« 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(23)~AIと不競法(続き)~<勉強ノート> | トップページ | 【特許】Yahoo! JAPAN/中央日報日本語版/日本の「特許攻撃」突破して世界市場の半分占めた韓国中小企業の秘策 »

2019年5月 6日 (月)

【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(24)~AIと不競法(続き)~<勉強ノート>

□AIと不正競争防止法との接点について、不正競争防止法の2018年(平成30年)一部改正法を中心に、経済産業省より提供されている情報にもとづいて説明する。

(目次)
 1 はじめに→(1)
 2 AI利用データについて→(1)~(3)
 3 AIと特許法について→(4)~(16) 
 4 AIと意匠法について(未作成)
 5 AIと著作権法について(未作成)
 6 AIと不正競争防止法について(17)~(24)
  6-1 官庁の提供資料→(17)、(18)
  6-2 「不正競争防止法」の一部改正→(19)、(20)
  6-3 「限定提供データ」について→(21)~(23)
  6-4 「不正競争」の対象となる行為(24

 7 AIと契約について(未作成)

 8 AIと商標法について(未作成)
 9 AIとその他(未作成)
 10 おわりに(未作成)

**********

(本文)
6 AIと不正競争防止法について
 6-4 「不正競争」の対象となる行為
 ・「限定提供データ」に係る行為については、限定提供データ保有者と利用者の保護のバランスに配慮し、全体としてデータの流通や利活用が促進されるよう、限定提供データ保有者の利益を直接的に侵害する行為等の悪質性の高い行為を「不正競争」として規定している(法第2条第1項第11号~第16号)。
 ・これらの「不正競争」においては、「取得」、「使用」又は「開示」という行為が規定されている。
<出典>経済産業省/限定提供データに関する指針
    「Ⅲ.「不正競争」の対象となる行為について(総論)」p.18(pdf:20/43頁)
【図6-4-1】
20190505_zu641
<出典>経済産業省/限定提供データに関する指針
    「Ⅲ.「不正競争」の対象となる行為について(総論)」p.18(pdf:20/43頁)

[△最新情報へ]

(以上)

« 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(23)~AIと不競法(続き)~<勉強ノート> | トップページ | 【特許】Yahoo! JAPAN/中央日報日本語版/日本の「特許攻撃」突破して世界市場の半分占めた韓国中小企業の秘策 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31