« 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(4)~AIと特許法~<勉強ノート> | トップページ | 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(6)~AIと特許法(続き)~<勉強ノート> »

2019年4月30日 (火)

【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(5)~AIと特許法~<勉強ノート>

□AI関連発明に関しては、特許庁「特許行政年次報告書2018年版」(2018年6月28日公表)において、次のように説明されている。

(目次)
 1 はじめに(1)
 2 AI利用データについて(1)~(3)
 3 AIと特許法について(4)~(16)
  3-1 我が国における特許出願件数に係る統計データ→(4)
  3-2 AI関連発明(5)
  3-3 AI関連発明、ビジネス関連発明、IoT関連発明の特許庁資料→(6)
  3-4 特許要件の判断→(7)
  3-5 特許要件の判断→(8)
  3-6 記載要件に関する特許庁の事例について→(8)~(11)
  3-7 進歩性に関する特許庁の事例について→(12)~(16)

 4 AIと意匠法について(未作成)
 5 AIと著作権法について(未作成)
 6 AIと不正競争防止法について(未作成)
 7 AIと契約について(未作成)
 8 AIと商標法について(未作成)
 9 AIとその他(未作成)
 10 おわりに(未作成)

**********

(本文)
3 AIと特許法について
 3-2 AI関連発明
 ・「AI関連発明」、すなわち
「AI関連技術の発明は、AIを様々な技術分野に応用した発明や、AIによりある機能 を持つと推定された『物の発明』を含む。」(特許庁「AI関連技術に関する事例について」)
ものであり、「AI関連発明」は「物の発明」という一面を有する。
 ・「コンピュータソフトウエア関連発明」(以下、「ソフト関連発明」という。)について説明した特許庁
「特許・実用新案審査ハンドブック附属書B 第1章 コンピュータソフトウエア関連発明」(*1)
において、「AI関連技術」が挙げられており、「AI関連発明」は「ソフト関連発明」という一面も有する。
  ここで、「ソフト関連発明」は、
「その発明の実施においてソフトウエアを利用する発明」(同1/153頁)
と説明されている。
 ・「ビジネス関連発明」について説明した特許庁「ビジネス関連発明の最近の動向について」において、「AI関連技術」が挙げられており、「AI関連発明」は「ソフト関連発明」という一面も有する。
  ここで、「ビジネス関連発明」は、
「ビジネス方法がICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を利用して実現された発明」(同)
と説明されている。
  また、「ビジネス関連発明」については、
「※ G06Q(2006年1月以降)、G06F17/60(2005年12月まで)のIPC(International Patent Classification:国際特許分類)が付与された特許出願をビジネス関連発明としています。」(同)
と説明されている。
 ・特許庁「ビジネス関連発明の最近の動向について」において、次の「IoTのモデル図」が掲載されている。
【図6】
・IoTのモデル図


20190430_ai_zu6 <出典>特許庁「ビジネス関連発明の最近の動向について」
(2019年3月12日公表)

  「AI関連発明」は「IoT関連発明」という一面も有する。
  ここでは、「AI関連発明」は、
「“「モノ」がネットワークと接続されることで得られる情報を活用し、新たな価値・サービスを見いだす技術”(IoT(Internet of Things)関連技術)」(特許庁「IoT関連技術等に関する事例について」1/121頁)
に係る発明をいうものと考える。
 ・「AI」は、発明と捉えたときに、
(1)「AI関連発明」、
(2)物の発明、
(3)ソフト関連発明、
(4)ビジネス関連発明、
(5)IoT関連発明
の5つの側面を有するものと考える。
 ・なお、5つの側面に限らず、そのほか「方法の発明」や「システム関連発明」と捉えることもできると考える。
【図7】
・「AI」を発明と捉えたときの側面
20190430_ai_zu7
 (*1)特許庁
   「特許・実用新案審査ハンドブック附属書B 第1章 コンピュータソフトウエア関連発明」
   *41/153頁
【表6】
・事例一覧

事例番号 発明の名称 備考
事例2-13 音声対話システムの対話シナリオのデータ構造 音声対話システムにおけるデータ構造に関 するもの(AI関連技術)
事例2-14 宿泊施設の評判を分析するための学習済みモデル 宿泊施設の評判を分析するようコンピュー タを機能させるための学習済みモデルに関するもの(AI関連技術)

 

[△最新情報へ]

(以上)

« 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(4)~AIと特許法~<勉強ノート> | トップページ | 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(6)~AIと特許法(続き)~<勉強ノート> »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31