« 【知財その他】和牛の受精卵などの遺伝資源に関する保護 | トップページ | 【特許】【商標】NHK朝ドラ「まんぷく」での知財の話題 »

2019年2月22日 (金)

【ベンチャー支援】【特許庁】特許庁/広報誌「とっきょ」の紹介

□特許庁/広報誌「とっきょ」は、見やすく、興味深い情報である。
 「2019年2・3月号」では、「米国では『企業価値≒知的財産』は常識」の記載が目を引いた。
□つぎの「事例集」もご一読いただけらば参考になるものと考える。
 まず、「成功例」を知ることが、「知財の気づき」、単に特許等を出願することだけではなく、ビジネスにおいて知的財産が「切り札」となり得ることの理解に必要と考える。
□「知財の気づき」については、池井戸潤著「下町ロケット」が最良の教科書になるものと考える。
 「下町ロケット」は小説の他、TVドラマ化され、シリーズとなっている。個人的には、シリーズ第1作を読んで感銘を受けた。
 ●下町ロケット - Wikipedia
                        [△最新情報へ]
(以上)

« 【知財その他】和牛の受精卵などの遺伝資源に関する保護 | トップページ | 【特許】【商標】NHK朝ドラ「まんぷく」での知財の話題 »