« 【知財とビジネス】WWD JAPAN/連載 初心者のためのファッションロー相談所(無料公開中)記事一覧 | トップページ | 【知財とビジネス】時事ドットコムニュース/畜産農家の支援拡充、政府、日米協定受け政策大綱改訂 »

2019年12月 6日 (金)

【著作権】講談社/12月 6日 東京地裁がソフトウェア著作権を認める(1982年)

□著作権であって、ブルーバックス"サイエンス365days"のコーナー
 に関し、次のニュースが掲載されていた。
 <感想>知らず、驚きました。12/6竹山
 ●講談社/ブルーバックス/ブルーバックス編集部/
  12月 6日 東京地裁がソフトウェア著作権を認める(1982年)
  *2019.12.6
 *パテントサロン
  (竹)ご利用させていただいています。
<追記>
 ●裁判所/裁判例情報/検索条件指定画面
  ・裁判所/裁判例情報/検索結果一覧表示画面
   <一部抜粋>
   ・・「昭和54(ワ)10867    著作権  民事訴訟
     昭和57年12月6日  東京地方裁判所」 
     「全文」
     *全4頁
     <一部抜粋1>テレビ型ゲームマシン
       「スペース・インベーダー・パートⅡ」
     <一部抜粋2>
       (裁判官 牧野利秋 清水篤 設楽隆一)
     <一部抜粋3>
【表1】

 右の事実によれば、本件プログラムは、本件ゲームの内容を本件機械の受像機面 上に映し出すことを目的とし、その目的達成のために必要な種々の問題を細分化して分析し、そのそれぞれについて解法を発見した上で、その発見された解法に従つて作成されフローチヤートに基づき、専門的知識を有する第三者に伝達可能な記号語(アツセンブリ言語)によつて、種々の命令及びその他の情報の組合せとして表現されたものであり、当然のことながら右の解法の発見及び命令の組合せの方法においてプログラム作成者の論理的思考が必要とされ、また最終的に完成されたプログラムはその作成者によつて個性的な相違が生じるものであることは明らかであるから、本件プログラムは、その作成者の独自の学術的思想の創作的表現であり、著作権法上保護される著作物に当たると認められる。

[△最新情報へ]

(以上)

« 【知財とビジネス】WWD JAPAN/連載 初心者のためのファッションロー相談所(無料公開中)記事一覧 | トップページ | 【知財とビジネス】時事ドットコムニュース/畜産農家の支援拡充、政府、日米協定受け政策大綱改訂 »

最近の記事

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31