« 【商標】財経新聞/スラド「米最高裁、不道徳やスキャンダラスな表現の商標登録禁止は憲法違反と判断」(その3) | トップページ | 【AI関連発明】特許庁「AI関連発明の出願状況調査」(AIその1) »

2019年6月30日 (日)

【不競法】ニコニコ/弁護士ドットコム/マリカー裁判、「コスプレ」同人イベントにも影響ある? 判決文を読み解く<カートの4>

□不正競争防止法において、「任天堂vsマリカー訴訟」の高裁判決の話題である。
 ●ニコニコ/弁護士ドットコム/マリカー裁判、「コスプレ」同人イベントにも影響ある? 判決文を読み解く
  *2019/06/30
 <一部抜粋>「【取材協力弁護士】齋藤 理央(さいとう・りお)弁護士」
 *知財ニュース.com/ニュース速報
  (竹)利用させていただいています。
<追記>
 ●控訴審・第1審(2019年6月19日 (水)の「その2」再掲載)
【表1】

控訴審
<中間判決>

平成30(ネ)10081等 不正競争行為差止等請求控訴事件等
令和元年5月30日 知的財産高等裁判所
 ・要旨
  *全3頁
 ・全文
  *全130頁
第1審 平成29(ワ)6293 不正競争行為差止等請求事件
平成30年9月27日 東京地方裁判所
 ・全文
  *全121頁

<サイト内>
 ●2019年8月19日 (月)
  【不競法】BUSINESS LAWYERS/任天堂「マリカー」訴訟、知財高裁の中間判決が示したゲーム名・キャラクターの許されない使用とは?<カートの5>
 ●2019年6月25日 (火)
  【商標】ニコニコ・ニュース/カートサービス『マリカー』が「任天堂は無関係」を商標出願してしまう<カートの3>
 ●2019年6月19日 (水)
  【不競法】Yahoo Japan/任天堂vsマリカー訴訟の知財高裁判決文(中間判決)が公開されました<カートの2>
 ●2019年5月30日 (木)
  【不競法】弁護士ドットコム/公道カート「マリカー」訴訟、二審も任天堂が勝訴<カートの1>

[△最新情報へ]

(以上)

« 【商標】財経新聞/スラド「米最高裁、不道徳やスキャンダラスな表現の商標登録禁止は憲法違反と判断」(その3) | トップページ | 【AI関連発明】特許庁「AI関連発明の出願状況調査」(AIその1) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30