« 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(3)~AI利用データの利活用に係る各国の考え方~<勉強ノート> | トップページ | 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(5)~AIと特許法~<勉強ノート> »

2019年4月28日 (日)

【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(4)~AIと特許法~<勉強ノート>

□AI関連発明に関しては、特許庁「特許行政年次報告書2018年版」(2018年6月28日公表)において、次のように説明されている。

(目次)
 1 はじめに(1)
 2 AI利用データについて(1)~(3)
 3 AIと特許法について(4)~(16)
  3-1 我が国における特許出願件数に係る統計データ(4)
  3-2 AI関連発明→(5)
  3-3 AI関連発明、ビジネス関連発明、IoT関連発明の特許庁資料→(6)
  3-4 特許要件の判断→(7)
  3-5 特許要件の判断→(8)
  3-6 記載要件に関する特許庁の事例について→(8)~(11)
  3-7 進歩性に関する特許庁の事例について→(12)~(16)

 4 AIと意匠法について(未作成)
 5 AIと著作権法について(未作成)
 6 AIと不正競争防止法について(未作成)
 7 AIと契約について(未作成)
 8 AIと商標法について(未作成)
 9 AIとその他(未作成)
 10 おわりに(未作成)

**********

(本文)
3 AIと特許法について
 3-1 我が国における特許出願件数に係る統計データ
 ・AI関連発明に関し、下記の特許庁の資料に、次の特許出願件数に係る統計データが記載されている。
【図3】 *改行挿入
・AI関連発明の特許出願件数

20190428_ai_zu3

【表4】

(備考)
・ここではIPCとしてG06F15/18, G06Nが付与された出願を「AI関連発明」としている。
・出願件数は、
 ① 国内出願件数と
 ② PCT(Patent Cooperation Treaty:特許協力条約)に基づく国際出願のうち日本へ国内移行した出願件数、
 の合計数。
・ PCT国際出願は、国内書面の受付日を基準日として計上している。

 <出典>特許庁「特許行政年次報告書2018年版」(2018年6月28日公表)
【図4】 *改行挿入
・IP5のAI関連発明の特許出願件数

20190428_ai_zu4

【表5】

(備考)
・2015-2016年には、DBに未反映の多数の出願が存在する可能性があるため点線で表示している。
・ここでは、AI関連発明の内、IPCとしてG06N3/02-G06N3/10 が付与されている出願をニューラルネット関連発明としている。
(資料):WIPO Patentscopeを基に特許庁作成

 <出典>特許庁「特許行政年次報告書2018年版」(2018年6月28日公表)
【図5】
・IP5のニューラルネット関連のAI関連発明の特許出願件数

20190428_ai_zu5

 *【表5】共通
 <出典>特許庁「特許行政年次報告書2018年版」(2018年6月28日公表)

 ●特許庁/「特許行政年次報告書2018年版
  知財が紡ぐ先人の想い~明治150年を迎えて~」
  *[更新日 2018年8月31日]
 <一部抜粋>
 「特許行政年次報告書2018年版<本編>(電子ブック)
 <一部抜粋>
 「第2部 特許庁における取組(PDF:3,843KB)
   第1章 特許における取組(PDF:10,666KB)
  *全25頁

[△最新情報へ]

(以上)

« 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(3)~AI利用データの利活用に係る各国の考え方~<勉強ノート> | トップページ | 【AI関連発明】AI関連技術に係るデータ群の利活用について(5)~AIと特許法~<勉強ノート> »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31