« 【特許】Yahoo! JAPAN/中央日報日本語版/日本の「特許攻撃」突破して世界市場の半分占めた韓国中小企業の秘策 | トップページ | 【特許庁】J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)機能改善のお知らせ »

2019年5月 7日 (火)

【特許庁】特許庁/日本意匠分類(令和元年5月1日施行版)

□特許庁「日本意匠分類」が「令和元年(2019年)5月1日施行」される。次のニュースが掲載されていた。
 ●特許庁/意匠登録出願等の手続のガイドライン
  *[更新日 2019年5月7日]

 ●特許庁/日本意匠分類関連情報
  *[更新日 2019年5月7日]
 <一部抜粋>
【表1】

令和元年5月
特許庁審査第一部意匠課

はじめに
日本意匠分類は、意匠審査における迅速・的確なサーチ、外部における先行意匠調査や意匠権調査を効率よく検索するために設けられており、物品の用途に主眼をおき、必要に応じて機能等の概念を用いて分類を構成しています。また、平成17年1月1日から施行した日本意匠分類には、日本意匠分類を形態等の特徴で更に細分化したDタームが用意されています。
ここでは、日本意匠分類をはじめ、Dターム、日本意匠分類を付与する定義を示した分類定義カード、国際意匠分類と日本意匠分類の相関情報等を掲載しています。

 ●特許庁/日本意匠分類(令和元年5月1日施行版)
  *[更新日 2019年5月7日]
 <一部抜粋>
 「日本意匠分類(令和元年5月1日施行版)改正のポイント (PDF:108KB)
 *全1頁
 <一部抜粋>
【表2】

分類定義カード、令和元年5月1日施行版
Aグループ(製造食品及び嗜好品)
Bグループ(衣服及び身の回り品)
Cグループ(生活用品)
Dグループ(住宅設備用品)
Eグループ(趣味娯楽用品及び運動競技用品)
Fグループ(事務用品及び販売用品)
Gグループ(運輸又は運搬機械)
Hグループ(電気電子機械器具及び通信機械器具)
Jグループ(一般機械器具)
Kグループ(産業機械器具)
Lグループ(土木建築用品)
Mグループ(AからLに属さないその他の基礎製品)
Nグループ(他グループに属さない物品)
W(画像意匠分類)
 W10 W11~19に属さないその他の画像
 W11 情報入力操作用画像
 W12 機能実行操作用画像
 W13 情報閲覧表示用画像
 W14 複合画像
 W19 画像構成部品

[△最新情報へ]

(以上)

« 【特許】Yahoo! JAPAN/中央日報日本語版/日本の「特許攻撃」突破して世界市場の半分占めた韓国中小企業の秘策 | トップページ | 【特許庁】J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)機能改善のお知らせ »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29