« 【知財とビジネス】日本経済新聞・電子版/知財、英語で訴訟可能に 「国際裁判部」新設検討 | トップページ | 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(13)~AIと特許法(続き)~<勉強ノート> »

2019年5月 3日 (金)

【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(12)~AIと特許法(続き)~<勉強ノート>

□AI関連発明における進歩性の判断については、特許庁より、次の資料が提供されている。

(目次)
 1 はじめに(1)
 2 AI利用データについて→(1)~(3)
 3 AIと特許法について(4)~(16)
  3-1 我が国における特許出願件数に係る統計データ→(4)
  3-2 AI関連発明→(5)
  3-3 AI関連発明、ビジネス関連発明、IoT関連発明の特許庁資料→(6)
  3-4 特許要件の判断→(7)
  3-5 特許要件の判断→(8)
  3-6 記載要件に関する特許庁の事例について→(8)~(11)
  3-7 進歩性に関する特許庁の事例について(12)~(16)

   (1)進歩性の判断(12)
   (2)特許庁の事例についての進歩性の有無(12)
   (3)事例33「癌レベル算出装置」→(13)
   (4)事例34「水力発電量推定システム」→(14)
   (5)事例35「ネジ締付品質推定装置」→(15)
   (6)事例36「認知症レベル推定装置」→(16)

 4 AIと意匠法について(未作成)
 5 AIと著作権法について(未作成)
 6 AIと不正競争防止法について(未作成)
 7 AIと契約について(未作成)
 8 AIと商標法について(未作成)
 9 AIとその他(未作成)
 10 おわりに(未作成)

**********

(本文)
3 AIと特許法について
 3-7 進歩性に関する特許庁の事例について
  (1)進歩性の判断
 ・「AI関連技術発明」の進歩性の判断については、「他の発明についての進歩性の判断と同様に、“審査基準 第III 部 第2 章 第2 節 進歩性”に従って」行われる。
 <参考文献>特許庁「AI 関連技術に関する事例について」
【図15】


20190501_zu15

<出典>特許庁「AI関連技術に関する事例の追加について」
(平成31年1月30日公表)

  (2)特許庁の事例についての進歩性の有無
     <出典>
     (1)特許庁「AI関連技術に関する事例について」(2019.1公表)
     (2)特許庁「AI関連技術に関する事例の追加について」
      (平成31年1月30日公表)
【表12】

 

事例 進歩性
(第29条第2項)
備考
事例33:
癌レベル算出装置
・【請求項1】× ・人間が行っている業務の人工知能を用いた単純なシステム化であるため、進歩性が否定されるもの
事例34:
水力発電量推定システム
・【請求項1】×
・【請求項1】○
・【請求項1】
 入力データから出力データを推定する推定手法の単純な変更のため、進歩性が否定されるもの
・【請求項2】
 学習に用いる教師データの追加に、顕著な効果が認められるため、進歩性が肯定されるもの
事例35:
ネジ締付品質推定装置
・【請求項1】× ・学習に用いる教師データの変更が既知のデータの組み合わせであり、顕著な効果が認められないため、進歩性が否定されるもの
事例36:
認知症レベル推定装置
・【請求項1】○ 学習に用いる教師データに対する前処理により進歩性が肯定されるもの

 

[△最新情報へ]

(以上)

« 【知財とビジネス】日本経済新聞・電子版/知財、英語で訴訟可能に 「国際裁判部」新設検討 | トップページ | 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(13)~AIと特許法(続き)~<勉強ノート> »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31