« 【AI関連発明】GLOBE+/果てしない、地震予知の夢 「AIで予兆をとらえる」に挑む科学者たち | トップページ | 【特許庁】10月21日、審判制度に関するQ&A(「審判制度の概要と運用(PDF)」を更新しました) »

2019年10月20日 (日)

【特許】<竹山>カプコン 対 コーエーの控訴審における実施料率について<ゲームソフト訴訟の5>

□特許であって、カプコン 対 コーエーの控訴審における実施料率について、個人的に気になり、下記の通り、調べてみた。


1 実施に対し受けるべき金銭の額
【表1】

  実施料率 特許法102条3項により
算定される損害額
本件特許A 3.0%
(p.150)
1億1667万3710円
(p.152)
本件特許B 1.5%
(p.213)
1410万円
(p.213)

2 実施料率の計算の根拠
 (1)本件特許Aについて
【表2】 *p.149~p.150、改行・下線・注の挿入。

(ウ) 実施に対し受けるべき金銭の額
 a 前記(イ)のとおり,本件訴訟において本件特許Aの実際の実施許諾契約の実施料率は現れていないところ,
本件特許Aの技術分野が属する分野の近年の統計上の平均的な実施料率が,本件アンケート結果(*1)では2.5%(最大値4.5%,最小値0.5%,標準偏差1.5%)であり,同実施料率は正味販売高に対する料率を想定したものであることが認められる。
そして,このことを踏まえた上,侵害品に係るゲームソフトにおいては,ゲームのキャラクタや内容,販売方法の工夫等が,その売り上げに大きく貢献していることは否定できないとはいえ,
本件発明A1に係る技術も,売上げの向上に相応の貢献をしていると認められることや,
本件発明A1の代替となる技術は存在しないこと,
控訴人と被控訴人は競業関係にあることなど,
本件訴訟に現れた事情を考慮すると,特許権侵害をした者に対して事後的に定められるべき,本件での実施に対し受けるべき料率(以下「本件実施料率A」という。)は,
消費税相当額を含む被控訴人の正味販売価格に対し,3.0%を下らないものと認めるのが相当である。

 (*1)
【表3】 *p.58、改行挿入、後段の<追記>でリンク。

「知的財産の価値評価を踏まえた特許等の活用の在り方に関する調査研究報告書~知的財産(資産)価値及びロイヤルティ料率に関する実態把握~」本編2(乙B28。以下「本件調査報告書」という。)
によれば,「家具,ゲーム」の技術分野における実施料率は,平均2.5%,最大値4.5%,最小値0.5%である。

 (2)本件特許Bについて
【表4】 *p.212、改行・下線・注の挿入。

イ 実施に対し受けるべき金銭の額
 前記アのとおり,本件訴訟において本件特許Bの実際の実施許諾契約の実施料率は現れていないところ,
本件特許Bの技術分野が属する分野の近年の統計上の平均的な実施料率が,本件アンケート結果(*1)では2.5%(最大値4.5%,最小値0.5%,標準偏差1.5%)である。
このことに加え,本件発明B1に係る技術は,侵害品であるゲームソフトにとってそれなりに意味を有するものであり,かつ代替性もないものであるとはいえ,ロ号製品の売上げ及び利益への貢献度は,同製品の設定,ビジュアル,演出,キャラクターなど訴求力の高いものと比較すると低く,イー9号製品等における本件発明Aの重要性と比べても,その価値は低いものであること,
控訴人と被控訴人は競業関係にあることなど,本件訴訟に現れた事情を考慮すると,特許権侵害をした者に対して事後的に定められるべき,本件での実施に対し受けるべき料率は1.5%を下らないものと認めるのが相当である。

<追記>
 ●経済産業省/ガイドライン・報告書一覧
  ・知的財産の価値評価を踏まえた特許等の活用の在り方に関する調査研究報告書
   ~知的財産(資産)価値及びロイヤルティ料率に関する実態把握~
   *2010年3月
   <一部抜粋>

    「上記調査に関し、特許権に関するロイヤルティ料率情報を、
    バイオテクノロジー等の新たな技術分類で再分析を行いました。
    (2010年8月)」
    ・・本編2(PDF形式:367KB)
      *全10頁
【表5】 *p.4

20191020b_honpen2

  <出典>経済産業省「知的財産の価値評価を踏まえた
  特許等の活用の在り方に関する調査研究報告書」
  本編2、表2-2

<サイト内>
 ●2019年10月20日 (日)、【特許】おたぽる/
  コエテクvsカプコンはついに最終決戦へ!<ゲームソフト訴訟の4>
 ●2019年10月 2日 (水)、【特許】4Gamer.net/
  カプコンとコーエー間の特許侵害訴訟,コーエー側が上告を決定。
  最高裁の判断を求める<ゲームソフト訴訟の3>
 ●2019年9月27日 (金)、【特許】電ファミニコゲーマー/
  コーエーテクモゲームスとカプコンの特許侵害訴訟は最高裁判断へ。
  <ゲームソフト訴訟の2>
 ●2019年9月11日 (水)、【特許】GAME Watch/
  カプコン、コーエーテクモゲームスとの特許権侵害訴訟で勝訴判決
  <ゲームソフト訴訟の1>

[△最新情報へ]

(以上)

« 【AI関連発明】GLOBE+/果てしない、地震予知の夢 「AIで予兆をとらえる」に挑む科学者たち | トップページ | 【特許庁】10月21日、審判制度に関するQ&A(「審判制度の概要と運用(PDF)」を更新しました) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31