回ったと発表。患者や ...
  *1日前(2020年1月2日)
  <一部抜粋>「AI訓練には匿名データセットを使用」
 *<検索サイト>Google/AI ニュース
<追記>
 ●日本経済新聞 電子版/何でもこなせる「万能AI」 グーグルの野望
  *2020/1/3 2:00、会員限定(非会員の方は一部しか読めません。)
  <一部抜粋>「超人間・万能AI(下)」
  ・日本経済新聞 電子版/

   Googleの最新AI、読解力も人間超え 驚異の学習法
   *2020/1/1 2:00、会員限定(非会員の方は一部しか読めません。)
   <一部抜粋>「超人間・万能AI(上)」
  ・日本経済新聞 電子版/AIが自らAIつくる もはや開発者すら不要
   *2020/1/2 2:00
   <一部抜粋>「超人間・万能AI(中)」

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】SankeiBiz/ジェトロ 2020年のBRICS経済を占う 中国

□特許と関係ないが、中国「BRICS経済」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●SankeiBiz/(ジェトロ・北京事務所 藤原智生)/
  ジェトロ 2020年のBRICS経済を占う 中国
  *2020.1.3 05:00
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●BRICs - ウィキペディア
  <一部抜粋>「BRICsは、2000年代以降著しい経済発展を遂げている

   ブラジル、ロシア、インド、中国の4ヶ国の総称。
   BRICとも呼ばれる。」
 ●JETRO/知的財産権保護
  *該当無し。

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 2日 (木)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/中国が暗号法施行、デジタル人民元デビューへ準備着々<中国「暗号法」1>

□特許と関係ないが、中国「暗号法」(1月1日施行)
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/William Suberg 氏
  中国が暗号法施行、デジタル人民元デビューへ準備着々【ニュース】
  *12時間前(2020年1月2日)
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース
<追記>
 ●日本経済新聞/
  デジタル人民元へ法整備 中国「暗号法」1月1日施行
  *2019/12/30 18:59

<サイト内>
 ●2020年1月 5日 (日)、【知財とビジネス】みんなの仮想通貨/
  中国の暗号法成立と暗号資産の価値高騰の可能性<中国「暗号法」2>

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】Block Insight by MonexCB/量子コンピューター VS ブロックチェーン :2030年が分岐点?

□特許と関係ないが、「耐量子暗号」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●Block Insight by MonexCB/島田 理貴 氏/
  量子コンピューター VS ブロックチェーン :2030年が分岐点?
  *2019.12.23
  <一部抜粋>「日本銀行金融研究会における清藤氏と四方氏の報告
   *全28頁
   <一部抜粋>清藤 武暢 氏/四方 順司 氏
    「量子コンピュータが共通鍵暗号の 安全性に与える影響」
    日本銀行金融研究所 / 金融研究 /2019.1
  *<検索サイト>Google/耐量子暗号

[△最新情報へ]

(以上)

【量子暗号関連発明】NHK NEWSWEB/“解読されない暗号を” 次世代の「量子暗号」 研究拠点整備へ

□特許と関係ないが、「量子暗号」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●NHK NEWSWEB/
  “解読されない暗号を” 次世代の「量子暗号」 研究拠点整備へ
  *2020年1月2日
 ●TECHABLE/
  ハッキング不可能な通信を実現する暗号化技術が登場!
  量子コンピュータにも耐性
  *2020/1/2
 *<検索サイト>Google/量子暗号 ニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】東洋経済オンライン/2020年の米中貿易交渉が楽観視できない理由、「第1弾の合意成立」に安心してはいけない

□知財であって、「米中貿易交渉」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●東洋経済オンライン/松本 英毅 氏: NY在住コモディティトレーダー/
  2020年の米中貿易交渉が楽観視できない理由
  「第1弾の合意成立」に安心してはいけない
  *2020/01/02/
 ●日本経済新聞/トランプ氏、対中輸出の倍増狙う 15日に7条項で署名
  *2020年1月2日 19:00
 *<検索サイト>Google/米中貿易交渉

[△最新情報へ]

(以上)

【知財とビジネス】読売新聞オンライン/【独自】中国製機器制限へ新法、ファーウェイ念頭に日本製を優遇

□知財と関係ないが、
 「特定高度情報通信等システムの普及の促進に関する法律(仮称)」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●読売新聞オンライン/【独自】中国製機器制限へ新法、
  ファーウェイ念頭に日本製を優遇
  *2020/01/01、[読者会員限定](非会員の方は読めません。)
 ●読売新聞オンライン/【独自】対中国 デジタル防衛
  …ハイテク機器 新法
  *2020/01/01、[読者会員限定](非会員の方は読めません。)
<追記>
 ●日本経済新聞/与党税制改正大綱の要旨
  *2019/12/12
 ●Bloomberg the Company & Its Products/広川高史 氏/
  5Gインフラ普及促進へ、投資に15%の税額控除

  -与党税制改正大綱案
  *2019年12月12日
  <一部抜粋>「特定高度情報通信等システムの普及の促進

   に関する法律(仮称)」
 ●財務省/税制(国の税金の仕組み)
  <一部抜粋>「令和2年度税制改正の大綱が閣議決定されました」
   *全101頁

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/中国共産党機関紙、5つのキーワードの1つにブロックチェーン選ぶ、「2019年に転機迎えた」【ニュース】

□特許と関係ないが、中国共産党機関紙「5つのキーワード」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Cointelegraph Japan/
  中国共産党機関紙、5つのキーワードの1つにブロックチェーン選ぶ
  「2019年に転機迎えた」【ニュース】
  *19時間前(2020年1月1日)
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

【ブロックチェーン関連特許】コインテレグラフジャパン/「ブロックチェーンがSDGs達成を早める可能性」、国連の事務総長が発言【ニュース】

□特許と関係ないが、「ブロックチェーンがSDGs達成を早める可能性」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●コインテレグラフジャパン/Adrian Zmudzinski 氏/
  「ブロックチェーンがSDGs達成を早める可能性」
  国連の事務総長が発言【ニュース】
  *2019年12月30日
 *<検索サイト>コインテレグラフジャパン/ブロックチェーンニュース

[△最新情報へ]

(以上)

2020年1月 1日 (水)

【知財とビジネス】日本経済新聞/米中合意、15日に署名 トランプ氏が第2段階協議へ訪中

□知財であって、米中貿易交渉「第1、第2段階」の日程
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 ●日本経済新聞/
  米中合意、15日に署名 トランプ氏が第2段階協議へ訪中
  *2019/12/31 23:46
 ●毎日新聞/

  トランプ大統領、北京訪問の意向 米中貿易交渉の第2段階開始へ
  *2020年1月1日 00時12分(最終更新 1月1日 00時54分)
 *<検索サイト>Google/米中貿易交渉

[△最新情報へ]

(以上)

【著作権】週刊朝日/AERA dot./“紅白出場”AI美空ひばり「気持ち悪さ」の正体 法規制は必要か<「AI歌唱」2>

□著作権であって、「AI歌唱」
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 (竹)本年もどうぞよろしく、お願い申し上げます。1/1竹山宏明
 ●週刊朝日/AERA dot./西岡千史 氏/
  “紅白出場”AI美空ひばり「気持ち悪さ」の正体 法規制は必要か
  *2019.12.31
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。

<サイト内>
 ●2019年12月31日 (火)、【著作権】Business Insider Japan/
  紅白で「復活」する“AI美空ひばり”が音楽業界にとって注目の理由
  <「AI歌唱」1>

[△最新情報へ]

(以上)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30