« 【意匠】意匠法の改正案(5) | トップページ | 【意匠】意匠法の改正案(7) »

2019年3月 3日 (日)

【意匠】意匠法の改正案(6)

【表6】意匠法の改正案第38条
改正案 現行
(侵害とみなす行為)
第三十八条
  次に掲げる行為は、当該意匠権
又は専用実施権を侵害するものとみ
なす。
(侵害とみなす行為)
第三十八条
  次に掲げる行為は、当該意匠権
又は専用実施権を侵害するものとみ
なす。
一 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る物品の製造にのみ用い
る物品又はプログラム等若しくはプ
ログラム等記録媒体等について業と
して行う次のいずれかに該当する行


   イ 当該製造にのみ用いる物
品又はプログラム等記録媒体等の製
造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は
譲渡若しくは貸渡しの申出をする行


   ロ 当該製造にのみ用いるプ
ログラム等の作成又は電気通信回線
を通じた提供若しくはその申出をす
る行為
一 業として、登録意匠又はこ
れに類似する意匠に係る物品の製造
にのみ用いる物の生産、譲渡等(譲
渡及び貸渡しをいい、その物がプロ
グラム等である場合には、電気通信
回線を通じた提供を含む。以下同
じ。)若しくは輸入又は譲渡等の申
出(譲渡等のための展示を含む。以
下同じ。)をする行為
二 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る物品の製造に用いる物
品又はプログラム等若しくはプログ
ラム等記録媒体等(これらが日本国
内において広く一般に流通している
ものである場合を除く。)であつて
当該登録意匠又はこれに類似する意
匠の視覚を通じた美感の創出に不可
欠なものにつき、その意匠が登録意
匠又はこれに類似する意匠であるこ
と及びその物品又はプログラム等若
しくはプログラム等記録媒体等がそ
の意匠の実施に用いられることを知
りながら、業として行う次のいずれ
かに該当する行為

   イ 当該製造に用いる物品又
はプログラム等記録媒体等の製造、
譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡
若しくは貸渡しの申出をする行為

   ロ 当該製造に用いるプログラ
ム等の作成又は電気通信回線を通じ
た提供若しくはその申出をする行為
(新設)
 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る物品を業としての譲
渡、貸渡し又は輸出のために所持す
る行為
 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る物品を業としての譲
渡、貸渡し又は輸出のために所持す
る行為
四 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る建築物の建築にのみ用
いる物品又はプログラム等若しくは
プログラム等記録媒体等について業
として行う次のいずれかに該当する
行為

   イ 当該建築にのみ用いる物
品又はプログラム等記録媒体等の製
造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は
譲渡若しくは貸渡しの申出をする行


   ロ 当該建築にのみ用いるプ
ログラム等の作成又は電気通信回線
を通じた提供若しくはその申出をす
る行為
(新設)
五 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る建築物の建築に用いる
物品又はプログラム等若しくはプロ
グラム等記録媒体等(これらが日本
国内において広く一般に流通してい
るものである場合を除く。)であつ
て当該登録意匠又はこれに類似する
意匠の視覚を通じた美感の創出に不
可欠なものにつき、その意匠が登録
意匠又はこれに類似する意匠である
こと及びその物品又はプログラム等
若しくはプログラム等記録媒体等が
その意匠の実施に用いられることを
知りながら、業として行う次のいず
れかに該当する行為

   イ 当該建築に用いる物品又
はプログラム等記録媒体等の製造、
譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡
若しくは貸渡しの申出をする行為

   ロ 当該建築に用いるプログ
ラム等の作成又は電気通信回線を通
じた提供若しくはその申出をする行
(新設)
六 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る建築物を業としての譲
渡又は貸渡しのために所有する行為
(新設)
七 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る画像の作成にのみ用い
る物品若しくは画像若しくは一般画
像記録媒体等又はプログラム等若し
くはプログラム等記録媒体等につい
て業として行う次のいずれかに該当
する行為

   イ 当該作成にのみ用いる物
品若しくは一般画像記録媒体等又は
プログラム等記録媒体等の製造、譲
渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡若
しくは貸渡しの申出をする行為

   ロ 当該作成にのみ用いる画
像又はプログラム等の作成又は電気
通信回線を通じた提供若しくはその
申出をする行為
(新設)
八 登録意匠又はこれに類似す
る意匠に係る画像の作成に用いる物
品若しくは画像若しくは一般画像記
録媒体等又はプログラム等若しくは
プログラム等記録媒体等(これらが
日本国内において広く一般に流通し
ているものである場合を除く。)で
あつて当該登録意匠又はこれに類似
する意匠の視覚を通じた美感の創出
に不可欠なものにつき、その意匠が
登録意匠又はこれに類似する意匠で
あること及びその物品若しくは画像
若しくは一般画像記録媒体等又はプ
ログラム等若しくはプログラム等記
録媒体等がその意匠の実施に用いら
れることを知りながら、業として行
う次のいずれかに該当する行為

   イ 当該作成に用いる物品若
しくは一般画像記録媒体等又はプロ
グラム等記録媒体等の製造、譲渡、
貸渡し若しくは輸入又は譲渡若しく
は貸渡しの申出をする行為

   ロ 当該作成に用いる画像又
はプログラム等の作成又は電気通信
回線を通じた提供若しくはその申出
をする行為
(新設)
九 登録意匠若しくはこれに類
似する意匠に係る画像を業としての
電気通信回線を通じた提供のために
保有する行為又は登録意匠若しくは
これに類似する意匠に係る画像記録
媒体等を業としての譲渡、貸渡し若
しくは輸出のために所持する行為
(新設)
□<表からの抽出文>改正案
 ”(侵害とみなす行為)
 第三十八条
  次に掲げる行為は、当該意匠権又は専用実施権を侵害するものとみなす。
  一 登録意匠又はこれに類似する意匠に係る物品の製造にのみ用いる物品又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等について業として行う次のいずれかに該当する行為
   イ 当該製造にのみ用いる物品又はプログラム等記録媒体等の製造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為
   ロ 当該製造にのみ用いるプログラム等の作成又は電気通信回線を通じた提供若しくはその申出をする行為
  二 登録意匠又はこれに類似する意匠に係る物品の製造に用いる物品又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等(これらが日本国内において広く一般に流通しているものである場合を除く。)であつて当該登録意匠又はこれに類似する意匠の視覚を通じた美感の創出に不可欠なものにつき、その意匠が登録意匠又はこれに類似する意匠であること及びその物品又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等がその意匠の実施に用いられることを知りながら、業として行う次のいずれかに該当する行為
   イ 当該製造に用いる物品又はプログラム等記録媒体等の製造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為
   ロ 当該製造に用いるプログラム等の作成又は電気通信回線を通じた提供若しくはその申出をする行為

   登録意匠又はこれに類似する意匠に係る物品を業としての譲渡、貸渡し又は輸出のために所持する行為
  四 登録意匠又はこれに類似する意匠に係る建築物の建築にのみ用いる物品又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等について業として行う次のいずれかに該当する行為
   イ 当該建築にのみ用いる物品又はプログラム等記録媒体等の製造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為
   ロ 当該建築にのみ用いるプログラム等の作成又は電気通信回線を通じた提供若しくはその申出をする行為
  五 登録意匠又はこれに類似する意匠に係る建築物の建築に用いる物品又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等(これらが日本国内において広く一般に流通しているものである場合を除く。)であつて当該登録意匠又はこれに類似する意匠の視覚を通じた美感の創出に不可欠なものにつき、その意匠が登録意匠又はこれに類似する意匠であること及びその物品又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等がその意匠の実施に用いられることを知りながら、業として行う次のいずれかに該当する行為
   イ 当該建築に用いる物品又はプログラム等記録媒体等の製造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為
   ロ 当該建築に用いるプログラム等の作成又は電気通信回線を通じた提供若しくはその申出をする行為
  六 登録意匠又はこれに類似する意匠に係る建築物を業としての譲渡又は貸渡しのために所有する行為
  七 登録意匠又はこれに類似する意匠に係る画像の作成にのみ用いる物品若しくは画像若しくは一般画像記録媒体等又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等について業として行う次のいずれかに該当する行為
   イ 当該作成にのみ用いる物品若しくは一般画像記録媒体等又はプログラム等記録媒体等の製造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為
   ロ 当該作成にのみ用いる画像又はプログラム等の作成又は電気通信回線を通じた提供若しくはその申出をする行為
  八 登録意匠又はこれに類似する意匠に係る画像の作成に用いる物品若しくは画像若しくは一般画像記録媒体等又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等(これらが日本国内において広く一般に流通しているものである場合を除く。)であつて当該登録意匠又はこれに類似する意匠の視覚を通じた美感の創出に不可欠なものにつき、その意匠が登録意匠又はこれに類似する意匠であること及びその物品若しくは画像若しくは一般画像記録媒体等又はプログラム等若しくはプログラム等記録媒体等がその意匠の実施に用いられることを知りながら、業として行う次のいずれかに該当する行為
   イ 当該作成に用いる物品若しくは一般画像記録媒体等又はプログラム等記録媒体等の製造、譲渡、貸渡し若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出をする行為
   ロ 当該作成に用いる画像又はプログラム等の作成又は電気通信回線を通じた提供若しくはその申出をする行為
  九 登録意匠若しくはこれに類似する意匠に係る画像を業としての電気通信回線を通じた提供のために保有する行為又は登録意匠若しくはこれに類似する意匠に係る画像記録媒体等を業としての譲渡、貸渡し若しくは輸出のために所持する行為
 ”
(以上)

« 【意匠】意匠法の改正案(5) | トップページ | 【意匠】意匠法の改正案(7) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30